秋に発症する花粉症の症状と原因とは?春の時とはどう違うの?

最終更新日: | 健康 | , , ,

autumnhayfever2

夏の暑さもひと段落して過ごしやすくなるは、行楽へと出かけたくなる季節でもあります。

しかし秋口に入ってからなんだか調子が悪い、鼻や喉に不調を訴える人が最近増えています。

季節の変わり目で風邪を引いたかに思えますが、実は「花粉症」が原因かもしれませんよ。

花粉症は春のイメージが強いですが、最近では秋に発症する方が増えています。

そこで秋に発症する花粉症の症状と、その原因についてまとめました

スポンサーリンク

秋に発症する花粉症の症状

かゆい

秋の花粉症は、春の花粉症と同様に、鼻水などの症状が現れます。その中で特に気になる症状として、「かゆみ」が挙げられます。

かゆみは春の花粉症でも表れますが、目のかゆみがメイン。しかし秋の花粉症では、目以外にも全身の皮膚がかゆくなることが

かゆい部分をかきむしると、皮膚を傷めて悪化する原因にもなるので注意しましょう。

風邪と勘違いしやすい症状が

autumnhayfever1

鼻と喉はつながっているため、花粉症になると喉にも症状が現れます。

特に秋の花粉症の場合、喉がイガイガする・咳が出るといった症状が。同時にサラサラした鼻水が止まらなくなりますし、くしゃみも出てしまいます。更に鼻の炎症から来る微熱や、頭痛・倦怠感といった症状も。

そのため秋の花粉症は、風邪の初期症状と勘違いされる事がよくあります。

風邪と花粉症の見分け方ですが、鼻水の症状で見分けましょう。

風邪の鼻水は粘り気が強く、花粉症の鼻水は粘り気がなくサラサラとしています

春の花粉症との違いは?

春の花粉症も秋の花粉症も、現れる症状はそれほど代わりがありません。

・サラサラとした鼻水
・鼻づまり
・目の充血やかゆみ
・くしゃみ
・微熱
・・・といった症状が一週間以上続くなら、花粉症を疑ってみましょう。

ただし秋の花粉症の場合、春よりも症状が比較的穏やかな場合が。この点が、春の花粉症との違いとなっています。

スポンサーリンク

秋に発症する花粉症の原因

雑草の中に原因が

春の花粉症は、スギ・ヒノキ・シラカバといった樹木が原因となる場合がほとんどです。

しかし秋の花粉症の場合、樹木ではなく野に生える草が主な原因

特に次の野草には、要注意です。

ブタクサ

ブタクサはキク科の植物で、全国各地の道端や河川敷などで多く繁殖しています。

元々日本にはない植物でしたが、明治維新のころにいつの間にか入り込んでしまいました。8月から10月にかけて花を咲かせ、この時期に症状が現れやすくなります。

*名前は知らなくても、見たことがあるかもしれませんね。

日本では花粉症といえばスギのイメージですが、アメリカではブタクサがメイン。一説にはアメリカ人の10%が、ブタクサによる花粉症を発症しているとか。

日本でもスギ・ヒノキに次いで、花粉症の原因となっています。

ヨモギ

草もちの原料となったり、お灸の材料として使われるヨモギも秋の花粉症の原因。

こちらもキク科の植物で、ブタクサと同じく8月から10月にピークを迎えます。

ブタクサとの違いは、主に関東以南で発症する方が多いこと。というのも東北や北海道では、気候の関係であまりヨモギが生えていないからです。

ヨモギが原因の花粉症の方は、東北・北海道に行くと楽になるかもしれませんね。

カナムグラ

カナムグラはアサ科のツタ植物で、電柱やガードレールなどによく絡まっています。

こちらもピークは8月から10月ごろで、全国で発症例が報告されています。

しかも繁殖力が強いことから、駆除が面倒な植物。家の周りに生えているのを見つけたら、腰をすえて駆除に取り組みましょう。

*こちらも、見たら「この草!」となるかもしれませんね。

ススキ

ススキは秋の七草の一つに数えられるイネ科の植物で、9月から10月にかけてがピークとなります。

十五夜のお飾りとする場合は、周囲に花粉症の方がいないか確認しましょう。

ススキで花粉症が出てしまう場合、他のイネ科の植物にも注意が必要。イネ科の植物は5月頃から花粉が出るため、長く症状が続いてしまう場合があるからです。

特に注意が必要なのが、牧草のカモガヤ(オーチャードグラス)です。

実はヨーロッパでの花粉症は、カモガヤが主な原因に。また主食であるイネ(米)も、花粉症の原因となることも。

マスクなどで鼻をガードし、帰宅時に花粉を持ち帰らないように十分気をつけましょう。

まずは病院へ

関連記事:秋にも発症する花粉症!今からできる予防と対策方法とは?

秋口から長く鼻や喉の不調が続いたら、花粉症を疑ってみましょう。季節の変わり目で風邪だと思い込むと、長引く原因となってしまいます。

また花粉症は春だけという思い込みも、花粉症と気づかない原因に。

おかしいと感じたら、まずは病院でアレルギーテストを受けてみましょう

何が原因か判れば花粉症対策も取れるので、つらい症状も治まりますよ!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

唾液から臭いがするのは何故?その原因と適切な対策方法

くしゃみをする時に手やハンカチで口をおさえますが、その時に嫌な臭いを感じたことはありませんか?

記事を読む

紫外線による目の日焼けの症状とは?効果的な対策方法と言えば?

夏が近づくと重要になるのが、紫外線対策です。 特に夏は外に出る機会が増えるので、普段以

記事を読む

寒暖差アレルギーってどんな症状?予防と対策は?

鼻炎や花粉症でもないのに鼻がムズムズする・・・ そんな人は要注意! それは寒暖差アレルギーかも

記事を読む

二日酔いの時はコレ!回復効果の高い食べ物や飲み物を9つ厳選!

お酒は適量であれば気分もほぐれ、美味しく素敵な時間を過ごすことができます。 しかしうっかり飲み

記事を読む

火を使わないお灸?ペットボトル温灸のやり方とその効果は?

昔から伝わる健康改善方法の中には、本当に効果があるものがいくつもあります。その中で特に効果があるもの

記事を読む

夏バテの主な症状は何?吐き気や頭痛がする時はどう対処する?

夏の暑い時になると、毎日頑張っていても、なんとなく体が辛くて、夏バテかな?と思う時もあるかと

記事を読む

急性扁桃腺炎の治療期間はどれくらい?うつることはあるの?

疲れてる時や季節の変わり目には、どうしても体調を崩しがちです。特に秋から冬にかけては、小春日

記事を読む

糖質制限ダイエット中のケトン臭とはどんな匂い?対策方法は?

お米を主食としている日本人は、炭水化物を取り過ぎる傾向にあると言われています。それだからなのか、ご飯

記事を読む

葛根湯は妊婦が飲んでも大丈夫?効果的な飲み方は?

季節の変わり目や、気温が下がる時は風邪をひきやすくなります。 みなさん、『葛根湯』を飲んだこと

記事を読む

ズキズキ痛い!偏頭痛(片頭痛)の対処法と予防法とは?

急に現れる痛みはとてもやっかいで、楽しいひと時や仕事中には来てほしくないものですね。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

男性の肌にも保湿は必要?メンズ用保湿クリームの選び方や使い方!

男性の肌の悩みで多いのが、気がついたら脂(あぶら)でテカテカに

メンズも香水が必要?男性香水の選び方と付け方を紹介します!

最近では男性も、嗜み(たしなみ)としてつける方が増えてきた香水。仕

コスメパーマは他のパーマとどう違う?メンズにも出来るパーマなの?

癖のある髪の毛をストレートにしたり、あるいは思い通りの癖付けが

コールドパーマとデジタルパーマの違い!髪質やヘアスタイルから選ぶならどっち?

イメチェンをしたいときにまず考えるのは、ヘアスタイルを変えるこ

サビオ?絆創膏?それともバンドエイド?地方によって違う呼び方!

怪我した時に張るガーゼ付きテープの事を、あなたはなんと呼んでい

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑