痒いブツブツが!汗疱(汗疱状湿疹)の原因と治し方とは?

最終更新日: | 健康 | , , ,

kanbou1

常のあらゆる動作で使う事の多い「手」は、少しの異変でもとても不便に感じます。

その中でも特にやっかいなのが、痒みを伴う小さな湿疹

一度にたくさん発生すると見た目にも気になりますし、痒くて思わず掻いてしまうことも。

この湿疹ですが、もしかすると、
汗疱(かんぽう)かもしれませんよ?



そこで、汗疱とはどういうものなのか、発症する原因と治し方について紹介します!

スポンサーリンク

汗疱(かんぽう)とは

手足に小さな湿疹が

汗疱は、正式には「汗疱状湿疹(かんぽうじょうしっしん)」という湿疹の一種。

別名「異汗性湿疹(いかんせいしっしん)」とも、指湿疹とも呼ばれます。

春から夏にかけて発症しやすいのですが、最近では冬場でも発症が見られます。

kanbou2

指湿疹という別名の通り、手指に発生しやすく足にも発生することが。特に手の側面や手のひら・足の裏、手や足の指の股に症状が現れます。

そのため水虫などと間違えられやすく、この事が治療の妨げとなる場合があります。

汗疱の原因や症状

汗疱の主な症状

汗疱は、主に次のような症状が現れます。

・両手・両足など、左右対称に症状が表れる。

・直径1ミリ程度の、痒みのある湿疹が表れる。

・湿疹を潰してしまうと、中から液が出る。

・潰した液が付いた場所で、更に湿疹が発症してしまう。

kanbou3

汗疱が発症する原因は

汗疱が発生する原因ですが、残念ながらこれといったものが解明されていません。ただしいくつかの要因で、発症しやすくなる傾向があることは判明しています。

・汗に対するアレルギー
・慢性の副鼻腔炎
・扁桃腺炎
・金属アレルギー
・界面活性剤
・ストレスによる自律神経の乱れ

水虫?

痒みを伴い潰れると液が出てくる湿疹である汗疱は、よく水虫と間違えられます。特に足に出来た汗疱は、水虫だと思い込んで市販薬で治療してしまいがち。

しかし水虫は白癬菌が原因なのに対し、汗疱は複数の要因で発症するもの

そのため水虫の治療薬では改善せず、いつまでも症状が収まらない原因となってしまいます。

手湿疹?

汗疱はどちらかと言えば女性がなりやすく、特に専業主婦の方発症しやすい傾向が。
そのため「主婦湿疹」の別名がある、「手湿疹」と同じものと思われがちです

手湿疹も複数の要因で発症するものですが、最大の原因は強い乾燥によるもの。

・カサカサになりやすい手湿疹、
・痒くてジュクジュクしやすい汗疱

と覚えておくと便利です。

スポンサーリンク

汗疱の治し方

特効薬がない

はっきりとした原因がわからない汗疱には、実は特効薬がありません。そのため病院での治療は、ステロイド入りの軟膏や抗アレルギーの薬が中心となります

また副鼻腔炎や扁桃腺炎が原因と考えられる場合は、こちらの治療で改善することが。

金属アレルギーが原因であれば、その金属を取り除けば汗疱も治ることがあります。

ゴム手袋をはめて家事を

主婦が汗疱を発症しやすいのは、界面活性剤に触れる機会が多いからと考えられます。

界面活性剤とは、台所洗剤などに含まれる成分の一つ。素手で食器洗いなどの家事を行うと、汗疱を発症する可能性が高まってしまいます。

なるべくゴム手袋をはめて家事を行い、界面活性剤が素手に触れないようにしましょう。

kanbou4

シャンプーを変える

界面活性剤は、シャンプーやボディソープといった、私達の体を洗うものにも含まれています。特に汗疱が出ている時に、洗浄成分が強めのシャンプーを使うと悪化することが。

アトピーの方向けに作られているような、低刺激の商品に変えると症状が改善しやすくなります。また界面活性剤を含まない、無添加の石鹸に変えると症状が収まったという報告もあります。

触らない、潰さない

できてしまった汗疱は、痒くても触らないことが鉄則。触ると潰れる可能性が高まり、潰れると湿疹が増える液が出てしまうからです。

それに汗疱が広範囲に広まってしまうと、それだけで触れてしまう可能性が高まります。

また、数が増えればそれだけ痒みも強くなるため、我慢できずに潰してしまうことも。

数が少ない内に触らず潰さないよう注意するだけで、早く症状が収まりますので我慢しましょう。

民間治療あれこれ

次に挙げるものは、汗疱に効果があると言われる民間療法です。

逆効果になる可能性もあるので、少しでもおかしいと感じたらすぐ中止して医師に相談しましょう。

・どくだみ茶を1日1L程度飲む。
・患部に馬油を塗って保護する。
・患部を濃い塩水に5分ほど浸してから、しっかり洗い流す。

触らず病院へ

汗疱は発症してしまうと、あっという間に患部が広がってしまう傾向が。もし汗疱らしき湿疹を見つけたら、触らないように保護してまずは病院へ行きましょう

ある程度汗疱に効く薬もありますし、日頃の生活で注意すべき点も指導してもらえます。なによりアレルギーなどの原因が特定できれば、その分回復も早まります。

痒くてつらい汗疱は、触らないようにして回復するのを待ちましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

花粉症の症状 喉の痛みの原因と対処!のど風邪との違いは?

「喉が痛い!」 という時、真っ先に思うのは、「風邪かな?」と言うことではないでしょうか。

記事を読む

「ものもらい」の2つの症状とは?それぞれの原因と治し方

小さい頃、「ものもらい」になったことがある方は 多いんじゃないでしょうか? 「ものもらい」は

記事を読む

足がつる原因は何?足がつった時の対処方法や予防方法

久々に体を動かした時に、足をつってしまった…という経験はありませんか?中には真夜中に寝ていて、いきな

記事を読む

秋に発症する花粉症の症状と原因とは?春の時とはどう違うの?

夏の暑さもひと段落して過ごしやすくなる秋は、行楽へと出かけたくなる季節でもあります。

記事を読む

顔にイボができる原因は何?除去するための治療法は?

お肌は陶器のようになめらかなのが理想ですが、「できもの」はどうしても出てしまいます。代表的な

記事を読む

熱が出ると関節痛になるのは何故?その原因と対処方法は?

風邪などで熱が出るときは、なんとなく体全体がだるい症状に襲われます。それだけなら良いのですが

記事を読む

家族がインフルエンザに!他の家族にうつる?予防方法は?

冬の怖い病気の代表「インフルエンザ」は、家族がかかると感染する恐れが出てしまいます。

記事を読む

秋にも発症する花粉症!今からできる予防と対策方法とは?

ふとしたきっかけで鼻水が止まらなくなると、風邪の初期症状をまず疑いますよね?春にこの症状が出

記事を読む

子供がインフルエンザにかかった時の食事は何がいい?

毎年冬に大流行するインフルエンザは、特に子供がかかりやすい病気の一つ。高熱がでて苦しそうな子

記事を読む

ストレートネックの症状とは?自宅でも簡単に出来る治し方!

仕事の関係で毎日パソコンを使う方にとって、気になるのがいつの間にかひどくなっている肩こり。また慢性的

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

雨の日でも自転車に!レディース向けレインコートのブランドならコレ!

毎日の通勤や買物に、自転車は無くてはならないアイテムです。

神戸開港150年記念、kobeみなとマルシェ!2017年春の日程と見どころ!

兵庫県の神戸といえば、オシャレで食べ物も美味しい港町。

北海道神宮祭2017年の日程と時間!札幌まつりの愛称で親しまれている理由は?

6月から7月にかけては梅雨の時期で、賑やかなイベントは行われな

北海道の洞爺湖ロングラン花火大会、2017年の日程と見どころ!

花火大会と言えば夏のイメージが強く、また毎年1回だけというイメージ

紫外線で使われるUVAとUVBの違いとは?どっちの対策が大事?

日差しが強くなる夏に向けて、紫外線対策をと考える人は多いかと思

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑