アイスクリームはダイエットに最適?効果の高い食べ方は?

になると食べたくなるのが、冷たくて甘いアイスクリーム

しかしアイスはカロリーが高いイメージがあり、食べ過ぎはちょっと気になります。

ところがアイスクリームは、実はダイエット時にこそ食べたいスイーツ。食べるタイミングと量を把握すれば、ダイエットの強い味方になってくれるんですよ。

アイスクリームのダイエット時における効果と、上手な選び方や食べ方を紹介します!

スポンサーリンク

アイスクリームはダイエットに良い?

適切な脂肪がきちんと取れる

ダイエットをするとき、どうしても油を控えてしまいがち。しかし油を控えすぎると、体は少しでも油分を補おうと食べ物を一生懸命吸収することに。結果的に脂肪分が溜め込みやすい体となってしまい、脂肪が燃えにくい体となってしまいます。

ダイエット時には、1日に55gの脂肪分を摂取するのが理想とされています。

しかし食事で55g分の脂肪分を取るのは意外と面倒で、カロリーオーバーになってしまうことも。

そこでアイスクリームを食べることで、上手に適切な脂肪分を摂取が可能となります

icediet1

冷たいからこそ体が燃える!

ダイエットでは脂肪を燃やしやすくするために、体を温める必要があります。なのでアイスを食べたら冷えてしまうので、逆効果だと思っていませんか?。

確かに体は冷えますが、冷えた後は元の温かい状態に戻そうと代謝が活発に。代謝が活発になると体についた脂肪も燃えるため、自然と燃えやすい体質へと変わっていきます。

そのためにアイスクリームを適度に食べるのは、代謝を上げるためには効果的なんですよ

牛乳の栄養がぎゅっと!

アイスクリームの主原料は牛乳ですが、牛乳にはダイエットに嬉しい栄養がたっぷり詰まっています

例えば、骨や爪・髪の毛を作るのに欠かせないカルシウムは、ダイエット中には不足しがちな栄養素。食べ物を我慢するイライラも、カルシウムを補うことで解消することが可能です。

また食事の量を減らすとどうしても不足しがちな、ビタミンAやビタミンB群も牛乳で補えます。

そんな牛乳を主原料としたアイスクリームは、栄養面ではダイエットに最適なスイーツ

確かにカロリーはありますが、そのカロリーは乳脂肪分がメイン。乳脂肪分は脂肪として溜まるより先にエネルギーとして使われるので、ダイエット向きなんですよ。

スポンサーリンク

アイスクリームの選び方

「アイスクリーム」を選ぼう

ダイエット用にアイスを選ぶ時は、「アイスクリーム」を選びましょう。

実は市販のアイスクリームは、いくつかの種類にわけられます。

その基準は、乳固形分と乳脂肪分の含有量

「アイスクリーム」と言われるものは、乳固形分15.0%以上、うち乳脂肪分8.0%以上のものだけです。「アイスミルク」や「ラクトアイス」は乳脂肪分が低く、商品によっては植物油脂が混ざっていることが。

ですから良質な脂肪分を摂取するためには、「アイスクリーム」を選ぶことが大切です

味はバニラ一択!

アイスクリームには、チョコ・イチゴ・ミントなどの様々な味があります。

ですがダイエット用に食べるのは、混ざりっけのないバニラアイス一択

というのもバニラの香りには、血糖値を上昇させて満腹感を覚える効果が。なのでバニアアイスを少量食べるだけで、お腹が満足してくれるんですよ。

icediet2

ダイエットに効果的なアイスクリームの食べ方

朝食代わりに

ダイエット用にアイスを食べる方法ですが、朝食をアイスに置き換える方法があります

食べる量は80mlから120mlまで。ハーゲンダッツのミニカップが110mlなので参考になりますね。

食後には温かいハーブティーを飲めば、冷えすぎも予防できます。

間食をアイスにする

食事は通常どおり食べて、間食をアイスだけにする方法もあります

この場合も一回に食べるのは80ml~120mlだけ。しかも1日に1回だけ。

美味しいからと何回も食べると、このダイエットの意味がなくなってしまいます。

アフォガードで温かく冷たく!

特に朝食にアイスを食べる場合、その冷たさでどうしても食べられない日もありますよね。
そんな時は濃い目に入れたブラックコーヒーを上からかけて、「アフォガード」にしましょう。

□アフォガートの作り方

*本来は熱々のエスプレッソコーヒーをかけますが、濃い目のブラックコーヒーでもOK!

コーヒーに含まれるカフェインは、少量でしたら体の脂肪を燃やす効果が。また利尿作用もあるので、むくみがちな朝にはコーヒーは効果的です。

食べ過ぎには要注意!

ダイエット中は甘いものを控えたいですが、どうしても我慢できない時はアイスがオススメ。

甘くて美味しくてダイエットの手助けになるのなら、活用しないのはもったいないですよね。

ただし当たり前ですが、アイスクリームが美味しいからと言って、ついつい食べ過ぎては逆効果。そしてアイスだけ食べても栄養のバランスがとれないので、他の食事もしっかり食べましょう。

食べて運動して、健康的にダイエットする手助けに、上手にアイスを活用しましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

賞味期限と消費期限の違いとは?開封済みの場合はどうなるの?

食品を購入する時に状態や値段も確認しますが、「賞味期限」もチェックしてから購入しますよね。

記事を読む

バナナのカロリーや栄養は?ダイエットに効果的な食べ方も紹介!

今でこそバナナはいつでも気軽に購入できる果物ですが、その昔は高級フルーツの代名詞。とっておき

記事を読む

うな重とうな丼の違いは何?ひつまぶしの由来や食べ方もご紹介!

夏バテに効果のあると言われるうなぎは、蒲焼にしてからご飯に乗せて食べるのが一般的。 お

記事を読む

味噌汁の具に人気の組み合わせは何?定番から変わり種まで!

日本人の食事の定番と言えば、味噌汁は外せません。 最近では作らない家庭も増えていますが

記事を読む

薄力粉と強力粉の違いと使い分けは?代用はできるの?

小麦粉っていろんな種類がありますよね。 薄力粉、強力粉、中力粉、全粒粉・・など 種類が沢

記事を読む

もち麦の気になる栄養と健康効果とは?効果的な炊き方は?

毎日の食卓にご飯は欠かせませんが、お米のご飯だけを食べ過ぎると栄養の偏りが気になります。

記事を読む

こうすれば大丈夫!銀杏の下処理の方法と美味しい食べ方!

秋の味覚の名脇役に、小粒で美味しい銀杏(ぎんなん)があります。 串焼きにしておつまみにしたり、

記事を読む

ビフィズス菌と乳酸菌の違いとは?どんな食品に含まれてるの?

市販のヨーグルトのパッケージを見てみると、「乳酸菌」配合、また「ビフィズス菌」配合とあるのをよく

記事を読む

ヨーグルト菌の種類には何がある?効果を知って食べ分けよう!

美容と健康のために、毎朝ヨーグルトを食べるという人も多いですよね。 そうで無くても、

記事を読む

キャベツの優れた栄養と効果。最適な保存方法は?冷凍はできる?

https://youtu.be/UI3XRVdNQ30 とんかつや生姜焼きを出す時に、添え物

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

「日韓交流おまつり 2017 in Tokyo」の日程と見どころ!ゲストが楽しみ!

お隣の国・韓国は、食も文化も身近な存在ですよね。 「ハングル文字

福島の会津まつり2017年の日程と見どころ!豪華参加ゲストも楽しみ!

日本全国で行われるお祭りには、その土地ならではの歴史が盛り込まれている

新潟上越の謙信公祭2017年の日程と最大の見どころは?

戦国時代の人物の中には、全国的に名前が知られて人気の高い人物が何人もい

深川八幡祭り2017年は本祭り!屋台や水掛けなど見どころを紹介!

東京を代表する、三大祭をご存知ですか? 神田祭・山王祭・深川祭が

盛岡さんさ踊り2017年の日程と見どころ!岩手の名前の由来は?

夏祭りといえば、盆踊りに代表されるように「踊り」のイメージがありません

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑