佐賀城下ひなまつり、2017年の日程と見どころは?

sagajyoukahina1

の子のいる家庭では3月3日に合わせてお雛様を飾りますが、諸事情で飾れない家庭もありますね。また家のスペースに限りがあるので、飾ったとしてもお内裏様とお雛様だけという場合も・・・

そんな方にぜひおすすめしたいのが、様々なお雛様が一度に見られる
「佐賀城下ひなまつり」です。

伝統的なお雛様や愛らしい手作り雛がたくさん飾られ、関連イベントも盛りだくさん。どんなお祭りなのか気になりますね。

というわけで今回は、佐賀城下ひなまつりについて、
・佐賀城下ひなまつりとは?
・2017年の開催日程
・イベント内容や見どころ
・アクセス情報

を紹介します!

スポンサーリンク

佐賀城下ひなまつりとは

佐賀は雛人形でいっぱい!

賀城下ひまなつりとは、佐賀県佐賀市で毎年春先に開催されるイベント。2017年度で17回目の開催となり、佐賀市内の各所でたくさんのお雛様が飾られます

お雛様以外にも参加型のイベントや、バザー等も開催されるためこの時期の佐賀は大賑わい。佐賀の春を告げるイベントとして、すっかり定着してるんですね。

sagajyoukahina2

佐賀城下ひなまつりの日程・会場

2月中旬から約1ヶ月間!

佐賀城下ひなまつりは、例年2月中旬の土曜日から、3月中旬の日曜日までの約一ヶ月の開催となっています。

なので、2017年の開催期間や会場は次の通りになります。

■開催時期
2017年(平成29年)2月11日(土)~3月31日(金)

■会場
徴古館、佐賀市歴史民俗館、徴古館ほか市内各所

■開場時間
10時~17時

■入場料
徴古館      …300円
佐賀市歴史民俗館 …400円
上記2館共通入場券…600円
※その他の会場は入場無料

佐賀城下ひなまつりのイベント・見どころ

総数5000点の雛人形!

佐賀城下ひなまつりの最大の特徴は、市内各所で見られる雛人形の数々

その数は5000点以上とも言われ、これほどの数が揃うのは日本でもなかなかありません。

中でも鍋島家に代々伝えられてきた雛人形は、その細工の美しさに思わずため息が。その他にも歴史ある雛人形や、佐賀特産の織物をまとった雛人形なども展示されます。

また佐賀市内の小中学生が制作した、雛人形も展示も昨年は行われました。伝統を伝える人形と未来ある子供たちのが作った雛人形が、一度に見られるなんて素敵ですね。

□ゆっつら~と、佐賀市 #47 佐賀城下ひなまつり

*雛人形と一口でいっても、様々なお雛様があるんですね。

骨董市やハンドクラフトも!

雛人形だけでは…という方には、骨董市などはいかがでしょうか。

まつりにあわせて例年開催される「骨董市」は、九州最大規模!毎年50店あまりが出店し、陶芸や古民具などの骨董が立ち並びます。

実は佐賀は有田焼・伊万里焼・備前焼といった、陶芸がとても盛んな地域。骨董市で見つけた品が、実は掘り出し品だった…なんてこともあるかも知れませんよ!

また、「さが*ひな市」と題して、毎年ハンドメイドフェアが開催されます。

革小物・バッグ・アクセサリー・編み物・織物といた手芸品が大集結!また飲食ブースなどもあるため、ちょっとした休憩にも最適です。

さが*ひな市はすでに日程が決まっていますので、雛人形とあわせて見物して、お気に入りの品を見つけたいですね。

■「さが*ひな市」の開催日時
2017年(平成29年)3月11日(土)・12日(日) 10時~16時

■開催場所
佐嘉神社・松原神社・佐賀県呉服元町街なか・656広場

スポンサーリンク

体験イベントも!

佐賀城下ひなまつりは、体験型イベントも用意されています。

例えば、例年2月に開催されるウォーキングイベント。こちらはウォーキングしながら、佐賀の良いとこが発見できると好評なんですよ!

自分もお雛様になりたい女の子には、着物の着付けサービスも毎週末に開催。着物レンタルもあるので、手ぶらで行けるのも嬉しいですね。

更には週末ごとにお茶の席が用意されたり、伝統芸術の体験コースも。まだ発表されていない体験型イベントもありますので、今から楽しみですね。

sagajyoukahina3

アクセス

佐賀城下ひなまつりは佐賀市内各所で開催されるため、大渋滞が予想されます。また市内の駐車場が限られていることもあり、公共交通機関を利用することを強くおすすめします。

公共交通機関でのアクセス

東京・大阪方面から飛行機を利用する場合は福岡行きを利用します。

佐賀県には佐賀空港もあるのですが、便が少ないため福岡空港行きのほうが便利。福岡空港からは佐賀市内行きの高速バスを利用し、およそ1時間ほどで佐賀に到着となります。

新幹線を乗り継いで博多駅まで行き、特急に乗り換えて佐賀駅を目指す方法もあります。

徴古館・佐賀市歴史民俗館へのアクセス

徴古館や佐賀市歴史民俗館へのアクセスは次の通りです。

○徴古館
佐賀駅バスセンターから佐嘉神社方面行きバスで10分、「佐嘉神社前」下車徒歩すぐ

○佐賀市歴史民俗館
佐賀駅バスセンターから佐賀大学・西与賀(又は東与賀)行きバスで約5分、「呉服元町」下車徒歩2分

路線バスも

ひなまつりの展示会場は市内に点在するため、移動には路線バスを使うと便利です。

バス乗り放題と資料館の入場券がセット販売されています。また週末には、レトロな周遊バスも運行。こちらは会場に直接いけるので判りやすいですよ!

佐賀をめいいっぱい楽しもう

賀城下ひなまつりは、様々な雛人形が一度に楽しめるおまつりです。

イベントも目白押しですので、誰が行ってもとても楽しめるイベントでもあるんですよ。

開催期間も約1ヶ月と長く、3月3日を過ぎても開催しているのでスケジュールも組みやすいですね。

雛人形以外にも展示物が多く、見に行くだけで佐賀の歴史や特産品が学べるのも魅力。誰と行っても、一人で行っても楽しめる、佐賀城下ひなまつりにぜひ足を運んでくださいね!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

熊谷うちわ祭、2016年の日程と見どころ!交通規制は?

祇園祭と言えば京都の祇園祭が有名ですが、実は全国各地で祇園祭は行われていることをご存知ですか?

記事を読む

優雅な京都の葵祭。2017年の日程と見どころをご紹介!

京都と言えば、奈良・平安時代の伝統が今も残る、古都として有名ですね。その京都で開催される祭は

記事を読む

台湾ランタンフェスティバル2017の見どころ!開催場所や期間は?

日本から行きやすい外国の代表と言えば、台湾ではないでしょうか? 冬でも暖かく、食べ物も

記事を読む

2016佐賀インターナショナルバルーンフェスタ今年は世界選手権!

澄んだ秋空を見上げていると、空を飛べる鳥が羨ましく感じます。そんな願いを叶える道具の一つが、

記事を読む

長崎くんち2016年の日程と見どころ!チケットの入手方法は?

江戸時代に海外との数少ない窓口であった長崎は、独自の文化が発展した街。 そんな中でも特に有名な

記事を読む

徳島の阿波踊り2016年日程と見どころ!チケットはいつから?

毎年8月になると四国・徳島県で開催される「阿波踊り」。 阿波踊りには毎年140万人以上

記事を読む

合羽橋祭り2016年の日程と見どころ!混雑はどれくらい?

プロの方が使う道具や品物が揃う問屋街は、実は一般の方も利用できる事を知ってましたか?

記事を読む

雨の日の東京ディズニーランド!オススメの楽しみ方は?

夢の国、東京ディズニーランド。 大人になってもディズニーランドは楽しい場所ですよね。

記事を読む

大迫力!岸和田だんじり祭り、2016年の日程や見どころ!

毎年秋になると、岸和田だんじり祭りの迫力ある映像を見ることがあります。 勇ましく荒っぽ

記事を読む

成田山節分会2017の日程とアクセス情報!芸能人ゲストは?

節分には、大きな神社やお寺などで、有名人が豆まきをしている映像が流れることがありますね。 中で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

すずらんの花言葉とは?フランス語での違いと怖い裏花言葉も紹介!

春になると様々な花が咲き、私達の目を楽しませてくれます。 その中

雨の日でも自転車に!レディース向けレインコートのブランドならコレ!

毎日の通勤や買物に、自転車は無くてはならないアイテムです。

神戸開港150年記念、kobeみなとマルシェ!2017年春の日程と見どころ!

兵庫県の神戸といえば、オシャレで食べ物も美味しい港町。

北海道神宮祭2017年の日程と時間!札幌まつりの愛称で親しまれている理由は?

6月から7月にかけては梅雨の時期で、賑やかなイベントは行われな

北海道の洞爺湖ロングラン花火大会、2017年の日程と見どころ!

花火大会と言えば夏のイメージが強く、また毎年1回だけというイメージ

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑