夏日と真夏日と猛暑日それぞれの違いとは?酷暑日や熱帯夜は?

| 生活・ライフスタイル | , , ,

natsubi3

気予報で「今日は夏日となるでしょう」と言われると、暑さを想像してうんざりしませんか?

しかし熱中症対策を考えたり涼しく過ごす準備がでるため、これらの予報はとても助かりますね。

ところでこういった予報では、「夏日」「真夏日」「猛暑日」と表現が変わることが。どの言葉も暑くて大変だという事はわかるのですが、具体的にはどういった違いがあるのでしょう?

夏日・真夏日・猛暑日の違いについて、またその他の暑さの表現とあわせてまとめてみました。

スポンサーリンク

夏日と真夏日と猛暑日の違いとは

夏日とは

natsubi1

夏日とは、1日(0時~24時)の最高気温が25度以上30度未満になる日の事を指します。

これは気象用語なのですが、天候は関係ないため、雨でも気温が25度を超えたらその日は夏日。季節も指定していない為、1月や2月でも25度を超えれば「夏日」なのです。

少し話はそれますが、30度未満と言われた場合、30度はその範囲に含みません。ですので夏日となる最高気温の範囲は、「25度から29度台の間」となります。

真夏日とは

真夏日とは、1日の最高気温が30度以上35度未満となる日を指す気象用語。

雨の日で真夏日となれば蒸し暑くなりますし、晴天となれば体感温度は更に暑く感じます。夏日と発表された時点で熱中症対策は考えなければなりませんが、真夏日は更に熱中症への注意が必要

可能であれば日中の外出は避け、出る場合も日傘や帽子などで直射日光対策を行いましょう。また室内でも熱中症になりますので、こまめな水分補給と冷房などで気温を下げることも必要です。

猛暑日とは

猛暑日とは、1日の最高気温が35度以上になる日を指す気象用語。上限がないため、40度を超える日があった場合も「猛暑日」となります。

猛暑日となった場合、日が暮れた後も暑さが残ることが多く寝苦しい夜になることが。そのため夜中でも熱中症対策が必要で、なるべく冷房を切らずに寝ることをおすすめします。

また猛暑日は外出を避け、どうしても出る場合は対策をした上で日陰を歩きましょう。

更に喉が乾いていなくても、こまめに水分を取ることも大切。この場合もお茶やジュースではなく、スポーツドリンクや経口補水液がオススメです。

経口補水液は市販されていますが、自宅でも作ることが可能です。

少しでも体調がおかしいと感じたら、熱中症を疑って直ぐに涼しい所で休憩して水分補給。特に子供や高齢者は体調変化に気づきにくいため、周囲で気を配るように心がけましょう。

それぞれの違い

夏日・真夏日・猛暑日の違いを、比較してみましょう。

夏日 →1日の最高気温が25度から29度になる日
真夏日→1日の最高気温が30度から34度になる日
猛暑日→1日の最高気温が35度以上になる日

それぞれの範囲が5度刻みですので、その点を覚えるとわかりやすいですね。いずれにしても最高気温は25度以上となる日ですので、暑さを覚悟して1日を過ごしましょう。

スポンサーリンク

酷暑日とは

酷暑日=猛暑日

ところで以前は「酷暑日」という表現もありましたが、最近は見聞きしませんね。

酷暑日は日中の最高気温が35度以上になる日を指す言葉で、実は気象用語ではありません。現在では同じ意味である気象用語の「猛暑日」があるため、めったに耳にすることがなくなりました。

温暖化の影響で

もともと気象用語には、35度以上になる日を指す言葉がありませんでした。しかし温暖化の影響で、最高気温が35度以上となる日が何日も続くように。

そのため2000年ごろより、マスコミでは35度以上になる日を「酷暑日」と言うようになりました。それを受けて2006年に気象予報用語が改定され、酷暑日と同じ意味の「猛暑日」が誕生。

天気予報でも「猛暑日」を使うようになったため、酷暑日は使われなくなったのです。

natsubi2

熱帯夜とは

夜限定

熱帯夜とは、1日の最低気温が25度以下にならない日のことを指す言葉。

そのため熱帯夜となる日は、必ず夏日・真夏日・猛暑日のいずれかにもなります。日中も暑いのに夜になっても寝苦しいため、熱中症や夏バテになりやすい傾向が。寝る前にエアコンを使用するなどして、室内を涼しくしてから眠りましょう。エアコンを使いたくない場合は、体に当たらないように扇風機を使うのも効果的ですよ。

ちなみに熱帯夜は元は気象用語ではなく、お天気キャスターとして活躍された倉嶋厚さんという方が作った言葉。しかし分かりやすさから一般的に使われるようになり、後に気象用語として採用されました。

気温に合わせて涼しく過ごそう

夏日・真夏日・猛暑日は、最高気温の違いをわかりやすく伝えるための言葉。夏日の予報が出たら暑さ対策を考え、真夏日となった場合は外出を控えるなどの対策も必要となります。

更に猛暑日となった日は、こまめな水分補給と涼しく過ごす事が大切です。

夏だから暑いのが当たり前と思っていると、熱中症で思わぬ事態になりかねません。夏日などの予報が出たら、必ず暑さ対策を心がけて1日を過ごしましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

体育祭(運動会)で使えるかっこいいスローガンは?例もご紹介!

秋と言えば、運動会・体育祭の季節ですね。小学校なら紅白に分かれて、中学校や高校ならば、学年ご

記事を読む

運気を上げる古い財布の捨て方!風水ではどうしてる?

長年愛用していたお気に入りの財布。 でもボロボロになってきたら、 サスガに新しい財布を購

記事を読む

リラ冷えとはどういう意味?その語源は?北海道以外でも使われてるの?

季節の移り変わりを表現する言葉は様々ですが、実は全国的でない言葉もたくさんあります。 例え

記事を読む

ゆで卵のきれいなむき方とは?簡単にできるコツを6つ紹介!

ゆで卵は常備しておくと、おかずに添えたり朝食の一品になったりととても便利な食材ですね。

記事を読む

水筒とタンブラーの違いとは?使い分けはどうすればいい?

外出中や仕事中にのどが渇いたからペットボトルの飲み物を購入!でも、それがちょっと無駄かも?と

記事を読む

意外と簡単!水道代を節約するコツや方法とは?

光熱費を見なおすと、意外と水道代がかかっていることに気づきませんか? 日本は水資源が豊かな国な

記事を読む

運動会に食べたいお弁当のおかずは?定番やおすすめはコレ!

運動会でのお楽しみといえば、お昼に食べるお弁当です。体を動かした後のごちそうは、本当に美味し

記事を読む

固くて開かない!瓶の蓋(ビンのフタ)の簡単な開け方を5つ紹介!

ジャムや佃煮などでお馴染みの瓶詰めは、長期保存できる便利なもの。 市販品も多いですが、手作りジ

記事を読む

釣り人の必需品!偏光サングラスの効果とおすすめのブランドは?

よく釣りをする人を思い浮かべると、 サングラスをしている姿が思い浮かびませんか? 特に海

記事を読む

子供用甚平の作り方。簡単に手作りで出来る方法をご紹介!

子供はとっても汗っかき。 気がついたらパジャマが汗でじっとり… なんてこと、よくありますよね。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ムクゲ(木槿)/ムグンファ(無窮花)の花言葉とは?開花時期はいつ?

日本を代表する花と言えば、桜の名前がまず挙がりますよね。日本の

淡く可憐なコスモスの花言葉とは?開花時期や色による違いもご紹介!

https://youtu.be/-UfAo-AEn68 秋が近

すずらんの花言葉とは?フランス語での違いと怖い裏花言葉も紹介!

春になると様々な花が咲き、私達の目を楽しませてくれます。 その中

雨の日でも自転車に!レディース向けレインコートのブランドならコレ!

毎日の通勤や買物に、自転車は無くてはならないアイテムです。

神戸開港150年記念、kobeみなとマルシェ!2017年春の日程と見どころ!

兵庫県の神戸といえば、オシャレで食べ物も美味しい港町。

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑