ひんやり涼しい!アイスノンの効果と上手な使い方とは?

最終更新日: | 生活・ライフスタイル | , ,

が出た時に、冷凍庫からアイスノンを出してもらった記憶はありませんか?

熱っぽい頭にアイスノンを当てると、ひんやりと冷たく気持ちがよいものです。また熱帯夜の寝苦しさ対策に、アイスノンを使う人も。

冷たく気持ち良いアイスノンですが、実は使い方を間違えると効果が半減してしまうんですよ。

覚えておくといざという時に役立つ、アイスノンの効果的な使い方を紹介します。

スポンサーリンク

アイスノンがもたらす効果とは

血液を冷やす

イスノンを使う場面と言えば、があるときではないでしょうか。頭の下に敷くことで、熱が下がるイメージがあるかと思います。

しかしアイスノンには、解熱作用はありません。熱が下がったように感じるのは、頭に回る血液が冷やされるから。

血液には栄養を運ぶ他に、体全体に熱を届ける大切な役目があります。病気などで熱が出てしまうと、必然的に血液も暖まりすぎる事に。

この暖かすぎる血液が頭に熱を届くために、頭が熱でぼんやりしてしまうのです。

そこでアイスノンなどを使い、暖まりすぎた血液を冷却。血液が冷えることで少し体温も下がり、熱が下がったような感覚となるのです

頭を冷やす

icenon1

感情的になった状態を「頭に血がのぼる」と表現し、そんな時に「頭を冷やせ」と言われることも。

「頭を冷やせ」は「冷静になれ」という事ですが、実は頭を冷やすと脳の動きが活発になるんですよ

頭の大半を占める脳は、いわばコンピュータのようなもの。勉強・仕事・考え事などで集中すると脳を使い、自然と熱をを帯びてしまいます。

そこでアイスノンで頭を冷やすことで、温まった脳を冷却。この時に脳のエネルギー源となる糖分も補給すると、脳が元気になって集中力アップに繋がります。

頭が冷えることで気分もリフレッシュするので、勉強や仕事がはかどりますよ。

涼む

血液を冷やすことで熱が下がったように感じる事は、涼しく感じることにも繋がります。特に夏は気温が高くなることで、必然的に体温も高くなりがち。

そこでアイスノンを使って血液を冷やし、冷たい血液を体全体に巡らせます。すると少し体温が下がるので、暑い夏も快適に過ごしやすくなるんですよ。

スポンサーリンク

アイスノンの効果的な使い方

頭に当てない?!

熱が出ている時に使うアイスノンは、枕のように頭のすぐ下に置くイメージが。しかし後頭部に当ててもあまり血液は冷やされず、頭の血管が収縮しやすくなってしまいます

実は頭の血管が必要以上に収縮すると、ズキズキと脈打つように痛くなる「偏頭痛」となることが。

ちょっと涼みたいという目的以外では、後頭部に置くは避けたほうが良いでしょう。

icenon2

太い動脈を冷やす

ではアイスノンを使うのに最適な場所は、頭ではなくどの部分なのでしょうか?

それは太い動脈が、皮膚に近い部分に出ている部分。動脈は心臓から送り出された、温かい血液が通る場所です。ですからその血液を冷やしてあげる事で、効果的に体温を下げられるのです。

具体的には次の場所に、太い血管が通っています。

・首筋
・ワキの下
・太ももの付け根部分

首筋を触ってみると脈を打つ部分がありますが、その部分が冷やすポイント。

□保冷剤入り首巻きタオルの作り方

*小さなアイスノンや保冷剤をタオルで包み、首に巻くと上手く冷やすことが出来ます。

あるいはアイスノンを後頭部ではなく、首の後ろに当たるように置くと効果的ですね。

ワキの下と太ももの付け根は、脈打つ部分がわかりづらいかも知れません。

ですがワキはアイスノンを腕で挟み、太ももは両太ももで挟めば血液が上手に冷やされます。

ちなみに額は…

熱が出た時に氷嚢(ひょうのう)やジェルタイプの使い捨て保冷剤を、額に当てて涼むことがあります。

額に冷たいものが当たると気持ちよく、熱が下がったように感じますよね。

しかし額には太い血液が無いため、血液を冷やす効果がありません。気分がすっきりはしますので、アイスノンで冷やしつつ気分を変えるために使うようにしましょう。

冷やしてすっきり!

アイスノンを使うとひんやり気持ちよく、熱のあるときや暑い夜に大活躍します。

しかし本当に涼しくなりたい時は、頭ではなく首や脇の下に置くのが効果的。脇の下なんてと思うかも知れませんが、使ってみるとエアコンを止めてもいいと思うほど。

ただし長時間冷やしすぎると、体が冷えすぎてかえって体調が悪くなる場合もあります。ほどほどに冷えたらアイスノンを外して、すっきり快適に過ごしましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

除湿機不要!じめじめした部屋を簡単に除湿する5つの方法とは?

ジメジメした雨が長く続いた時など、部屋の室内が湿気で嫌な感じになりませんか?室内の湿度が上がってしま

記事を読む

車のボディについた水垢の落とし方。原因と対策方法は?

車をきれいに洗ったはずなのに、ボディに水垢のシミが残っていた…なんて経験ありませんか。

記事を読む

切手の正しい貼り方!複数枚の時はどうする?切手の選び方もご紹介!

なにか伝えたいことがあれば、すぐにメールやLINEで事足りるようになった現代。しかしビジネス

記事を読む

便利なコンビニのイートインスペース!おすすめの過ごし方は?

コンビニエンスストアの品揃えは、ここだけでほぼすべてが揃うと言えるほどあります。 元々

記事を読む

カレーの染み抜き方法!服についたシミを効果的に落とすには?

みんなが大好きなカレーは、服についた時にシミになるものの一つですね。 学校給食でこぼしてしまっ

記事を読む

お気に入りの花で作る!手作りプリザーブドフラワーの作り方!

定番のプレゼントである花束は、とても素敵ですが長持ちしない欠点がありますよね。また花粉アレルギーや香

記事を読む

固くて開かない!瓶の蓋(ビンのフタ)の簡単な開け方を5つ紹介!

ジャムや佃煮などでお馴染みの瓶詰めは、長期保存できる便利なもの。 市販品も多いですが、手作りジ

記事を読む

面白い?知的?文化祭で使えるスローガンの例あれこれ!

学校行事の中でクラスが一丸となるものといえば、文化祭は外せませんね。ギリギリまで学校に残って

記事を読む

運気を上げる古い財布の捨て方!風水ではどうしてる?

長年愛用していたお気に入りの財布。 でもボロボロになってきたら、 サスガに新しい財布を購

記事を読む

ボジョレーヌーボー2016年の解禁日はいつ?美味しく飲むには?

毎年11月に解禁となるボジョレーヌーボーは、ワインに興味がない人でも気になります。 解

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

すずらんの花言葉とは?フランス語での違いと怖い裏花言葉も紹介!

春になると様々な花が咲き、私達の目を楽しませてくれます。 その中

雨の日でも自転車に!レディース向けレインコートのブランドならコレ!

毎日の通勤や買物に、自転車は無くてはならないアイテムです。

神戸開港150年記念、kobeみなとマルシェ!2017年春の日程と見どころ!

兵庫県の神戸といえば、オシャレで食べ物も美味しい港町。

北海道神宮祭2017年の日程と時間!札幌まつりの愛称で親しまれている理由は?

6月から7月にかけては梅雨の時期で、賑やかなイベントは行われな

北海道の洞爺湖ロングラン花火大会、2017年の日程と見どころ!

花火大会と言えば夏のイメージが強く、また毎年1回だけというイメージ

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑