足の裏が痛い!足底筋膜炎はどんな症状?その原因と治し方

最終更新日: | 飲食 | , , ,

の調子が悪くなく、特に気にする事無く毎日が送れるのは幸せなこと。しかし思わぬ体の部分が痛くなり、どうして良いのかわからなくなることもありますね。

その中でも一度痛み出すと生活に影響が出てしまうのが、かかとや足の裏などの鋭い痛み

実はこの痛み、もしかすると「足底筋膜炎(そくていきんまくえん)」なのかもしれませんよ!

足底筋膜炎の痛みとはどんな症状なのか気になりますね。

放置せず治したい、足底筋膜炎の症状と、原因や治し方についてまとめましたので紹介します。

スポンサーリンク

足底筋膜炎とは

どんな症状?

sokuteikinen1

底筋膜炎とは聞きなれない言葉ですが、次の症状が現れた時にこの炎症が疑われます。

・歩いていると、足の裏からかかとにかけて激痛が走る。
・長時間立っていると、急に足の裏や土踏まずが痛くなる
・寝起きに足の裏が痛くなるが、しばらくすると治まる。
・座った瞬間や立ち上がった瞬間に、足の裏が痛くなる。
・何もしていないと大丈夫だが、動くと痛くなる。

いずれも共通するのが、「足の裏からかかとにかけて激痛が走る事」。そしていずれも「痛い時はものすごく痛いが、動いているうちに治まってしまう事」です。

この「動いているうちに痛みが治まる」点が、一時的な症状と勘違いされる原因に。大丈夫だと思って放置した結果、いつまでも痛みが続く不快な状態となってしまうのです。

足底筋膜炎の原因

sokuteikinen2

足の裏の「弓」

足底筋膜炎は、その名の通り「足底筋膜」が炎症を起こすことで痛みが出てしまいます

足底筋膜とは、足の裏にある薄い筋膜のこと。かかとの骨から足指の付け根まで、ピンと筋膜が張っています。イメージとしては、弓と弓の弦。弓は足の甲の骨で、弓が足底筋膜となります。実際に足底筋膜はアーチを描いている。足の甲の骨を支えているんですよ。

しかしこの部分に長年蓄積した疲労たまり、筋膜が硬くなってしまうことがあります。硬くなった部分が炎症を起こして痛み、これが足底筋膜炎となるのです。

ランナーは要注意

足底筋膜は加齢とともに硬くなりがちですが、若いうちから硬くなりやすい人も。必ずしもそうではないのですが、若い頃より長く運動を続けている人にその傾向があります。

特にマラソン・ランニングなどの、走るスポーツを趣味としている方は要注意。またスポーツとは関係なく、長時間立ち仕事を行う方も足の痛みが出やすくなります。

いずれの場合も足に負担をかけやすい環境にあったことが、発症の原因と言えます。

スポンサーリンク

足底筋膜炎の治し方

安静にして自然治癒を待つ

足底筋膜炎の原因は、長年蓄積された足の疲労。そのため足を休ませてあげる事が、治療への早道となります

しかし生活する上で足を使わないことは無理ですので、激しく使わない事を心がけましょう。ジョギングなどは一ヶ月程度お休みし、その間は足を使わない運動に切り替えてはいかがですか。

ゆっくりお風呂に入る

特に運動をしていない方の場合、足回りの血流が悪い事で疲労が溜まことも考えられます。ですので足の血行を良くするために、ぬるめのお風呂にゆっくり入りましょう

お風呂はゆっくり入らない、入っても湯船に浸からない方も居るかも知れません。普段シャワーで済ませている人も、痛みがある間だけは5分程度湯船に浸かりましょう。入るうちに汗が出て熱く感じる事もあるので、お水を飲みながら入ると過ごしやすいですよ。

また全身をお湯に入れず、足だけ温める「足湯」や「半身浴」も足の血行促進が期待出来ます。

ストレッチを行う

sokuteikinen3
お風呂に入って血行が良くなったら、足のストレッチを行いましょう。

足の裏を直接ほぐすのは難しいですが、連動しているふくらはぎやすねのストレッチが効果的。すねやふくらはぎがほぐれていけば、自然と血行が良くなるため足の裏もほぐれていきます。

すねのストレッチ

1.普通に正座をします。この時膝や足首が痛む場合は無理せず中止します。

2.お尻を浮かせて足首を曲げ、かかとでお尻を支えて足指が床につくようにします。この状態で痛みが出たらすぐに中止します。

3.この状態を30秒キープします。

※このストレッチで、足の裏からすねにかけての筋肉が伸びてほぐれます。

○ふくらはぎのストレッチ

1.椅子に浅く腰掛けます。

2.片足の膝を伸ばし、足の指を体のほうに動かします。

3.この時手で足指を掴んでも良いですが、絶対に力を入れて引っ張らないようにします。

4.10秒程度続けたら、ふくらはぎを優しく10秒ほどなでます。

5.反対の足も同様に行います。

□ストレッチで足底筋膜炎の痛みを改善

こちらも痛みが出た時点で、すぐに中止してください。痛みが出ても無理して行うと、かえって悪化する恐れがあります。

たまには足を休ませよう

足底筋膜炎は痛みが続く一方で、歩いていると痛みが治まる事もある付き合いづらい症状。しかし痛みは確実に出ますし、無理をするといつまでも痛いまま…なんてことも。

まずは足を休ませて疲労を取り、少しずつ様子を見ていく事が大切です。もし痛みが続くようであれば、必ず医師の診断を受けて適切な治療を受けましょう

足底筋膜炎は足が疲れたというサインと捉え、足のことを考えるきっかけとしたいですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

苦い渋柿を甘くする方法とは?柿に含まれる栄養効果もご紹介!

甘くて美味しい柿を食べていると、秋が来たなぁと体で感じられます。 でも美味しい柿の中に

記事を読む

使い方や味で選びたい!人気のりんご5種類。美味しさの特徴とは?

https://youtu.be/RrzyuNAqkO0 秋から冬にかけて美味しくなる果物の一

記事を読む

「おでん」のおすすめの具は?定番から変わり種までご紹介!

日常生活の中で夏の終わりを感じるのは、どんな時でしょうか?すごしやすい気温や虫の音色もありま

記事を読む

ブラジルナッツの栄養や効能は?カロリー量と効果的な食べ方

ピーナッツ・アーモンド・くるみなど、ナッツ類は味も様々でとても美味しいですよね。そんなナッツ類の中で

記事を読む

デコポンと不知火(しらぬい)の関係。産地による呼び方の違いは?

ビタミンCがたっぷりで甘さの中に酸味がある柑橘類は、大好きな人も多いのでは。沢山ある柑橘類の中でも、

記事を読む

コチュジャンと豆板醤の違いと使いわけ。代用は出来るの?

代表的な韓国料理の一つであるビビンバですが、今や家庭で作るという方も多いんじゃないでしょうか

記事を読む

冬でも飲みたい!麦茶の効能・効果とは?麦茶オレもお勧め!

暑いときや気温が高い時など、 つい麦茶が飲みたくなりませんか? 外から帰宅して、冷え

記事を読む

すき焼きに入れたいおすすめの具材!定番から変わり種まで紹介!

誕生日などおめでたい時の定番のごちそうの一つに、すき焼きがあります。野菜やお肉を甘辛く味付け

記事を読む

ヨーグルト菌の種類には何がある?効果を知って食べ分けよう!

美容と健康のために、毎朝ヨーグルトを食べるという人も多いですよね。 そうで無くても、

記事を読む

山芋のカロリーと効能は?加熱しても栄養効果は大丈夫?

夏バテなどで食欲が無い時は、山芋をとろろにして食べると良いと聞いたことがありませんか?

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

すずらんの花言葉とは?フランス語での違いと怖い裏花言葉も紹介!

春になると様々な花が咲き、私達の目を楽しませてくれます。 その中

雨の日でも自転車に!レディース向けレインコートのブランドならコレ!

毎日の通勤や買物に、自転車は無くてはならないアイテムです。

神戸開港150年記念、kobeみなとマルシェ!2017年春の日程と見どころ!

兵庫県の神戸といえば、オシャレで食べ物も美味しい港町。

北海道神宮祭2017年の日程と時間!札幌まつりの愛称で親しまれている理由は?

6月から7月にかけては梅雨の時期で、賑やかなイベントは行われな

北海道の洞爺湖ロングラン花火大会、2017年の日程と見どころ!

花火大会と言えば夏のイメージが強く、また毎年1回だけというイメージ

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑