准教授と助教授の違いとは?また助教と助手はどう違うの?

| 役立つ雑学 | , , , ,

jyunkyojyu1

レビのコメンテーターに、よく「准教授」という肩書きの方が出演されています。

それを見ていて思ったのですが、以前よく見かけた「助教授」という方って見かけませんよね?

もしかして准教授のほうが専門的だから、テレビなどで発言するようになったのでしょうか。それとも准教授が表に出るようになり、助教授は大学で仕事をしているのでしょうか。ちょっと気になりますね。

そんな知ってるようでよく知らない、准教授と助教授の違い、そして助教や助手の違いについてもまとめてみました。

スポンサーリンク

准教授と助教授の違い

助教授・准教授って何をする人?

そもそも准教授や助教授は、どういう職業・役職なのでしょうか。

准教授に関しては、学校教育法という法律で次のように定義されています。

7 准教授は、専攻分野について、教育上、
研究上又は実務上の優れた知識、能力及び実績を有する者であつて、
学生を教授し、その研究を指導し、又は研究に従事する。

(学校教育法 第92条より引用)

簡単に言ってしまえば、准教授は専門的知識を持ち研究を行いながら、生徒に教える人のこと。これならテレビなどで、専門分野に関するコメントを残すのもわかりますね。

一方の助教授はかつて学校教育法で、教授の職務を手助けする者と定義されていました。

これだけを見ると、助教授より准教授のほうが優れているように思えます。しかし実際には助教授は、様々な場所で専門知識を披露していましたよね。あるいは大学に通われた経験のある方なら、助教授から授業を受けたという人もいるのでは。

それだけの専門知識がありながら、法律の上ではどうして違いが出てしまったのでしょうか。

jyunkyojyu2

実情にあわなかった助教授

実は現在の日本には、「助教授」は存在しません

というのも法律改正で、助教授はすべて准教授と名乗ることになったからです

1944年(昭和22年)に発布された学校教育法で、助教授は「教授の助手である」と定義されていました。しかし実情は研究を行いつつ大学生の指導も行い、更には教授と合同で研究を行う立場。法律の上での定義と、実際の活動がかけ離れていました。

しかも世界的に見ても、「助教授」という役職は日本独自のもの。海外で助教授(Assistant Professor)と言っても通じず、「アシスタント」だと誤解されることが。海外の学会などで研究成果を発表しようにも、資格がないと誤解されることもありました。

更に海外の大学において、日本での助教授に相当する立場の役職は存在していました。「Associate Professor」がそうで、教授より少しランクの落ちる教授といった意味となります。

なので現状にあわせつつ世界的にも通用するよう、2007年(平成19年)に法律が改正されることに。その際に「Associate Professor」を訳した「准教授」を、名乗るようになったのです。

現在大学に在籍している准教授は、昔の言い方をすれば助教授に相当する方々。助教授は見かけなくなったのではなく、准教授と言い方が変わっただけなんですね。

スポンサーリンク

ちなみに助教と助手の違いは?

教授を補佐するのが「助手」だったのが…

かつて助教授が教授の補佐を行うとされていたのなら、現在教授を補佐する人はいるのでしょうか。

実は助教授の時代から、アシスタントとしての「助手」は役職として存在していました。学校教育法にも定められ、その立場は教授・助教授・講師(大学で教鞭を取る人)・助手。

とはいえ専門知識を持ち、大学院で専門的に学ぶなどしないと助手になることができません。助手を足がかりに講師や助教授を目指すのが、大学でのいわゆる出世コースとされてきました。

ところが2007年(平成19年)の教育法改正に伴い、助手も一部改正されることに。

それまでの助手を専門的に分割し、「助教」と「助手」に分けることとなりました

jyunkyojyu3

手助けする「助手」、教える「助教」

かつては助手も授業を受け持つようなことが、一部の大学ではありました。しかし現在では授業を受け持てる助手は、「助教」のみとなっています

簡単に言ってしまえば、
・准教授などと同様に、研究を行い授業も行えるのが助教
研究も行いつつ教授や助教授などを補佐するのが助手
という風に分けられました。

助教と助手はどちらがより偉いのかというと、一応は同等の立場となります。

しかし給与面や授業を持てるといった面から、助手より助教のほうが偉いとする事が多いようです。助手の立場にある人もまずは助教を目指し、ゆくゆくは准教授・教授となろうとする方も多いんですよ。

「現役助教授」と言う人には要注意!

現在の日本において、現役の助教授という人は存在しません

なのでもし「現役の助教授」と名乗る人がいたら、気をつけなければなりません。もしかするとウソの役職を名乗り、近づいてきた人かも。知り合いが間違えて助教授と名乗ったなら問題ありませんが、見知らぬ人がそう名乗ったら要注意ですね。

今は助教授という肩書は無いという事を良く覚えておいて、変な人に引っかからないように気をつけましょうね!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

シールやラベルを上手にはがす方法!コツやポイントは?

子どもたちが、あちこちに貼ったシール。 はがしそびれた値札… シールって、長い間そのまま

記事を読む

ピンキリの意味や由来。ピンとキリではどっちが上なの?

日常の会話の中で、ちょっとした言い回しを聞くことがよくあります。なんとなく意味はわかるけれど

記事を読む

「すいません」と「すみません」の違い、どっちが正しいの?

謝罪、お詫び・感謝の場面で出てくる 「すいません」、「すみません」の二つの単語。 例えば、人

記事を読む

大統領・総理大臣・首相の違いって何?簡単にわかりやすく解説しました!

毎日の新聞やニュースには、必ずと行っていいほど総理大臣の話題が登場します。海外のニュースを見

記事を読む

台風の目とはどういう意味?どうして出来るの?中はどうなってる?

よく話題の中心となっている人のことを、「台風の目」と言う事があります。 一方で台風が接

記事を読む

生かすと活かすの違いとは?使い分けはどうする?

日本語には、読み同じでも漢字が違う言葉が沢山あり、時々どちらなのか迷ってしまうことがあります

記事を読む

2017年の干支は丁酉(ひのととり)。酉年の特徴や由来とは?

CMやチラシを見ていると、夏が終るとあっという間に冬のアイテムの広告が。冬物アイテムのCMを見ている

記事を読む

2015年は未年(ひつじ)!干支・十二支の由来・意味は?

年末が近づくと、年賀状のこともあって、 次の年の干支が気になりますよね。 干支をモチーフ

記事を読む

干支(十二支)の順番と読み方は?簡単な覚え方もご紹介!

日本人の年齢確認の中には、「何年(なにどし)生まれ?」と聞かれることがたまにありますね。こう

記事を読む

シャンパンとスパークリングワインの違いとは?味や値段は?

おしゃれなパーティの乾杯には、美味しいスパークリングワインは欠かせません。 中には「ち

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

霧(きり)と靄(もや)と霞(かすみ)の違いとは?気象上の定義では?

霧の都とも呼ばれているロンドン。映画などで霧に濡れるシーンを見

ひょう(雹)・あられ(霰)・みぞれ(霙)の違いとは?雪とはどう違うの?

フワフワと降る雪はロマンチックですが、実際には雪ではなく「みぞれ」が降

横田基地友好祭、2017年の日程と見どころ!食べ物も気になる!

普段の生活において米軍基地は、あまり身近な存在とは言えません。

関西で戌の日の安産祈願に行くならこちら!有名な神社・お寺5選!

生まれてくる我が子のために、出来る事はなんでもしたいのは昔も今

人気の高い「梨」の種類とは?旬の時期や美味しい梨の選び方も紹介!

秋になると美味しくなる果物の一つに、梨があります。シャリシャリ

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑