社日の意味や由来とは?2017年はいつ?

| 日本の習慣・行事 | , ,

より日本では、その時期に合わせた様々な行事が行われています。カレンダーを見ていると、そんな行事の日が書かれていて、見ているだけでワクワクしますよね。

そんな中で一つ気になったのが、「社日」というもの。文字だけ見ると、会社や社会に関係する日なの?と思ってしまいますね。

そんな読み方も気になる「社日」の2016年の日付やそのの意味や由来などをまとめてみました。

スポンサーリンク

社日とは

読みは「しゃにち」

社日ですが、読みは「しゃにち」と言います。

地域によっては「春社」「秋社」とも言うので、これなら知ってる人もいるのでは。しかしどちらにしても聞きなれない言葉で、初めて知ったという人も多いかも知れませんね。

syanichi1

社日は雑節の一つ

社日は節分や八十八夜などと同じく、「雑節」の一つです。

日本には四季をおよそ24等分にした、「二十四節気」という考え方があります。春分・秋分・夏至・冬至などが二十四節気で、様々な行事を行うお馴染みのものですね。この二十四節気は元々中国で行われていたものが、日本に伝わったもの。そのため日本の気候に合わせると、ちょっと合わない部分が。

なので「日本では取り入れたい、季節の行事がある日」を補ったのが雑節なんです。

2017年の社日はいつ?

年に2回もある!

社日は「春社・秋社」とも言われているのは、二回ある関係で分ける必要があったから。字を見て判る通り、社日は春と秋の二回あるんですね。春分と秋分に似ていますが、社日は春分・秋分に深い関わりがあります。

社日の日付は、春分、または秋分に一番近い「戊(つちのえ)の日」となります。

ただし春分、または秋分が「癸(みずのと)の日」の時は注意が必要。というのも、戊の日と戊の日のちょうど中間にあたるのが、春分、または秋分になるからです。

この場合は、
・春分・秋分になった瞬間が午前中なら前の戊の日
・春分・秋分になった瞬間が午後なら後の戊の日
が社日となります。

2017年(平成29年)では、
・春分(3月20日)に一番近い戊の日は、3月22日。
・秋分(9月23日)に一番近い戊の日は、9月18日。

ですので2017年の社日は、

3月22日(水)【春社】
9月23日(土)【秋社】

となります。

スポンサーリンク

ところで戊の日ってなに?

戊の日とは聞きなれない言葉ですが、一定の周期を繰り返す「十干(じっかん)」の一つ

日めくりカレンダーに「戊午(つちのえ・うし)」などと書かれているのを、見たことがありませんか?この前の部分が十干で、後ろの部分は干支でお馴染みの「十二支」なんです。

・甲(こう・きのえ)
・乙(おつ・きのと)
・丙(へい・ひのえ)
・丁(てい・ひのと)
・戊(ぼ・つちのえ)←戊の日
・己(き・つちのと)
・庚(こう・かのえ)
・辛(しん・かのと)
・壬(じん・みずのえ)
・癸(き・みずのと)

以上が十干で、占いに使ったり順番を表すのに使われてきました。

社日の意味や由来

土地神様が

syanichi3

社日を決める「戊の日」には、土が密接に関係しています。その意味は「つちのえ」という言葉にある通り、「土の兄」というもの。

ちなみに兄という表現は、「陰陽」の「陽」を表す言葉となります。陽は光の側面で太陽を表す、陰陽という中国の考え方の一つ。こう書くと難しそうですが、簡単に「土に関係のある日」と考えましょう。

五穀豊穣を願って

また社日の「社」には、その土地を守護する「産土神(うぶすなかみ)」という意味があります。地域ごとに産土神は存在し、守護する土地を豊かにしてその土地を生きる人を守ってくれ存在。

そのため社日には大地に感謝し、産土神を祀って五穀豊穣を祈願する習わしがあります。

一般には、

・春の社日… 麦や米などの五穀を奉納し、この年の豊作を祈願します。
・秋の社日… その年にとれた最初の稲(初穂)を奉納し、感謝を神様に伝えます。

ちなみに産土神は引越しなどでその土地を離れても、一生守ってくれる神様という側面も。なので安産の神様という考え方もあり、子供が欲しい方や妊婦さんに人気の神様でもあるんです。

大地は女性の象徴とも言われていますし、五穀豊穣と子宝祈願はどこか似ているのかも知れませんね。

お酒を飲むと耳が良くなる?!

社日はその土地に密接に関係しているため、地域ごとにその特色が大きく変わります

例えば産土神がいらっしゃる日なので、社日には土を触らない・農作業を行わないというものが。これはお祭りの日は休んで、日頃の労をねぎらうという側面もありますね。

□筥崎宮の秋季社日祭(お潮井とり)

*福岡の筥崎宮では、海岸の砂を集めて清める「お潮井とり」という風習が。この砂にはお清め効果があり、体にかけたり新築物件にかけたり畑に巻いたりするんですよね。

また社日に鳥居のある神社を七社お参りすると、ボケ防止や痛風よけにつながるという言い伝えもあります。

更に春社の日に日本酒を飲むと、そのお酒は「治聾酒(じろうしゅ)」になるとか。耳が悪くなるのを防ぐそうなので、この日は美味しく日本酒を飲みたいですね。

あなたの地元でも…

syanichi2

農業に携わる方以外では、知らない人も多い社日。しかし地元に密接した日なので、地元の神社のお祭りが行われることも多いんですよ。

あるいは昔から伝わる風習で、春先や秋口に行うものは、社日が関わっているものも。

自分が知らなかっただけで、実はこの風習が社日が由来という事もあるかも知れませんね。気になったら確認してみて、その土地ならではの「社日」を楽しんでくださいね

スポンサーリンク

関連記事

節分・豆まき・鬼の由来や意味!節分の正しい作法は?

節分と言えば「豆まき」ですよね。 小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では、 お父さんが鬼

記事を読む

月見団子の由来と意味。お供えする団子の数や並べ方は?

□中秋の名月 Full Moon https://youtu.be/bmDNlK1qUg0

記事を読む

蚊取り線香の効果と範囲は?蚊以外にも効果はあるの?

夏になると気になるのが、嫌な羽音で飛び回る蚊のこと。 どこからか入り込んだ蚊に刺されると不愉快

記事を読む

のし袋に金額を書くときの正しい書き方は?選び方もご紹介!

冠婚葬祭には付き物の「のし袋」。 のし袋は、使う場面によって色んな種類があります。また

記事を読む

喪中はがきはいつまでに出したら良い?送る相手の範囲は?

年賀状の時期になると確認が必要になるのが、喪中はがきが届いているかどうか。間違って喪中の方に

記事を読む

お彼岸のお墓参りの仕方 時間や服装の作法は?

お彼岸の1週間は、ご先祖様を供養する期間です。 お彼岸の「彼岸」とは、川の向こう岸の意味。

記事を読む

雪かきでおすすめの道具とは?突然の雪でも代用できる道具も紹介!

雪が降り積もる地域では、11月頃から雪対策が始まります。 雪かき用スコップの確認や、豪

記事を読む

女性と男性の厄年の年齢はいつ?厄払いはいつ行えばいいの?

ツイてないことが立て続けに起こったりすると、「厄年では?」と聞かれたことがありませんか? また

記事を読む

旅館へのチップ(心付け)は必要なの?気になる相場や渡し方をご紹介!

海外旅行で泊まるホテルでは、チップが必要という話をよく聞きます。 しかし日本の旅館では、チップ

記事を読む

立秋の候の時期はいつからいつまで?挨拶の例文もご紹介!

お盆の頃に届く手紙で、挨拶文に「立秋の候」と書いてあるのを見たことはありませんか?真夏の8月に立秋と

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トゥリング(足の指輪)を付ける足の指にはどんな意味が?最適な付け方は?

きれいで素敵なアクセサリーは、特に興味がない人でも一つは持って

メンズサングラスの選び方のポイントは?人気のブランドも紹介!

屋外や運転中など、日光が眩しいと感じた時に使いたいのがサングラ

メンズ用のおしゃれなクラッチバック!おすすめの人気ブランドはコレ!

男性用のカバンというと、メッセンジャーバッグやリュックなど大き

マニキュアを早く乾かす方法は?キレイにできる塗り方のコツも紹介!

指先は意外と人に見られていて、ここの印象でその人全体の印象が変

チュニックとワンピースとブラウスの違いは何?それぞれの特徴は?

コーディネートに困ったときに、一枚でコーデが完成するワンピース

→もっと見る

PAGE TOP ↑