ピンキリの意味や由来。ピンとキリではどっちが上なの?

最終更新日: | 役立つ雑学 | , ,

pinkiri1

日常の会話の中で、ちょっとした言い回しを聞くことがよくあります。なんとなく意味はわかるけれど、よく考えると単語の意味がわからない言葉もちらほら。

そんな言葉の一つに、「ピンキリ」という言葉があります。

一番いいモノと一番悪いモノの幅がある、だと思うのですがピンとキリってなんなのでしょう。それにどっちが上なのかも気になりますね。

そんなピンキリの意味と、ピンとキリはどっちが上なのかについてまとめてみました。

スポンサーリンク

ピンキリの意味や由来

正しくは「ピンからキリまで」

ピンキリは省略語で、「ピンからキリまで」というのが正式な言い方。

江戸時代に成立した言葉で、意味は「物事に対して最上から最低まで・最初から最後まで」です。

pinkiri2

例としては、
・和牛と言っても、味も価格もピンキリだから
・歯医者さんの腕もピンキリだから、評判をきちんと聞いたほうがいいよ

といった、使い方をします。

「和牛」といった実在する物に対して、品質・味・価格など幅が生まれるときによく使います。

あるいは「歯科医の技量」という、目には見えないものに対しても幅があることを指したりも。

褒め言葉と言うよりは、悪いものがあるよと注意を促す使い方が一般的ですね。

ピンはポルトガル語?

ところで「ピンからキリまで」の、ピン・キリとはどういう言葉なのでしょう?

「ピン」は、ポルトガル語が由来という説が最も有力。ポルトガル語の「Pinta(ピンタ)」には、「点・斑点」という意味が。そこからサイコロの1の目を指す、俗語の「ピン」となったと言われています。

そういえば時代劇の丁半ばくちで、「ピンゾロ(1の目が2つ出ること)」と言ってますね。

また室町時代にポルトガルから伝わった、「天正かるた」にもPintaは使われています。天正かるたは札に点数が描かれているもので、どちらかと言えば現在のトランプに近いものです。

ここでも1点札のことをPintaと呼びましたが、1点札は点数としては最低のもの。そこから転じて、小さい・最低なものをピンと称するようになったと言われています。

スポンサーリンク

キリの意味・語源は

一方のキリに関しては、複数の説があります。

・区切りがよい説
もともと日本語には、「区切り」という言葉があります。その意味は「次に進まず、その時点でちょうどよく終わることができる状態」といったもの。この「区切り」を省略して「キリ」と言い、転じて終わりや最後を表す言葉となったという説です。

・天正かるたの12枚目の札説
天正かるたは、12枚で1組。その12枚目の札のことを、「キリ」と呼んでいました。1枚目(1点札)がピンなので、最初から最後までが「ピンからキリまで」となったという説です。

・花札説
花札での絵札は、1月から12月までの光景が描かれているもの。この中で12月の絵札には、「桐に鳳凰」が描かれています。12月は1年の終わりの月。そこ彼転じて12月=桐(キリ)=最後・おしまい、となりました。ただし花札は天正かるたが伝わった後に誕生したため、説としては弱いものとなっています。

・十字架説
ポルトガル語で「cruz(クルツ)」が訛った、という説があります。クルツの意味は十字架で、その形がが漢字の「十」に似ていると当時の人は考えました。そこから数字の上で区切りとなる、一(ピンタ)から十(クルツ)までとなったそうです。

キリについては以上のように複数の説がありますが、いずれの説も説得力があるので、どれも正解としたいですね。

ピンとキリはどちらが上でどちらが下?

pinkiri3

江戸時代の伝達ミス?

ピンとキリ、それぞれの由来や意味をまとめると次の通りとなります。

ピン… 最初・最小・最低
キリ… 最後

ですのでピンとキリはどちらが上かと考えると、ピンが下・キリが上となりますよね?

ところが現在では
・「ピン」が最上
・「キリ」が最低

とする言い方が一般的になっています。

になってますね。なぜ逆になったかは、言葉が生まれた江戸時代の情報伝達方法が考えられます。

現在ではネットなどで瞬時に情報が広まりますが、江戸時代はゆっくり情報が広がる時代。伝わる方法も会話や物語といったもので、急ぎの情報でなければ本当にのんびり広まります。

おそらくはこの時代で言葉伝える途中で、伝達ミスがあったのでしょう。そのため途中から逆となり、それが広まったまま現代に至った…のが真相のようです。

言葉は時代で変わる?

一般的には「キリ」が下で「ピン」が上、という事になっているピンキリ。しかし語源では逆ですし、あまりどちらが上かを気にしなくても良いのかも。

語源もポルトガル語説が有力ですし、時代を経て言葉が変化していくなんて面白いですね

ピンキリ以外にも深い意味や由来のある言葉を、日常的に使っているかもしれません。家族や友人の会話にちょっと注目して、ピンキリみたいな言葉を探して見ませんか?

スポンサーリンク

関連記事

百聞は一見にしかずには続きがあった!?その言葉の意味や由来とは?

日常生活や人生での様々な節目において、参考になったり戒めとなる言葉があります。 例えば

記事を読む

月の表面の様子や表面温度ってどうなの?裏側はどうなってる?

月に人類が降り立って40年以上が過ぎましたが、未だに月は遠く離れた存在。 いつか誰でも

記事を読む

アメリカ大統領の任期は何年?選挙の仕組みはどうなってるの?

各国の首脳陣が変わる時は、ニュースでも大きく取り上げられます。特にアメリカの大統領に関しては

記事を読む

にわか雨ってどんな雨?にわかの意味や驟雨との違いとは?

天気予報の精度が上がったと言われますが、それでもたまには予報が外れることがありますよね。晴れ

記事を読む

油性ペンの落とし方!手肌や服についたインクをキレイにするには?

ペンケースに一本あるととっても便利なのが、瓶や布などに書いても消えにくい油性ペン。 と

記事を読む

くしゃみの回数からわかる噂の由来や意味とは?何回だと良い?

よくくしゃみをすると、「誰かに噂されてるよ」と人に言われませんか? くしゃみ自体は鼻に

記事を読む

仕事中に眠気がしたら?対処法と予防法まとめ

仕事中、眠気がして困ることってありませんか? 仕事中の眠気って、本当に困りますよね。 で

記事を読む

終日の読み方や意味。全日との違いは何?使い方はどうする?

事故などで電車が運休となってしまうと、出勤やお出かけに影響が出てしまいますね。少し待てば運転

記事を読む

准教授と助教授の違いとは?また助教と助手はどう違うの?

テレビのコメンテーターに、よく「准教授」という肩書きの方が出演されています。 それを見

記事を読む

山車・神輿・屋台それぞれの違いとは?人が乗っても良いのはどれ?

子供の頃に地元のお祭りで、お神輿を担いだ経験はありませんか? 地域によっては、山車を引いた経験

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「雪」の名前と種類を紹介!雪の結晶ができる秘密とは?

冬になると降り積もる雪は、とてもロマンティックですよね。 神秘的

トゥリング(足の指輪)を付ける足の指にはどんな意味が?最適な付け方は?

きれいで素敵なアクセサリーは、特に興味がない人でも一つは持って

メンズサングラスの選び方のポイントは?人気のブランドも紹介!

屋外や運転中など、日光が眩しいと感じた時に使いたいのがサングラ

メンズ用のおしゃれなクラッチバック!おすすめの人気ブランドはコレ!

男性用のカバンというと、メッセンジャーバッグやリュックなど大き

マニキュアを早く乾かす方法は?キレイにできる塗り方のコツも紹介!

指先は意外と人に見られていて、ここの印象でその人全体の印象が変

→もっと見る

PAGE TOP ↑