長寿祝いの一覧をご紹介!お祝いするのは数え年?満年齢?

| 生活・ライフスタイル | , ,

小さい頃は待ち遠しかった誕生日ですが、大人になると「年齢のことは‥」となりがち。しかし還暦のお祝いをする頃からは、歳を重ねるたびに盛大なお祝いを行うことが多いですね。

節目節目の長寿祝いは、有名な還暦以外にも色々あることをご存知でしょうか?何歳になったらお祝いするのか?お祝いは数え年なのか満年齢なのか?といったことも気になりますね。

そんな長寿祝いの一覧と、それぞれの年齢や由来について簡単にまとめました。

スポンサーリンク

長寿祝いは数え年?満年齢?

基本は「数え年」

tyojyuiwai1

齢には「数え年」という数え方があり、主に年齢に関係する祝い事などで使われています。七五三や成人式は数え年で祝うことがありますね。

長寿の祝いに関しても、基本的には「数え年」で祝うことになります。ただし定年退職なども関係する「還暦」だけは、満年齢60才でお祝います。

どうして2つの年齢が?

どうして「満年齢」「数え年」と、2つの数え方が存在するのでしょうか。

昔はアジア圏を中心に、「1月1日に全員1歳年を取る」考え方が定着していました。これがいわゆる「数え年」で、誕生日が来ても年を加算しない考え方でした。

しかし時代の変化に対応できなくなり、明治以降は法律で「満年齢」を推奨することに。その後昭和25年に「年齢のとなえ方に関する法律」が制定され、満年齢が徹底されました。

とは言え、お祝いごとなどの古くからの行事では、昔からの数え年で引き続き行われていました。今でもご高齢の方は、満年齢ではなく数え年で年齢を言われる方が意外と多いようですね。

数え年の算出方法は?

数え年「生まれた時点で1才、年を越すと1才プラス」という、年のとり方をします。

なので単純に、満年齢に1を足せば数え年と勘違いしがち。それでもほぼ正しいとは言えますが、正式には次の算出方法となります。

◆数え年の算出方法
・誕生日前の人は、今の年齢 + 2
・誕生日後の人は、今の年齢 + 1

自分の誕生日が境になるので、その点は注意してくださいね。

スポンサーリンク

最近の長寿祝いの風潮は?

年寄り扱いしてほしくない!

長寿のお祝いで一番ポピュラーなものといえば、60才の還暦ですね。

赤いものを身につけると長生きすると言われ、昔から赤いちゃんちゃんこが贈られます。しかし赤いちゃんちゃんこは実用性に乏しく、年寄り扱いされている印象となりがち。

還暦以外のお祝いでも、昔は座布団が定番でした。しかし生活様式の変化で座布団を使わない家庭も多く、デザインが気に入らないという人も。

最近では年齢にこだわらず、アクセサリーなどを贈る傾向にあります。本人の希望を取り入れた実用品など、実際に欲しいものを贈るのも最近の傾向ですね。

お祝いを兼ねて旅行先で

昔は長寿の祝いとなると、親族一同やご近所さんがあつまって地域でお祝いしたもの。現在も100才のお祝いや還暦祝いは、親族一同で大きくお祝いすることが多いですね。

しかしそれ以外のお祝いですと、家族だけで小さくお祝いする場合が増えています。家族と親しい親戚が集まり、お金を出しあってお食事会という形式でお祝いをすることも多いです。

またプレゼントを兼ねて温泉地へ行き、宿泊先でお祝いをすることも増えています。家族旅行の思い出もできますし、当日の準備が要らないので家族にとっても嬉しいお祝いですね。

スポンサーリンク

長寿祝いの一覧

長寿祝いはこんなにあった!

長寿のお祝いで有名なのは還暦ですが、それ以外にも様々なお祝いがあります。

読み方やお祝いする年齢、簡単な由来をまとめましたので覚えておきましょう

◆長寿祝い一覧

お祝い 読み方 満年齢 数え年 由来
還暦  かんれき 60才 61才 生まれた年の干支が一周し、元の暦に還って生まれ変わる事から
古希  こき 69才 70才 中国の詩人・杜甫の「人生七十、古来稀なり」という詩から
喜寿  きじゅ 76才 77才 喜を草書体で欠くと「七」が三つ重なる事から
傘寿  さんじゅ 79才 80才 傘の略字が、「八十」を縦に書いた様に見えることから
米寿  べいじゅ 87才 88才 米の字を分解すると、「八十八」となるため
卒寿  そつじゅ 89才 90才 卒の略字(卆)を分解すると、「九十」となるため
白寿  はくじゅ 98才 99才 百の字から一を引くと「白」になるため
百寿  ももじゅ 99才 100才 文字通り100才のお祝いだから

tyojyuiwai2

願いは「大還暦」を祝うこと!

寿のお祝いは何度行なっても嬉しいいですし、百寿までお祝いできるほど元気でありたいですね。

実は100才以上のお祝いもいくつかあり、その中でも「大還暦」数え120才のお祝いなんですよ。120才ともなると、世界でも公式記録には一人しか到達していない年齢ととにかく途方もないこと。あまり現実的ではないかもしれませんが、大還暦をお祝いできたらとても素敵なことですね。

まずは還暦・古希・喜寿とお祝いし、白寿・百寿・そして大還暦とお祝いを重ねましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

読書の秋・食欲の秋・スポーツの秋など、「~の秋」の由来は?

暑さも一段落した秋は過ごしやすく、そして様々なことに挑戦しやすい季節でもあります。 連休もある

記事を読む

ステンレス水筒のきれいな洗い方!茶渋や臭いを簡単に落とすには?

家で飲んでいるドリンクを、外出時や職場でも飲みたい時に便利なのが水筒。 特にステンレス製の水筒

記事を読む

梅雨入り・梅雨明けの平均時期はいつ頃? 2017年の予想と結果は?

春が一段落した頃に訪れる梅雨。 梅雨に入ってから一ヶ月ほどの間は、天気がジメジメして嫌

記事を読む

ゆで卵のきれいなむき方とは?簡単にできるコツを6つ紹介!

ゆで卵は常備しておくと、おかずに添えたり朝食の一品になったりととても便利な食材ですね。

記事を読む

新聞紙でつくる兜(かぶと)のカッコイイ折り方。気分は戦国武将!

5月5日の端午の節句には、鯉のぼりとともに、鎧兜(よろいかぶと)を飾るご家庭も多いでしょう。

記事を読む

正しい銀行印を確認する方法。代理は可能?紛失時はどうする?

印鑑を使う文化は日本独特のもの。その中でも「銀行印」はとても大切ですね。 普段は銀行印

記事を読む

ダウンジャケットは自宅の洗濯機で洗えるの?洗うポイントは?

冬の間、大活躍したダウンジャケット。 春になれば、もう着なくなりますよね。 収納タンスに

記事を読む

今更聞きづらい!?新幹線の切符の種類や買い方は?

2014年の北陸新幹線開業、2016年の北海道新幹線開業で、新幹線は更に身近なものとなりまし

記事を読む

ノンレム睡眠とレム睡眠。睡眠の周期と目覚めの関係とは?

夜ぐっすり眠れて、朝、爽やかな目覚め- 誰もが望む理想の睡眠だと思います。 でも、なかな

記事を読む

歩きスマホが迷惑で危険な理由。どう対策したらいい?

街中でちょっとした時間に、スマホを操作する姿は、すっかり一般的なものとなりましたね。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

コンサートとリサイタルの違いとは?ライブとはどう違うの?

普段はCDなどで楽しんでいる曲も、音楽会場で生演奏を聞くと迫力

鳩が平和の象徴と呼ばれている理由は?他にも平和の象徴といえば何がある?

街角で見かけることの多い鳩は、身近な存在とも言える鳥です。また

「御中」と「様」の違いとは?使い方の例もあわせて紹介!

手紙やメールをビジネスで送る際には、マナーを守って送りたいもの

ヒトカラ(ひとりカラオケ)にはメリットが沢山!おすすめの楽しみ方は?

カラオケといえば、飲み会などの2次会でよく行く場所。みんなでワ

社会人におすすめ!有料自習室とはどんなところ?利用するメリットは?

資格試験や定期テスト前には、集中して勉強をしたいですよね。

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑