長崎くんち2016年の日程と見どころ!チケットの入手方法は?

最終更新日: | イベント・お祭り | , , ,

江戸時代に海外との数少ない窓口であった長崎は、独自の文化が発展した街。

そんな中でも特に有名なのが、異国情緒漂う「長崎くんち」ではないでしょうか。

ポルトガル・オランダ・中国などから影響を受けた、出し物が盛り沢山!例年30万人前後の人出が予想されるイベントなため、ゆっくり楽しむならチケットを入手したいですね。

そんな気になる長崎くんちについて、
・長崎くんちとは?
・2016年の開催日程や開催場所
・見どころ
・チケット入手方法

についてご紹介します!

スポンサーリンク

長崎くんちとは

奉行の後押しで

長崎くんちは長崎県長崎市の諏訪神社などで、毎年10月に行われるお祭りです。その起源をたどると、江戸時代初期の1634年までさかのぼります。

当時の長崎は徳川幕府の直轄地で、長崎奉行所が治める地域でした。その長崎奉行所の強力な援助で、神社で奉納の舞を実施。

これを「長崎市民の神事」として、地域全員が参加するお祭りとして始まりました。今では重要無形民俗文化財に指定されるほどの、貴重なお祭りになっているんですよ!

nagasakikunchi1

「くんち」とは

「おくんち」とも呼ばれる、長崎くんちの「くんち」とはどういう意味なのでしょう?

一番有力な説とされているのが、旧暦の9月9日に行われていたからという説。

9日(くにち)のことを九州では「くんち」という事から、お祭りの名前になったというのです。

2016年の開催日程や開催場所は?

毎年10月7・8・9日!

長崎くんちの開催日は、毎年10月7・8・9日となっています。

2016年は、全て平日の日程で、
10月7日(水)、10月8日(木)、10月9日(金)
になりますね。

nagasakikunchi2

開催場所とスケジュール

長崎くんちは、朝から奉納舞と呼ばれる演舞が楽しめます。

時間ごとに演舞する団体が代わりますので、しっかりチェックしましょう。

□10月7日
7:00~12:10 奉納踊(諏訪神社・公会堂前広場・お旅所で開催)

※奉納踊り終了後、順次庭先回りに出発
※雨天の場合、翌日に順延

13:00~ お下りの後、傘鉾パレード 市役所前→県庁手前

16:00~20:00
奉納踊(諏訪神社・公会堂前広場で開催)
くんちの夕べ(諏訪神社)

※この時間のみ雨天の場合、翌日に順延

□10月8日
7:00~11:10 奉納舞(八坂神社・公会堂前広場で開催)
※奉納踊り終了後、順次庭先回りに出発
※雨天の場合、翌日に順延

□10月9日
7:00~11:20 奉納舞(お旅場・諏訪神社で開催)

※奉納踊り終了後、庭先回り
※雨天時は時間変更・中止などあり

13:00~ お上がり(お旅所仮宮→本宮)

スポンサーリンク

長崎くんちの見どころ

奉納舞

長崎くんちといえば、奉納踊(ほうのうおどり)

・諏訪神社
・公会前広場
・お旅場
・八坂神社
の4ヶ所で、踊町と呼ばれる団体が奉納します。

踊町は長崎の街に59以上あり、1回の祭りで登場するのは5町~7町。

そのため全ての踊町の演舞を見るには、最低でも7年はかかる計算となるんですよ。

奉納舞にはいくつか種類があり、いずれも長崎くんち独特のものとなっています。

○踊り
日本舞踊などをベースとしたもので、踊町ごとに踊りが違います。

○龍踊(じゃおどり)
龍が玉を追いかける、長崎くんちを代表する踊り。

□長崎くんち 筑後町 龍踊

*今年の踊町では、筑後町が龍踊を奉納する予定なので要注目です!

○曳物
船をモチーフにした山車が多く、特に有名なものに「鯨の潮吹き」があります。

□長崎くんち 万屋町 鯨曳き(鯨の潮吹き)2006【高画質版】

*3分34病から鯨の潮吹きが登場します!

○担ぎ物
太鼓山(コッコデショ)と呼ばれる神輿に似たものを、放り上げるなどダイナミックが楽しめます。毎年必ず行われるものではないので、巡り会えたらラッキーですね。

庭先まわり

演舞を終えた踊町は、庭先回りとして街中へと繰り出します。

庭先回りとは寄付をした企業・個人宅前で短い演舞を行なって、福をおすそわけする行事。奉納踊と比べて距離が近く、アットホームな空気もあってこちらだけを見る人もいるほどです。

観覧券の入手方法は?

nagasakikunchi4

各会場で

長崎くんちの奉納踊は、各会場で有料席が販売されます。

このうち10月7日の朝の分は招待席のみで、一般販売はなし。他の日は時間に関しても、諏訪神社と八坂神社の分に関してはほぼ完売しています。

現在購入がまだ間に合うものは、7月19日に販売されるお旅所と、8月に販売される公会堂前広場。いずれも発売当日に予約しないと、売りkれる可能性が高いので準備はお早めに。

○お旅所
発売開始日 7月19日 13:00~
受け付け電話番号 095-823-9073

・料金
S席(枡席4人掛け)18000円
A席(枡席4人掛け)15000円
B席(枡席4人掛け)13000円

○公会堂前広場
発売開始日 8月2日 10:00~
受付場所 チケットぴあ・ローソン・セブンイレブン・サークルKサンクス・ファミリーマート

・料金
スタンドS席  5000円
スタンドA席  3000円
スタンドB席  2000円
砂かぶりござ席 5000円
車椅子席    8000円(車椅子席4000円+介護者1席4000円)

書ききれないほど魅力たっぷり!

長崎くんちには、魅力的なポイントがたっぷり!独特の衣装と掛け声、踊町ごとに特色あふれる演舞などいつまでも見ていたいほどです。

朝早い時間から始まる為早起きが必要ですが、長崎の他の観光名所を巡れる利点も。

まだまだ紹介したい魅力的な部分の多い長崎くんちを、あなたの目で確かめて見ませんか?

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

秋の高山祭、2016年の日程や見どころ!春の祭との違いは?

気持ちの良い秋晴れが続くと、どこか旅に出たくなりませんか?地元では見られない風景、日本らしい

記事を読む

豊橋祇園祭2016の日程や見どころ。花火大会の穴場スポットは?

花火のきれいな祇園祭があることをご存知でしょうか? 祇園祭と言えば京都を代表するお祭り

記事を読む

夏を先取り!横浜開港祭の花火2017!日程や時間は?

花火大会と言えば夏の風物詩。浴衣を着て夏空を彩る花火を見るのが定番ではないでしょうか。

記事を読む

イースター(復活祭)の由来とは?2017年はいつ?

最近では日本でも海外のイベントを取り入れ、楽しむようになって来ました。 その中でも、特

記事を読む

小松基地航空祭2016年の日程や見どころ!おすすめの駐車場は?

秋は青空が美しい季節。この美しい秋空によく似合うのが、飛行機と飛行機雲ではないでしょうか。

記事を読む

札幌オータムフェスト2016!おすすめの会場とイベントは?

北海道をイメージするものは?と聞かれると、何を思い浮かべますか? 広大な自然ですか? それと

記事を読む

花祭りでお釈迦様に甘茶をかけるのは何故?由来は?

http://youtu.be/I6mzx_wSQdE 春になると、各地で梅や桜を愛でるお祭り

記事を読む

熊谷うちわ祭、2016年の日程と見どころ!交通規制は?

祇園祭と言えば京都の祇園祭が有名ですが、実は全国各地で祇園祭は行われていることをご存知ですか?

記事を読む

優雅な京都の葵祭。2017年の日程と見どころをご紹介!

京都と言えば、奈良・平安時代の伝統が今も残る、古都として有名ですね。その京都で開催される祭は

記事を読む

神田祭2017年は本祭!日程や見どころをご紹介!

江戸っ子ならば5月になると待ち遠しいのは、神田明神の神田祭ではないでしょうか。 神田祭

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

雨の日でも自転車に!レディース向けレインコートのブランドならコレ!

毎日の通勤や買物に、自転車は無くてはならないアイテムです。

神戸開港150年記念、kobeみなとマルシェ!2017年春の日程と見どころ!

兵庫県の神戸といえば、オシャレで食べ物も美味しい港町。

北海道神宮祭2017年の日程と時間!札幌まつりの愛称で親しまれている理由は?

6月から7月にかけては梅雨の時期で、賑やかなイベントは行われな

北海道の洞爺湖ロングラン花火大会、2017年の日程と見どころ!

花火大会と言えば夏のイメージが強く、また毎年1回だけというイメージ

紫外線で使われるUVAとUVBの違いとは?どっちの対策が大事?

日差しが強くなる夏に向けて、紫外線対策をと考える人は多いかと思

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑