飛行機に乗ると肌が乾燥するのは何故?乾燥対策はどうする?

最終更新日: | 美容 | , , ,

hikoukikanso1

行や出張などで飛行機に乗った時に、お肌がカサついたり喉がイガイガした事はありませんか?

特に海外旅行などで長時間飛行機に乗ると肌が乾燥しやすく、せっかくの旅行もこれでは台無し。様々な人が長時間乗る飛行機なのに、どうして機内は乾燥しているのでしょう

理由があって乾燥しているのであれば、対策を取ってお肌の乾燥は防ぎたいですね。

飛行機でお肌が乾燥してしまう理由と、その対策についてまとましたので参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

飛行機の中は乾燥しているの?

スゴイ乾燥してます

実は飛行機の客室は、常に20%前後の湿度を保つように設定されています。特に長期間のフライトでは、20%以下になることも。

ヒトが快適に過ごせる湿度が40%~60%なので、飛行機の中は本当に乾燥した状態なんですね。

どうして乾燥しているの?

hikoukikanso2

お客様を載せて飛ぶ飛行機が、あまり快適と言えない湿度設定なのには安全上の理由があります。それは飛行機が、気温差の激しい場所を飛ぶからなんです。

機内にいると気になりませんが、飛行機が飛ぶのは上空1万メートルの空。気温にするとマイナス50度にもなるため、機体は時として凍り付くことも。

一方で機内は暖かく保たれるため、機内と機外ではかなりの温度差が。そうなると窓や部品内部に、結露が発生する可能性が出てしまいます。

結露が発生すると、飛行機の部品などにサビが出たり故障の原因となることも。万が一や緊急事態が許されない飛行機にとって、結露は可能な限り発生させたくありません。そのために、機内の湿度を極力なくし、結露が発生しないようにしているのです

乾燥した空気は辛いですが、安全のためなので仕方がないですね。

スポンサーリンク

飛行機内での乾燥対策

飛行機にはすっぴんで?!

長時間飛行機に乗るときは、出来れば化粧をせずに搭乗するのが望ましいです

その理由としては、機内で保湿ケアを行いやすい状態にするため

ファンデーションの乗ったお肌の上からですと、保湿ケアも限られてしまいます。また何度も保湿を繰り返すと、どうしてもお化粧が崩れる結果に。それでしたらファンデーションを落として、すっぴん状態で搭乗しましょう

目元の化粧+マスクで搭乗すれば、すっぴん状態でも意外とごまかせますよ。

すっぴんでも保湿は忘れずに

すっぴんで搭乗する際の注意点として、搭乗前に一度しっかり保湿ケアを行うことです。

空港のパウダールームなどで化粧を落としたら、化粧水+乳液+美容液でたっぷり保湿。乾燥した機内に入る前にお肌をしっかり潤すことで、水分が奪われることを防ぎましょう。

フェイスパックで潤いを

hikoukikanso3

機内では、常に保湿を意識しましょう

長時間のフライトで仮眠を取るときには、化粧水を含んだフェイスパックで保湿。

ただし長時間乗せると逆に乾燥してしまうので、時間を見計らって取り除きます。その上で乳液+美容液でしっかり保湿し、常に潤いを逃さないようにしましょう。

ぬれマスクをしよう

すっぴん時に便利なマスクですが、ぬれマスクを準備すると口元の潤いが逃げません。市販のものを利用しても良いですし、マスクを2枚用意して1枚を濡らし、二重にして付ける方法も。

口元以外にも鼻や喉も潤い、風邪などのウイスルの侵入が防げますよ。

こまめな水分補給を

お肌への乾燥対策も大切ですが、体の乾燥対策もしっかり行いたいもの。それにはこまめな水分補給が大切。地道ですがこの方法が一番効果があります。

飲み物は出来れば常温のものを選び、コーヒーやお茶ではなく水やスポーツドリンクを飲みましょう。飲むときも一気に飲み干すのではなく、一口づつゆっくり飲むほうが体に吸収されます。

持ち込みには要注意

機内で保湿ケアを行う際に気をつけたい点として、国際線での液体の持ち込み制限があります。

具体的には1つ100ml以下の容器に入れ、それらを縦横合計40cm以下のビニール袋に入れること。このビニール袋1つ分までが、機内に持ち込めるサイズとなります。なので愛用の化粧水などは100ml以下の容器に移し替えるか、使いきりパックを使うと便利です。

ジェルタイプのリップやハンドクリームも、液体の分類なので要注意。なおシートパックはこの制限の対象外ですので、気にせず持ち込みましょう。

またペットボトルに関しても、国内線なら手荷物として持込むのはOKですが、国際線ではNG。手荷物検査を終えた後に、内部にある売店でドリンクを購入しましょう。

機内ではは保湿ケア命!

飛行機の中はびっくりするぐらい乾燥していて、あっという間にお肌の潤いが逃げてしまいます。安全上仕方ないことですが、お肌のためにもしっかり保湿ケアしたいもの

幸い長いフライト中は仮眠時間があり、機内が暗くなります。この時間なら保湿ケアを行なっても目立ちませんので、静かにケアを行いたいですね。

目的地に到着したら潤いお肌にメイクして、楽しい時間を過ごしましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

自宅でできる歯のホワイトニング方法!黄ばむ原因は?

「中学3年生女子です。 歯の黄ばみで悩んでいます。 毎日歯を磨いているのですが、周りよりだいぶ黄

記事を読む

短い時間でもできる!寝癖の直し方と寝癖がつかない方法!

朝の忙しい時間に、最も時間をとることといえば、「寝癖直し」ですね。 時間はないけれど、

記事を読む

メンズも香水が必要?男性香水の選び方と付け方を紹介します!

最近では男性も、嗜み(たしなみ)としてつける方が増えてきた香水。仕事でほのかに香る男性にお会いす

記事を読む

オリーブオイルは美容効果抜群!肌に良いその効果とは?

食用オイルとしては、注目度も高く常備している人も多い オリーブオイル。 実はこのオリーブオイ

記事を読む

頭皮の「乾燥フケ」の対策方法は?シャンプーはどう使う?

電車で隣席の人の肩をみると、 白くフケが… なんて経験ある方も多いんじゃないでしょうか。

記事を読む

コスメパーマは他のパーマとどう違う?メンズにも出来るパーマなの?

癖のある髪の毛をストレートにしたり、あるいは思い通りの癖付けが出来るパーマ。イメチェンしたい

記事を読む

コールドパーマとデジタルパーマの違い!髪質やヘアスタイルから選ぶならどっち?

イメチェンをしたいときにまず考えるのは、ヘアスタイルを変えることではないでしょうか。特にパー

記事を読む

効果アリ!炭酸水を使った頭皮ケアのやり方。頻度はどれくらい?

毎日頭を洗ってるはずなのに、頭皮がべたついたり匂いがしたり…なんてことありませんか。

記事を読む

スキンケアの基本!パックやオイルの役割、使い方は?

化粧水や美容液に加えて、最近よく目にするのが パックやオイル。 フェイスパック、美容オイルと

記事を読む

米ぬかの効果・栄養素は?美容にも良い利用法もご紹介!

近年、日本で昔から使われて来た「おばあちゃんの知恵」的なものに 注目が集まっています。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ディズニーの誕生日プレゼントには何があるの?おすすめの特典は?

特別な日である誕生日には、特別な場所で過ごしたいもの。そんな特

赤ちゃんのディズニーデビューはいつから?楽しみ方や注意点は?

赤ちゃんの頃から様々な体験をさせてあげる事は、成長していくためにはとて

赤ちゃんはいつから新幹線に乗れるの?席の料金が無料になる条件は?

お盆や年末年始の帰省には、渋滞のない新幹線が便利です。

霧(きり)と靄(もや)と霞(かすみ)の違いとは?気象上の定義では?

霧の都とも呼ばれているロンドン。映画などで霧に濡れるシーンを見

ひょう(雹)・あられ(霰)・みぞれ(霙)の違いとは?雪とはどう違うの?

フワフワと降る雪はロマンチックですが、実際には雪ではなく「みぞれ」が降

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑