ニットとセーターの違いとは?どんな種類があるの?

最終更新日: | ファッション | , , ,

knitsweater1

い季節に大活躍する、毛糸で出来たセーターニット

がっちりとしたデザインのものから、薄くて柔らかいものまであってコーデに大活躍しますよね。

ところで何気なく使っているニットとセーター、違いはどこにあるのでしょう?セーターのこともニットという人もいますし、ニット=セーターなのでしょうか?

気になるニットとセーターの違いや、それぞれの種類についてまとめました

スポンサーリンク

ニットとセーターの違いは?

ニットとは

ニットとは、1本の糸を編んで作る織物のこと。衣服ではなく生地の一種となります。

ですのでセーターをニットというのは、間違いではありません。ただニットは生地ですので、セーター以外にもニットで出来た製品はたくさんあります。

□機械編みのクッションカバー

*家庭用の機械を使っていますが、工場でも同様の方法でニットを織っています。

セーターとは

一方のセーターは毛糸を立体的に編み上げ、部分ごとに縫い合わせて作る上着の総称のこと。ニット生地で出来た上着全般を、セーターと言います。

日本でのセーターは、上からかぶって着用するものを「セーター」というのが一般的。しかしボタンで止めるタイプ、例えばカーディガンもセーターの一種なんですよ。

セーターをニットと呼ぶ事があるのは、セーターがニット製品だから。しかしセーターは冬のイメージが強く、夏物衣料のサマーセーターはイメージが悪くなりがち。

それを避けるためにファッション業界などで、夏物に関しては「ニット」という風習があります

それが一般にも広まって、なんとなく「セーター=ニット」という名称になったのかも知れませんね。

スポンサーリンク

ニットの種類には何がある?

ニットと一口で言っても、編み方や模様の付け方などで様々な種類があります。

織り方・編み方の違い

ニットの編み方のうち、代表的なものを紹介します。

○天竺(てんじく)
表面に縦方向の筋が入り、裏側がでこぼこした触り心地にとなる織り方です。Tシャツ・肌着などに使われる生地に用いられ、横方向へよく伸びるのが特徴です。

毛糸などで手編みをする場合、天竺ではなく「メリヤス編み・平編み」と呼ばれます。セーターやマフラーなど広く利用される編み方で、棒編みの基本なんですよ。

○フライス
別名ゴム編みとも呼ばれ、天竺より伸縮性に優れた織り方。表裏共に同じ編み目模様となり、着心地が良いのが特徴です。主に子供の肌着や、靴下などに用いられます。

手編みの場合は「一目ゴム編み」と呼び、袖や襟元など伸縮性が欲しい場所に使います。ただ袖口などには「二目ゴム編み」を用いることが多く、そちらのほうがよく見かけるかも。

○鹿の子編み
鹿の背中にある模様に似た織り目が特徴で、表面がややデコボコしています。

デコボコしているため生地が肌に触れる部分が少なく、さらっとした着心地に。ポロシャツに用いられる事が多く、それ以外でもスポーツウェアなどに用いられます。

knitsweater3

糸の違い

編み方以外にも、使うによっても名称が違ってきます。

○ハイゲージニット
細い糸で、しっかり編まれたものを指します。薄手でしっかりしており、オフィス向きのきっちりした印象に。その性質上、ほぼすべてが機械で織られたものとなります。

○ローゲージニット
太めの糸で、少しゆるめに編まれたものを指します。仕上がりは厚手となり、特にざっくり編まれたものはカジュアルな印象に。手編みのものは、たとえ細い糸で編んでいてもローゲージニット扱いとなります。

デザインの違い

ニットで織り上げたセーターですが、デザインや模様などでいくつかの種類があります。

○ハイネック
首が半分隠れるぐらいの高さまで、襟があるセーターを指します

○タートルネック
そのまま伸ばすと、顎ぐらいまで隠れる長さの襟があるセーター。二つ折り・三つ折りにして着用します。冬の定番セーターですね。

○アランニット
縄模様を編み込んだ、厚手のセーター全般を指します。アイルランド・アラン地方発祥の作業着で、縄模様は大漁と安全祈願のシンボルなんですよ。

○カウチンセーター
カナダ・カウチン族が発祥の、トナカイなどの動物モチーフを編み込んだ厚手のセーターです。

厚みがあって暖かいのですが、とても重いという弱点も。動物を編み込んだ柄が可愛く、アランニットとともに手編みセーターの定番でもあります。

knitsweater2

セーターもニットだから大丈夫!

ニットは生地の名前であり、セーターはニットでできた上着。それぞれ違うものだったんですね。

ですが、セーターを指してニットというのは間違いではないですし、あまり気にしなくても大丈夫。ニットと一口で言っても生地の作られ方も様々で、セーターにも様々な種類が。

改めて手持ちのセーターを眺めて、どういう編み方をしてるのか確認してみませんか?もしそれが手編みでしたら、作ってくれた方の努力に感謝したいですね。

スポンサーリンク

関連記事

長持ちさせるムートンブーツのお手入れ方法は?丸洗いもOK?

寒い冬でも足元のおしゃれは、忘れたくありませんよね。 そんな方の強い味方が、もこもこで暖かくて

記事を読む

ムートンブーツの人気ブランドは?おすすめコーデもご紹介!

寒い季節のコーディネートに大活躍のブーツ。特にムートンブーツは暖かくて大助かりですね。

記事を読む

おしゃれなネクタイの結び方!定番から個性的な方法までご紹介!

サラリーマンならもちろんのこと、 冠婚葬祭で着用するスーツには、ネクタイが必需品ですよね。

記事を読む

チュニックとワンピースとブラウスの違いは何?それぞれの特徴は?

コーディネートに困ったときに、一枚でコーデが完成するワンピースはとても便利。デザインによって

記事を読む

クロップドパンツとアンクルパンツの違い。丈やデザインは?

最近は直接お店に行かず、ネットショップなどで服を購入することも多いかと思います。しかしネット

記事を読む

メンズの折りたたみ傘を選ぶポイント!人気のブランドは?

急な雨に降られたときに、 とっさにコンビニに飛び入り、 ビニール傘を購入する… なんて

記事を読む

メンズのロングTシャツのおすすめコーデ!人気のブランドは?

おしゃれが苦手な男性でも、Tシャツは何枚か持っていますよね? Tシャツは手軽なアイテム

記事を読む

冬のスニーカーコーデのポイント!レディースにおすすめなのは?

秋・冬の定番靴といえばブーツですが、最近ではスニーカーを履き続ける人も多いですね。天気が不安

記事を読む

夏の強い味方!タンキニの魅力とかわいい着こなし方は?

夏が近づき、海やプールに行きたい時に気になるのが水着の事。 泳ぐためのものだから仕方ないとはい

記事を読む

スエードブーツのお手入れ方法と保管のポイント!雨の日も安心!

■春夏の時期もお洒落さんはクールにスエードブーツ http://youtu.be/W8bFiWHZ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「雪」の名前と種類を紹介!雪の結晶ができる秘密とは?

冬になると降り積もる雪は、とてもロマンティックですよね。 神秘的

トゥリング(足の指輪)を付ける足の指にはどんな意味が?最適な付け方は?

きれいで素敵なアクセサリーは、特に興味がない人でも一つは持って

メンズサングラスの選び方のポイントは?人気のブランドも紹介!

屋外や運転中など、日光が眩しいと感じた時に使いたいのがサングラ

メンズ用のおしゃれなクラッチバック!おすすめの人気ブランドはコレ!

男性用のカバンというと、メッセンジャーバッグやリュックなど大き

マニキュアを早く乾かす方法は?キレイにできる塗り方のコツも紹介!

指先は意外と人に見られていて、ここの印象でその人全体の印象が変

→もっと見る

PAGE TOP ↑