葛根湯は妊婦が飲んでも大丈夫?効果的な飲み方は?

| 健康 | , , ,

kakkontou1
季節の変わり目や、気温が下がる時は風邪をひきやすくなります。
みなさん、『葛根湯』を飲んだことはありますか?

風邪のひき始めには、『葛根湯』が威力を発揮すると言われています。
でも、妊婦さんは飲むお薬にとても気を使わないといけませんよね。

風邪気味で葛根湯を飲みたいけど不安な妊婦さんのために、
安全性と正しい飲み方を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

葛根湯ってどんな薬?

葛根湯は、風邪のひきはじめ、頭痛、そして肩こりに効果を発揮する漢方薬

 ◎体がゾクゾクしたり、寒気が取れない。
 ◎頭痛、肩こり、筋肉痛でつらい。

こんな症状があるときに葛根湯を飲むと症状を軽減できると言われています。

『風邪をひいた時、葛根湯を飲んでも良くならなかった』

という人もいると思います。

これは、飲むタイミングが良くないからですね。
kakkontou2

葛根湯には発熱作用・発汗作用を助ける成分が含まれていて、

 ◎発熱を助けて風邪ウイルスを弱らせ
 ◎発汗を助けて熱を下げる

ことで回復へと導きます。

つまり、すでに熱が上がっていた場合にはあまり効果を発揮しないということです。

葛根湯は妊婦さんが飲んでも大丈夫?

葛根湯は「漢方薬」

普通のお薬とは違い、穏やかな効き目のお薬なので妊婦さんが飲んでも大丈夫
と言われています。

お母さんにも赤ちゃんにも、特に影響を与えることはないみたい。

病院で葛根湯を処方しているところもたくさんあるくらいです。

ただし、市販されている葛根湯の成分はメーカーによって違いますね。

kakkontou3
妊婦さんは特に、病院で処方されたものだけを飲むようにしてください
どうしても病院に行けない時は、薬剤師に相談して選んでもらうのも手です。

もし妊娠以前に葛根湯を飲んだ事があって、自分には合わなかったという場合は、
主治医の先生にその旨を伝えておきましょう。

スポンサーリンク

葛根湯の正しい飲み方ガイド

ほとんどの妊婦さんは、不眠症に陥ると言われています。
風邪をひいた時はゆっくり眠って、体を休ませてあげるのが一番。
でも、なかなかそうもいきませんよね。

葛根湯で効率良く風邪をやっつけるために、効果が出る飲み方を紹介します。

飲むタイミングは空腹時

お薬は食後に飲む事に慣れている人がほとんどだと思いますが、
葛根湯は食前に飲むのがオススメ
成分が吸収されやすくなって、効きやすくなります。

食後の場合は、2時間ほど待ってみてください。
胃に食べ物があると効果が薄れるからです。

白湯で飲む

冷たいお水で飲んでも、あまりいい結果は出ません。
白湯で飲むのがオススメです。
白湯は不純物がなく、消化吸収を助けてくれます。
ヤケドしないように、ある程度冷ましたもので葛根湯を飲みましょう。

漢方特有の匂いや味が気にならないなら、お湯に溶かして飲むのが一番です。

◎正しい白湯の作り方

1:綺麗な水(水道水か日本製のミネラルウォーター)を用意する
2:やかんに水を入れる
3:やかんを火にかけて沸騰させる
4:沸騰したら蓋をあける
5:火を弱めて10分間沸騰させ続ける(水面がボコボコするくらい)
6:完成!

できた白湯は、ポットに入れて保温すればOK。

白湯は、冷え・便秘・イライラを解消してくれるので妊婦さんにはオススメです。
1日3回飲むと、風邪を引きにくい体づくりにつながります。

■プロが教えるアーユルヴェーダ ダイエット 白湯の作り方(実演)

最後に

妊婦さんの毎日は大変です。

まとまった睡眠がとれなかったり、
食べ物に気を使ったり。
赤ちゃんに影響がないように細心の注意を払って生活しています。

でも、どんなに体調管理に気を使っていても、
風邪を引いてしまう事だってありますよね。

そんな時は、病院で処方してもらった葛根湯を飲んでゆっくり休んでください。

家事なんて、何日か家族にやってもらえばいいんです!

大事な体、風邪をひいたと思ったら休ませてあげましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

バチッとなるのは静電気体質が原因?改善方法はどうする?

冬になると、ドアノブを触るだけでバチッとなったり、コートを脱ごうとすると髪の毛が逆だったり…。

記事を読む

「薬」を水でなくお茶で飲むのは大丈夫?他の飲み物ではどう?

薬を飲む時に、お茶と一緒に飲むのはダメ、と言う話を聞いたことはありませんか? 私も手元

記事を読む

歯茎が痛い時の応急措置と予防法をご紹介!

前回、歯茎の腫れの主な原因とその治療方法を紹介しました。 歯茎が痛い!腫れの原因と治療法は?

記事を読む

高熱が出る子供の夏風邪の症状と対策。冬風邪との違いは何?

夏の暑い時期、子供が元気よく遊んでいたと思ったら、どこからか風邪をもらってきて体調を崩すこと

記事を読む

熱が出ると関節痛になるのは何故?その原因と対処方法は?

風邪などで熱が出るときは、なんとなく体全体がだるい症状に襲われます。それだけなら良いのですが

記事を読む

目薬の差し方のコツは?正しい差し方と間違った差し方

みなさん、目薬は上手にさせますか? コンタクトを使用する方、 またパソコンを仕事で良く使って

記事を読む

紫外線が子供の目に及ぼす影響とは?どう対策する?

子供が外で元気良く遊ぶのは良いことですが、 紫外線対策は気になりますよね。 「一生の

記事を読む

風邪の時の正しいお風呂の入り方とは?シャワーでもいいの?

風邪をひいた時によく言われるのが、「お風呂に入ったら悪化するよ」ということ。 しかし風

記事を読む

気になる赤ちゃんの向き癖。原因は?治し方は?

生後間もない赤ちゃんの体って とても柔らかくフワフワしていますよね。 頭蓋骨もまだ完成してお

記事を読む

二日酔いの時はコレ!回復効果の高い食べ物や飲み物を9つ厳選!

お酒は適量であれば気分もほぐれ、美味しく素敵な時間を過ごすことができます。 しかしうっかり飲み

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

色により違う!「菊」の花言葉とは?プレゼントに贈ってもいいの?

日本を代表する花と言えば、桜の名前がよく挙げられます。

百日紅(サルスベリ)の花言葉や名前の由来とは?開花時期はいつ?

https://youtu.be/uEdb3Gig5qg 夏に咲

月下美人の花言葉や名前の由来。開花時期や花の特徴は?

花屋やガーデニングで見かけるお花は、名前が分からなくても美しい花ばかり

赤ちゃんの動物園デビューはいつからがいい?気を付けることは?

わが子には様々な体験や経験を通じて、心豊かな人間に成長して欲し

アイスクリーム/アイスミルク/ラクトアイスの違い。食べるならどれ?

最近は季節を問わずアイスを食べる人も多いですが、やはりアイスは

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑