お中元を贈る時期はいつからいつまで?マナーで気を付けることは?

| 日本の習慣・行事 | , ,

ochugen1

頃お世話になっている方へ送るお中元は、夏の欠かせないご挨拶ですね。目上の方へ贈ることの多いお中元は、失礼のないように贈りたいものです。

しかしお中元は地域によって、贈る時期が違うことをご存知でしょうか?また気をつけたいマナーもいくつかあり、知らずに贈ると失礼になる事もあります。

今回は、お中元を贈る時期はいつからいつまでなのか?また、気をつけたいマナーについてまとめてみました。

スポンサーリンク

お中元の時期はいつからいつまで?

関東地方の場合

関東地方では、一般的にお中元を贈る時期は、7月上旬から15日ごろまでが良いとされています。

これは関東地方のお中元の時期が、7月上旬から15日までとされているからです。関東地方における7月15日前後は、お盆に当たる時期。お中元はお盆までに贈るのがマナーなので、関東地方では7月15日までに贈るんですよ。

関西地方の場合

関西地方では、一般的にお盆はひと月遅れ。そのためお中元も、7月15日頃から8月15日までに贈る風習があります。

ただし最近では関西地方でも、関東に習ってお中元が早まる傾向が。関東地方の方に合わせてたり、百貨店のお中元商戦が早まってるからなのだそうです。

その他の地域は?

ochugen2

関東・関西以外の地域では、お中元の時期は次のような違いがります。

期間 地方
7月上旬から7月15日まで 東北・北陸
7月上旬から8月15日まで 北海道
7月15日頃から8月15日まで 東海・四国・中国
8月1日から8月15日まで 九州
その年の旧盆の間 沖縄地方

簡単に分けると・・
・関東より北は、7月上旬から7月15日まで
・関東より西は、7月15日から8月15日まで
・九州は、8月になってから
・北海道は、7月から8月15日までと期間が長め
・沖縄だけが、特殊な日程
となっています。

なぜ地域によって贈る時期が違うの?

なぜ地域によって、お中元を贈る時期が違うのでしょうか?

それは「お中元」という言葉に理由があります

お中元の「中元」は、元は中国の道教における「三元」という節目のひとつ。旧暦7月15日にあたる日が中元で、火をたいてお祭りを行いました。これが日本に渡り、仏教の「盂蘭盆会(うらぼんえ)」という風習と一体化。現在私たちが知る、「お盆」となったんです。

もともとお盆には仏様にお供えをし、それをご近所に配る習慣がありました。ここからお世話になった方に贈り物を贈ることを、「お中元」と呼ぶようになったんですね。

まとめると、「お盆は地域によって時期が違うため、お中元も贈る時期が違う」のです。

スポンサーリンク

お中元で気をつけたいマナー

挨拶状を添えて

お中元は本来でしたら先方を訪ね、直接渡して気持ちを伝えるもの。しかし遠方の場合や多忙な現代では、業者を通じて宅配をお願いするのが一般的です。

そこで挨拶状を添えて、日ごろのお礼を伝えましょう

内容は季節の挨拶とお中元の中身、そしていつ贈ったのかを書き添えます。お中元に添えても良いのですが、出来れば数日前に郵送しましょう。先に知らせることで受け取りのすれ違いを防ぎ、特に生鮮品が傷むことを防ぎます。

ochugen3

いただいたらお返しは必要?

お中元を頂いたときは、基本的にお返しは必要ありません

というのもお中元は、日ごろお世話になった方へお礼として贈るもの。いただいた側は「お世話した側」となるため、改めて送る必要はないのです。

しかし最近では気軽に送る「贈り物」のひとつとして、お中元を活用することも。そういった場合は、お礼として贈り物を贈っても良いでしょう。この場合の相場は、頂いた品と同等程度のものを送ります。

お返しを必要としない場合でも、お礼として礼状を送ると良いでしょう。

贈るのが遅れた場合は

もし贈り忘れなどがあった場合は、
「暑中お見舞い」
「残暑お見舞い」

としてお中元を贈りましょう。

地域と贈る時期に合わせて、表書きは以下のように変更します。

期間 表書き
7月15日以降、8月7日まで 暑中お見舞い
8月8日以降、8月末まで 残暑お見舞い

*立秋の日を境に暑中お見舞いから残暑お見舞いになります。立秋の日は年によって1日程度変わります。

相手が喪中の場合は

年賀状の場合、相手が喪中ですと欠礼として年賀ハガキは出しません。しかしお中元は祝い事ではないため、喪中の場合でも贈ってもかまいません

ただし四十九日を終える前でしたら、時期をずらすなど配慮が必要。残暑お見舞いとなる時期に、「忌中お見舞い」として出すと気遣いとなりますよ。

きちんと贈りたい!

関連記事:お中元の人気ギフトランキング五選!喜ばれる贈り物は何?

お中元は日ごろお世話になった方へ、感謝の気持ちを伝えるためのもの。目上の方・お世話になった方・親しい方へ、気持ちとともに贈りたいですね。

近しい方への場合でしたら、あまり堅苦しくなくお中元を。
そして目上の方への場合は、失礼のないようマナーを守って期日内に贈りましょう。

きちんとしたお中元は、きっと相手に爽やかな印象を伝えてくれますよ

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

寒露の意味とは?2017年はいつ?この時期の食べ物もご紹介!

日本は四季の移り変わりが美しく、その季節内でも日ごとに細かな変化が見られます。 特に秋は一日ご

記事を読む

納涼祭が行われる意味と楽しみ方!夏祭りとの違いは?

「町内会主催で納涼祭を行います」と、回覧板などが回ってきたことはありませんか?あるいは勤務先

記事を読む

女性と男性の厄年の年齢はいつ?厄払いはいつ行えばいいの?

ツイてないことが立て続けに起こったりすると、「厄年では?」と聞かれたことがありませんか? また

記事を読む

雪かきでおすすめの道具とは?突然の雪でも代用できる道具も紹介!

雪が降り積もる地域では、11月頃から雪対策が始まります。 雪かき用スコップの確認や、豪

記事を読む

ひな祭りの由来・歴史とは?桃の節句と呼ばれる理由

春になると、女の子のいるご家庭では、「ひな祭り」が楽しみですよね。 雛人形(ひな人形)を準

記事を読む

十三参り男の子・女の子の服装はどうする?レンタルでも大丈夫?親の服装は?

十三参りは関西を中心に行われる、数え13才(11才~12才)に神宮にお参りする行事。関西では七五三と

記事を読む

立秋の候の時期はいつからいつまで?挨拶の例文もご紹介!

お盆の頃に届く手紙で、挨拶文に「立秋の候」と書いてあるのを見たことはありませんか?真夏の8月に立秋と

記事を読む

芒種(ぼうしゅ)の意味とは?2017年はいつ?

カレンダーを見ていると日付の横に、様々な言葉が書き記されていることがあります。大安や仏滅などよく目に

記事を読む

土用の丑の日にうなぎを食べる由来とは?2017年はいつ?

夏が近づくとスーパーなどでは、「土用の丑の日」とのぼりが立つのをよく見かけますね。 土用の丑の

記事を読む

戌の日の安産祈願に行くならココで!東京で有名な神社5選!

医学が発達した現代でも出産は命がけで、母子ともに負担なく軽く済ませたいものです。 その

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

仙台・光のページェント2017年の期間や点灯時間。イルミネーションの見どころは?

クリスマスシーズンを迎えると、街のあちこちでイルミネーションを

十日戎とは?西宮神社・今宮戎神社・京都ゑびす神社、三神社の祭りの見どころ!

日本のお祭りは地域によって特色が変わり、一部の地域だけで有名な

2018年戌年の年賀状作成に!無料で使える素材やテンプレート7選!

年末は様々な用事が重なり、気がついたらお正月が目前…なんてこと

2018年の干支は戊戌(つちのえ・いぬ)!戌年の由来や特徴とは?

年末が近づくと年賀状を購入しなければ・・と、慌てることが増えて

赤ちゃんの初正月で飾る羽子板や破魔矢・破魔弓の意味。飾るのはいつまで?

赤ちゃんが生まれると、成長に合わせて様々な行事が行われます。

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑