ひな祭りの菱餅の食べ方!三色の意味や由来とは?

最終更新日: | 日本の習慣・行事 | , , , ,

hishimochi1

3月3日のひな祭りには、雛飾りは欠かせません。そんな雛飾りに彩りを添えるのが、菱型の三色が鮮やかな「菱餅」ですね。

お飾り用のプラスチック製もありますが、ここはやはり本物のお餅の菱餅を飾りたいところ。しかしこの菱餅、飾った後はどう食べてよいのか悩みませんか?

そんな菱餅の美味しい食べ方や、あのきれいな3色の由来や意味についてまとめて紹介します。

スポンサーリンク

ひな祭りの菱餅、おすすめの食べ方は?

縁起をかつぐなら「角をちぎって」

の食べ方ですが、特に決まり事はありません。

しかし「縁起の良い食べ方」というものがあるので、せっかくならそれに従いたいですね。

それは、
「角をちぎって、丸くしながら食べる」
というもの。

菱餅のあの形には、様々な縁起や由来が込められています。

その中には菱型の角が魔物を遠ざける、厄除けの効果が。厄除けの角から食べることで、健康に過ごせるようになるそうですよ。

更に角から食べて菱餅を丸くすることで、角を立てずに丸く生きる意味が。人付き合いで波風起こさずに、平穏に生きてほしいという願いも込められているんですよ。

hishimochi2

お餅なのでお餅の食べ方で

縁起の良い食べ方はわかりましたが、実際にはどうやって調理するのでしょうか。

昔ながらの菱餅は、お餅に色を付けて菱型に切りそろえたもの。なので普段のお餅を食べるような感じで食べていいんですよ。

ちょっと大きいようなら‥ 半分に切ったうえで焼き餅に。

まだ寒い3月ですから‥ お雑煮うどんに入れて煮ても美味しいですね。

彩りを活かしたいなら‥ ぜんざいに小さく切った菱餅を加えても

変わった所では‥ 乾燥させてから砕き、油で揚げれば「菱餅のおかき」の出来上がりです。緑のおかきなんてあまりお店で見かけませんし、ひなあられみたいで美味しいですよ。

お餅じゃない場合は?

最近では菱餅の色と形に似せた、ういろうようかんなども販売されています。

ういろうやようかんなら、真空パックになっていますし日持ちのするお菓子。そのまま切り分けていただけるので、食べる時も簡単です。

その他には雷おこしのような「菱おこし」もありますし、食べやすさも色々ですね。

スポンサーリンク

菱餅の由来・3色の色の意味は

3色で縁起担ぎ!

菱餅赤・白・緑に色付けした菱型の餅を、3段に重ねたもの。地域によっては白を抜いた2色を重ねたり、黄色・オレンジを加えた5段重ねにする場合も。

この菱餅のは見た目の可愛さ以上に、子供の成長を願う意味が込められています。

hishimochi3

○赤
「赤」には厄除けの意味があると、昔から言われています。実際の菱餅は赤というより桃色ですが、これは桃が持つ「魔除け」の意味も込められています。

現在は食紅で着色することがほとんどですが、昔はクチナシの実で色付け。このクチナシには解毒作用があることから、病気を退ける意味が込められているんです。

○白
「白」は清らかさの象徴。長寿や子孫繁栄を願う意味も、込められています。現在ではついたお餅をそのまま使いますが、本来は菱の実を入れたものが使われます。

菱餅の名前の由来の一つでもある菱の実にも、長寿や子孫繁栄の意味が。実利的な面では血圧を下げる効果もあるので、本当に長寿のご利益がありそうですね。

○緑
「緑」は大地の象徴。こちらにも魔除けや、芽吹く力強さからの健康の意味が込めらています。

もともとは「母子草(ハハコグサ)」を混ぜ、親子が健やかに過ごせるようにと縁起を担いでいました。しかし「母子で杵をつくのは縁起が悪い」とも言われているため、代わりにヨモギが使われるように。

ヨモギにも邪気を払う効果があるので、結果的に親子が健やかに過ごせそうですね。実際のヨモギには増血作用があり、独特の匂いにはストレス解消効果があるんですよ。

菱餅の形にも秘密が

菱餅の菱型には、いくつかの由来があります。

その一つが先ほども触れた「菱の実」に似せて、長寿を願うというもの。

菱は湖面で繁殖する植物なのですが、湖面いっぱいに広がって成長します。その様子が生命力の強さの象徴となるため、縁起の良い植物とされています。

その他には、
・菱型は女性の象徴であり、女の子のお祝いにふさわしい。
・心臓をあらわし、生命力の源となるように。
・大地を表し、生命力から子孫繁栄の象徴に。

…といった意味が込められている、との説があります。

美味しく食べてご利益にあやかろう

な祭りの菱餅は見た目と色合いから、かわいいイメージが強いかもしれません。

しかしこの色や形にこそ、女の子の成長を願う意味が込めらています。菱餅はお餅でできていますので、ひな祭りの際に皆さんでいただきましょう。

きちんとした菱餅なら、ヨモギやクチナシなど健康に効果のあるものも含まれています。健康や長寿の願いとともに、実際に効果のあるものを取り入れて元気に春を迎えましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

ひな祭りの食べ物!ちらし寿司の由来と具のそれぞれの意味は?

ひな祭りの食べ物と言えば「ちらし寿司」ですよね。 子供の頃、母が大きな桶にいっぱい作っ

記事を読む

芒種(ぼうしゅ)の意味とは?2017年はいつ?

カレンダーを見ていると日付の横に、様々な言葉が書き記されていることがあります。大安や仏滅などよく目に

記事を読む

秋分の日の意味や由来。2016年の日にちはいつ?何をして過ごすの?

秋の大型連休をシルバーウィークといいますが、今年は残念ながら最大で2連休。しかし土曜日をお休みにすれ

記事を読む

住吉大社の初詣2017年の混雑予想!おすすめの参拝時間は?

神社・寺院がとても多い関西ですが、特に大阪では初詣と言えば「すみよしさん」と答える人が多いん

記事を読む

暑中見舞いを出す時期はいつからいつまで?残暑見舞いは?

「暑中見舞い」という言葉は知っているものの、いつから出してよいものか意外と分からないものです。

記事を読む

十三参りの意味や由来とは?参拝の時期はいつ?

節目ごとに子供の健やかな成長を願う風習があり、もっとも有名なのが七五三です。 一方で全

記事を読む

社日の意味や由来とは?2017年はいつ?

昔より日本では、その時期に合わせた様々な行事が行われています。カレンダーを見ていると、そんな行事の日

記事を読む

大人の書き初めの言葉。四字熟語・二文字・一文字の例は?

https://youtu.be/w4MRlO6zZTk お正月といえばおせちにお年始と、楽し

記事を読む

北海道で節分に落花生をまく理由は?まいた後はどうするの?

毎年2月に行われる節分は、地域によって独自の風習が存在します。一方で豆まきに関しては、どの地域でも同

記事を読む

お彼岸の由来とは? 2017年春・秋のお彼岸はいつ?

「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言われる言葉です。 厳しい残暑や寒さも、お彼岸の頃には和らい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

雨の日でも自転車に!レディース向けレインコートのブランドならコレ!

毎日の通勤や買物に、自転車は無くてはならないアイテムです。

神戸開港150年記念、kobeみなとマルシェ!2017年春の日程と見どころ!

兵庫県の神戸といえば、オシャレで食べ物も美味しい港町。

北海道神宮祭2017年の日程と時間!札幌まつりの愛称で親しまれている理由は?

6月から7月にかけては梅雨の時期で、賑やかなイベントは行われな

北海道の洞爺湖ロングラン花火大会、2017年の日程と見どころ!

花火大会と言えば夏のイメージが強く、また毎年1回だけというイメージ

紫外線で使われるUVAとUVBの違いとは?どっちの対策が大事?

日差しが強くなる夏に向けて、紫外線対策をと考える人は多いかと思

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑