風邪なのに熱が出ないのは何故?その原因と対処方法

最終更新日: | 健康 | , , ,

んとなく体がだるかったり、鼻水や咳が出るといった、風邪の初期症状には困ったものです。

しかし、こんな症状があるのに熱を測ると平熱で、風邪じゃないのかな?と悩んだ経験はありませんか?本当は風邪の初期症状の時点で休むべきですが、熱がないと休みづらいと思ってしまうもの。

実は、風邪でも熱が出ないといった症状もあり、その場合は風邪の菌をまき散らしていることもあるんですよ!

熱が出ないのに辛い風邪の原因と、対処方法についてまとめました。

スポンサーリンク

風邪なのに熱が出ない原因は?

既にお薬飲んでませんか?

kazenetsunashi1

違いな指摘かも知れませんが、風邪の自覚症状が出る前に鎮痛剤などの薬を飲んではいませんか?

頭痛薬には解熱効果があり、風邪の熱に対して効果が出ていることも考えられます。また持病があって通院している場合、病院からもらう薬の中には解熱作用のあるものも

持病があるのなら万が一のことも考えて、かかりつけのお医者様に風邪のことを相談してみましょう。

体が弱っているからこそ

薬などを服用していない場合、熱を出せないぐらい体が弱っている事が考えられます。主に高齢者がなりやすいのですが、過労状態で無理を続けている人でもあり得ることです。

実は熱が出るという症状は、風邪の菌が引き起こす症状ではありません。菌が体内に侵入したことに対して、体がが起こす防衛反応の一つが発熱なのです。風邪の菌やインフルエンザウイルスは熱に弱く、わざと体温を上げることで増殖を抑える効果が。

ところが体が弱っていると、その「体温を上げる機能」が上手く働かないこともあります。そのため風邪の症状があるのに熱が出ず、つらい症状が続いてしまうのです。

平熱、下がってませんか?

健康的な人の平熱は36.8度前後と言われていますが、人によって平熱は千差万別

元々35度台と体温が低い人もいれば、37度が平熱という人もいることでしょう。普段から自分の平熱を把握していれば、熱が出ている状態もわかりやすいかも知れません。

しかし平熱を把握していない人だと、35度台が平熱なのに36度台が平熱と思っていることも。こういった場合熱が出ていても37度以下で、「熱が出ていない」と勘違いしている事も考えられます。

また自律神経の乱れや過労で、急に平熱が下がってしまうこともあります。そんな時に風邪をひけば、熱が出ているのに平熱程度と勘違いすることも考えられます。

そういう風邪もある

風邪のウイルスの一つであるライノウイルスに感染している時は、あまり熱が出ないことが多いです。というのもライノウイルスは33度程度の環境を好むため、人間の平熱程度でも活動が鈍ることに。

もちろん感染すれば、鼻水や咳といった風邪の諸症状は出ます。しかしの防衛反応としての体温上昇は必要ないため、熱の出ない風邪となるのです。

スポンサーリンク

熱の出ない風邪の対処法

体温をあげよう

熱は出ないが、他の症状があって体調が悪い時は、意識して体温を上げるようにしましょう

服装は体温が逃げない暖かな服装を心がけ、熱の逃げやすい首周りとお腹は特に温めます。

kazenetsunashi2

食事も冷えたものは極力避け、鍋料理やうどんや温そばなどの暖かな料理を食べましょう。隠し味程度でいいのでしょうがをプラスすると、体の内側からじんわり温めてくれますよ。

体調が悪い時は、なるべく簡単に料理を済ませてしまいましょう。コンビニなどで売っている、一人用の鍋も活用したいところです。

【レシピ】めんつゆでかんたん鍋♪ 超簡単に作れる鍋料理(^_^)v

風邪の時はお風呂は駄目と言いますが、実は初期症状ならお風呂に入るのはとても良いこと

体調が辛くなければ湯船で温まり、しっかりと体温を上げましょう。体温が上がれば汗も出て、新陳代謝も活発になり風邪も治りやすくなりますよ。

睡眠時間はタップリと

お風呂などで体温を上げたら、早いうちに寝てしまいましょう。

出来れば寝る前にお布団などを温めて、温かい状態を保ったまま寝るのがベスト。温かい状態を保ったまま眠れれば、その分風邪の菌もやっつけやすくなります。

風邪なのに熱が出ない場合、そもそも過労などで体が弱っていることも。そんな時に一番大切なのは、しっかり睡眠を取って体力を回復してあげる事です。

体が弱っているところで風邪を引いているのに、熱が出ていないから大丈夫と更に無理を重ねてしまう。そんな事を続けていると、限界を超えてしまって最悪の事態を引き起こすことも…。

熱がないから大丈夫ではなく、熱が出ないのは危険のサインと思って体を休ませましょう。

自己判断せず病院へ行く事も

咳が出ても鼻水が出ていても、熱が出ないなら大丈夫と無理をしてしまう人も。しかし風邪は人にうつる病気ですし、熱があってもなくても安静にして早く治す事が大切です。

また、今回説明した症状に当てはまるからと、自己判断してしまうのはとても危険。違う病気の可能性もありますし、時間を作って病院へ行く事を強くおすすめします。

熱が出なくても具合が悪いなら学校や会社を休み、まずはしっかり病気を治しましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

「薬」を水でなくお茶で飲むのは大丈夫?他の飲み物ではどう?

薬を飲む時に、お茶と一緒に飲むのはダメ、と言う話を聞いたことはありませんか? 私も手元

記事を読む

痛い手首の腱鞘炎、その症状と自宅でも可能な治し方とは?

スマホを毎日使う人の中で最近増えているのが、親指から手首にかけて痛みが走る腱鞘炎。 パソコン作

記事を読む

マスクをかけると耳が痛い!その原因と効果的な対策方法

冬から春にかけて、 外出時にはマスクが手放せない季節になりますよね? そのマスク、時

記事を読む

足がつる原因は何?足がつった時の対処方法や予防方法

久々に体を動かした時に、足をつってしまった…という経験はありませんか?中には真夜中に寝ていて、いきな

記事を読む

冬の寝汗は何故?寒いのに寝汗をかく原因と対策方法

冬の寒い日、朝に眼が覚めると、 ものすごく寝汗をかいていたってことはないでしょうか? そ

記事を読む

突然の胸の痛みからくる神経痛。その原因と治療法は?

突然胸が痛む-そう言うときがありませんか? 胸が痛いときにはどうしても心臓や肺が悪いのでは

記事を読む

生あくびが止まらない!眠くないのに何故?その原因と対処方法

https://youtu.be/_-YuWDFSjLo 人前で「あくび」をするのははしたない

記事を読む

歯茎が痛い時の応急措置と予防法をご紹介!

前回、歯茎の腫れの主な原因とその治療方法を紹介しました。 歯茎が痛い!腫れの原因と治療法は?

記事を読む

唾液から臭いがするのは何故?その原因と適切な対策方法

くしゃみをする時に手やハンカチで口をおさえますが、その時に嫌な臭いを感じたことはありませんか?

記事を読む

白湯の優れた効能とは?正しい作り方と効果的な飲み方を紹介!

薬を飲む時に、水ではなく白湯(さゆ)で飲むと良いと言われたことはありませんか? 最近で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

霧(きり)と靄(もや)と霞(かすみ)の違いとは?気象上の定義では?

霧の都とも呼ばれているロンドン。映画などで霧に濡れるシーンを見

ひょう(雹)・あられ(霰)・みぞれ(霙)の違いとは?雪とはどう違うの?

フワフワと降る雪はロマンチックですが、実際には雪ではなく「みぞれ」が降

横田基地友好祭、2017年の日程と見どころ!食べ物も気になる!

普段の生活において米軍基地は、あまり身近な存在とは言えません。

関西で戌の日の安産祈願に行くならこちら!有名な神社・お寺5選!

生まれてくる我が子のために、出来る事はなんでもしたいのは昔も今

人気の高い「梨」の種類とは?旬の時期や美味しい梨の選び方も紹介!

秋になると美味しくなる果物の一つに、梨があります。シャリシャリ

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑