山芋のカロリーと効能は?加熱しても栄養効果は大丈夫?

最終更新日: | 飲食 | , , , , , ,

yamaimo1

バテなどで食欲が無い時は、山芋とろろにして食べると良いと聞いたことがありませんか?

とろろならつるんと食べられますし、ご飯にかけても美味しいですよね。山芋はバテている時には良いと言われていますが、本当にそのような疲労回復効果があるのでしょうか?

また生のまま頂くことが多い山芋は、加熱しても栄養面に変化はないのかも気になります。

そこで山芋の栄養・効能・カロリーや、加熱しても大丈夫なのかどうか?といったことについて紹介します!

スポンサーリンク

山芋の栄養素は?

カリウムがたっぷり

山芋
・長芋
・自然薯
・大和芋

という事がありますが、これは品種の違いによるもの。

今回はこれらのなかでもっとも食べられている、「長芋」を山芋として紹介します。

□自然薯 とろろ 作り方 山芋

*ちなみ自然薯とろろにしても、箸でつまめてしまうほど粘り気があります。

山芋の主な栄養素ですが、100g当たりで見ると次のとおりとなります。

ちなみに山芋100g分は約5センチとなり、一人前の分量の目安にもなります

栄養素 含有量(100gあたり)
ビタミンE 0.2㎎
ビタミンB1 0.1㎎
ビタミンB2 0.02㎎
ビタミンB6 0.09㎎
ビタミンC 6㎎
カリウム 430㎎
カルシウム 17㎎
マグネシウム 17㎎
0.4㎎
食物繊維 1g

この中で特に注目して欲しいのがカリウムで、食べられる部分の多い野菜の中では上位にランクイン。

いも類はカリウムが多いのですが、一度に食べられる量も考えると山芋は特に優れているんですよ。

yamaimo2

この他の栄養素として、次のものが含まれています。

・ムチン
・コリン
・アミラーゼ
・サポニン

山芋のカロリーは?

意外と低カロリー

いも類はカロリーが多めのイメージが強く、食べ過ぎると太るのでは?と思われがちです。

しかし山芋のカロリーは、100gあたり65kcalと意外とヘルシー

同じくカリウムが多めの里芋ですと58kcal、さつまいもですと132kcalとなります。里芋は調味料を入れた煮付けが主な食べ方ですし、さつまいもはおやつ向きの味。

生でそのままいただける山芋は、低カロリーなところがが嬉しいですね。

スポンサーリンク

山芋の効能は?

疲労回復に

山芋のネバネバの元であるムチンには、粘膜をいたわり新陳代謝を高める効果があります。

鼻や喉の粘膜をいたわる効果で、疲れた時に貼り込みやすいバイ菌をシャットアウト。更に新陳代謝を促すおかげで、疲労回復力も高まります。

またビタミンB群にも疲労回復効果があるため、夏バテで弱った体に山芋は効果抜群です

消化を手助け

アミラーゼという栄養素は消化酵素の一種で、胃腸薬にも配合されているすぐれもの。すばやく胃もたれを解消し、胃腸の回復に役立ちます。

更にムチンにもタンパク質を分解する効能があるため、栄養をしっかり吸収できるようになるんですよ

動脈硬化を予防

コリンは血管を拡張する効果をもつ、アセチルコリンの材料となる物質。

また血管に脂肪がつくのを防ぐレシチンの材料となるため、動脈硬化の予防には必要な栄養素です。

血管を拡張すれば血液が流れやすくなるため、高血圧の予防にも最適です。

更にサポニンには脂質を溶かし、血液をサラサラにする効果が。血管に血栓ができて詰まると、脳梗塞や心筋梗塞のリスクが跳ね上がります。

生活習慣病を予防する意味でも、長芋は効果的です

むくみを解消!

長芋にたっぷり含まれるカリウムは、体内の余計な塩分(ナトリウム)を排出する効果があります。

余計な塩分は水分をしっかり保持してしまうため、むくみの原因に。また高血圧の原因にもなるため、むくみを解消すると血圧を正常にもどす効能も期待できます

見た目もすっきりする上に、高血圧予防にも繋がるのは嬉しいですね。

山芋は加熱しても大丈夫?

yamaimo4

熱には弱い

とろろや千切りなど生で食べることの多い山芋ですが、お好み焼きのつなぎとして使うことも。しかし山芋に含まれるムチンは熱に弱く、70度ぐらいで壊れてしまいます

そのためお好み焼きに入れてしまうと、疲労回復効果はあまり期待ができません。また熱々のご飯にかけて頂くとろろご飯も、ムチンが壊れる可能性があります。

お好み焼きに入れる場合は、その美味しさで元気になることに期待。とろろご飯にする場合は、少しご飯が冷めてからかけるとムチンが壊れにくくなりますよ。

疲れた時に美味しく食べよう!

山芋には疲労回復と消化を助ける効果があり、動脈硬化の予防なども期待が出来ます。とろろをご飯にかけていただけば、食欲のないときでもスルリと食べられますね。

加熱してしまうとムチンが壊れてしまいますが、山芋は生で食べることが多いので気にしなくても大丈夫。

とは言え、できれば山芋は生で頂いて、栄養素を丸々吸収したいものです

疲れて食欲が落ちている時には「山芋を食べて、元気な毎日を送りましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

ピータンとはどんな食材?驚くべき栄養価と美味しい食べ方は?

世界には様々な食材があり、中には不思議な食材もいくつかあります。 特に中国は美味しい料理がたく

記事を読む

お寿司のカロリーはどれくらい?ダイエットに適した食べ方は?

和食は洋食と比べてヘルシーなことが多く、ダイエットに最適の食事とも言われています。その和食の代表と言

記事を読む

甘くて美味しい!安納芋の美味しい焼き方や食べ方とは?カロリーは?

ほくほくと甘くて美味しいさつまいもは、女性を中心に大人気の野菜ですね。いつものさつまいもも美味しいで

記事を読む

最後まで美味しく!キムチ鍋の「しめ」に人気のおすすめメニューは?

寒い季節に食べたくなる鍋は、野菜がたっぷり取れるヘルシーメニュー。特にキムチ鍋は唐辛子のピリ

記事を読む

みかんの効能と栄養素は?筋や皮も捨てずに活用しよう!

冬の果物として思い浮かべるのは、やっぱり 「みかん」。 甘くておいしいみかんは、ついつい

記事を読む

レモンに秘められた美容とダイエット効果とは?レシピもご紹介!

レモンと言えば酸っぱくて香りが良く、どこか青春の味というイメージがありますよね。 実はレモ

記事を読む

ほうじ茶の効能と健康に良い効果とは?飲むなら朝と夜のどっち?

和食を食べた後には、やはり日本茶が飲みたくなります。ほのかな苦味と甘味の緑茶も良いですが、香ばしい香

記事を読む

栗はダイエット向き?調理法によるカロリーの違いとおすすめの食べ方!

秋になると旬の食べ物が出回りますが、その中でも栗はとくに美味しい食べ物。 天津甘栗やモンブラン

記事を読む

味噌の賞味期限と最適な保存方法は?期限切れの味噌でも大丈夫?

最近では毎日の食卓に、味噌汁がのぼらない家庭も増えています。 そういった家庭の場合、お

記事を読む

納豆の栄養や効果とは?苦手な人向けレシピもご紹介!

好き嫌いがわかれる食べ物の代表と言えば、 「納豆」ではないでしょうか。 独特の匂いがしま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

猫好きは必見!吉祥寺猫祭り2017年の日程とイベントの楽しみ方!

東京・吉祥寺と言えば、女性に人気の高いおしゃれな街。 映

茨城の土浦花火大会2017年の日程や時間。花火職人の技が見どころ!

夏と言えば花火大会ですが、大会によってその内容は様々。

彼岸花がきれいな巾着田曼珠沙華まつり、2017年の日程や見頃は?

秋に咲く花といえば、ピンクが愛らしいコスモスや香り高いキンモクセイの名

願いごと日本一!安城七夕まつり2017年の日程と見どころ!駐車場は?

七夕といえば笹と飾り物が書かせませんが、願いごとの短冊もまた欠かせない

柊(ひいらぎ)の花言葉や花の特徴。セイヨウヒイラギとの違いは?

クリスマスシーズンになると、ギザギザの葉っぱと赤い小さな実の組

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑