ピンキリの意味や由来。ピンとキリではどっちが上なの?

最終更新日: | 役立つ雑学 | , ,

pinkiri1

日常の会話の中で、ちょっとした言い回しを聞くことがよくあります。なんとなく意味はわかるけれど、よく考えると単語の意味がわからない言葉もちらほら。

そんな言葉の一つに、「ピンキリ」という言葉があります。

一番いいモノと一番悪いモノの幅がある、だと思うのですがピンとキリってなんなのでしょう。それにどっちが上なのかも気になりますね。

そんなピンキリの意味と、ピンとキリはどっちが上なのかについてまとめてみました。

スポンサーリンク

ピンキリの意味や由来

正しくは「ピンからキリまで」

ピンキリは省略語で、「ピンからキリまで」というのが正式な言い方。

江戸時代に成立した言葉で、意味は「物事に対して最上から最低まで・最初から最後まで」です。

pinkiri2

例としては、
・和牛と言っても、味も価格もピンキリだから
・歯医者さんの腕もピンキリだから、評判をきちんと聞いたほうがいいよ

といった、使い方をします。

「和牛」といった実在する物に対して、品質・味・価格など幅が生まれるときによく使います。

あるいは「歯科医の技量」という、目には見えないものに対しても幅があることを指したりも。

褒め言葉と言うよりは、悪いものがあるよと注意を促す使い方が一般的ですね。

ピンはポルトガル語?

ところで「ピンからキリまで」の、ピン・キリとはどういう言葉なのでしょう?

「ピン」は、ポルトガル語が由来という説が最も有力。ポルトガル語の「Pinta(ピンタ)」には、「点・斑点」という意味が。そこからサイコロの1の目を指す、俗語の「ピン」となったと言われています。

そういえば時代劇の丁半ばくちで、「ピンゾロ(1の目が2つ出ること)」と言ってますね。

また室町時代にポルトガルから伝わった、「天正かるた」にもPintaは使われています。天正かるたは札に点数が描かれているもので、どちらかと言えば現在のトランプに近いものです。

ここでも1点札のことをPintaと呼びましたが、1点札は点数としては最低のもの。そこから転じて、小さい・最低なものをピンと称するようになったと言われています。

スポンサーリンク

キリの意味・語源は

一方のキリに関しては、複数の説があります。

・区切りがよい説
もともと日本語には、「区切り」という言葉があります。その意味は「次に進まず、その時点でちょうどよく終わることができる状態」といったもの。この「区切り」を省略して「キリ」と言い、転じて終わりや最後を表す言葉となったという説です。

・天正かるたの12枚目の札説
天正かるたは、12枚で1組。その12枚目の札のことを、「キリ」と呼んでいました。1枚目(1点札)がピンなので、最初から最後までが「ピンからキリまで」となったという説です。

・花札説
花札での絵札は、1月から12月までの光景が描かれているもの。この中で12月の絵札には、「桐に鳳凰」が描かれています。12月は1年の終わりの月。そこ彼転じて12月=桐(キリ)=最後・おしまい、となりました。ただし花札は天正かるたが伝わった後に誕生したため、説としては弱いものとなっています。

・十字架説
ポルトガル語で「cruz(クルツ)」が訛った、という説があります。クルツの意味は十字架で、その形がが漢字の「十」に似ていると当時の人は考えました。そこから数字の上で区切りとなる、一(ピンタ)から十(クルツ)までとなったそうです。

キリについては以上のように複数の説がありますが、いずれの説も説得力があるので、どれも正解としたいですね。

ピンとキリはどちらが上でどちらが下?

pinkiri3

江戸時代の伝達ミス?

ピンとキリ、それぞれの由来や意味をまとめると次の通りとなります。

ピン… 最初・最小・最低
キリ… 最後

ですのでピンとキリはどちらが上かと考えると、ピンが下・キリが上となりますよね?

ところが現在では
・「ピン」が最上
・「キリ」が最低

とする言い方が一般的になっています。

になってますね。なぜ逆になったかは、言葉が生まれた江戸時代の情報伝達方法が考えられます。

現在ではネットなどで瞬時に情報が広まりますが、江戸時代はゆっくり情報が広がる時代。伝わる方法も会話や物語といったもので、急ぎの情報でなければ本当にのんびり広まります。

おそらくはこの時代で言葉伝える途中で、伝達ミスがあったのでしょう。そのため途中から逆となり、それが広まったまま現代に至った…のが真相のようです。

言葉は時代で変わる?

一般的には「キリ」が下で「ピン」が上、という事になっているピンキリ。しかし語源では逆ですし、あまりどちらが上かを気にしなくても良いのかも。

語源もポルトガル語説が有力ですし、時代を経て言葉が変化していくなんて面白いですね

ピンキリ以外にも深い意味や由来のある言葉を、日常的に使っているかもしれません。家族や友人の会話にちょっと注目して、ピンキリみたいな言葉を探して見ませんか?

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

月の表面の様子や表面温度ってどうなの?裏側はどうなってる?

月に人類が降り立って40年以上が過ぎましたが、未だに月は遠く離れた存在。 いつか誰でも

記事を読む

「お疲れ様です」と「お疲れ様でした」の違いって何?どう使い分ける?

挨拶は、人間関係の基本。 職場でも気持ちのいい挨拶を心掛けたいですよね。 「お疲れ様です」と

記事を読む

「ずつ」と「づつ」の違いや使い分け!正しいのはどっち?

先日メールで「3個づつ」と書いて友人に送信したところ、「ずつ では?」と指摘のメールが。その

記事を読む

使い捨てカイロの正しい捨て方とは?有効に再利用する方法も紹介!

寒い季節の必需品の一つに、使い捨てカイロがあります。 10時間程度暖かさが持続する使い

記事を読む

アメリカ大統領の任期は何年?選挙の仕組みはどうなってるの?

各国の首脳陣が変わる時は、ニュースでも大きく取り上げられます。特にアメリカの大統領に関しては

記事を読む

大統領・総理大臣・首相の違いって何?簡単にわかりやすく解説しました!

毎日の新聞やニュースには、必ずと行っていいほど総理大臣の話題が登場します。海外のニュースを見

記事を読む

干支(十二支)の順番と読み方は?簡単な覚え方もご紹介!

日本人の年齢確認の中には、「何年(なにどし)生まれ?」と聞かれることがたまにありますね。こう

記事を読む

シールやラベルを上手にはがす方法!コツやポイントは?

子どもたちが、あちこちに貼ったシール。 はがしそびれた値札… シールって、長い間そのまま

記事を読む

「すいません」と「すみません」の違い、どっちが正しいの?

謝罪、お詫び・感謝の場面で出てくる 「すいません」、「すみません」の二つの単語。 例えば、人

記事を読む

くしゃみの回数からわかる噂の由来や意味とは?何回だと良い?

よくくしゃみをすると、「誰かに噂されてるよ」と人に言われませんか? くしゃみ自体は鼻に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

霧(きり)と靄(もや)と霞(かすみ)の違いとは?気象上の定義では?

霧の都とも呼ばれているロンドン。映画などで霧に濡れるシーンを見

ひょう(雹)・あられ(霰)・みぞれ(霙)の違いとは?雪とはどう違うの?

フワフワと降る雪はロマンチックですが、実際には雪ではなく「みぞれ」が降

横田基地友好祭、2017年の日程と見どころ!食べ物も気になる!

普段の生活において米軍基地は、あまり身近な存在とは言えません。

関西で戌の日の安産祈願に行くならこちら!有名な神社・お寺5選!

生まれてくる我が子のために、出来る事はなんでもしたいのは昔も今

人気の高い「梨」の種類とは?旬の時期や美味しい梨の選び方も紹介!

秋になると美味しくなる果物の一つに、梨があります。シャリシャリ

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑