風邪の時の正しいお風呂の入り方とは?シャワーでもいいの?

最終更新日: | 健康 | , , ,

kazenyuyoku1

をひいた時によく言われるのが、「お風呂に入ったら悪化するよ」ということ。

しかし風邪の症状が軽くて翌日仕事に行かないといけない場合は、お風呂に入らないのはなんとなく嫌ですよね。また汗をかいて体や髪がベタベタすると、ただでさえ調子が悪いのに気分までげんなりしそう。

実は風邪の時にお風呂に入っては駄目だというのは間違い。本当は気をつけて入れば大丈夫なんです。

そこで、風邪をひいた時のお風呂の入り方や、気をつける点についてまとめました。

スポンサーリンク

風邪の時にお風呂に入っていいの?

条件付きでOK!

風邪ひきさんでもお風呂に入って大丈夫ですが、いくつか条件があります。次の状態の人は、お風呂に入るのはなるべく避けましょう。

・38度以上の熱がある。
・ひどい下痢や嘔吐などの症状がある。
・熱がなくてもひどい頭痛やめまいの症状がある時。
・とにかく体がだるく、動くのも辛い時。

これらの症状がある場合は、まずは安静にして症状が良くなってからにしましょう。

kazenyuyoku2

お風呂に入るメリット

ところで体がさっぱりする以外に、風邪の時にお風呂に入るメリットはあるのでしょうか。

まず湯船で体が温まることで新陳代謝が高まり、体の内部から元気になりやすくなります。

体温も緩やかに上がるため、体がゆっくりと熱を下げようとする作用も。結果的にお薬を使わずに、風邪の熱症状が治まる効果が期待できます。

また温まることで体がほぐれ、風邪でこわばった筋肉や関節の痛みが和らぎます。

更にお風呂場の環境そのものが、風邪の菌にとって最悪の環境でもあります。風邪の菌は低温で乾燥した場所を好みますが、お風呂場は正反対の「高温・多湿」な場所。鼻や喉が潤うので風邪の菌が弱まり、鼻詰まりや鼻水の改善も期待できます

なにより「さっぱりした」ということで、体も清潔になってリラックスできるというのも大きいですね。

なぜ駄目だと言われていたのか

これだけメリットのある風邪の時の入浴が、どうして駄目と言われていたのでしょうか。それは昔のお風呂事情が、メリットよりもデメリットが強かったからです。

昔は各家庭に風呂があることは少なく、あっても屋外や家の隅にあることがほとんど。しかも風呂場も気密性がなく、洗い場がとても寒いもの。そんな場所で風邪気味の人が入ったとなれば、温かいのは湯船に入った時だけ…ですよね。

また風呂そのものがない家も多く、近所の銭湯に通うのも一般的でした。たとえ銭湯がご近所でも家までは距離がありますし、湯冷めして冷えてしまいます。

このような理由から、昔は風邪の時は風呂に入るべきではないと考えられてきました。

スポンサーリンク

風邪の時の正しいお風呂の入り方

お風呂場は暖かく

風邪の時のお風呂は、とにかく体を冷やさないことが大切です。

浴室に暖房機能があるなら、洗い場そのものを温めておきましょう。暖房機能がない場合は湯船の蓋を外し、暖かい空気で満たすようにします。

ぬるま湯に肩まで浸かって

体や頭はなるべく手早く洗い、体が冷えないように気をつけます。その上で湯船にゆっくりつかり、じんわり体を温めましょう。

お湯の温度は40度程度のぬるめがベスト。半身浴ではなく肩までしっかり入ります。

体調にもよりますが、10分程度浸かると汗も出て新陳代謝がアップ。ただし無理はせず、水分を時々口にしながら湯船につかりましょう。

kazenyuyoku3

脱衣場も暖かく

洗い場もそうですが、脱衣場も温めて着替えで冷えるのを防ぎましょう

お風呂上りは洗い場で軽く水滴を落としてから、脱衣場で移動。手早く着替えて体が冷えるのを防ぎ、急いで髪を乾かします。

そして温かい飲み物で水分補給をして、そのまま眠ってしまいましょう。

お風呂の代わりにシャワーは?

冷えに注意!

お風呂に入るのはちょっと面倒、しかし体は洗いたいからシャワーで…と考える方も。お風呂代わりにシャワーでも大丈夫ですが、注意点がいくつかあります。

kazenyuyoku4

◯洗い場と脱衣場を温めておくこと

特にシャワーの場合は湯船につかりませんので、体が冷えてしまいがちです。なのでいつもより暖かくして、体が冷えないように注意しましょう。

◯頭や体は手早く洗う

これも体が冷えるのを防ぐためです。

◯シャワーのお湯はあまり熱くしない

シャワーはどうしても体が暖まりにくく、お湯の温度を上げがち。しかし熱めのお湯にしても体の表面だけが暖かく、中まではしっかり温まりません。なので手早く洗うことを優先して、体力を消耗しない程度のシャワー温度にしましょう。

ホカホカになって元気になろう

風邪の時には、体を暖かくして休養を取ることが大切です。

その点お風呂で体が暖かくなれば、そのままぐっすり眠れること間違い無し。また鼻づまりなどで苦しい時も、お風呂に入ると鼻の通りが良くなります。呼吸が楽になれば体も楽になるので、ぜひお風呂に入りたいですね。

ただし無理は禁物。少しでも体調がおかしいと思ったら、すぐにお風呂を切り上げましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

エア縄跳びダイエットとは?その運動効果と正しいやり方を紹介!

ダイエットで大切なのは、余計なカロリーを運動などで消費すること。きちんと食事を取りつつ適度な運動を行

記事を読む

秋に発症する花粉症の症状と原因とは?春の時とはどう違うの?

夏の暑さもひと段落して過ごしやすくなる秋は、行楽へと出かけたくなる季節でもあります。

記事を読む

気になる赤ちゃんの向き癖。原因は?治し方は?

生後間もない赤ちゃんの体って とても柔らかくフワフワしていますよね。 頭蓋骨もまだ完成してお

記事を読む

二日酔いの時はコレ!回復効果の高い食べ物や飲み物を9つ厳選!

お酒は適量であれば気分もほぐれ、美味しく素敵な時間を過ごすことができます。 しかしうっかり飲み

記事を読む

熱が出ると関節痛になるのは何故?その原因と対処方法は?

風邪などで熱が出るときは、なんとなく体全体がだるい症状に襲われます。それだけなら良いのですが

記事を読む

冷え取り靴下とは?何枚履くもの?その効果と正しい選び方

寒い時期になると冷えに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。 冷えが溜まるようになると免疫力

記事を読む

夏バテの主な症状は何?吐き気や頭痛がする時はどう対処する?

夏の暑い時になると、毎日頑張っていても、なんとなく体が辛くて、夏バテかな?と思う時もあるかと

記事を読む

寒暖差アレルギーってどんな症状?予防と対策は?

鼻炎や花粉症でもないのに鼻がムズムズする・・・ そんな人は要注意! それは寒暖差アレルギーかも

記事を読む

足首やくるぶしが腫れて痛い!外側と内側の痛みの違い、原因は?

足首やくるぶしが痛いー! そういうこと、ありませんか? 実は、足首やくるぶしが腫れて痛い

記事を読む

女性のむくみ防止に!着圧ソックスの効果と正しい使い方とは?

デスクワークが多い女性にとって、気になるのが足のむくみ。出勤時に履いていた靴が退勤時には入ら

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

仙台・光のページェント2017年の期間や点灯時間。イルミネーションの見どころは?

クリスマスシーズンを迎えると、街のあちこちでイルミネーションを

十日戎とは?西宮神社・今宮戎神社・京都ゑびす神社、三神社の祭りの見どころ!

日本のお祭りは地域によって特色が変わり、一部の地域だけで有名な

2018年戌年の年賀状作成に!無料で使える素材やテンプレート7選!

年末は様々な用事が重なり、気がついたらお正月が目前…なんてこと

2018年の干支は戊戌(つちのえ・いぬ)!戌年の由来や特徴とは?

年末が近づくと年賀状を購入しなければ・・と、慌てることが増えて

赤ちゃんの初正月で飾る羽子板や破魔矢・破魔弓の意味。飾るのはいつまで?

赤ちゃんが生まれると、成長に合わせて様々な行事が行われます。

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑