長岡花火大会2017年の日程!おすすめの見学スポットは?

| 花火大会 | , ,

nagaokahanabi2

になると全国各地で花火大会が開催され、多くの人が花火見物に訪れます。

その中でも「日本三大花火大会」は人気が高く、一度は見に行きたいものですね。

特に8月に新潟の長岡市で行われる「長岡花火大会」は、100万人もの観客が訪れる人気の花火大会!

今年の日程やスケジュールも気になりますし、オススメスポットも気になります。

そこで人気の長岡花火大会について、
・長岡花火大会とは?
・2017年の日程とスケジュール
・見どころ・おすすめスポット
・アクセス

についてまとめてみました。

スポンサーリンク

長岡花火大会とは

戦争を乗り越えて

岡花火大会は、新潟県長岡市で行われる「長岡まつり」の中で実施される花火大会です。

その歴史を遡ると、明治12年に「遊郭関係者主催で、花火を打ち上げた」との記述が。これが「長岡の花火大会」という形で定着し、年々規模が拡大していきました。

しかし昭和13年に戦争の影響で、花火大会は中止に追い込まれてしまいました。その後長岡市では昭和20年8月1日に大規模な空襲があり、多くの犠牲者が出ました。

そこで昭和21年8月1日に慰霊と街の復興を願い、「戦災復興祭」を開催。翌、昭和22年より花火が打ち上げられる事になり、長岡の花火大会が復活しました。

この「戦災復興祭」が現在の長岡まつりとなり、花火大会も現在まで行われているのです。

nagaokahanabi3

2017年の日程とスケジュール

8月最初の3日間

長岡まつりは、毎年8月1日・2日・3日の3日間の日程で開催されます。

2017年は8月1日~3日が火・水・木と平日になるため、見に行かれる場合はスケジュールの調整が必要ですね。

スケジュール

長岡まつりは8月1日が前夜祭、2日、3日がいわゆる本祭の位置づけとなります。

□8月1日
前夜祭(夕方頃から)
…灯篭流しやハーレーダビットソンの行進、神輿などが行われます。

慰霊の花火(22時30分より)
…空襲開始時間にあわせて、鎮魂の白い三尺玉が3発打ち上がります。

□8月2日・3日

昼行事(日中)
…ダンス大会・氷の彫刻展示の他、出店などが楽しめます。

花火大会(19:20~21:15頃まで)
…迫力満点の花火が次々と打ち上がります。

スポンサーリンク

見どころ・おすすめスポット

鎮魂の花火

長岡の花火大会は、8月2日と3日に開催される「花火大会」を指すことがほとんどです。8月1日に上がる花火は3発だけの「鎮魂の花火」であり、楽しむ性質のものではありません。

□長岡花火 白菊(慰霊の花火)

*虫の音がきこえるほど、静かな中での花火です。

また8月2日と3日の花火大会も、「白菊」と呼ばれる鎮魂の花火から始まります。空に広がる白い花火は、菊の花に似ていて厳かな気持ちになりますよ。

ド迫力の花火の数々!

白菊が打ち上がった後は数々の花火が打ち上がり、見る人を圧倒します。

一つ一つの花火の大きさは最大でも三尺ですが、次々と打ち上がる様子は、
豪華絢爛!

特に5分間に渡って打ち上がる、「復興祈願花火フェニックス」は見逃せません。

□長岡花火 フェニックス

*「ジュピター」に合わせて打ち上がる様子は、1本の映画を見たかのような感動を覚えます。

更にスターマインや三尺玉、ナイアガラなど目の放せない花火が勢揃い!フィナーレには合唱とともに100連発の花火が打ち上がり、感動のうちに大会が終了します。

オススメ見学スポット

長岡花火大会には有料の観覧席がありますが、抽選制のため確実に入手することは困難。しかしいくつかの見学ポイントを抑えておくと、きれいな花火が楽しめます。

◎信濃川土手の無料観覧席

大会本部が用意する、公式の無料観覧席です。

「大手大橋」・「長生橋」両岸の無料観覧席となっており、当日午後2時より開場となります。全ての花火が見やすい場所ですが、とても混雑するので午後2時には会場に入りましょう。

◎イオン長岡店屋上駐車場

イオン長岡店では、例年屋上駐車場を花火見物のために開放しています。

打ち上げ場所からも近く、特にフェニックスがきれいに見える場所との評判が。食品売り場で食べ物を購入して見物するのもいいですし、トイレが近いのが嬉しいですね。

◎悠久山公園周辺

こちらは会場から離れているため、花火は小さめで迫力も物足りない部分が。

しかし混雑は避けられるため、人ごみが苦手な方におすすめのスポットとなっています。帰りも渋滞が避けやすい場所のため、スムーズに帰りたい方にもオススメです。

アクセス

2日で約100万もの人が集まる大イベントのため、毎年道路は大渋滞となります。車で行くのは諦めて、公共交通機関を利用しましょう。

公共交通機関でのアクセス

東京から長岡へ往く場合、東京駅から上越新幹線を利用するのが確実です。

長岡駅を下車したら、会場までは30分ほど歩くことになります。

当日は長岡市周辺の道路が大変混雑するため、タクシーなどを利用するより歩くほうが早いことが。

帰りも50万人近い人が一斉に移動することもあり、駅まで歩くのが一番早くて確実です

nagaokahanabi4

花火を見られることへの感謝を

長岡花火大会は日本三大花火大会に数えられるだけあって、大迫力の花火が次々と打ち上がります

花火愛好家の方も満足する内容でありながら、誰が見ても楽しく美しい花火が魅力的。

一方で毎年必ず最初に上がる「白菊」に象徴されるように、平和を願う花火大会でもあります

毎年楽しく花火が見られる幸せを、ありがたいことと感じながら見ることも大切かも知れません。楽しくて少し考えさせられる長岡花火大会。ぜひ一度足を運んで見てくださいね!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

刈谷わんさか祭り2017花火大会の日程は?穴場スポットも紹介!

夏のお楽しみと言えば、花火大会にお祭りに盆踊り!どれもワクワクする時間を過ごせますし、大人か

記事を読む

水中で花火も!鎌倉花火大会2017年の日程と穴場スポットは?

花火大会と言えば、普通は夜空を見上げて見物するものですよね。 夜空を大輪で彩る花火は、

記事を読む

流山花火大会2017年の日程や見どころ!穴場スポットのおすすめは?

夏になると全国各地で開催される花火大会は、規模も様々でどこに行こうかか迷ってしまいますよね。

記事を読む

夏を先取り!横浜開港祭の花火2017!日程や時間は?

花火大会と言えば夏の風物詩。浴衣を着て夏空を彩る花火を見るのが定番ではないでしょうか。

記事を読む

北海道の洞爺湖ロングラン花火大会、2017年の日程と見どころ!

花火大会と言えば夏のイメージが強く、また毎年1回だけというイメージも強くありませんか? い

記事を読む

なにわ淀川花火大会2017年の日程やおすすめの場所をご紹介!

大阪の夏を彩る豪華な花火大会と言えば、何と言っても 「なにわ淀川花火大会」 です。

記事を読む

多摩川の花火大会2017年の日程は?おすすめの穴場もご紹介!

川沿いの土手にシートを敷き、川から打ち上げられる花火を見て美しさに歓声が上がる…。 こ

記事を読む

湖面に咲く大輪の花!琵琶湖花火大会、2017年の日程や穴場は?

日本で一番大きい湖と言えば、ご存知「琵琶湖」ですね。滋賀県にある琵琶湖は、知らないで見るとま

記事を読む

濃厚なひとときを!横須賀花火大会、2017年の日程と穴場スポットは?

夏になると全国各地で花火大会が開催されますが、どれも意外と時間がかかるもの。屋外の花火は時間

記事を読む

伝統ある三河・岡崎の花火大会2017!穴場や見どころは?

現在は日本各地で楽しめる花火大会ですが、古く江戸時代の名残を今に残す伝統のある花火大会があり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

柊(ひいらぎ)の花言葉や花の特徴。セイヨウヒイラギとの違いは?

クリスマスシーズンになると、ギザギザの葉っぱと赤い小さな実の組

色により違う!「菊」の花言葉とは?プレゼントに贈ってもいいの?

日本を代表する花と言えば、桜の名前がよく挙げられます。

百日紅(サルスベリ)の花言葉や名前の由来とは?開花時期はいつ?

https://youtu.be/uEdb3Gig5qg 夏に咲

月下美人の花言葉や名前の由来。開花時期や花の特徴は?

花屋やガーデニングで見かけるお花は、名前が分からなくても美しい花ばかり

赤ちゃんの動物園デビューはいつからがいい?気を付けることは?

わが子には様々な体験や経験を通じて、心豊かな人間に成長して欲し

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑