優しくメイクオフ!クレンジングクリームの正しい使い方!

最終更新日: | 美容 | ,

イクを落とすときに必要なクレンジング剤には、様々な種類があります。

お肌にメイクが残ったままだと肌荒れの原因にもなるので、しっかり落としたいですよね。

一方でしっかり落とせるクレンジング剤は、お肌の潤いを守る油分まで奪いやすい欠点が。

しかしクレンジングクリームを使えば、お肌の潤いを守りつつメイクもしっかり落とせるんですよ。

そこでクレンジングクリームの正しい使い方と、使うときに覚えておきたいポイントをまとめました!

スポンサーリンク

クレンジングクリームの特徴

しっとりとした洗いあがり

cleansingcream1

クレンジングクリームは、その名の通りクリーム状のクレンジング剤です

その成分には潤いを守る成分や、お肌を保護する油分がたっぷり。そのため洗いあがりはさっぱりと言うよりは、しっとりなめらかな感触となります。

これはお肌の潤いを残しながらメイクを落とすためで、乾燥肌の方には嬉しいですね。

摩擦を防止

クレンジングで肌が荒れてしまう原因には、肌をこすりすぎてしまう点も挙げられます。こすりすぎは肌の表面のバリアを壊してしまい、皮膚が粉を吹くカサカサ肌の原因に。

その点クレンジングクリームは伸びがよく、また肌全体に伸ばしてもクリームの厚みがあります。

このため手でなじませた時に、肌との間に起こる摩擦をある程度和らげてくれます

もちろんクレンジングクリームでも、必要以上のこすり過ぎは厳禁ですよ!

クレンジングクリームを使う時のポイント

cleansingcream2

タイプを確認する

まず確認して欲しいのが、クレンジングクリームのタイプです。

クレンジングクリームには2つのタイプがあります。

1.洗い流すタイプ
一つは「なじませた後に水で洗い流す」タイプ。

2.拭き取るタイプ
もう一つが「なじませた後に、拭きとり化粧水などを含ませたコットン等で拭き取る」タイプです。

拭き取りタイプも洗い流せるタイプと兼用の事が多いですが、中には拭きとり専用というものもあります。

拭きとり専用タイプは、専用の拭きとり化粧水を必要とします。

これは化粧水にクレンジングを落とす成分を配合したもので、お肌をいたわりながらさっぱりする効果が。

クレンジングクリームのしっとり感が苦手な方には、拭きとり専用タイプがオススメです。ただし拭き取る時に摩擦が入りやすいので、優しく拭き取ることを徹底しましょう。

手や顔は乾燥状態で

クレンジングクリームは、手や顔が濡れていると効果を充分に発揮出来ないことがあります。また手に汚れがあるとそちらと反応して、メイクを落としきれないことも。

メイクを落とす前に、手を石鹸等で洗い、タオルで水分を取ってからクレンジングを始めましょう

ポイントメイクは別のもので落とす

クレンジングクリームは穏やかにメイクを落とすため、しっかりメイクだと落としきれないことがあります。

特にウォータープルーフタイプの、ファンデーションやマスカラはやや苦手。

アイメイクは専用のリムーバーで落としてから、クレンジングクリームを使いましょう。

スポンサーリンク

クレンジングクリームの正しい使い方

洗い流すタイプの場合

1.手を石鹸で洗い、水気をしっかり拭きとる。

2.手のひらにさくらんぼ1個分のクレンジングクリームを取り、手で包んで温める。

※こうすることでクリームが伸びやすくなり、メイクになじみやすくなります。

3.額・鼻・ほほ・アゴにクリームを乗せ、内側から外側へと円を描くように優しく肌になじませる。

4.指の感触が軽くなったら、少ぬるま湯で丁寧に洗い流す。

5.よく泡立てた洗顔料で、顔を包み込むようにして洗う。

6.きれいなぬるま湯で、やさしくすすぐ。

7.タオルで顔を包むようにして水気を取り、化粧水などでしっかり保湿を行う。

クレンジングを落とした時点では、顔のベタつきが気になるかも知れません。しかしたっぷり泡立てた洗顔料で洗えば、潤いを残しつつさっぱりと洗えますので大丈夫です!

cleansingcream3

拭き取りタイプの場合

1.洗い流すタイプの1から3までを実行する。

2.ティッシュを顔に広げて優しく押し、クリームをある程度吸わせて取り除く。

※この時ティッシュでこすると、肌あれの原因となります。

3.拭きとり化粧水を、たっぷりコットンに含ませる。

4.コットンでやさしく顔全体を拭き取る。

5.コットンを折りたたみ、小鼻や目元など細かい部分を優しく拭きとる。

6.ぬるま湯で軽くゆすいでから、洗い流すタイプの5~7を実行する。

□佐伯式正しいクレンジング方法

*1分9秒から拭き取り方法が登場します。優しく拭いてしっとり素肌に仕上げましょう。

しっとりすっきり!

クレンジングクリームは穏やかにメイクが落とせて、しっとりと洗い上げるクレンジング剤。

さっぱり感を求めるなら・・ふき取り式
しっとりを求めるなら・・・洗い流し式
と選べるのもいいですね。

しっかりメイクやポイントメイクは、別のクレンジングを使えばメイク残りも気になりません。なにより素肌のうるおいが守られるため、翌日のメイクにも期待できるかも。

しっとりにもすっきりにも洗えるクレンジングクリームを、メイク落としに取り入れませんか?

スポンサーリンク

関連記事

パレオダイエットの方法とおすすめレシピ。食べていいものは何?

いつの時代も女性なら気になるのが、ダイエットのこと。一般的にダイエットと言うと、食事の量を減らそうと

記事を読む

日焼け止めの効果的な塗り方とは?塗る順番や量はどれくらい?

きれいな素肌を維持するためには、紫外線対策を毎日続けることがとても大切です。 そのため毎日のス

記事を読む

メイクも落ちて肌もうれしい!クレンジングジェルの正しい使い方

メイクする人にとって、化粧品以上に大切なのがメイクを落とすクレンジング剤。 クレンジング剤には

記事を読む

使うと差が出る化粧下地!おすすめの人気ブランドもご紹介!

メイクの悩みで多いのが、メイクがすぐ崩れてしまうというもの。 メイク直後はしっかり決ま

記事を読む

爪を健康的に早く伸ばす方法とは?爪の主成分は何?

爪を整えようと切ってみたら、うっかり短くしすぎてしまった!深爪してしまって、他の爪とのバランスが取れ

記事を読む

スーパーフード「キヌア」の栄養や効能とは?カロリーは?

女性は誰もが美しく健康的なスタイルを維持したい、また目指したいと思うもの。 今や様々な

記事を読む

頭皮の「乾燥フケ」の対策方法は?シャンプーはどう使う?

電車で隣席の人の肩をみると、 白くフケが… なんて経験ある方も多いんじゃないでしょうか。

記事を読む

スキンケアの基本!パックやオイルの役割、使い方は?

化粧水や美容液に加えて、最近よく目にするのが パックやオイル。 フェイスパック、美容オイルと

記事を読む

紫外線吸収剤不使用の日焼け止めは敏感肌でも安心!おすすめは?

お肌の事を考えると、 「紫外線」はどんな時も防ぎたいもの。 そのために使うのが、

記事を読む

赤ちゃんのスキンケアはいつから始める?その方法とポイント

女性のみなさんは、スキンケアに力を入れている人が多いですよね。 それはプリプリ肌の赤ちゃん

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「雪」の名前と種類を紹介!雪の結晶ができる秘密とは?

冬になると降り積もる雪は、とてもロマンティックですよね。 神秘的

トゥリング(足の指輪)を付ける足の指にはどんな意味が?最適な付け方は?

きれいで素敵なアクセサリーは、特に興味がない人でも一つは持って

メンズサングラスの選び方のポイントは?人気のブランドも紹介!

屋外や運転中など、日光が眩しいと感じた時に使いたいのがサングラ

メンズ用のおしゃれなクラッチバック!おすすめの人気ブランドはコレ!

男性用のカバンというと、メッセンジャーバッグやリュックなど大き

マニキュアを早く乾かす方法は?キレイにできる塗り方のコツも紹介!

指先は意外と人に見られていて、ここの印象でその人全体の印象が変

→もっと見る

PAGE TOP ↑