ストレートネックの症状とは?自宅でも簡単に出来る治し方!

最終更新日: | 健康 | , ,

事の関係で毎日パソコンを使う方にとって、気になるのがいつの間にかひどくなっている肩こり。また慢性的に頭痛が続いたり、寝違えが増えた…なんて症状も表れていませんか。

もしかするとそれは、ストレートネックが原因かも知れません。放置すると肩こりがひどくなるばかりか、他にも様々な症状が出て辛くなってしまう可能性が。

そんなストレートネックの主な症状や、自宅で出来る治し方についてご紹介します。

スポンサーリンク

ストレートネックの症状とは

ストレートネックとは

トレートネックとは、「頚椎(けいつい)」が直線状になってしまう事を言います。

頚椎とはいわゆる首の骨の事で、頭を支える7つの骨から構成されています。本来なら頚椎は、30度から40度程度のカーブを描いた状態が正常な状態。しかしストレートネックとなると、このカーブがなくなり「まっすぐ」な状態になってしまいます。

straightneck1

こんな症状は要注意!

ストレートネックになると、主に次の症状が現れます。

・肩から首にかけての強いコリ
・首を動かすと痛みが走る
・首が上手く動かない
・慢性的な頭痛
・めまい、ふらつき
・手のしびれ
・何度も寝違えになる

更に症状が進行すると、次の症状が現れることもあります。

・胸焼け
・吐き気
・胃から苦い水のようなものが上がってくる
・全身のだるさ
・やる気がでないなどのウツの症状

全ての症状が必ず出るわけではなく、中には無自覚のまま症状が進行する人もいます。また一つ一つはよくある症状のため、実はストレートネックだったという可能性があるんですよ。

ストレートネックの原因は

ストレートネックとなる最大の原因は、姿勢の悪さが挙げられます。

人間の頭は成人男性で約5キロ程度と、かなりの重量があります。しかし背筋を伸ばした正しい姿勢でいれば、重心のバランスが取れる為それほど負担となりません。

ところが、首を極端に曲げ続けたり猫背の状態が続くと、首に負担がかかってしまいます。ある研究によると、肩と首が垂直に並んだ状態では首への負担は約5キロと頭の重さとほぼ同じ。

しかし頭を前に傾けることで、首にかかる負担は何倍にも増えてしまいます。例えば、前方に15度傾けた状態ですと、約2倍の12キロ前後。これが30度になると約18キロ、45度にもなると4倍の約22キロ相当となります。

首を前に曲げ続ける姿勢は、スマホを長く使うときやパソコン操作時に起こりやすい姿勢。なのでパソコン・スマホの使いすぎは、ストレートネックを引き起こす可能性が高いんですよ!

スポンサーリンク

ストレートネックの治し方

ストレートネックは病気ではありませんが、整形外科や治療院で治療が可能です。しかし家庭でできるいくつかの方法で、ある程度治すこともできるんですよ。

タオル枕で10分休憩

ストレートネックの簡単な治療方法が、タオル枕を作ることです。

これは首に枕を置き、頭の重さを利用して頚椎のカーブを取り戻す方法。
必要なものは、バスタオルヒモ2本(輪ゴムなどでも可)だけと、すぐに出来るのも魅力的です。

作り方と使い方は、次の通りとなります。

1.バスタオルを縦に二つ折りにしてから、横に二つ折りにします
2.巻き寿司を作る要領で、できるだけ固くしっかりとくるくる巻きます
3.巻き終えたら緩まないように、タオルの両端をヒモなどで固定します
4.首の下にタオルを入れてみて、高さや固さを微調整します
5.出来上がったら首の下に入れ、5分から10分程度休憩を取ります

首タオルは首のストレッチ用なので、1日2回程度行うのが効果的。就寝時に使うと首を痛める可能性があるので、枕としては使わないようにしましょう。

長くても10分程度とし、少しでもおかしいと思ったらすぐに中止してください。

簡単ストレッチ

straightneck2

横になる時間がない、仕事中に改善したい場合はストレッチが効果的です。

・背伸びストレッチ

・背中を背もたれから離れる程度に姿勢よく腰掛けます
・両腕を上に伸ばします
・その状態で首を後ろに倒しつつ上体を反らし10秒ほど停止します

背伸びの効果と首から背中の筋肉をほぐす効果があり、姿勢を戻すとすっきりしますよ。

・首を前後に動かすストレッチ

・背中を背もたれから離れる程度に姿勢よく腰掛けます
・両手を鎖骨のあたりに軽く添えます
・顔は動かさずに、ゆっくりと首を前後に動かします
・これを5回ほど繰り返します

首周りの筋肉がほぐれて頚椎のカーブも蘇ります。

※首だけを前後に動かす感覚がわからない場合は、この動画が参考になりますよ。

日常生活を見なおそう

ストレートネックは年齢とともに起こることもありますが、大半の場合は姿勢の悪さが原因。パソコンを使うときもスマホを使うときも、「前傾姿勢になりすぎず姿勢よく」を心がけましょう。

また仕事中に軽く体を動かすなどして、体のコリをほぐすことも大切。疲れてくるとどうしても姿勢が悪くなってしまうので、休憩を取ることも対策としては重要です。

背筋を伸ばして作業を行い、時々休憩を取ることでストレートネック対策を心がけましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

花粉症の症状 喉の痛みの原因と対処!のど風邪との違いは?

「喉が痛い!」 という時、真っ先に思うのは、「風邪かな?」と言うことではないでしょうか。

記事を読む

足がつる原因は何?足がつった時の対処方法や予防方法

久々に体を動かした時に、足をつってしまった…という経験はありませんか?中には真夜中に寝ていて、いきな

記事を読む

秋にも発症する花粉症!今からできる予防と対策方法とは?

ふとしたきっかけで鼻水が止まらなくなると、風邪の初期症状をまず疑いますよね?春にこの症状が出

記事を読む

「薬」を水でなくお茶で飲むのは大丈夫?他の飲み物ではどう?

薬を飲む時に、お茶と一緒に飲むのはダメ、と言う話を聞いたことはありませんか? 私も手元

記事を読む

口の中が痛い!口内炎の原因と治し方。どんな種類があるの?

美味しい物を食べたいのに、 口のなかに口内炎が出来てしまって、 ちょっと食べるだけでも痛みが

記事を読む

気になる赤ちゃんの向き癖。原因は?治し方は?

生後間もない赤ちゃんの体って とても柔らかくフワフワしていますよね。 頭蓋骨もまだ完成してお

記事を読む

口臭予防にはどんな食べ物や飲み物が効果があるの?

大事なデートや、お出かけの前に、 気になるのは「におい」の事。 特に口臭は、自分よりも相

記事を読む

靴下にあいた穴!その意外な原因とは?穴はどうやって直す?

「靴下に穴があく」と聞いたら、まず 「爪が伸びてるんじゃないの?」って思いますよね。 実

記事を読む

バチッとなるのは静電気体質が原因?改善方法はどうする?

冬になると、ドアノブを触るだけでバチッとなったり、コートを脱ごうとすると髪の毛が逆だったり…。

記事を読む

歯茎が痛い時の応急措置と予防法をご紹介!

前回、歯茎の腫れの主な原因とその治療方法を紹介しました。 歯茎が痛い!腫れの原因と治療法は?

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ムクゲ(木槿)/ムグンファ(無窮花)の花言葉とは?開花時期はいつ?

日本を代表する花と言えば、桜の名前がまず挙がりますよね。日本の

淡く可憐なコスモスの花言葉とは?開花時期や色による違いもご紹介!

https://youtu.be/-UfAo-AEn68 秋が近

すずらんの花言葉とは?フランス語での違いと怖い裏花言葉も紹介!

春になると様々な花が咲き、私達の目を楽しませてくれます。 その中

雨の日でも自転車に!レディース向けレインコートのブランドならコレ!

毎日の通勤や買物に、自転車は無くてはならないアイテムです。

神戸開港150年記念、kobeみなとマルシェ!2017年春の日程と見どころ!

兵庫県の神戸といえば、オシャレで食べ物も美味しい港町。

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑