くしゃみの回数からわかる噂の由来や意味とは?何回だと良い?

最終更新日: | 役立つ雑学 | , , ,

kusyamiuso4

よくくしゃみをすると、「誰かに噂されてるよ」と人に言われませんか?

くしゃみ自体は鼻に異物やウイルスが侵入することで出る、体の防衛本能の一つ。現実的に考えたら噂されてくしゃみは出ませんが、それでも本当かもと気になりませんか?

くしゃみの回数で噂の内容が違うとも言いますし、良い噂ならいくらでもくしゃみしたいですね。

「噂されるとくしゃみがでる」の由来と、噂の内容によって出る回数の違いをまとめました。

スポンサーリンク

くしゃみ=噂されてる、と言われる由来について

古代中国で

「くしゃみが出ると誰かに噂されてる」という由来はいつ頃から広まったものなのでしょうか。

その起源をたどると、中国が発祥ではないかと推測されます。中国最古の詩集である「詩経」に、次のような詩が残されています。

「今俗人嚏云『人道我』、此古之遺語也。」
(俗に言う、人がくしゃみをしたら「噂してるよ」というのは、昔の風習の名残なんだよ)

詩経がまとめられたのは「周(または西周)」の時代、紀元前700年ごろと言われています。日本で言えば、縄文時代の末期とされる頃。その時点で「昔の人がそう言っていた」のですから、相当古い時代からこの風習はあったんですね。

kusyamiuso2

くしゃみ=魂が出る?

中国発祥の「くしゃみは人が噂してるから」が、いつ日本に伝わったのかははっきりしません。

ただ日本では「くしゃみをすると鼻から魂が抜けるため、寿命が縮まる」と考えられてきました。それを防ぐために、「くさめ」という呪文を唱える風習がありました。

この「くさめ」がくしゃみの語源なのですが、その由来は、

・陰陽道の「休息万命(くそくまんみょう)」を、早口で言ったもの。
・くしゃみの音を擬音化したもの。
・「糞食らえ」という罵り言葉の古語、「糞食め(くそはめ)」が変化したもの。
…など、様々です。

吉田兼好の「徒然草」にくしゃみとくさめの記述があるので、鎌倉時代には一般的だったようですね。

くしゃみをすると一声もらえる?

くしゃみをすると周囲の方が一声かける風習は、海外にもあります。

実はイギリス・アメリカなどの英語圏でも、くしゃみをすると鼻から魂がぬけるという迷信が。魂が抜けた後の体には悪魔が入るので、周りの人が神様にお願いして防ぐというもの。

なので現在でもくしゃみをすると、周囲から「God Bless you(神の息吹を!)」と声をかけられます。

英語圏以外では、くしゃみをすると「健康を!」と声をかけられる事があります。

ドイツ語圏でしたらGesundheit(ガズントハイト)、イタリアでしたらSalute(サルーテ)。スペインならSalud(サルー)、フランス語ならSante(サンテ)といった具合です。

スポンサーリンク

くしゃみの回数による、噂の意味や内容

1回目は

くしゃみの回数による噂については、日本ではいくつ違うバージョンがあります。

くしゃみの1回目は、日本の場合、
・一そしり
・一に褒められ

…の二パターン。

「そしり」とは、批判されること。「誰かがちょっと悪く言ってるよ」といった感じでしょうか。
「褒められ」は、そのまま褒められてるという事ですね。

世界的に見た場合、1回目のくしゃみは先ほど挙げた「健康を!」といったものがほとんど。ただフランスでは、「願いがかないますように!」と声かけすることもあるんですよ。

2回目はちょっとひどい

日本の場合、2回目になると良い内容ではありません。
・二笑い
・二に憎まれ
・二に振られ

笑いものにされるわ、他人から恨まれるわ、好きな人に振られるわと散々ですね。

でも大丈夫。海外に目を向けると良い意味もあります。
例えばスペインでは、「健康とお金を!」と言ってもらえます。フランスですと「恋愛がうまくいくといいね!」と、とてもフランスらしいことを言ってもらえます。またタイでは、2回目のくしゃみは「誰かがあなたに会いたがってるサイン」とも。

自分にとって良い意味を選び、悪い意味は気にしないようにしましょう。

3回目と4回目では

3回目は、日本ではどの場合でも「惚れられてる」となります。

誰かが強く想っているから、くしゃみがたくさん出るという解釈ですね。

それなら4回目はと期待してしまいますが、残念ながら「風邪」と断言されています。
確かに何回もくしゃみが出たら、普通に風邪を引いてる判断しますよね。

まとめると

日本のくしゃみの噂をまとめると、次のようになります。

・一そしり、二笑い、三惚れ、四風邪。
・一に褒められ、二に憎まれ、三に惚れられ、四に風邪。
・一に褒められ、二に振られ、三に惚れられ、四に風邪。

日本式を採用するなら、くしゃみは1回か3回が良さそうです

ですが「噂される」のは迷信ですし、何度もくしゃみをしていたらそれこそ変な噂を立てられるかも。

噂されてるよと茶化されているうちに、休養を取ってくしゃみを治してしまいましょう

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

霧(きり)と靄(もや)と霞(かすみ)の違いとは?気象上の定義では?

霧の都とも呼ばれているロンドン。映画などで霧に濡れるシーンを見るととても素敵に感じられますね

記事を読む

終日の読み方や意味。全日との違いは何?使い方はどうする?

事故などで電車が運休となってしまうと、出勤やお出かけに影響が出てしまいますね。少し待てば運転

記事を読む

油性ペンの落とし方!手肌や服についたインクをキレイにするには?

ペンケースに一本あるととっても便利なのが、瓶や布などに書いても消えにくい油性ペン。 と

記事を読む

准教授と助教授の違いとは?また助教と助手はどう違うの?

テレビのコメンテーターに、よく「准教授」という肩書きの方が出演されています。 それを見

記事を読む

生かすと活かすの違いとは?使い分けはどうする?

日本語には、読み同じでも漢字が違う言葉が沢山あり、時々どちらなのか迷ってしまうことがあります

記事を読む

アメリカンコーヒーとブレンドコーヒーの違い!アメリカンは薄い?

朝は1杯のコーヒーから! という方、多いんじゃないでしょうか? 私もその1人ですが、

記事を読む

「お疲れ様です」と「お疲れ様でした」の違いって何?どう使い分ける?

挨拶は、人間関係の基本。 職場でも気持ちのいい挨拶を心掛けたいですよね。 「お疲れ様です」と

記事を読む

山車・神輿・屋台それぞれの違いとは?人が乗っても良いのはどれ?

子供の頃に地元のお祭りで、お神輿を担いだ経験はありませんか? 地域によっては、山車を引いた経験

記事を読む

鳩が平和の象徴と呼ばれている理由は?他にも平和の象徴といえば何がある?

街角で見かけることの多い鳩は、身近な存在とも言える鳥です。またかつてはイベントなどで、空へと

記事を読む

2017年の干支は丁酉(ひのととり)。酉年の特徴や由来とは?

CMやチラシを見ていると、夏が終るとあっという間に冬のアイテムの広告が。冬物アイテムのCMを見ている

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

仙台・光のページェント2017年の期間や点灯時間。イルミネーションの見どころは?

クリスマスシーズンを迎えると、街のあちこちでイルミネーションを

十日戎とは?西宮神社・今宮戎神社・京都ゑびす神社、三神社の祭りの見どころ!

日本のお祭りは地域によって特色が変わり、一部の地域だけで有名な

2018年戌年の年賀状作成に!無料で使える素材やテンプレート7選!

年末は様々な用事が重なり、気がついたらお正月が目前…なんてこと

2018年の干支は戊戌(つちのえ・いぬ)!戌年の由来や特徴とは?

年末が近づくと年賀状を購入しなければ・・と、慌てることが増えて

赤ちゃんの初正月で飾る羽子板や破魔矢・破魔弓の意味。飾るのはいつまで?

赤ちゃんが生まれると、成長に合わせて様々な行事が行われます。

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑