ズッキーニの栄養と効能!美味しい食べ方もご紹介!

最終更新日: | 飲食 | , , ,

ここ数年で一般的になった野菜の一つに、ズッキーニがあります。

家庭菜園でも育てやすく、夏になるとおすそわけされることも多いかもしれませんね。見た目はきゅうりのようなズッキーニですが、どうやって食べたらよいか困ることってありませんか?

実はズッキーニは様々な料理に使えて、夏にこそたくさん食べたい野菜なんですよ。

ズッキーニの気になる栄養や効能、そして美味しい食べ方を紹介します!

スポンサーリンク

ズッキーニの栄養と効能

きゅうりじゃない!

よく勘違いされるのですが、ズッキーニはきゅうりの仲間ではありません

ズッキーニは「ウリ科カボチャ属」の野菜で、カボチャの一種

その成長過程はカボチャとよく似ていますし、皮を固くして丸くしたらカボチャの実にもよく似ています。

カボチャとの違いは、実が完全に熟し切る前に収穫する点と中に空洞が出来ない点です。

zucchinieiyo1

栄養価は?

ズッキーニの気になる栄養価ですが、100g当たりで次のような栄養素が含まれています。

食物繊維  1.3g
カロテン  320μg(マイクログラム)
ビタミンB1 0.05mg
ビタミンB2 0.05mg
ビタミンB6 0.09mg
ビタミンC 20mg
カリウム  320mg

栄養価の中で特に多いのが、ビタミンB群とビタミンAの一種であるカロテン。また食物繊維カリウムも、豊富に含んでいます。

ズッキーニは種類にもよりますが、1本でおよそ150g。そのため料理のメイン食材として使えば、しっかりこれらの栄養も取れますね。

気になる効能は?

これらの栄養がもたらす効能ですが、次のようなものがあります。

○カリウム
カリウムには、むくみの原因となるナトリウムを排出させる役割が。

カリウムが不足すると食欲不振を招いたり、足がつりやすくなってしまいます。食欲不振などは夏バテの原因にもなるため、意識してカリウムを摂取したいですね。

○ビタミンB群
ビタミンB群には皮膚などの粘膜を元気にし、疲労回復を助ける効果があります。

こちらも不足すると吹き出物が出たり、夏バテの原因となるためしっかり摂取しましょう。

○カロテン
カロテンは体内でビタミンAに変わり、目の疲労回復や視力回復に役立ちます。また髪の毛や皮膚を元気にする作用と、免疫力アップにも効果が。

夏の紫外線でダメージを受けたお肌と髪には、カロテンは欠かせませんね。

○ビタミンC
ビタミンCには美白効果と、お肌のコラーゲンを作り出す効果が。更には白血球を元気にする作用があり、病気に負けない体づくりに役立ちます。

こちらも夏のお肌を元気にするために、欠かせない栄養素です。

スポンサーリンク

ズッキーニのおすすめの食べ方

鶏肉入りラタトゥイユ

ズッキーニの代表的な調理方法に、ラタトゥイユがあります。イタリア風野菜の煮込み料理で、たっぷり野菜が取れますよ!

■材料(4人分)
ズッキーニ   1本(150g前後)
玉ねぎ     1個
パプリカ    1個
なす      1個
鶏もも肉    150g
ホールトマト缶 400g(トマト2個でも可)

ニンニク    1片(みじん切りにする)
オリーブオイル 大さじ3(サラダ油でも可)
塩・こしょう  少々

■作り方
1.ズッキーニ・ナスは1.5センチ厚の輪切りにし、水にさらしておきます。

2.玉ねぎ・パプリカは、幅2センチ程度にざく切りにし、鶏もも肉は一口大に切ります。

3.厚手の鍋にオリーブオイルとニンニクを入れ、ニンニクの香りが立ったら鶏もも肉を炒めます。

4.鶏もも肉の表面に軽く焦げ目がついたら、ズッキーニとなすを入れて炒めます。

5.ナスとズッキーニに油が回ったら、玉ねぎ・パプリカを加えて炒めます。

6.全体に油が回ったらトマト缶・塩こしょうを加え、フタをして弱火で20分程度煮込みます。

7.味見をして薄ければ塩コショウで調節してから、器にもって完成!

ポイントは、煮こむ時に弱火にして野菜の水気を引き出すことです。強火にすると焦げ付きの原因になるので、必ず弱火にしてください。

トマトと野菜の旨みが全面に出た優しい味は、夏の疲れた体にじんわり染みますよ!

□男子大学生のオトコ飯 「ラタトゥイユ作ってみた」

*1分45秒頃に煮込んだ状態のラタトゥイユが。水なしでこれだけの水分が出るんですよ!

ズッキーニの揚げびたし

揚げびたしは、簡単に作れて、おかずにもおつまみにもなる一品です。

■材料
ズッキーニ        食べたい量だけ
めんつゆ(濃縮タイプ) 50cc程度
この他に、揚げ油とキッチンペーパーを用意してください

■作り方
1.ズッキーニは、1センチ程度の輪切りにします。

2.フライパンにズッキーニが浸る程度の油入れて熱し、ズッキーニを揚げ焼きにします。

3.ズッキーニが油を吸って火が通ったら取出し、キッチンペーパーなどで油を吸わせます。

4.熱いうちにめんつゆに浸し、10分程度置いたら完成!

コツは揚げた後に油を吸い取ることと、最低でも10分はめんつゆに浸すことです。一晩置くと味がよくしみて、更に美味しくなりますよ。

美味しく食べて夏をのり切ろう!

ズッキーニは見た目はきゅうりのようですが、煮崩れしにくく焼いても美味しい野菜

・トマト味
・しょうゆ味
・みそ味
など、どんな味付けにも合うので普段の料理にも活用したいですね。

しかも体のむくみにも効果があって、夏バテの解消にも役立つので毎日でも食べたいもの。

ズッキーニを夏の食卓に取り入れて、むくみ知らずで元気な夏を過ごしましょう!

スポンサーリンク

関連記事

冷凍して美味しく食べよう!冷凍卵の作り方と活用レシピ!

生卵・ゆで卵・溶き卵に、目玉焼きに卵焼き…。 卵は昔も今も人気の食材の一つですね。 その

記事を読む

もち麦の気になる栄養と健康効果とは?効果的な炊き方は?

毎日の食卓にご飯は欠かせませんが、お米のご飯だけを食べ過ぎると栄養の偏りが気になります。

記事を読む

花粉症対策にはヨーグルト!何の菌が効果あるの?食べる量は?

冬から春へと向かう季節はウキウキする一方で、花粉症の季節の到来でもあります。 スギ花粉

記事を読む

デコポンと不知火(しらぬい)の関係。産地による呼び方の違いは?

ビタミンCがたっぷりで甘さの中に酸味がある柑橘類は、大好きな人も多いのでは。沢山ある柑橘類の中でも、

記事を読む

絹ごし豆腐と木綿豆腐の違い。栄養価はどう違う?

最近、スーパーのお豆腐コーナーに行くと、 絹ごし豆腐が多いですよね? 木綿豆腐はあまり置

記事を読む

バターの賞味期限はいつまで?長持ちする保存方法は?

パンに欠かせないバターは、使わない家庭では意外と持て余す食材です。 特にブロックタイプ

記事を読む

カリウムの多い食品と驚くべき健康効果!不足したらどうなる?

デスクワークの多い人にとって気になるのが、足のむくみ。退勤時間になると足がパンパンで、朝履いてきた靴

記事を読む

使い方や味で選びたい!人気のりんご5種類。美味しさの特徴とは?

https://youtu.be/RrzyuNAqkO0 秋から冬にかけて美味しくなる果物の一

記事を読む

オリーブオイルの異なる種類と、選び方のポイントをご紹介!

「オリーブオイル」の名前は、 健康や美容に良いので、聞いたことがある人は多いと思います。

記事を読む

アイスクリームはダイエットに最適?効果の高い食べ方は?

夏になると食べたくなるのが、冷たくて甘いアイスクリーム。 しかしアイスはカロリーが高いイメージ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

芒種(ぼうしゅ)の意味とは?2017年はいつ?

カレンダーを見ていると日付の横に、様々な言葉が書き記されていることがあ

小満(しょうまん)はどんな意味があるの?2017年はいつ?

毎日見るカレンダーには普段あまり見慣れない、暦の用語が幾つも書

夏を先取り!立夏にはどんな意味があるの?2017年はいつ?

ニュースなどで時々「暦の上では今日から夏ですが・・・」という言

こどもの日は女の子もお祝いしていいの?プレゼントはどうする?

5月5日のこどもの日は、端午の節句とも呼ばれています。

女性のむくみ防止に!着圧ソックスの効果と正しい使い方とは?

デスクワークが多い女性にとって、気になるのが足のむくみ。出勤時

→もっと見る

PAGE TOP ↑