寒暖差アレルギーってどんな症状?予防と対策は?

| 健康 | , , ,

鼻炎や花粉症でもないのに鼻がムズムズする・・・
そんな人は要注意!
それは寒暖差アレルギーかもしれません。

今日は、寒暖差アレルギーの症状、対策方法について
まとめてみました。

スポンサーリンク

寒暖差アレルギーとは?

寒暖差アレルギーってそもそも何?

kandansaal1
寒暖差アレルギーという名前を初めて聞いた方も多いかも知れません。
寒暖差アレルギーとは激しい気温差によって生じるアレルギーです。

寒い所から急激に暑い所へ、または暑い所から急激に寒い所へ移動した時などに
出てくる症状なんですね。

熱いところ、寒いところといった場所だけではありません。

季節の移り変わりによる時期についても同じです。
つまり、暑い夏から冷え込む秋(または冬)、
反対に、寒い冬のから温かい春(または夏)への移り変わり・・

そういう時って気温の変動が早くて大きいので、
寒暖差アレルギーが発症しやすくなるというわけです。

また、寒暖差アレルギーって「アレルギー」という名前がついていますが、
実はアレルギー物質によって引き起こされるわけではないんですね

医学的には『血管運動性鼻炎』と言われていますが、
アレルゲンは無いんですよ。

一般的に寒暖差アレルギーは、
気温の急激な差に弱い自律神経の誤作動によるものだと言われています。

寒暖差アレルギーとはどんな症状?

kandansaal3
それでは具体的に寒暖差アレルギーの症状と
寒暖差アレルギーを発症している目安を見ていきましょう。

鼻水・くしゃみ

寒暖差アレルギーは鼻水・くしゃみが出てきます。
それこそ風邪のような、花粉症のような症状ですね。

中には咳や頭痛や情緒不安定のような症状が出る人もいるようです。

風邪と間違いやすいですが、風邪ではないので熱が出ません。
風邪の場合はウイルスによって感染するので発熱しますよね。
そこでまず見分けましょう。

鼻水の色

次に鼻水の色です。
風邪の時の鼻水は黄色で寒暖差アレルギーの鼻水は透明です。
風邪の場合、白血球が風邪ウイルスを倒した後の殻が黄色くなるのです。
寒暖差アレルギーはウイルスが出ないので黄色くなる必要がありません。

情緒不安定等、精神的な症状が出ている場合

寒暖差アレルギーは自律神経の誤差によって発症します。
この自律神経が乱れると、精神的にも不安定になってしまいます。

風邪のような気がするけど発熱していない、鼻水が透明、少しイライラする。
このような症状が出た場合は寒暖差アレルギーを疑ってみてください

スポンサーリンク

寒暖差アレルギーを予防する方法は?対策は?

寒暖差アレルギーはウイルス感染の病気とは違って
これといった治療薬がありません

アレルギーの専門薬もなく鼻炎薬(抗ヒスタミン薬)や、
自律神経を正す薬ぐらいしか処方するものがないのです。

つまり、薬だけで治すことは難しいです。
それだけ予防が大事ということですね。

kandansaal2

寒暖差アレルギー予防・対策の4つのポイント

では寒暖差アレルギーにならない為には
どういうことに気をつけないといけないのでしょうか?
大事なことは次の2つです。

◯寒暖差をなくす
寒暖差アレルギーは、
急激に寒くなったり暑くなったりする温度差が激しい時に発症します。

つまり、日頃から温度差が出ないように気をつけておけばいいですね。

気温があまり安定していない時期は
上着を1枚持って着たりするとか、または脱いだりするのがいいです。

この気温差を少なくするという事がまずは簡単に始める事ができますね。

◯筋肉をつける
体に筋肉をつけること。
体内である程度の熱を持っていれば、
急激に寒くなる所にいってもそんなに体温変化はありません。

筋肉がついてくれば、
少々の温度差にも負けない体を作る事ができます。

◯食生活を見直す。
そして、これもやはり大事なことです。
それは、食生活の改善です。

特に体温を温めるには普段からの食生活が何より大事ですね。

生姜やにんにくや香辛料などは
保温効果が高いので、オススメです。

まちがってもジャンクフードばかり食べてたらダメですよ。

◯自律神経を整えましょう
寒暖差アレルギーは自律神経の誤作動から引き起こされるので、
自律神経を整えることが大事です。

お風呂にゆっくり入浴することも自律神経にはいいですね。
お風呂は熱すぎず冷たすぎず、ぬるま湯で大丈夫です。

こんな面白い動画もありました。
自ら病気にかかってみるって、ちょっと意味が分からないですが・・

■最近はやっている「寒暖差アレルギー」に自らかかってみて辛さをレビュー

さいごに

風邪や花粉症のように見えて、実は全然違う寒暖差アレルギー

この寒暖差アレルギーは女性の方が要注意なんです。

それは、女性が男性より筋肉量が少なく
体内で熱を作る事が苦手だからです。

女性のみなさんは特に季節の変わり目などには
気をつけて下さいね。

もちろん男性のみなさんも油断は出来ません。
体調には気をつけてお過ごし下さい。

スポンサーリンク

関連記事

yodaresuimin1

睡眠中のよだれの意外な原因とは?改善するにはどうしたらいい?

授業中や電車内で、思わず居眠り、 そして、はっと目が覚めると口元が…。 よくある話ではあ

記事を読む

shinkeitukoshi3

ズキズキと痛む腰!それって神経痛?原因と治療法を紹介!

朝晩涼しくなってきました。 最近はこの涼しさに伴い腰が・・とてつもなく痛い! これってまるで

記事を読む

haguki1

歯茎が痛い!腫れの原因と治療法は?

みなさん、歯茎の腫れで悩んだ事はありますか? 歯医者さんにはなかなか足が向かないものですよね。

記事を読む

calfpain2

ふくらはぎのコリの原因とは?むくみ解消方法はこの4つ!

女性の方はスカートを履く時に、どうしても気になるのがふくらはぎの膨らみ。 気がついたらガチガチ

記事を読む

kousyuyobou1

口臭予防にはどんな食べ物や飲み物が効果があるの?

大事なデートや、お出かけの前に、 気になるのは「におい」の事。 特に口臭は、自分よりも相

記事を読む

petbottleonkyu2

火を使わないお灸?ペットボトル温灸のやり方とその効果は?

昔から伝わる健康改善方法の中には、本当に効果があるものがいくつもあります。その中で特に効果があるもの

記事を読む

ninpubenpi2

妊婦の便秘解消法とは?原因と対策方法をご紹介!

妊婦の方に多いと思われる症状の一つに、 便秘が挙げられます。 今まですっきりお通じがあっ

記事を読む

straightneck1

ストレートネックの症状とは?自宅でも簡単に出来る治し方!

仕事の関係で毎日パソコンを使う方にとって、気になるのがいつの間にかひどくなっている肩こり。また慢性的

記事を読む

salivamany1

唾液が多いのは大丈夫なの?多くなる原因と対策方法は?

普段あまり意識しない唾液ですが、体にとってはとても大切な役目を持っています。 しかし、

記事を読む

kanbou1

痒いブツブツが!汗疱(汗疱状湿疹)の原因と治し方とは?

日常のあらゆる動作で使う事の多い「手」は、少しの異変でもとても不便に感じます。 その中

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

suitesbutton001
レディース用のスーツ、ボタンの数はいくつ?着こなしのポイントは?

就活中に大活躍するのが、リクルートスーツ。 説明会や面接

femailsuits4
レディース用ビジネススーツの選び方!おすすめのブランドは?

就職準備に必要なものの一つに、ビジネススーツがあります。就職先

womansday003
国際女性デーとは何の日?ミモザの日とは?日本でもイベントはある?

女性へ日頃の感謝の気持ちを伝える日と言えば、 「母の日」や「ホワイト

radish001
大根の気になるカロリーや糖質は?ダイエットに適した食べ方ならコレ!

ダイエットの方法の一つに、「糖質制限」がありますよね。 ご存知の

applekind001
使い方や味で選びたい!人気のりんご5種類。美味しさの特徴とは?

https://youtu.be/RrzyuNAqkO0 秋から

→もっと見る

PAGE TOP ↑