夏の強い味方!タンキニの魅力とかわいい着こなし方は?

最終更新日: | ファッション | , ,

が近づき、海やプールに行きたい時に気になるのが水着の事。

泳ぐためのものだから仕方ないとはいえ、水着は意外と露出度が多めです。出来ればカバー力があって、でもそんな風に見えない可愛い水着がほしい…。

そんな人におすすめなのが、「タンキニ」なんですよ!

かわいいタンキニの魅力と、更に可愛くなる着こなし方を紹介します!

スポンサーリンク

タンキニとは

タンクトップ+ビキニ

tankini2

タンキニは水着の一種で、
「タンクトップ」+「ビキニ」
がその語源。

英語圏でも通用し、「Tankini」「Tank-top bikini」と言えば「あの水着」だとわかってもらえます。

タンキニは上がタンクトップ系、下がホットパンツやビキニ・スカートという組み合わせの水着。セパレートタイプなので脱着が楽で、泳いだあとにすぐ脱ぎたい時に便利な水着でもあります。

タンキニの魅力

tankini3

水着っぽくない!

タンキニの魅力は、あまり水着っぽくないデザインであること

例えばビキニはプールや海以外で見かけると、ちょっと驚くデザインですよね。ワンピースタイプも可愛いですが、やはり水辺以外ではちょっと浮いてしまうデザインです。

しかしタンキニの場合、下がホットパンツタイプなら一見すると水着に見えないことも。いかにも水着!というデザインが苦手という人でも、タンキニなら気になりませんね。

さりげないカバー力

タンキニは、上がタンクトップタイプであることがほとんど。そのため胸元がしっかりカバーできて、更にお腹も覆ってくれます

同じようにお腹まわりをカバー出来るタイプには、ワンピースタイプもあります。しかしワンピースは足長効果が期待出来る一方で、デリケートゾーンがやや気になります。

タンキニもビキニタイプならデリケートゾーンは気になりますが、ホットパンツを選べば大丈夫。女性が気になる「胸」「お腹」「デリケートゾーン」を、さりげなくカバーできるのも魅力的です。

場所を選ばない!

プールには遊べるプールの他にも、泳ぐ人の為のプールなどがあります。例えば泳ぐ人が多いプールでビキニの水着を着た場合、少々浮いてしまいますよね。

しかしタンキニならあまり違和感なく溶けこむため、子供とプールという時にも着用可能

もちろん遊べるプールやリゾートプール、海水浴でもタンキニは大活躍!場所を選ぶ水着は着用する機会が限られてしまいますが、その点タンキニなら安心ですね。

スポンサーリンク

タンキニの可愛い着こなし方

カバー力を更に高めよう

タンキニを選ぶ時には、生地やデザインの特徴を踏まえて選びましょう

例えば花柄やドット柄の場合、
・小さい柄を選ぶと引き締め効果が。
・大きい柄を選ぶと、ポップな印象が生まれるため軽やかな印象
となります。

この時ベースの色を黒系、柄部分を明るい色にすると更に引き締め効果も追加。特に大きい花柄はベースを黒にすると、賑やかでありながらすっきりとした印象になります。

夏らしいデザインとして、マリンカラーのボーダー柄もよく見かけます。この時ボーダーは太めのものを選ぶと、せっかくのカバー力が台無しに。

ですのでなるべくボーダーは細めのものを選ぶとタンキニに細見え効果をプラスできます。

2組のタンキニを組み合わせてみよう

タンキニはセパレートタイプの水着ですので、水着でありながら着回しが可能

しかも上下それぞれを、単品として販売していることがあります。それらを購入して手持ちのタンキニとシャッフルすれば、「自分だけの新しいタンキニ」が。

去年購入したタンキニも、これなら新しいタンキニのような印象となりますよ。

tankini4

ラッシュガードで可愛く

タンキニはカバー力がありますが、水着である以上腕や太ももはどうしても出てしまいます。その点をカバーするのに、「ラッシュガード」を活用しましょう

ラッシュガードとは、ポリエステルなどの生地でできた水に強い上着類の事。以前はぴったりしたTシャツが多かったのですが、現在はファッション性に優れたものも増えています。

特にレディース用のラッシュガードは、街中でも着られそうなパーカーが主流。タンキニの色とあわせて一緒に購入すると、コーデの幅が広がります。

更に「水泳時に使えるレギンス」も、ラッシュガードとして販売されています。足元の引き締め効果と紫外線対策になりますし、タンキニと合わせるとすごく可愛いですよ!

タンキニで水辺に行こう!

タンキニはカバー力があるのに、可愛さもある水着です。これなら気になる部分を出すこと無く、おしゃれに水着を楽しめますね。しかも場所を選ばず着用できるので、水辺に行く時は大活躍することまちがいなし。

ただし水着っぽくないデザインの関係で、しっかり泳ぐのはちょっと苦手。それでも水遊びするには充分なので、いろんな水辺にタンキニで遊びに行きましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

女子学生必見!マフラーのかわいい巻き方!オススメのブランドも

マフラーは、秋・冬に欠かせないもの。 学生さんなら、通学時に首に巻くマフラーも立派なフ

記事を読む

カッコいいメンズのストールの巻き方!春におすすめのストールは?

おしゃれなメンズのあなた。 かっこ良く決めたつもりの服装なのに、  今ひとつしっくりこな

記事を読む

ドレスコードでスマートカジュアルってどんな服装?着こなし方は?

あなたはパーティーにお呼ばれしたことはありますでしょうか? フォーマルなパーティーやイベントで

記事を読む

チュニックとワンピースとブラウスの違いは何?それぞれの特徴は?

コーディネートに困ったときに、一枚でコーデが完成するワンピースはとても便利。デザインによって

記事を読む

ニットとセーターの違いとは?どんな種類があるの?

寒い季節に大活躍する、毛糸で出来たセーターやニット。 がっちりとしたデザインのものから

記事を読む

ジーンズの種類にはどんなものがあるの?サイズと選び方は?

毎日のファッションで重宝するジーンズは、クローゼットに1本はあるのではないでしょうか。

記事を読む

ニットベレー帽の魅力的なかぶり方、かわいいかぶり方をご紹介!

■おしゃれなベレー帽子のかぶり方 http://youtu.be/JIgFa1j6DmI

記事を読む

メンズ用のおしゃれなクラッチバック!おすすめの人気ブランドはコレ!

男性用のカバンというと、メッセンジャーバッグやリュックなど大きいカバンがメイン。実用的で便利

記事を読む

クロップドパンツとアンクルパンツの違い。丈やデザインは?

最近は直接お店に行かず、ネットショップなどで服を購入することも多いかと思います。しかしネット

記事を読む

アルパカとカシミヤの違いとは?どっちが暖かいの?

寒い冬には、暖かい服やマフラーがマストアイテム。 暖かい素材にもいろいろありますが、アルパ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

コンサートとリサイタルの違いとは?ライブとはどう違うの?

普段はCDなどで楽しんでいる曲も、音楽会場で生演奏を聞くと迫力

鳩が平和の象徴と呼ばれている理由は?他にも平和の象徴といえば何がある?

街角で見かけることの多い鳩は、身近な存在とも言える鳥です。また

「御中」と「様」の違いとは?使い方の例もあわせて紹介!

手紙やメールをビジネスで送る際には、マナーを守って送りたいもの

ヒトカラ(ひとりカラオケ)にはメリットが沢山!おすすめの楽しみ方は?

カラオケといえば、飲み会などの2次会でよく行く場所。みんなでワ

社会人におすすめ!有料自習室とはどんなところ?利用するメリットは?

資格試験や定期テスト前には、集中して勉強をしたいですよね。

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑