甘くて美味しい!パイナップルの栄養効果とは?カロリーはどう?

最終更新日: | 飲食 | , , ,

南国のフルーツと言われると、あなたはどんなフルーツを思い浮かべますか?

南国系フルーツの代表格と言えば、トゲトゲした外見と黄色い果肉が美味しい
パイナップルではないでしょうか?

パイナップルは見た目はゴージャスでありながら、手頃な価格で購入できるフルーツでもあります。甘くて美味しいパイナップルですが、甘味が強いのでカロリーが気になりますよね。

そんなパイナップルのカロリーと栄養について、嬉しい効果も合わせてまとめて紹介します

スポンサーリンク

パイナップルの栄養効果とは?

美肌効果が!

pinecalorie1

イナップルには、ビタミンCが100gあたり27mgとたっぷり含まれています

レモンなどの柑橘系と違って、酸味がないため、食べやすいのも魅力です。

ビタミンCは、シミの原因となるメラニンの生成を押さえる効果があります。またシミの色を抑える効果があるため、日焼けの怖い季節にぜひ補いたいビタミンです。更にシワやニキビなどの肌トラブルの予防や、肌の免疫力を高める効果も。

そのためビタミンCは、美肌のために欠かせないビタミンとなっています。

胃もたれ解消!

安くて硬い肉をパイナップル果汁に漬け込むと、柔らかい肉になる裏ワザをご存知ですか?

これは「ブロメリン」という酵素が、お肉のタンパク質を分解するため。短時間であればパイナップルの味も染み込まず、肉質だけが柔らかくなるんですよ。

実はこの効果は、パイナップルを食べた時にも働きます。

食後の胃もたれが続く時に食べると、ブロメリンの効果で消化を手助け。胃の負担が軽くなるので胃もたれが解消しやすくなり、また栄養も吸収しやすくなります

更にパイナップルには、ビタミンB1・B6が含まれています。

ビタミンB6には・・・
タンパク質を分解してアミノ酸に変える効果が。

ビタミンB1には・・・
糖質を素早く分解して、エネルギーに変換する効果が。

そのため胃腸が弱っている時にパイナップルを食べると、胃腸の負担を軽くしてくれます。なおブロメリンは加熱すると効果が消えるため、生のまま食べましょう。

スポンサーリンク

疲労回復効果が!

胃腸が弱ってしまうと、どうしても疲れが取れにくくなってしまいます。

そんな時には、パイナップルの酸味の成分である「クエン酸」が効果的。

クエン酸の酸味には、食欲増進消化を手助けする効果が。更に疲労回復効果もあるため、元気が湧いてくるんですよ。

腸内環境改善!

パイナップルは繊維質で食べ応えがありますが、実は食物繊維も豊富に含みます。

パイナップルの食物繊維は、「不溶性食物繊維」というもの。これは胃で水分を吸収して膨らみ、腸内の不要物をきれいに掃除してくれる効果が。

この時に腸をやさしく刺激するため、便秘解消に効果があるんですよ!

パイナップルのカロリーは?

生の場合

気になるパイナップルのカロリーですが、生の場合は100gで51kcal意外と低め。100gというと、およそ3センチの厚さで切った輪切りの重さに相当。

繊維質で食べごたえがあるため、カロリー控えめなのにお腹いっぱいになりそうですね。

pinecalorie2

缶詰の場合

缶詰のパイナップルの場合、砂糖入りのシロップにつけた状態で加熱処理を行なっています。そのためビタミンCやブロメリンの効果が、生よりも薄くなってしまいます。

更に気になるカロリーですが、100g当たりおよそ90kcal生よりやや高め

一番ポピュラーな「3号缶」の場合、パイナップルは約340gほど。シロップに付けられている分、どうしてもカロリーは高くなってしまいます。

ちなみに缶詰のシロップですが、水1に対して砂糖1~2の割合で作るのが一般的。

3号缶ですとシロップはおよそ200g程度のため、砂糖も200g前後使われている計算に。砂糖100gのカロリーは384kcalですので、シロップ200gの場合768kcalという事に。

缶詰を食べる場合は、できるだけシロップは飲まないようにしましょう。

pinecalorie3

用途に合わせて食べ分けよう!

関連記事:丸ごとでも怖くない!パイナップルの簡単な切り方と保存方法とは?

パイナップルはそのまま食べても美味しく、他のフルーツと合わせても味が引き立つ果物。缶詰・カットフルーツなどの形で販売されていますので、使い勝手も良い果物ですね。

カロリーに関しても生のパイナップルなら控えめですし、嬉しい栄養効果もたくさん。便利な缶詰はちょっとカロリーが気になるので、シロップを切ってから使いたいですね。

生と缶詰の特徴を把握した上で、上手にパイナップルを食べ分けましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

ほうじ茶の効能と健康に良い効果とは?飲むなら朝と夜のどっち?

和食を食べた後には、やはり日本茶が飲みたくなります。ほのかな苦味と甘味の緑茶も良いですが、香ばしい香

記事を読む

丸ごとでも怖くない!パイナップルの簡単な切り方と保存方法とは?

ホームパーティーを行う時に、テーブルの真ん中に華やかになる物を飾りたくないですか? そ

記事を読む

もずくの栄養と効果とは?酸っぱいのが苦手でも大丈夫な食べ方も

晩御飯に一品足りない時は、ササッと作れる、 もずく酢の小鉢っていいですよね。 我が家でも普通

記事を読む

ブラジルナッツの栄養や効能は?カロリー量と効果的な食べ方

ピーナッツ・アーモンド・くるみなど、ナッツ類は味も様々でとても美味しいですよね。そんなナッツ類の中で

記事を読む

ドライイーストとベーキングパウダーの違いは?代用はできるの?

クッキーなどのお菓子作りやパンづくりでは、ふっくら膨らむことが重要です。 お菓子づくりやパンが

記事を読む

バナナの黒い部分は食べても大丈夫?長持ちする保存方法は?

甘くて美味しいバナナは、いつも常備して毎日食べているという方も多いのではないでしょうか。 子供

記事を読む

生ハム・プロシュート・ハモンセラーノの違い!生ハムメロンにするなら?

パーティにお出したい一品として、香りと風味が美味しい生ハムがあります。「原木」と呼ばれる大き

記事を読む

アーモンドに隠された効能とは?ダイエットにも効果はあるの?

http://youtu.be/a2qGaSSiNcg アーモンドって、香ばしくて美味しいですよね

記事を読む

草餅のカロリーはあんこの有り無しでどう違う?美味しい食べ方は?

お正月に食べるお餅は、白い切り餅以外にも様々な種類があります。 黒豆の入った「豆餅」も

記事を読む

里芋のカロリーや栄養素は?効果的な食べ方もご紹介!

https://youtu.be/w5h3nVGpoHc 煮物料理に入っていると嬉しい野菜に、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

赤ちゃんのディズニーデビューはいつから?楽しみ方や注意点は?

赤ちゃんの頃から様々な体験をさせてあげる事は、成長していくためにはとて

赤ちゃんはいつから新幹線に乗れるの?席の料金が無料になる条件は?

お盆や年末年始の帰省には、渋滞のない新幹線が便利です。

霧(きり)と靄(もや)と霞(かすみ)の違いとは?気象上の定義では?

霧の都とも呼ばれているロンドン。映画などで霧に濡れるシーンを見

ひょう(雹)・あられ(霰)・みぞれ(霙)の違いとは?雪とはどう違うの?

フワフワと降る雪はロマンチックですが、実際には雪ではなく「みぞれ」が降

横田基地友好祭、2017年の日程と見どころ!食べ物も気になる!

普段の生活において米軍基地は、あまり身近な存在とは言えません。

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑