赤ちゃんの歯磨きはいつから?嫌がる時はどうしたら良いの?

| 子育て | , , ,

babybrush3
毎日の生活の中で欠かせない歯磨き
健康な歯は健康な食生活を送る為にもとても大事なものです。

歯が生えてきた赤ちゃんもそれは同じですね。

でも赤ちゃんって歯磨きはいつから始めるのが適切なのでしょうか
赤ちゃんの歯磨きのポイントは?
嫌がる赤ちゃんにどうやって歯磨きをさせるの?

そんな疑問についてどうしたら良いかまとめてみました。

スポンサーリンク

赤ちゃんの歯磨きはいつから始める?

赤ちゃんに初めて歯が生えるのは
だいたい6ヶ月頃だと言われています。

この頃になると歯が生えてくる準備として
歯茎がムズムズして痒くなってきます。

そして歯茎がムズムズしてくると、
赤ちゃんは色々な物を口に入れてなめ始めるんですね。

この動作は赤ちゃんが口や口周りへ刺激を与えて、
今から始まる離乳食に向けて食べたり噛んだりする動きの
準備運動だと思って下さいね。

その後、歯磨きがスムーズにできるようになるかどうかは、
この頃から関係してきますよ。

歯茎がムズムズして口に刺激を与えはじめたら、
お母さんやお父さんは赤ちゃんの歯茎を触ってみて下さい。

そうすると歯に物が入ってくることにも抵抗が少なくなり、
歯ブラシを始めることがすんなりと出来るようになるんです。
babybrush1

歯磨きで気をつけるポイント

歯磨きデビューは?

初めての歯磨きは赤ちゃんもドキドキしているはず。

「歯磨きさせなきゃ!綺麗にしないと!虫歯なんて絶対だめ!!」

と、あまり思わなくても大丈夫です。

1歳ごろまでは赤ちゃんの唾液が口の中の汚れを流してくれるので、
無理しすぎずに楽な気持ちで歯磨きデビューをしましょう。

いきなり歯ブラシを口に入れてゴシゴシしては
赤ちゃんもビックリして歯磨きが怖くなってしまいますからね。

最初はガーゼで口の中を拭いてあげましょう。
口の中に物が入ってくるのに慣れさせてあげるのも大事です。

この時、汚れを取ろうとして強く拭くのはNGですよ!

優しく、「怖くないよ」って教えてあげましょう。

どんな歯ブラシを使ったらいい?

どんな歯ブラシを使うのか?ということも大事です。
赤ちゃんには乳幼児用の小さく柔らかいものを使って下さい。

間違っても大人用は使わないで下さいね。
毛も固く、大きいので痛い思いをさせてしまいますので。

歯磨きに興味を持ってくれるように、
歯ブラシを好みのキャラクターで選んでも良いですね

何より楽しく歯磨きができるようにすることが大切です

歯磨きの力加減は?

歯磨きの時に注意するのはまず力加減です。

大人が大丈夫、と思う力加減と赤ちゃんが痛くないと思う力加減は違います。

ゆっくり、優しくしてあげることが大事です。

ゴシゴシ無理やりすると、
痛くて歯磨きが苦痛タイムになってしまうので注意して下さい。

上の前歯の歯茎部分が出っ張っていて、
そこに歯ブラシが当たると痛いのでこれも気をつけましょう。

歯茎部分には歯ブラシが当たらないように磨いてあげて下さいね。

スポンサーリンク

嫌がる子にどうやって歯磨きさせる?

歯磨きを嫌がる原因って?

歯磨きの時に、嫌々と泣いてしまうから歯磨きができない・・
というお母さん、お父さんも多いかもしれません。

赤ちゃんの歯磨き嫌いをなくすにはどうすれば良いのでしょう。

まず覚えておいてほしいのが、
歯磨き嫌いの理由で一番多いのが、「歯磨きが痛い」です。

まだ自分では綺麗に歯磨きができない年齢だったら、
大人が代わりに磨いてあげますよね。

その歯を磨く力が強くて、赤ちゃんには痛く感じるようです。

力を加減して磨いてるつもりかもしれませんが、
子供にとってまだまだ力が強くて痛いのかもしれないってことですね。

babybrush2

痛くない磨き方

力加減は難しいので歯ブラシを親指と人差し指だけで持ってみて下さい
少しグラグラして不安定な気がしますが、それぐらいがちょうど良いのです。
大人も力を抜いて楽な感じで歯磨きをしてあげて下さいね。

どうしても痛いのを覚えてしまって泣いている場合は、
一度歯磨きから離れてみましょう。

お母さんが歯磨きしているのを見せてみるのも良いですし、
あるいはお母さんの歯磨きを赤ちゃんにしてもらうのだっていいですね。

まだまだ小さい赤ちゃんでも、お母さんの真似事で出来るものですよ。

そうして客観的に見せてみることも大事です。

歯磨きを終えたら・・

歯磨きを終えてから思い切り抱きしめてあげたり、
遊んであげたりするのも良いですね!

歯磨きが終わったら「頑張ったね」と言って遊んであげると、
子供にはご褒美に見えるかもしれません。

歯磨きが終わったら楽しいことができる!
と覚えてもらうのも一つの方法ですよ。

■泣かない歯磨きの方法

この動画のように歌いながら楽しくしてみるのも良いでしょう。

私も子供の歯磨きには最初とても苦戦しました。

でも、私の足の間に寝転がるのは嬉しそうにするので、
ほっぺたをツンツンしたり手をグルグルしたり、遊びながら歯磨きをするようにしてみました。

「歯磨きは痛くもないし、怖くも無いよ。楽しいよ!」

と教えてあげたかったのです。

結構それで楽しそうに歯ブラシ出来るようになりましたよ。

歯磨きは今から一生ずっと習慣にしていくもの。

だから、今、今日、明日!と急いでやらなくても大丈夫です。

楽しく歯磨きができるように、お母さんが
根気強く付き合っていくことも大事ですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

男の子に付けてあげたい古風でカッコいい一文字の名前とは?

子供の名前は一生のもの。その子のためにふさわしい名前を考えてあげたいですね。 でも、漢字の

記事を読む

赤ちゃんはいつから新幹線に乗れるの?席の料金が無料になる条件は?

お盆や年末年始の帰省には、渋滞のない新幹線が便利です。 しかし一人での帰省なら、立った

記事を読む

産休の期間はいつからいつまで?仕事復帰はいつから可能?

働く女性にとって気になることの一つとしてあげられるのが、産休の事です。 退職するという

記事を読む

赤ちゃんのディズニーデビューはいつから?楽しみ方や注意点は?

赤ちゃんの頃から様々な体験をさせてあげる事は、成長していくためにはとても良いことです。 その中

記事を読む

幼稚園と保育園の違いとは?教育面や費用ではどう違うの?

義務教育は小学校からですが、ほとんどの方が保育園・幼稚園に通わせているのではないでしょうか。

記事を読む

産休に入る方に送るメッセージのポイントは?例文もご紹介!

同じ職場で女性の同僚が産休に入ることは、とても嬉しくまためでたいことであります。産休に入る方

記事を読む

つわりがない人の特徴とは?つわりがないのは良いことなの?

妊娠初期に訪れるつわりは、様々な症状が現れるためかなりつらいものです。良くつわりの可能性があ

記事を読む

雨の日にピッタリの子供遊びとは?楽しみ方はいろいろ!

雨や雪がふる日には、いつもの遊びが出来なくて子供もうんざり。家でぐずってしまって、天候につら

記事を読む

逆子はいつまでに治せば大丈夫?逆子になる原因と治し方

出産が近づくと、「逆子には気をつけなさいよ」と言われることがあります。特に初めてのお産ですと、母親世

記事を読む

赤ちゃんの動物園デビューはいつからがいい?気を付けることは?

わが子には様々な体験や経験を通じて、心豊かな人間に成長して欲しいと願いもの。そしてできれば健

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

コンサートとリサイタルの違いとは?ライブとはどう違うの?

普段はCDなどで楽しんでいる曲も、音楽会場で生演奏を聞くと迫力

鳩が平和の象徴と呼ばれている理由は?他にも平和の象徴といえば何がある?

街角で見かけることの多い鳩は、身近な存在とも言える鳥です。また

「御中」と「様」の違いとは?使い方の例もあわせて紹介!

手紙やメールをビジネスで送る際には、マナーを守って送りたいもの

ヒトカラ(ひとりカラオケ)にはメリットが沢山!おすすめの楽しみ方は?

カラオケといえば、飲み会などの2次会でよく行く場所。みんなでワ

社会人におすすめ!有料自習室とはどんなところ?利用するメリットは?

資格試験や定期テスト前には、集中して勉強をしたいですよね。

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑