痒いブツブツが!汗疱(汗疱状湿疹)の原因と治し方とは?

最終更新日: | 健康 | , , ,

kanbou1

常のあらゆる動作で使う事の多い「手」は、少しの異変でもとても不便に感じます。

その中でも特にやっかいなのが、痒みを伴う小さな湿疹

一度にたくさん発生すると見た目にも気になりますし、痒くて思わず掻いてしまうことも。

この湿疹ですが、もしかすると、
汗疱(かんぽう)かもしれませんよ?



そこで、汗疱とはどういうものなのか、発症する原因と治し方について紹介します!

スポンサーリンク

汗疱(かんぽう)とは

手足に小さな湿疹が

汗疱は、正式には「汗疱状湿疹(かんぽうじょうしっしん)」という湿疹の一種。

別名「異汗性湿疹(いかんせいしっしん)」とも、指湿疹とも呼ばれます。

春から夏にかけて発症しやすいのですが、最近では冬場でも発症が見られます。

kanbou2

指湿疹という別名の通り、手指に発生しやすく足にも発生することが。特に手の側面や手のひら・足の裏、手や足の指の股に症状が現れます。

そのため水虫などと間違えられやすく、この事が治療の妨げとなる場合があります。

汗疱の原因や症状

汗疱の主な症状

汗疱は、主に次のような症状が現れます。

・両手・両足など、左右対称に症状が表れる。

・直径1ミリ程度の、痒みのある湿疹が表れる。

・湿疹を潰してしまうと、中から液が出る。

・潰した液が付いた場所で、更に湿疹が発症してしまう。

kanbou3

汗疱が発症する原因は

汗疱が発生する原因ですが、残念ながらこれといったものが解明されていません。ただしいくつかの要因で、発症しやすくなる傾向があることは判明しています。

・汗に対するアレルギー
・慢性の副鼻腔炎
・扁桃腺炎
・金属アレルギー
・界面活性剤
・ストレスによる自律神経の乱れ

水虫?

痒みを伴い潰れると液が出てくる湿疹である汗疱は、よく水虫と間違えられます。特に足に出来た汗疱は、水虫だと思い込んで市販薬で治療してしまいがち。

しかし水虫は白癬菌が原因なのに対し、汗疱は複数の要因で発症するもの

そのため水虫の治療薬では改善せず、いつまでも症状が収まらない原因となってしまいます。

手湿疹?

汗疱はどちらかと言えば女性がなりやすく、特に専業主婦の方発症しやすい傾向が。
そのため「主婦湿疹」の別名がある、「手湿疹」と同じものと思われがちです

手湿疹も複数の要因で発症するものですが、最大の原因は強い乾燥によるもの。

・カサカサになりやすい手湿疹、
・痒くてジュクジュクしやすい汗疱

と覚えておくと便利です。

スポンサーリンク

汗疱の治し方

特効薬がない

はっきりとした原因がわからない汗疱には、実は特効薬がありません。そのため病院での治療は、ステロイド入りの軟膏や抗アレルギーの薬が中心となります

また副鼻腔炎や扁桃腺炎が原因と考えられる場合は、こちらの治療で改善することが。

金属アレルギーが原因であれば、その金属を取り除けば汗疱も治ることがあります。

ゴム手袋をはめて家事を

主婦が汗疱を発症しやすいのは、界面活性剤に触れる機会が多いからと考えられます。

界面活性剤とは、台所洗剤などに含まれる成分の一つ。素手で食器洗いなどの家事を行うと、汗疱を発症する可能性が高まってしまいます。

なるべくゴム手袋をはめて家事を行い、界面活性剤が素手に触れないようにしましょう。

kanbou4

シャンプーを変える

界面活性剤は、シャンプーやボディソープといった、私達の体を洗うものにも含まれています。特に汗疱が出ている時に、洗浄成分が強めのシャンプーを使うと悪化することが。

アトピーの方向けに作られているような、低刺激の商品に変えると症状が改善しやすくなります。また界面活性剤を含まない、無添加の石鹸に変えると症状が収まったという報告もあります。

触らない、潰さない

できてしまった汗疱は、痒くても触らないことが鉄則。触ると潰れる可能性が高まり、潰れると湿疹が増える液が出てしまうからです。

それに汗疱が広範囲に広まってしまうと、それだけで触れてしまう可能性が高まります。

また、数が増えればそれだけ痒みも強くなるため、我慢できずに潰してしまうことも。

数が少ない内に触らず潰さないよう注意するだけで、早く症状が収まりますので我慢しましょう。

民間治療あれこれ

次に挙げるものは、汗疱に効果があると言われる民間療法です。

逆効果になる可能性もあるので、少しでもおかしいと感じたらすぐ中止して医師に相談しましょう。

・どくだみ茶を1日1L程度飲む。
・患部に馬油を塗って保護する。
・患部を濃い塩水に5分ほど浸してから、しっかり洗い流す。

触らず病院へ

汗疱は発症してしまうと、あっという間に患部が広がってしまう傾向が。もし汗疱らしき湿疹を見つけたら、触らないように保護してまずは病院へ行きましょう

ある程度汗疱に効く薬もありますし、日頃の生活で注意すべき点も指導してもらえます。なによりアレルギーなどの原因が特定できれば、その分回復も早まります。

痒くてつらい汗疱は、触らないようにして回復するのを待ちましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

二度寝が良くない理由とは?防止するにはどうしたら良い?

早い時間に目が覚めた時に、もう少し寝られると思って、そのまま二度寝をしてしまう事ってあります

記事を読む

高熱が出る子供の夏風邪の症状と対策。冬風邪との違いは何?

夏の暑い時期、子供が元気よく遊んでいたと思ったら、どこからか風邪をもらってきて体調を崩すこと

記事を読む

目がかすむ原因は何?効果のある対策方法をご紹介!

パソコンやスマホを使い続けると、どうしても目が疲れてしまいますよね。そうなると、目がかすんで

記事を読む

いちご鼻の原因と治し方とは?ケアには泡洗顔がいい?

お肌の理想は「陶器のようなすべすべお肌」と言いますが、現実にはなかなか難しいもの。 特に鼻がブ

記事を読む

急性声帯炎で声が出ない!治るまでの期間や発症する原因は?

芸能ニュースで、時々『急性声帯炎で休養』というものを見かけます。声が出ないとなると芸能界でな

記事を読む

花粉症対策にはコレ!外出時や室内や洗濯時それぞれでご紹介!

毎年春先に発生する花粉は、花粉症の方にとっては本当に嫌なものですね。 しっかり対策をとったはず

記事を読む

毎日でも飲みたい!無糖炭酸水の驚くべき健康効果とは?

今はスーパーやコンビニのドリンク売り場へ行くと、「炭酸水」が沢山売られていますよね。

記事を読む

足首やくるぶしが腫れて痛い!外側と内側の痛みの違い、原因は?

足首やくるぶしが痛いー! そういうこと、ありませんか? 実は、足首やくるぶしが腫れて痛い

記事を読む

しゃっくりが止まらない!その原因と効果的な止め方は?

くしゃみやセキなど、人体には「急に出るけれども止められないもの」がいくつかあります。

記事を読む

突然の胸の痛みからくる神経痛。その原因と治療法は?

突然胸が痛む-そう言うときがありませんか? 胸が痛いときにはどうしても心臓や肺が悪いのでは

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「日韓交流おまつり 2017 in Tokyo」の日程と見どころ!ゲストが楽しみ!

お隣の国・韓国は、食も文化も身近な存在ですよね。 「ハングル文字

福島の会津まつり2017年の日程と見どころ!豪華参加ゲストも楽しみ!

日本全国で行われるお祭りには、その土地ならではの歴史が盛り込まれている

新潟上越の謙信公祭2017年の日程と最大の見どころは?

戦国時代の人物の中には、全国的に名前が知られて人気の高い人物が何人もい

深川八幡祭り2017年は本祭り!屋台や水掛けなど見どころを紹介!

東京を代表する、三大祭をご存知ですか? 神田祭・山王祭・深川祭が

盛岡さんさ踊り2017年の日程と見どころ!岩手の名前の由来は?

夏祭りといえば、盆踊りに代表されるように「踊り」のイメージがありません

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑