気になる赤ちゃんの向き癖。原因は?治し方は?

| 健康 | , , ,

生後間もない赤ちゃんの体って
とても柔らかくフワフワしていますよね。

頭蓋骨もまだ完成しておらず、柔らかいので、
向き癖がついてしまうこともあります。

向き癖ってどういうものでしょう?

今回は、赤ちゃんの向き癖の原因、予防法、治し方について
まとめてみました。

スポンサーリンク

赤ちゃんの向き癖の症状

向き癖とは?

image002

赤ちゃんの頭は生後半年ぐらいまでとても柔らかいです。

頭が柔らかい状態で同じ方向ばかり向いてしまうと、
癖が付いて頭の形が変わってしまうのです。

いつも右を向いていたり、左に頭を向けていたりしていると、
気が付けば頭の形が斜めに向いてしまっているのです。

それで、頭に形がついてしまうことがあります。

これを「向き癖」と言います。

赤ちゃんの向き癖の原因は?

どんな原因がある?

まず症状によっては別の病気の可能性もあります

それは首の付け根の筋肉が収縮してしまって、
同じ方向にしかむけなくなるという症状です。

向き癖に似た症状ですが、違う病気の可能性があるので、
不安な方は、まずは小児科や整形外科などで
判断してもらうことができますので、一度受診してみて下さい。

ここでは、そうでは無くて、
向き癖の生理的な原因を見てみましょう!

赤ちゃんは音が出ている方向や明るい方向を向くので
その習性が向き癖の原因と言われています。

また、お母さんが添い寝している方向とか、
胎児の時のお腹の位置と関係している、という説もありますね。

ただ軽い程度の向き癖であれば、赤ちゃんの脳みそにも
あまり影響がないと言われています。

脳みそもだんだんと大きくなってくるので、
頭蓋骨も広がりあまりわからなくなってくるものだからです。

向き癖の具体的な原因は?

image001
先に上げた生理的な原因の向き癖ですが、
症状としては、大きく分けて二つあるんですね。

◆短頭症
短頭症は後頭部部分が出っ張ってくる状態です、

これは赤ちゃんがずっと仰向けの体勢で寝ていることから起こります。
左右や横を向くのに制限がかかり、自由に頭を動かしづらくなります。

◆長頭症
長頭症とは逆に後頭部の下側、
頭の後ろ側が出っ張ってくる症状です。

これは横向きの体勢で寝る赤ちゃんに出てきやすいです。
この長頭症に関しては新生児集中治療室(NICU)に入っていた赤ちゃんにとっては
よくある体勢なのでNICUでは発症しやすいと言われています。

向き癖がひどくなると顔も歪んできますので、
お母さんは気をつけたいところですね。

スポンサーリンク

向き癖を治す方法は?

それでは赤ちゃんの向き癖はどうやって治していけばいいでしょうか?

明るさの向きを変えてみる

赤ちゃんは明るい光やベビーベッドで寝ている場合は
扉の方向を向く癖があります。

そこで、向き癖がまだ付いていないほうに
明るい光や扉に向くように移動させてみましょう。

いつもとは反対を向いている形になりますね。

バスタオルを丸めて丸太のようにして固定するなりして、
反対の方を見るようにしてあげましょう。

次の動画なども参考にしてみて下さいね

■豆電球で向き癖を修正していく

腹ばいの形をさせておもちゃで遊ぶ

向き癖で後頭部に平らの部分ができると、
その部分を下に寝ることが楽な状態になるので、
頭の向きを変えられると嫌がる赤ちゃんもいます。

また、寝返りができるようになると、
楽な向きへ自分で動いてしまうこともあります。

こういう場合、腹ばいの形をさせて
おもちゃで遊んだり動いたりするようにするのがいいですね。

あお向けの場合でも、嫌がる向きでおもちゃを出したり音を流したり、
そちらの方向を見るようにして興味をそちらに持っていきます

この動画も参考になりますよ。

■頭の向きをコントロールできない赤ちゃん

そうして、同じ方向ばかりを見ていた状態から変化させていくと、
少しずつ治ってくる場合もあるので、
根気よく気長に付き合っていくことが大切です。

向き癖は予防することが出来ます

向き癖は、言葉の通り、
同じ方向ばかりを見ることによって生まれてきます。

赤ちゃんの気になる向き癖を予防するには、
日頃から赤ちゃんをゴロゴロさせて同じ方向ばかりを見ている状態を
解消することが大事と言えますね

寝ている状態の赤ちゃんは、
できれば、あお向けの状態にしてあげた方がいいでしょう。

実は、生後直後に頭部の形が多少歪んでいる赤ちゃんは多いものです。
だいたい成長すると自然と治ってくることが多いんですね。

寝かせ方に気をつけることで、ある程度予防することが出来ます。

お母さんにとっては、赤ちゃんの向き癖は気になると思いますし、
治す場合は根気も必要でしょう。

でもあなたの大切な赤ちゃん。
気長にゆっくりと愛情をもってケアしてあげましょうね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

胃が痛い時の対処法と予防法!胃痛の原因は何?

美味しい料理をお腹いっぱい食べて幸せだったのに、急な胃痛で苦しんだ経験はありませんか。また仕

記事を読む

無意識に貧乏ゆすりをしてしまう原因は?どう対策したらいい?

会合や会議の席、あるいはファミレスなど、 同席者が貧乏ゆすりをしていると、いらつきませんか。

記事を読む

ストレートネックの症状とは?自宅でも簡単に出来る治し方!

仕事の関係で毎日パソコンを使う方にとって、気になるのがいつの間にかひどくなっている肩こり。また慢性的

記事を読む

靴下にあいた穴!その意外な原因とは?穴はどうやって直す?

「靴下に穴があく」と聞いたら、まず 「爪が伸びてるんじゃないの?」って思いますよね。 実

記事を読む

「ものもらい」の2つの症状とは?それぞれの原因と治し方

小さい頃、「ものもらい」になったことがある方は 多いんじゃないでしょうか? 「ものもらい」は

記事を読む

目薬の差し方のコツは?正しい差し方と間違った差し方

みなさん、目薬は上手にさせますか? コンタクトを使用する方、 またパソコンを仕事で良く使って

記事を読む

熱中症の症状と予防。水分補給の正しい方法とは?

気温が高い季節になると、ニュースでも良く耳にすることがある「熱中症」 室内で暑いのを我

記事を読む

家族がインフルエンザに!他の家族にうつる?予防方法は?

冬の怖い病気の代表「インフルエンザ」は、家族がかかると感染する恐れが出てしまいます。

記事を読む

風邪と花粉症の違いと見分け方。症状はどう違うの?

天気予報で「花粉情報」が出る季節になると、花粉症の方はうんざりしませんか? くしゃみや鼻水が

記事を読む

冬の寝汗は何故?寒いのに寝汗をかく原因と対策方法

冬の寒い日、朝に眼が覚めると、 ものすごく寝汗をかいていたってことはないでしょうか? そ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

日焼け止めの捨て方と正しい保存方法!去年残った日焼け止めは使えるの?

日差しが強くなると気になるのが、紫外線による日焼けのことです。

カレーに合うおすすめの具材と言えば?定番と変わり種を紹介!

街角やご近所からカレーの香りがすると、途端に自分もカレーが食べ

バーベキューの差し入れで喜ばれるものと言えば?デザートならコレ!

夏が近づいてくると、楽しみたくなるのがバーベキュー。 み

大曲花火大会(全国花火競技大会)2017年の日程。駐車場はどうする?

夏になると全国の夜空を彩る花火は、花火師のおかげで成り立ってい

関門海峡花火大会2017年の日程と見どころ!穴場の見学スポットは?

本州と九州を隔てる関門海峡は、昔より双方の行き来が盛んな場所。

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑