刈谷わんさか祭り2017花火大会の日程は?穴場スポットも紹介!

| 花火大会 | , , ,

kariyawansaka1

のお楽しみと言えば、花火大会にお祭りに盆踊り!どれもワクワクする時間を過ごせますし、大人から子供まで楽しめるイベントですよね。

どれか一つに絞って楽しむのも良いですが、全部まとめて楽しめるイベントがあるのをご存知ですか?

実は愛知県刈谷市で毎年8月に開催される、刈谷わんさか祭りだと一度に楽しめるんですよ!

そこで2017年の刈谷わんさか祭りで特に見て欲しい、花火の日程や見どころ、そして穴場情報をまとめました

スポンサーリンク

刈谷わんさか祭りの花火大会とは

市制40周年記念の祭

刈谷わんさか祭りは、愛知県刈谷市で開催されるお祭り。刈谷市の市制40周年を記念して、1990年より開催されるようになりました。

祭当日には様々なイベントが行われるほか、フィナーレとして花火大会を開催。毎年15万人が訪れる、愛知県でも人気のイベントなんですよ。

kariyawansaka2

2017年の日程と時間・開催場所について

刈谷わんさか祭りは2日間開催!

刈谷わんさか祭りは、2007年から1日開催だったのですが、去年の2016年から再び2日間開催に。

日程や開催場所は以下の通りです。

■刈谷わんさか祭りの開催日:2017年8月18日(金)・19日(土)

■開催場所:刈谷市総合運動公園

■花火の打ち上げ時間:2017年8月19日(土) 19:00~20:15 ※荒天中止

■打ち上げ場所:刈谷市総合運動公園内の逢妻川側

■アクセス:名鉄本線 富士松駅、一ツ木駅 それぞれから徒歩約20分程度

刈谷わんさか祭りでは、
・8月18日が前夜祭として市民盆おどり大会、
8月19日が本祭となり、夜の19時より花火大会
が開催されます。

見どころとおすすめ見学スポット

kariyawansaka3

200店以上の屋台が!

刈谷わんさか祭りでまず押さえたいのが、様々な屋台です。

例年200店以上が集まり、お祭りならではの味が楽しめます。最近では車両販売も登場し、お祭りではあまり見かけないような味も楽しめると評判です。

屋台以外にも、
・ヒーローショーやモノマネ芸人のステージ
・運動公園ならではの体感型アトラクション
なども開催されます。

また今年から前夜祭という形になった盆踊りも、夕方から始まるのでこちらも参加したいですね。

スターマイン連発!

刈谷わんさか祭りのフィナーレを彩る花火大会の特徴は、7000発以上の花火が上がること

それもただの花火ではなく、スターマインがメインとなって打ち上げられます。

短時間に連続して打ち上げられるスターマインは、夜空を華やかに彩る人気の花火。色とりどりの花火が夜空を染め上げる様子は、感動することまちがいなしです!

スターライトシンフォニー

もうひとつの特徴として、音と光が共演する「スターライトシンフォニー」が挙げられます。

スターライトシンフォニーはメロディ花火の一種で、音楽に合わせて花火が次々と打ち上がるもの。美しい花火に音楽が加わることで、美しさがさらに引き立つんですよ。

更にスターマインやスターライトシンフォニーの合間には、早打ち花火が。

スターマインは華やかな連続花火ですが、早打ち花火は昔ながらの打ち上げ花火。シンプルですがその美しさは、清涼感すら感じるほどですよ!

スポンサーリンク

穴場スポットは?

刈谷わんさか祭りの花火大会では、運動公園内に無料観覧所が設けられます。しかし毎年15万人近い方が訪れるため、無料観覧所ではゆっくり楽しめない部分も。

そこでゆったりと楽しめる穴場スポットを、いくつか紹介します。

□富士松南小学校(刈谷市今川町山脇19)

刈谷市総合運動公園から、歩いて10分ほどの高台にある小学校です。小学校周辺の方が集まる場所で、親子連れが多いのが特徴。

低い位置の花火は見づらい部分がありますが、高く上がる花火は確実にきれいに見えます。

□刈谷市かりがね小学校(刈谷市築地町2丁目15-1)

刈谷市総合運動公園から、歩いて10分ほどの高台にある小学校です。

こちらもまた周辺住民が集まる場所で、やはり親子連れが多い特徴が。花火の見え方も富士松南小学校と似た状況ですので、行きやすい方で選ぶとよいですね。

□逢妻(あいづま)川の対岸

刈谷市総合運動公園の北側には、逢妻川が流れています。花火の打ち上げは逢妻川側で行われるため、公園から川を挟んだ対岸側が穴場となります。

特におすすめなのが逢妻橋の下周辺と、少し離れますが知立バイパスと川が交わる周辺。多少汚れても良い服装に着替え、蚊などの虫対策を行った上で見に行きましょう。

□刈谷ハイウェイオアシス

伊勢湾自動車道路にある刈谷ハイウェイオアシスは、車でいける穴場スポット。

県道54線から直接入れるため、高速道路を利用しなくても行けるのは嬉しいですね。距離があるため一部の花火は見づらいですが、何より施設が充実してる利点が。

観覧車や子供向けの遊具・天然温泉もあるため、昼間から楽しめますよ。

楽しみがいっぱい!

刈谷わんさか祭りは、その名の通りイベントが盛り沢山のお祭り

そのフィナーレを飾る花火大会も、盛りだくさんのプログラムで私達を楽しませてくれます。それだけに混雑はしますが、穴場スポットなどを利用すればゆったり花火も楽しめます。

今年も2日間開催となったことで、更に盛りだくさんのイベントが期待できますね。

刈谷わんさか祭りをたっぷり楽しんで、夏の良い思い出を作りませんか?

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

夏を先取り!横浜開港祭の花火2017!日程や時間は?

花火大会と言えば夏の風物詩。浴衣を着て夏空を彩る花火を見るのが定番ではないでしょうか。

記事を読む

豊田おいでん祭りの花火大会。2017年の日程と穴場スポットは?

愛知県豊田市には、毎年夏の始めになると盛大に行われる花火大会があります。 見に行った人

記事を読む

一味違う!長野えびす講煙火大会2016。穴場の見学スポットは?

最近では冬に花火大会が行われることもありますが、昔は花火大会と言えば夏のものでした。 現在でも

記事を読む

大阪天神祭の花火、2017年の日程や時間。穴場スポットは?

日本三大祭といえば、 「東京・神田祭」「京都・祇園祭」そして、 「大阪・天神祭」ですね。

記事を読む

関門海峡花火大会2017年の日程と見どころ!穴場の見学スポットは?

本州と九州を隔てる関門海峡は、昔より双方の行き来が盛んな場所。海峡の幅もそれほど広くないため

記事を読む

天の川を彩る!仙台七夕花火祭、2017年の日程や穴場は?

東北の短い夏を堪能出来る祭といえば、仙台七夕まつりが有名ですね。 その仙台七夕まつり開

記事を読む

伝統ある三河・岡崎の花火大会2017!穴場や見どころは?

現在は日本各地で楽しめる花火大会ですが、古く江戸時代の名残を今に残す伝統のある花火大会があり

記事を読む

八王子花火大会2017年の日程は?穴場のスポットもご紹介!

夏の東京では、週末ごとに花火大会が行われます。 そのため同じ日に花火大会が重なることも

記事を読む

芸術的なPL花火大会、2017年の日程や穴場をご紹介!

関西で一番の花火大会を挙げろと言われると、関西人のほとんどが、 「PL花火大会や!」 と

記事を読む

なにわ淀川花火大会2017年の日程やおすすめの場所をご紹介!

大阪の夏を彩る豪華な花火大会と言えば、何と言っても 「なにわ淀川花火大会」 です。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

赤ちゃんのディズニーデビューはいつから?楽しみ方や注意点は?

赤ちゃんの頃から様々な体験をさせてあげる事は、成長していくためにはとて

赤ちゃんはいつから新幹線に乗れるの?席の料金が無料になる条件は?

お盆や年末年始の帰省には、渋滞のない新幹線が便利です。

霧(きり)と靄(もや)と霞(かすみ)の違いとは?気象上の定義では?

霧の都とも呼ばれているロンドン。映画などで霧に濡れるシーンを見

ひょう(雹)・あられ(霰)・みぞれ(霙)の違いとは?雪とはどう違うの?

フワフワと降る雪はロマンチックですが、実際には雪ではなく「みぞれ」が降

横田基地友好祭、2017年の日程と見どころ!食べ物も気になる!

普段の生活において米軍基地は、あまり身近な存在とは言えません。

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑