ウォーキングはダイエットに効果的なの?実践するポイントは?

最終更新日: | スポーツ | , ,

dietwalking2

近体型がちょっと気になったり、体重計に乗るのが怖くなってませんか?そう感じたらダイエットを始める良いチャンス。

でも無理なダイエットは体を壊す原因に。健康的に痩せるには適度な運動が大切で、その中でもウォーキングは手軽で人気も高くおすすめです。

ウォーキングは続けると体に良いでしょうが、ダイエットにも効果的なのかどうか気になりますね。続けるメリットがあるのであればぜひ知りたいもの。

気軽だからこそ知りたい、そんなウォーキングのダイエット効果と、押さえたいポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

ウォーキングがダイエットに良い理由

体脂肪が燃える

イエットで体を動かす目的は、カロリーを消費して体についた余計な脂肪を燃やすこと。

具体的には、ウォーキングなどの有酸素運動脂肪を燃やし、体のエネルギー消費効率アップを目指します。有酸素運動では酸素が消費されますが、この時に血液や筋肉に備蓄された糖類も一緒に消費。長く続けると蓄積分を使い切り、今度は体脂肪を燃料として消費します。

これを何度も繰り返すと効率的にエネルギーを消費する体質になり、余計な脂肪が減っていくんです。

毎日の生活に取り入れやすい

有酸素運動は、ウォーキング以外にも、様々な方法があります。

例えば、
・自転車を漕ぎ続ける
・ジョギングやランニングを行う(ウォーキングではない)

など。

しかし自転車は道具が必要ですし、ジョギングは走るので少し辛いイメージがありますね。

ところがウォーキングは、歩くだけの手軽さで特に道具も必要としません。更には歩くための時間も、通勤時間や買い物時間を利用する事だって可能。思い立ったらいつでもすぐ出来るので、ダイエットにウォーキングは最適なんです。

空腹感が減る

ウォーキングで燃える体脂肪ですが、一度糖分に分解されてから燃焼します。そのため一時的に血液内の糖分が増えて、血糖値がアップ。

実はこの状態は食事の後と同じ状態なため、一時的に空腹感が減る結果に。なので、ウォーキングを続けると、小腹が減ったと感じる事が少なくなってダイエットに繋がります

生活リズムが整う

太ってしまう原因の一つに、不規則な生活があります。昼夜逆転の生活や不眠・睡眠不足が続くと、どうしても脂肪がたまりやすい体に。それが毎日ウォーキングすることで、心地よい疲労が生まれて自然と夜は眠れるようになります

朝すっきり目覚めて夜ぐっすり眠る。この生活リズムはダイエットでも大切なんですよ。

スポンサーリンク

ダイエットに効果的なウォーキングの方法

食事前に歩く

体脂肪をより早く燃やすには、血中の糖分が少ない食事前のウォーキングが最適です

特に朝食を食べる前は、寝ている間に血中の糖分がかなり減っているため効果は絶大。また朝のウォーキングは朝日を体に浴びるため、一日の生活リズムが整う効果も期待できます。

ただし起きてすぐのウォーキングは、体が目覚めきっていないため少々危険。起きて30分ほど経ってから、その間に歯を磨いて水分をたっぷり補給してから始めましょう。

□スポーツ前の準備運動ストレッチに!ふくらはぎ、太ももストレッチ

この様なストレッチも事前に行なって、体もほぐしましょう。ただし血中内の糖分が減っているため、場合によっては貧血や体調不良を起こすことも。アメとスポーツドリンクを持ち、おかしいと思ったらすぐ休憩を取るよう注意しましょう。

背筋を伸ばして早足で

歩く時のポイントですが、背筋を伸ばして歩幅を広げて早足で歩くことを意識しましょう

普通に歩いた場合と、早足でのカロリー消費は、一時間歩いた場合次の通りとなります。

普通に歩く   (時速3km)…約125kcal
早足ウォーキング(時速5km)…約200kcal

早足であるだけで、通常の2倍以上のカロリー消費が。更に背筋を伸ばすことで上半身の筋肉も使い、もっと脂肪が燃えやすくなります。

ちなみに1時間歩いてもこれしかカロリー消費にならないのかと、感じるかも知れません。しかしウォーキングの目的は、少しづつでも体脂肪を燃やすことと燃えやすい体にすること。小さな積み重ねこそが、健康的に痩せる秘訣なんですよ!

dietwalking3

出来れば20分以上

ウォーキングの時間ですが、なるべく20分以上歩くことを心がけます

これは体脂肪が燃焼しだすまでに、およそ20分程度かかるから。それまでにウォーキングを終えてしまうと、ダイエットとしての効果は薄くなってしまいます。

20分というと長く感じますが、早歩きですとおよそ3キロ前後は歩ける距離。「30分以内に3キロを歩く」を目標にすると、わかりやすく歩きやすいですね。最近ではスマホに距離計・歩数計アプリがありますので、利用すると便利です。

生活の一部にしよう!

ウォーキングはダイエットに向いた運動法ですが、劇的に痩せるものではありません。毎日続けることで体脂肪が燃えやすい体に変えて、長期的に健康的な体を目指すものです

ですから一週間続けて体重が落ちないから、ウォーキングは効果がない!と思わないでください。

毎日続けて生活の一部にして、気がついたら体重が落ちて理想の体型に…。このようなダイエットのほうがリバウンドが少ないので、ぜひウォーキングを取り入れましょう!

スポンサーリンク

関連記事

女性のスポーツジムに必要な持ち物とは?必需品と便利グッズを紹介!

ダイエットや健康維持のために、スポーツジムに通おうと考えたことはありませんか? インス

記事を読む

さが桜マラソン2017年の開催日や種目。ゲスト出演者は?

健康志向の高まりから、マラソンがブームとなっています。 普段、ランニングをしている方の中には、

記事を読む

ウォーキングとジョギングとランニング、それぞれの違いは何?

体重のことや健康のことで気になったら、運動を始めるチャンスです。 運動の中で、特に気軽に始

記事を読む

子連れスキーの持ち物リストは?家族みんなで楽しむために!

寒い冬は子供も大人も外に出たくないと、休みの日でも閉じこもりがち。そんな家族におすすめなのが

記事を読む

スキーとスノーボードの違いとは?初心者が始めるならどっち?

冬の代表的なスポーツといえば、 スキーとスノーボードではないでしょうか。 雪原を颯爽と滑

記事を読む

スポッチャで楽しむために!女性の服装や持ち物はどうする?

彼とのデートや友人と遊ぶときに、「一日楽しかった!」と思えることがとても大切。そんな楽しい一日を過ご

記事を読む

「箱根駅伝」の歴史や由来、出場資格は?

みなさんはお正月はどのように過ごされますか? みかんを食べながら家族揃って特番を観るな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トゥリング(足の指輪)を付ける足の指にはどんな意味が?最適な付け方は?

きれいで素敵なアクセサリーは、特に興味がない人でも一つは持って

メンズサングラスの選び方のポイントは?人気のブランドも紹介!

屋外や運転中など、日光が眩しいと感じた時に使いたいのがサングラ

メンズ用のおしゃれなクラッチバック!おすすめの人気ブランドはコレ!

男性用のカバンというと、メッセンジャーバッグやリュックなど大き

マニキュアを早く乾かす方法は?キレイにできる塗り方のコツも紹介!

指先は意外と人に見られていて、ここの印象でその人全体の印象が変

チュニックとワンピースとブラウスの違いは何?それぞれの特徴は?

コーディネートに困ったときに、一枚でコーデが完成するワンピース

→もっと見る

PAGE TOP ↑