夏の強い味方!タンキニの魅力とかわいい着こなし方は?

最終更新日: | ファッション | , ,

が近づき、海やプールに行きたい時に気になるのが水着の事。

泳ぐためのものだから仕方ないとはいえ、水着は意外と露出度が多めです。出来ればカバー力があって、でもそんな風に見えない可愛い水着がほしい…。

そんな人におすすめなのが、「タンキニ」なんですよ!

かわいいタンキニの魅力と、更に可愛くなる着こなし方を紹介します!

スポンサーリンク

タンキニとは

タンクトップ+ビキニ

tankini2

タンキニは水着の一種で、
「タンクトップ」+「ビキニ」
がその語源。

英語圏でも通用し、「Tankini」「Tank-top bikini」と言えば「あの水着」だとわかってもらえます。

タンキニは上がタンクトップ系、下がホットパンツやビキニ・スカートという組み合わせの水着。セパレートタイプなので脱着が楽で、泳いだあとにすぐ脱ぎたい時に便利な水着でもあります。

タンキニの魅力

tankini3

水着っぽくない!

タンキニの魅力は、あまり水着っぽくないデザインであること

例えばビキニはプールや海以外で見かけると、ちょっと驚くデザインですよね。ワンピースタイプも可愛いですが、やはり水辺以外ではちょっと浮いてしまうデザインです。

しかしタンキニの場合、下がホットパンツタイプなら一見すると水着に見えないことも。いかにも水着!というデザインが苦手という人でも、タンキニなら気になりませんね。

さりげないカバー力

タンキニは、上がタンクトップタイプであることがほとんど。そのため胸元がしっかりカバーできて、更にお腹も覆ってくれます

同じようにお腹まわりをカバー出来るタイプには、ワンピースタイプもあります。しかしワンピースは足長効果が期待出来る一方で、デリケートゾーンがやや気になります。

タンキニもビキニタイプならデリケートゾーンは気になりますが、ホットパンツを選べば大丈夫。女性が気になる「胸」「お腹」「デリケートゾーン」を、さりげなくカバーできるのも魅力的です。

場所を選ばない!

プールには遊べるプールの他にも、泳ぐ人の為のプールなどがあります。例えば泳ぐ人が多いプールでビキニの水着を着た場合、少々浮いてしまいますよね。

しかしタンキニならあまり違和感なく溶けこむため、子供とプールという時にも着用可能

もちろん遊べるプールやリゾートプール、海水浴でもタンキニは大活躍!場所を選ぶ水着は着用する機会が限られてしまいますが、その点タンキニなら安心ですね。

スポンサーリンク

タンキニの可愛い着こなし方

カバー力を更に高めよう

タンキニを選ぶ時には、生地やデザインの特徴を踏まえて選びましょう

例えば花柄やドット柄の場合、
・小さい柄を選ぶと引き締め効果が。
・大きい柄を選ぶと、ポップな印象が生まれるため軽やかな印象
となります。

この時ベースの色を黒系、柄部分を明るい色にすると更に引き締め効果も追加。特に大きい花柄はベースを黒にすると、賑やかでありながらすっきりとした印象になります。

夏らしいデザインとして、マリンカラーのボーダー柄もよく見かけます。この時ボーダーは太めのものを選ぶと、せっかくのカバー力が台無しに。

ですのでなるべくボーダーは細めのものを選ぶとタンキニに細見え効果をプラスできます。

2組のタンキニを組み合わせてみよう

タンキニはセパレートタイプの水着ですので、水着でありながら着回しが可能

しかも上下それぞれを、単品として販売していることがあります。それらを購入して手持ちのタンキニとシャッフルすれば、「自分だけの新しいタンキニ」が。

去年購入したタンキニも、これなら新しいタンキニのような印象となりますよ。

tankini4

ラッシュガードで可愛く

タンキニはカバー力がありますが、水着である以上腕や太ももはどうしても出てしまいます。その点をカバーするのに、「ラッシュガード」を活用しましょう

ラッシュガードとは、ポリエステルなどの生地でできた水に強い上着類の事。以前はぴったりしたTシャツが多かったのですが、現在はファッション性に優れたものも増えています。

特にレディース用のラッシュガードは、街中でも着られそうなパーカーが主流。タンキニの色とあわせて一緒に購入すると、コーデの幅が広がります。

更に「水泳時に使えるレギンス」も、ラッシュガードとして販売されています。足元の引き締め効果と紫外線対策になりますし、タンキニと合わせるとすごく可愛いですよ!

タンキニで水辺に行こう!

タンキニはカバー力があるのに、可愛さもある水着です。これなら気になる部分を出すこと無く、おしゃれに水着を楽しめますね。しかも場所を選ばず着用できるので、水辺に行く時は大活躍することまちがいなし。

ただし水着っぽくないデザインの関係で、しっかり泳ぐのはちょっと苦手。それでも水遊びするには充分なので、いろんな水辺にタンキニで遊びに行きましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

冬のディズニーランド&シーの防寒対策は?服装はどうする?

一年中楽しいディズニーランド・ディズニーシーは、冬休みなどの長期休暇にゆっくり遊びに行きたい

記事を読む

メンズ必見!麦わら帽子のおしゃれなかぶり方。コーデのコツは?

夏が近づくにつれ、活用したいアイテムの一つであるのが、麦わら帽子。 特にメンズの麦わら帽子

記事を読む

トゥリング(足の指輪)を付ける足の指にはどんな意味が?最適な付け方は?

きれいで素敵なアクセサリーは、特に興味がない人でも一つは持っておきたいアイテムですよね。ネッ

記事を読む

スーツに合うメンズ向けリュックは?おすすめの人気ブランドも紹介!

一昔前までスーツに合わせるカバンは、手持ちカバンが一般的でした。 そこから肩掛けカバン

記事を読む

長持ちさせるムートンブーツのお手入れ方法は?丸洗いもOK?

寒い冬でも足元のおしゃれは、忘れたくありませんよね。 そんな方の強い味方が、もこもこで暖かくて

記事を読む

メンズハンチング帽の着こなしポイントとおすすめのブランドは?

オシャレの幅を広げたいメンズにとって、帽子はぜひコーデに加えたいアイテム。 特にハンチ

記事を読む

男性が着る「礼服」と「スーツ」の違いは何?どう使い分ける?

良く紳士服店のセールで、 「スーツ・礼服大売出し!」 という見出しが出ていたりします。

記事を読む

ニットベレー帽の魅力的なかぶり方、かわいいかぶり方をご紹介!

■おしゃれなベレー帽子のかぶり方 http://youtu.be/JIgFa1j6DmI

記事を読む

夏のオシャレに!パレオの簡単な巻き方をご紹介!

夏になると、プールや海水浴などで、ファッションアイテムとして人気のパレオ。 素肌を覆っ

記事を読む

オシャレなメンズのマフラーの巻き方!オススメのブランドも

雪がちらつく季節になりましたね。 寒い冬はマフラーが手放せない時期ですが、 寒さをしのげ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

日焼け止めの捨て方と正しい保存方法!去年残った日焼け止めは使えるの?

日差しが強くなると気になるのが、紫外線による日焼けのことです。

カレーに合うおすすめの具材と言えば?定番と変わり種を紹介!

街角やご近所からカレーの香りがすると、途端に自分もカレーが食べ

バーベキューの差し入れで喜ばれるものと言えば?デザートならコレ!

夏が近づいてくると、楽しみたくなるのがバーベキュー。 み

大曲花火大会(全国花火競技大会)2017年の日程。駐車場はどうする?

夏になると全国の夜空を彩る花火は、花火師のおかげで成り立ってい

関門海峡花火大会2017年の日程と見どころ!穴場の見学スポットは?

本州と九州を隔てる関門海峡は、昔より双方の行き来が盛んな場所。

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑