ノンカフェイン・カフェインレス・デカフェ、それぞれの違いは?

decafechigai1

日の生活にコーヒーやお茶が欠かせない人にとって、カフェインは気になるところ。あまり取り過ぎると体に良くないと言われるカフェインは、出来れば摂取量を減らしたいですよね。

そんな方におすすめなのが、カフェインの少ない、あるいは入っていないタイプのドリンク。

・ノンカフェイン
・カフェインレス
・デカフェ

とありますが、これらは一体何が違うのでしょうか?

健康の為にもぜひ知っておきたい、ノンカフェイン・カフェインレス・デカフェの違いについて、簡単にまとめました。

スポンサーリンク

ノンカフェインとカフェインレスの違い

ノンカフェインとは

ノンカフェインとは、カフェインが一切含まれない飲み物のことを指します。

広い意味では元々カフェインが含まれない、フルーツジューズなどもノンカフェイン。しかしノンカフェインと言う場合、通常はカフェインが入っていそうな飲み物に対して使います。

例えばお茶やコーヒーなどの、カフェインが入っている事が当たり前な飲み物に対してですね。

カフェインレスとは

decafechigai2

カフェインレスとは、限りなくカフェインが少ない飲み物に対して使います。

ノンカフェインとの違いは、カフェインがほんのわずかでも含まれる可能性があるかどうか。

ノンカフェインは、全くカフェインが含まれない飲み物にのみ使います。それに対してカフェインレスは、カフェインを減らしているが0ではない飲み物に使います。

デカフェとは

デカフェ=カフェインを取り除いたもの

カフェインレスのほかにも、デカフェと呼ばれるカフェインの少ない飲み物もあります。

デカフェとは、カフェインを取り除く処理を行った飲み物に対して使う言葉。カフェインが少ない材料を使うカフェインレスと違い、人工的な手段でカフェインを減らしているのが特徴。

主にコーヒーに対して使われ、お茶などに対してはカフェインレスを使う事が多いです。

デカフェもまた、ごくわずかですがカフェインが残ってしまいます。なのでカフェインレスに分類されますが、ノンカフェインの扱いにはなりません。

スポンサーリンク

デカフェを作る方法

カフェインを取り除き、デカフェにするには主に3つの方法が使われます。

○有機溶媒抽出法
カフェインが溶ける有機薬触媒を使用して、カフェインを取り除く方法です。

安く簡単にカフェインが取り除けますが、カフェイン以外も取り除くため風味が落ちる欠点が。それ以上に薬品が残る事も考えられ、安全面から日本ではこの商品の販売が禁止されています。口にすることはないと思いますが、外国でデカフェを頂くときには注意しましょう。

○水抽出法
生豆の成分を水に溶け出させ、その水に薬品を使用してカフェインを除去。その上で今度は薬品を除去し、残った成分を生豆に戻す方法が水抽出法です。

生豆に対して直接薬品を使用しないため、有機溶媒抽出法より安全性が高い方法と言えます。カフェイン以外の成分を戻すため、比較的コーヒーの風味が変わらない方法でもあります。

一般的にデカフェとして販売しているものは、主にこの水抽出法が用いられています

○二酸化炭素抽出法
二酸化炭素の入った生豆に一定以上の圧力をかけ、超臨界流体という状態を作り出します。この状態での二酸化炭素は液体・気体の性質を持ち、カフェインが二酸化炭素の中に溶け出します。

その後気圧を元に戻して二酸化炭素を取り除けば、カフェインの取り除かれた生豆の出来上がり。

薬品を使わないため安全性が高く、他の方法よりも味が良いのが特徴です。ただしコストと手間がかかるため、その分どうしても価格が高いものとなってしまいます。

decafechigai3

味は?

デカフェのコーヒーの味ですが、カフェインが取り除かれているため苦味が薄まる傾向にあります。またメーカーや抽出方法によっては、多少風味が弱く感じられることも。

全体的にコーヒーの酸味がやや強まる以外は、普通のコーヒーとの違いが感じられない味となります。気になる場合はカフェオレにすると、味がまろやかになって違和感が薄れますよ。

一度ためしてみよう

フェインの残り具合で分類される、カフェインレスやノンカフェインのコーヒー。

・絶対カフェインをとりたくないならノンカフェイン
・極力減らしたいならカフェインレス
を選べば安心です。

味の点でもコーヒーとあまり変わりがないので、いつものコーヒーに変えて飲むこともできそうですね。

また今は、カフェインレスとオーガニック専門店の美味しいコーヒーを手軽に購入できるネットショップもありますよ。


それに、タリーズスターバックスなどのカフェでも、デカフェやカフェインレスなコーヒーを取り扱っています。

試しにお店で注文してみて、カフェインレスなコーヒーの味と風味を確かめみませんか?

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

ビフィズス菌と乳酸菌の違いとは?どんな食品に含まれてるの?

市販のヨーグルトのパッケージを見てみると、「乳酸菌」配合、また「ビフィズス菌」配合とあるのをよく

記事を読む

冷凍して美味しく食べよう!冷凍卵の作り方と活用レシピ!

生卵・ゆで卵・溶き卵に、目玉焼きに卵焼き…。 卵は昔も今も人気の食材の一つですね。 その

記事を読む

烏龍茶(ウーロン茶)のダイエット効果は?黒烏龍茶との違いは何?

コンビニで購入できるペットボトルのお茶は、昔と比べて随分と種類が増えました。 その中でも定番の

記事を読む

チョコレートフォンデュのおすすめ具材は?定番と変わり種もご紹介!

https://youtu.be/qW7Igz3Rfmk デザートビュッフェにチョコレートフォ

記事を読む

丸ごとでも怖くない!パイナップルの簡単な切り方と保存方法とは?

ホームパーティーを行う時に、テーブルの真ん中に華やかになる物を飾りたくないですか? そ

記事を読む

スーパー穀物「キヌア」の美味しい食べ方とは?レシピもご紹介!

最近、美容や健康に良いと注目を集めている「キヌア(Quinoa)」をご存知でしょうか? キヌア

記事を読む

こうすれば大丈夫!銀杏の下処理の方法と美味しい食べ方!

秋の味覚の名脇役に、小粒で美味しい銀杏(ぎんなん)があります。 串焼きにしておつまみにしたり、

記事を読む

恵方巻きにもおすすめ!サラダ巻きに合う定番&変わり種具材とは?

2月の節分に恵方巻きを食べる習慣は、今ではすっかり全国区の習慣となりましたね。 元々は関西での

記事を読む

お肌に効果!「もつ」の栄養と美容効果とは?カロリーはどれくらい?

https://youtu.be/P6j6iurnnTE お肌の調子良くない時には、もつ(ホル

記事を読む

桜餅の道明寺と長明寺の違い。葉は食べるもの?カロリーは?

日本では、季節ごとに行事があり、行事の食べ物がありますよね。 特に、季節の和菓子はうれしいもの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

仙台・光のページェント2017年の期間や点灯時間。イルミネーションの見どころは?

クリスマスシーズンを迎えると、街のあちこちでイルミネーションを

十日戎とは?西宮神社・今宮戎神社・京都ゑびす神社、三神社の祭りの見どころ!

日本のお祭りは地域によって特色が変わり、一部の地域だけで有名な

2018年戌年の年賀状作成に!無料で使える素材やテンプレート7選!

年末は様々な用事が重なり、気がついたらお正月が目前…なんてこと

2018年の干支は戊戌(つちのえ・いぬ)!戌年の由来や特徴とは?

年末が近づくと年賀状を購入しなければ・・と、慌てることが増えて

赤ちゃんの初正月で飾る羽子板や破魔矢・破魔弓の意味。飾るのはいつまで?

赤ちゃんが生まれると、成長に合わせて様々な行事が行われます。

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑