柏崎花火大会、2017年の日程!穴場の見学スポットは?

| 花火大会 | , , ,

kashiwazakihanabi3

国各地で開催される花火大会は、地域や場所ごとに特徴があってどれも楽しいものばかり。特に打ち上げ場所の地形を生かした花火大会は、花火の美しさが更に引き立ちます。

そんな花火大会の一つが、新潟県柏崎市で開催される「柏崎花火大会」です。

新潟では他にも素敵な花火大会が開催されますが、柏崎の花火はどんな特徴があるのでしょう?

気になる柏崎花火大会について、
・柏崎花火大会とは?
・2017年の日程とスケジュール
・見どころ・おすすめ穴場見学スポット
・アクセス

についてご紹介します!

スポンサーリンク

柏崎花火大会とは?

祇園祭と合体

崎花火大会の正式名称は、「ぎおん柏崎まつり海の大花火大会」と言います。

京都・八坂神社の流れをくむ新潟県柏崎市の八坂神社では、毎年7月に「祇園祭」を開催。その祭りが昭和25年に地元商工会のイベントと合体し、「ぎおん柏崎まつり」となりました。

元々祇園祭でも花火を打ち上げる風習があったのですが、昭和40年ごろから花火大会が定着。年々大迫力の花火が増えたことで、人気の花火大会へと成長しました。

越後三大花火大会

新潟県では7月から8月にかけて、各地で大規模な花火大会が開催されます。
その中でも特に有名なのが、日本三大花火大会に数えられる「長浜花火大会」です。

□長岡花火大会の日程や見どころ!

川岸で打ち上げられる長浜に対して、柏崎の花火は海から打ち上げられる花火大会

そして山で開催される片貝とあわせて、越後三大花火大会に数えられているんですよ。

kashiwazakihanabi2

2017年の日程とスケジュール

毎年7月26日!

ぎおん柏崎まつり花火大会は、毎年7月26日に開催されます

2017年は7月26日が水曜日なので平日の花火大会となりますが、毎年20万人以上が訪れる人気のイベント。そのため平日でも大変混雑しますので、見に行くのであれば早め早めの行動をおすすめします。

その他の詳しい花火大会の情報は、次のとおりとなります。

□開催日時
2017年7月26日(水)19:30~21:10(予定)
※雨天決行、荒天時は翌日に順延

□開催場所
新潟県柏崎市 中央海岸一体(鵜川河口・みなとまち海浜公園・中央海岸)

スポンサーリンク

見どころ・おすすめ穴場見学スポット

数で圧倒!

柏崎花火大会では、15000発あまりの花火が打ち上げられます。

特に
・尺玉300連発
・尺玉100発一斉打ち上げ

など、花火の数で圧倒されます。

□柏崎花火 尺玉100発1500m一斉打上

しかも海上で打ち上がるため、海面のきらめきで美しさが倍増!

更にワイドに展開するスターマインは、海面と空中の2面で展開されるため大迫力。

海の柏崎といわれるだけの花火が、次々と私達の目を楽しませてくれるんですよ!

□ぎおん柏崎まつり ベスビアス特大海中空スターマイン

*海上だからこその、この迫力です!

おすすめ穴場の見学スポット

柏崎花火大会では有料観覧席が用意されていますが、既に人気の席は売り切れています。

しかし有料観覧席を確保出来なくても、いくつかきれいに見えるスポットがあるので紹介します。

○有料観覧席の後方の、無料観覧席

みなとまち海浜公園にある有料席の後方は、無料観覧席として開放されます。

後方ではありますが、全ての花火がきれいに見えるポジションで毎年大人気の場所。人気の場所で混雑しますが、午後までに会場に入れるのあれば場所は確保出来ます。

○潮風公園

みなとまち海浜公園から海水浴場を挟んで一つとなりある、運動公園です。

会場から離れますが、花火全体像が見えて見やすいという声も。また会場の混雑も避けられるため、スムーズに帰りたい方にもオススメの場所です。

○海岸から数キロ離れた田園地帯

新潟県は米どころであり、柏崎市も市街地を離れると田園風景が広がります。

そこで海岸から数キロほど東にある、田園地帯に車を止めての見物が可能。少し離れる為ナイアガラなどは見えませんが、打ち上げ花火はとてもきれいに見えます。

ただし一般道路の脇に駐車することになりますし、周囲の田んぼは私有地。私有地には立ち入らず、ゴミは全て持ち帰るなどのマナーを守って見物して下さい。

アクセス

公共交通機関を利用する場合

東京方面から行く場合、東京駅から上越新幹線で長岡駅を目指します。

長岡駅からは信越本線に乗り換え、柏崎駅で下車。徒歩20分ほどでみなとまち海浜公園に到着します。

kashiwazakihanabi4

車で行く場合

会場周辺の駐車場は、有料観覧席用の有料駐車場となっています。そのため少し離れた場所にある別の駐車場を利用し、そこからシャトルバスを利用する事になります。

関東方面から行く場合、関越道・小千谷ICから一般道に降りて新潟産業大学の駐車場へ。あるいは北陸自動車道柏崎ICから一般道に降りて、佐藤池野野球場の駐車場を利用します。

各駐車場よりシャトルバスに乗車すると、30分ほどで海上に到着します。

迫力ある花火を楽しもう

柏崎の花火大会は、迫力ある花火と海と空を広く使った花火が特徴

夜空を明るく染める花火も素晴らしいですが、花火を反射する海面のきらめきも素敵です。新潟には他にも素敵な花火大会がありますので、余裕があれば比較してみると面白いかも!

ただし人気の花火大会ですので、混雑するものと思って時間にも心にも余裕をもちましょう。見るときも周りの方と譲り合って、気持よく柏崎の花火を楽しみましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

一味違う!長野えびす講煙火大会2016。穴場の見学スポットは?

最近では冬に花火大会が行われることもありますが、昔は花火大会と言えば夏のものでした。 現在でも

記事を読む

天の川を彩る!仙台七夕花火祭、2017年の日程や穴場は?

東北の短い夏を堪能出来る祭といえば、仙台七夕まつりが有名ですね。 その仙台七夕まつり開

記事を読む

北海道の洞爺湖ロングラン花火大会、2017年の日程と見どころ!

花火大会と言えば夏のイメージが強く、また毎年1回だけというイメージも強くありませんか? い

記事を読む

大阪天神祭の花火、2017年の日程や時間。穴場スポットは?

日本三大祭といえば、 「東京・神田祭」「京都・祇園祭」そして、 「大阪・天神祭」ですね。

記事を読む

芸術的なPL花火大会、2017年の日程や穴場をご紹介!

関西で一番の花火大会を挙げろと言われると、関西人のほとんどが、 「PL花火大会や!」 と

記事を読む

港町神戸の花火大会、2017年の日程と穴場スポットをご紹介!

異国情緒あふれるおしゃれな街・神戸。季節を問わず、とても人気のある観光スポットですね。

記事を読む

夏を先取り!横浜開港祭の花火2017!日程や時間は?

花火大会と言えば夏の風物詩。浴衣を着て夏空を彩る花火を見るのが定番ではないでしょうか。

記事を読む

流山花火大会2017年の日程や見どころ!穴場スポットのおすすめは?

夏になると全国各地で開催される花火大会は、規模も様々でどこに行こうかか迷ってしまいますよね。

記事を読む

刈谷わんさか祭り2017花火大会の日程は?穴場スポットも紹介!

夏のお楽しみと言えば、花火大会にお祭りに盆踊り!どれもワクワクする時間を過ごせますし、大人か

記事を読む

水中で花火も!鎌倉花火大会2017年の日程と穴場スポットは?

花火大会と言えば、普通は夜空を見上げて見物するものですよね。 夜空を大輪で彩る花火は、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

柊(ひいらぎ)の花言葉や花の特徴。セイヨウヒイラギとの違いは?

クリスマスシーズンになると、ギザギザの葉っぱと赤い小さな実の組

色により違う!「菊」の花言葉とは?プレゼントに贈ってもいいの?

日本を代表する花と言えば、桜の名前がよく挙げられます。

百日紅(サルスベリ)の花言葉や名前の由来とは?開花時期はいつ?

https://youtu.be/uEdb3Gig5qg 夏に咲

月下美人の花言葉や名前の由来。開花時期や花の特徴は?

花屋やガーデニングで見かけるお花は、名前が分からなくても美しい花ばかり

赤ちゃんの動物園デビューはいつからがいい?気を付けることは?

わが子には様々な体験や経験を通じて、心豊かな人間に成長して欲し

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑