痒いブツブツが!汗疱(汗疱状湿疹)の原因と治し方とは?

最終更新日: | 健康 | , , ,

kanbou1

常のあらゆる動作で使う事の多い「手」は、少しの異変でもとても不便に感じます。

その中でも特にやっかいなのが、痒みを伴う小さな湿疹

一度にたくさん発生すると見た目にも気になりますし、痒くて思わず掻いてしまうことも。

この湿疹ですが、もしかすると、
汗疱(かんぽう)かもしれませんよ?



そこで、汗疱とはどういうものなのか、発症する原因と治し方について紹介します!

スポンサーリンク

汗疱(かんぽう)とは

手足に小さな湿疹が

汗疱は、正式には「汗疱状湿疹(かんぽうじょうしっしん)」という湿疹の一種。

別名「異汗性湿疹(いかんせいしっしん)」とも、指湿疹とも呼ばれます。

春から夏にかけて発症しやすいのですが、最近では冬場でも発症が見られます。

kanbou2

指湿疹という別名の通り、手指に発生しやすく足にも発生することが。特に手の側面や手のひら・足の裏、手や足の指の股に症状が現れます。

そのため水虫などと間違えられやすく、この事が治療の妨げとなる場合があります。

汗疱の原因や症状

汗疱の主な症状

汗疱は、主に次のような症状が現れます。

・両手・両足など、左右対称に症状が表れる。

・直径1ミリ程度の、痒みのある湿疹が表れる。

・湿疹を潰してしまうと、中から液が出る。

・潰した液が付いた場所で、更に湿疹が発症してしまう。

kanbou3

汗疱が発症する原因は

汗疱が発生する原因ですが、残念ながらこれといったものが解明されていません。ただしいくつかの要因で、発症しやすくなる傾向があることは判明しています。

・汗に対するアレルギー
・慢性の副鼻腔炎
・扁桃腺炎
・金属アレルギー
・界面活性剤
・ストレスによる自律神経の乱れ

水虫?

痒みを伴い潰れると液が出てくる湿疹である汗疱は、よく水虫と間違えられます。特に足に出来た汗疱は、水虫だと思い込んで市販薬で治療してしまいがち。

しかし水虫は白癬菌が原因なのに対し、汗疱は複数の要因で発症するもの

そのため水虫の治療薬では改善せず、いつまでも症状が収まらない原因となってしまいます。

手湿疹?

汗疱はどちらかと言えば女性がなりやすく、特に専業主婦の方発症しやすい傾向が。
そのため「主婦湿疹」の別名がある、「手湿疹」と同じものと思われがちです

手湿疹も複数の要因で発症するものですが、最大の原因は強い乾燥によるもの。

・カサカサになりやすい手湿疹、
・痒くてジュクジュクしやすい汗疱

と覚えておくと便利です。

スポンサーリンク

汗疱の治し方

特効薬がない

はっきりとした原因がわからない汗疱には、実は特効薬がありません。そのため病院での治療は、ステロイド入りの軟膏や抗アレルギーの薬が中心となります

また副鼻腔炎や扁桃腺炎が原因と考えられる場合は、こちらの治療で改善することが。

金属アレルギーが原因であれば、その金属を取り除けば汗疱も治ることがあります。

ゴム手袋をはめて家事を

主婦が汗疱を発症しやすいのは、界面活性剤に触れる機会が多いからと考えられます。

界面活性剤とは、台所洗剤などに含まれる成分の一つ。素手で食器洗いなどの家事を行うと、汗疱を発症する可能性が高まってしまいます。

なるべくゴム手袋をはめて家事を行い、界面活性剤が素手に触れないようにしましょう。

kanbou4

シャンプーを変える

界面活性剤は、シャンプーやボディソープといった、私達の体を洗うものにも含まれています。特に汗疱が出ている時に、洗浄成分が強めのシャンプーを使うと悪化することが。

アトピーの方向けに作られているような、低刺激の商品に変えると症状が改善しやすくなります。また界面活性剤を含まない、無添加の石鹸に変えると症状が収まったという報告もあります。

触らない、潰さない

できてしまった汗疱は、痒くても触らないことが鉄則。触ると潰れる可能性が高まり、潰れると湿疹が増える液が出てしまうからです。

それに汗疱が広範囲に広まってしまうと、それだけで触れてしまう可能性が高まります。

また、数が増えればそれだけ痒みも強くなるため、我慢できずに潰してしまうことも。

数が少ない内に触らず潰さないよう注意するだけで、早く症状が収まりますので我慢しましょう。

民間治療あれこれ

次に挙げるものは、汗疱に効果があると言われる民間療法です。

逆効果になる可能性もあるので、少しでもおかしいと感じたらすぐ中止して医師に相談しましょう。

・どくだみ茶を1日1L程度飲む。
・患部に馬油を塗って保護する。
・患部を濃い塩水に5分ほど浸してから、しっかり洗い流す。

触らず病院へ

汗疱は発症してしまうと、あっという間に患部が広がってしまう傾向が。もし汗疱らしき湿疹を見つけたら、触らないように保護してまずは病院へ行きましょう

ある程度汗疱に効く薬もありますし、日頃の生活で注意すべき点も指導してもらえます。なによりアレルギーなどの原因が特定できれば、その分回復も早まります。

痒くてつらい汗疱は、触らないようにして回復するのを待ちましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

足首やくるぶしが腫れて痛い!外側と内側の痛みの違い、原因は?

足首やくるぶしが痛いー! そういうこと、ありませんか? 実は、足首やくるぶしが腫れて痛い

記事を読む

冬の寝汗は何故?寒いのに寝汗をかく原因と対策方法

冬の寒い日、朝に眼が覚めると、 ものすごく寝汗をかいていたってことはないでしょうか? そ

記事を読む

日焼けでひりひりして痛い時の対処法!ケアする時に気をつけることは?

夏と言えば、海やプール!ドキドキしながら水着で楽しむ方も多いのではないでしょうか。 ま

記事を読む

夏に発症しやすいクーラー病の症状とは?対策と予防方法もご紹介!

温暖化の影響でここ数年の夏はとても暑く、クーラーが欠かせない状況にあります。 クーラーで快適な

記事を読む

腹痛に効果のある食べ物とは?予防するにはどうしたらいい?

お腹が弱い人にとって、食事は時として「大丈夫だろうか」と不安になりつつ食べることも。気をつけ

記事を読む

風邪の時の正しいお風呂の入り方とは?シャワーでもいいの?

風邪をひいた時によく言われるのが、「お風呂に入ったら悪化するよ」ということ。 しかし風

記事を読む

エア縄跳びダイエットとは?その運動効果と正しいやり方を紹介!

ダイエットで大切なのは、余計なカロリーを運動などで消費すること。きちんと食事を取りつつ適度な運動を行

記事を読む

葛根湯は妊婦が飲んでも大丈夫?効果的な飲み方は?

季節の変わり目や、気温が下がる時は風邪をひきやすくなります。 みなさん、『葛根湯』を飲んだこと

記事を読む

しもやけの原因は何?痛くて痒いその症状と治し方

冬になると、実はこれで悩んでいる方が多いということを良く聞きます。 それは、手足などがカサカサ

記事を読む

女性のむくみ防止に!着圧ソックスの効果と正しい使い方とは?

デスクワークが多い女性にとって、気になるのが足のむくみ。出勤時に履いていた靴が退勤時には入ら

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

霧(きり)と靄(もや)と霞(かすみ)の違いとは?気象上の定義では?

霧の都とも呼ばれているロンドン。映画などで霧に濡れるシーンを見

ひょう(雹)・あられ(霰)・みぞれ(霙)の違いとは?雪とはどう違うの?

フワフワと降る雪はロマンチックですが、実際には雪ではなく「みぞれ」が降

横田基地友好祭、2017年の日程と見どころ!食べ物も気になる!

普段の生活において米軍基地は、あまり身近な存在とは言えません。

関西で戌の日の安産祈願に行くならこちら!有名な神社・お寺5選!

生まれてくる我が子のために、出来る事はなんでもしたいのは昔も今

人気の高い「梨」の種類とは?旬の時期や美味しい梨の選び方も紹介!

秋になると美味しくなる果物の一つに、梨があります。シャリシャリ

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑