アイスクリームはダイエットに最適?効果の高い食べ方は?

になると食べたくなるのが、冷たくて甘いアイスクリーム

しかしアイスはカロリーが高いイメージがあり、食べ過ぎはちょっと気になります。

ところがアイスクリームは、実はダイエット時にこそ食べたいスイーツ。食べるタイミングと量を把握すれば、ダイエットの強い味方になってくれるんですよ。

アイスクリームのダイエット時における効果と、上手な選び方や食べ方を紹介します!

スポンサーリンク

アイスクリームはダイエットに良い?

適切な脂肪がきちんと取れる

ダイエットをするとき、どうしても油を控えてしまいがち。しかし油を控えすぎると、体は少しでも油分を補おうと食べ物を一生懸命吸収することに。結果的に脂肪分が溜め込みやすい体となってしまい、脂肪が燃えにくい体となってしまいます。

ダイエット時には、1日に55gの脂肪分を摂取するのが理想とされています。

しかし食事で55g分の脂肪分を取るのは意外と面倒で、カロリーオーバーになってしまうことも。

そこでアイスクリームを食べることで、上手に適切な脂肪分を摂取が可能となります

icediet1

冷たいからこそ体が燃える!

ダイエットでは脂肪を燃やしやすくするために、体を温める必要があります。なのでアイスを食べたら冷えてしまうので、逆効果だと思っていませんか?。

確かに体は冷えますが、冷えた後は元の温かい状態に戻そうと代謝が活発に。代謝が活発になると体についた脂肪も燃えるため、自然と燃えやすい体質へと変わっていきます。

そのためにアイスクリームを適度に食べるのは、代謝を上げるためには効果的なんですよ

牛乳の栄養がぎゅっと!

アイスクリームの主原料は牛乳ですが、牛乳にはダイエットに嬉しい栄養がたっぷり詰まっています

例えば、骨や爪・髪の毛を作るのに欠かせないカルシウムは、ダイエット中には不足しがちな栄養素。食べ物を我慢するイライラも、カルシウムを補うことで解消することが可能です。

また食事の量を減らすとどうしても不足しがちな、ビタミンAやビタミンB群も牛乳で補えます。

そんな牛乳を主原料としたアイスクリームは、栄養面ではダイエットに最適なスイーツ

確かにカロリーはありますが、そのカロリーは乳脂肪分がメイン。乳脂肪分は脂肪として溜まるより先にエネルギーとして使われるので、ダイエット向きなんですよ。

スポンサーリンク

アイスクリームの選び方

「アイスクリーム」を選ぼう

ダイエット用にアイスを選ぶ時は、「アイスクリーム」を選びましょう。

実は市販のアイスクリームは、いくつかの種類にわけられます。

その基準は、乳固形分と乳脂肪分の含有量

「アイスクリーム」と言われるものは、乳固形分15.0%以上、うち乳脂肪分8.0%以上のものだけです。「アイスミルク」や「ラクトアイス」は乳脂肪分が低く、商品によっては植物油脂が混ざっていることが。

ですから良質な脂肪分を摂取するためには、「アイスクリーム」を選ぶことが大切です

味はバニラ一択!

アイスクリームには、チョコ・イチゴ・ミントなどの様々な味があります。

ですがダイエット用に食べるのは、混ざりっけのないバニラアイス一択

というのもバニラの香りには、血糖値を上昇させて満腹感を覚える効果が。なのでバニアアイスを少量食べるだけで、お腹が満足してくれるんですよ。

icediet2

ダイエットに効果的なアイスクリームの食べ方

朝食代わりに

ダイエット用にアイスを食べる方法ですが、朝食をアイスに置き換える方法があります

食べる量は80mlから120mlまで。ハーゲンダッツのミニカップが110mlなので参考になりますね。

食後には温かいハーブティーを飲めば、冷えすぎも予防できます。

間食をアイスにする

食事は通常どおり食べて、間食をアイスだけにする方法もあります

この場合も一回に食べるのは80ml~120mlだけ。しかも1日に1回だけ。

美味しいからと何回も食べると、このダイエットの意味がなくなってしまいます。

アフォガードで温かく冷たく!

特に朝食にアイスを食べる場合、その冷たさでどうしても食べられない日もありますよね。
そんな時は濃い目に入れたブラックコーヒーを上からかけて、「アフォガード」にしましょう。

□アフォガートの作り方

*本来は熱々のエスプレッソコーヒーをかけますが、濃い目のブラックコーヒーでもOK!

コーヒーに含まれるカフェインは、少量でしたら体の脂肪を燃やす効果が。また利尿作用もあるので、むくみがちな朝にはコーヒーは効果的です。

食べ過ぎには要注意!

ダイエット中は甘いものを控えたいですが、どうしても我慢できない時はアイスがオススメ。

甘くて美味しくてダイエットの手助けになるのなら、活用しないのはもったいないですよね。

ただし当たり前ですが、アイスクリームが美味しいからと言って、ついつい食べ過ぎては逆効果。そしてアイスだけ食べても栄養のバランスがとれないので、他の食事もしっかり食べましょう。

食べて運動して、健康的にダイエットする手助けに、上手にアイスを活用しましょう!

スポンサーリンク

関連記事

もち麦ダイエットの効果やおすすめレシピ!もち麦のカロリーは?

理想的なダイエットとは、程よくカロリーを抑えつつきちんと食事を取ることと運動すること。

記事を読む

森のバター!アボカドの栄養とカロリーは?効果的な食べ方も紹介!

ここ数年で定着し、女性を中心に大変人気のある野菜の一つが、「アボカド」。 とろっとした

記事を読む

万能薬「生姜」の効能・効果。体をポカポカ温める摂り方とは?

「生姜」と言えば、身体を温める効果が高いことで有名ですね。 漢方でも万能薬と言われるほど、

記事を読む

牛乳と生クリームの作り方の違いとは?代用はできるの?

ホットケーキを焼いた時、 「ホイップクリームがあれば”カフェ風”になるのに!」 と思ったこと

記事を読む

チーズフォンデュのおすすめ具材はコレ!定番から変わり種まで

友人知人との集まりでチーズフォンデュを出すと、思わずテンションが上がりませんか? トロ

記事を読む

家でも簡単に出来る!パラパラチャーハンの作り方とは?

ご飯が沢山余った時に手軽に作ることが出来るチャーハンは、時間がない時の強い味方ですね。

記事を読む

マドレーヌとフィナンシェはどう違うの?作り方や味の違いなど

先日友人からフランスの焼き菓子の詰め合わせを頂いたのですが、その中にあったのが、長方形の形を

記事を読む

お肌に効果!「もつ」の栄養と美容効果とは?カロリーはどれくらい?

https://youtu.be/P6j6iurnnTE お肌の調子良くない時には、もつ(ホル

記事を読む

そうめんの美味しい食べ方。マナーで気を付けることとは?

夏に食べる機会の増えるそうめんは、冷っとして美味しいのですが、毎日食べ続けるとさすがに飽きてしまいま

記事を読む

りんごの効能とおすすめの食べ方は?

「りんごは体にいい」ってよく言われますよね。 イギリスには「一日一つのリンゴは医者いらず」と言

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トゥリング(足の指輪)を付ける足の指にはどんな意味が?最適な付け方は?

きれいで素敵なアクセサリーは、特に興味がない人でも一つは持って

メンズサングラスの選び方のポイントは?人気のブランドも紹介!

屋外や運転中など、日光が眩しいと感じた時に使いたいのがサングラ

メンズ用のおしゃれなクラッチバック!おすすめの人気ブランドはコレ!

男性用のカバンというと、メッセンジャーバッグやリュックなど大き

マニキュアを早く乾かす方法は?キレイにできる塗り方のコツも紹介!

指先は意外と人に見られていて、ここの印象でその人全体の印象が変

チュニックとワンピースとブラウスの違いは何?それぞれの特徴は?

コーディネートに困ったときに、一枚でコーデが完成するワンピース

→もっと見る

PAGE TOP ↑