多摩川の花火大会2017年の日程は?おすすめの穴場もご紹介!

| 花火大会 | , , ,

tamagawahanabi1

沿いの土手にシートを敷き、川から打ち上げられる花火を見て美しさに歓声が上がる…。

こんな光景を見ると、これぞ日本の夏!といった気分になりませんか?

川沿いで開催される花火大会はいくつもありますが、その中でも
多摩川の花火大会はとってもお得

実はこの花火大会、一度に二つの花火大会が楽しめてしまうんです。

そんなお得な多摩川花火大会について
・多摩川花火大会とは?
・2017年の日程と開催場所
・おすすめの穴場ポイント

などを紹介します!

スポンサーリンク

多摩川花火大会とは

2つの花火大会が!

多摩川の大会には、同じ日にほぼ同じ場所で開催される二つの花火大会があります。

世田谷区たまがわ花火大会 -> 東京都世田谷区で開催
川崎市制記念多摩川花火大会 -> 神奈川県川崎市で開催

その歴史は川崎市の花火大会のほうが古く、2017年で76回目となります。一方の世田谷区の花火大会も歴史があり、2017年で39回目。

元々別の日に開催されていましたが、打ち上げ場所が近いこともあって1994年より同時開催に。世田谷区側で中止する年もありましたが、同じ日にあわせて開催する花火大会となっています。

tamagawahanabi2

多摩川花火大会の日時と開催場所

8月の第三土曜日に!

多摩川の花火大会は、例年8月の第三土曜日に開催されます

2017年の8月第三土曜日は、8月19日。この日に開催されます。
お盆開けになりますね。

各花火大会の詳細

世田谷区たまがわ花火大会の詳細

□開催日時
2017年8月19日(土)19:00~20:00(予定)
※雨天の場合は中止(順延はありません)

□開催場所
東京都世田谷区鎌田1-3-5 二子玉川緑地運動場

川崎市制記念多摩川花火大会の詳細

□開催日時
2017年8月19日(土)18:30~20:00頃(花火は19:00頃より)
※雨天の場合は中止(順延はありません)

□開催場所
神奈川県川崎市高津区諏訪 多摩川河川敷

多摩川を挟んで、

  • 上流側で世田谷区の花火大会
  • 下流側で川崎市の花火大会

となります。

スポンサーリンク

オススメ穴場スポット

花火大会の見どころ

多摩川花火大会の特色は、二つの演出が楽しめること。

世田谷側では、スターマインナイアガラといった大規模な花火が。

一つ一つの花火も大きめで、迫力ある花火が楽しめます。

*次々と打ち上がる花火は、息を呑む美しさです。

川崎市側では、住宅地が近い関係であまり大きな花火を打ち上げられません。

しかし次々と打ち上がる花火や、音楽にあわせて打ち上げる「ハナビリュージョン」が。

勢いとスピード感あふれる花火は、世田谷川とは違った魅力が溢れます。

*1分30秒頃より、ドラえもんの歌にあわせて花火が上がります。

しかも両大会合わせて1万2000発もの花火が打ち上がるため、たっぷり花火が楽しめます!

穴場スポット!

多摩川花火大会には有料観覧席もありますが、ゆっくり見られる穴場スポットもいくつかあります。

○宇奈根公園(東京都世田谷区鎌田2丁目)

世田谷区側の打ち上げ場所である、二子玉川緑地運動場の反対側に位置する公園。打ち上げ場所から比較的近く、世田谷川の花火は全てきれいに見える場所です。

○多摩川遊園(東京都世田谷区野毛2-9)

宇奈根公園よりも更に離れた場所となるため、一部の花火が見づらい場所となります。

しかしその分混雑は避けられ、のんびりと花火を見ることが可能。最寄り駅から20分ほど歩くため、動きやすい靴で行く事をオススメします。

○砧野球場周辺(東京都世田谷区喜多見1-12-2)

会場より上流の東名高速の橋の下付近にあり、野球場やサッカーグラウンドがあります。会場からは離れますが花火が見られ、混雑も避けられる穴場となっています。

○宇奈根キャンプ場周辺(神奈川県川崎市高津区宇奈根784)

川崎市側の打ち上げ場所からは離れますが、その分混雑の避けられる場所です。世田谷側の花火も近く、両方楽しみたい方におすすめのポイントです。

○北見方少年野球場周辺(神奈川県川崎市高津区北見方2丁目)

会場より下流の、第三京浜の橋の下にある運動場です。

世田谷側の花火は見づらいですが、川崎側の花火ははっきり見えるオススメスポット。会場付近の最寄り駅から離れているため、行き帰りの混雑も避けられます。

ゆとりを持って楽しもう!

多摩川の花火大会は、1日で二つの花火大会が楽しめるお得な場所

それぞれ特色が違うので見比べてると、新しい発見があるかも知れませんよ。

ただし人気の花火大会のため、世田谷区側で約30万人・川崎市側で15万人の観客が。打ち上げ会場近くで見るときも、穴場スポットで見るときも譲り合って花火を見たいですね。

混雑するからこそ、ゆとりを持って多摩川花火大会を楽しみましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

長岡花火大会2017年の日程!おすすめの見学スポットは?

夏になると全国各地で花火大会が開催され、多くの人が花火見物に訪れます。 その中でも「日

記事を読む

柏崎花火大会、2017年の日程!穴場の見学スポットは?

全国各地で開催される花火大会は、地域や場所ごとに特徴があってどれも楽しいものばかり。特に打ち

記事を読む

夏を先取り!横浜開港祭の花火2017!日程や時間は?

花火大会と言えば夏の風物詩。浴衣を着て夏空を彩る花火を見るのが定番ではないでしょうか。

記事を読む

湖面に咲く大輪の花!琵琶湖花火大会、2017年の日程や穴場は?

日本で一番大きい湖と言えば、ご存知「琵琶湖」ですね。滋賀県にある琵琶湖は、知らないで見るとま

記事を読む

流山花火大会2017年の日程や見どころ!穴場スポットのおすすめは?

夏になると全国各地で開催される花火大会は、規模も様々でどこに行こうかか迷ってしまいますよね。

記事を読む

八王子花火大会2017年の日程は?穴場のスポットもご紹介!

夏の東京では、週末ごとに花火大会が行われます。 そのため同じ日に花火大会が重なることも

記事を読む

水中で花火も!鎌倉花火大会2017年の日程と穴場スポットは?

花火大会と言えば、普通は夜空を見上げて見物するものですよね。 夜空を大輪で彩る花火は、

記事を読む

大曲花火大会(全国花火競技大会)2017年の日程。駐車場はどうする?

夏になると全国の夜空を彩る花火は、花火師のおかげで成り立っています。 花火師とは花火を

記事を読む

東京湾花火大会2017!打ち上げ場所や穴場スポットはどこ?

★東京湾花火大会は、残念ながら2016年度以降、当面の中止が決定いたしました。 東京で

記事を読む

一味違う!長野えびす講煙火大会2016。穴場の見学スポットは?

最近では冬に花火大会が行われることもありますが、昔は花火大会と言えば夏のものでした。 現在でも

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

赤ちゃんのディズニーデビューはいつから?楽しみ方や注意点は?

赤ちゃんの頃から様々な体験をさせてあげる事は、成長していくためにはとて

赤ちゃんはいつから新幹線に乗れるの?席の料金が無料になる条件は?

お盆や年末年始の帰省には、渋滞のない新幹線が便利です。

霧(きり)と靄(もや)と霞(かすみ)の違いとは?気象上の定義では?

霧の都とも呼ばれているロンドン。映画などで霧に濡れるシーンを見

ひょう(雹)・あられ(霰)・みぞれ(霙)の違いとは?雪とはどう違うの?

フワフワと降る雪はロマンチックですが、実際には雪ではなく「みぞれ」が降

横田基地友好祭、2017年の日程と見どころ!食べ物も気になる!

普段の生活において米軍基地は、あまり身近な存在とは言えません。

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑