シリコンスチーマーを使った温野菜の美味しい作り方とは?

っかり定番の調理器具となったシリコンスチーマー温野菜を作るのにとっても便利ですね。

しかし、知ってはいたり、興味は持っていても、中々手を出しづらいという方も多いのではないでしょうか。

やはり大流行したのは使って便利だったからわけですし、一つあると時短料理に大活躍します。何より温野菜が作れてヘルシー生活に役立ちますので、ぜひ今からでも使ってみませんか?

というわけで、今更聞きづらいシリコンスチーマーの特徴や使い方、そして温野菜の美味しい作り方を紹介します!

スポンサーリンク

シリコンスチーマーとは

蒸すことが得意

shirikonsuchima1

リコンスチーマーとは、シリコン樹脂でできた電子レンジやオーブンで使える容器のことです。

「スチーマー」と言うだけあって、特に蒸す事を得意としています。

シリコンスチーマーが流行したのは、スペイン・ルクエ社が発売した「スチームケース」がきっかけ。2008年の発売以降、新しい調理器具として爆発的に広まりました。

「シリコン」って?

シリコンスチーマーに使われている、シリコン樹脂とはどういうものなのでしょうか。

シリコン樹脂(シリコーン)は、珪素(けいそ)という自然界にある素材が原料。これに安全性の高い有機化合物を混ぜて、人工的に創りだしたものがシリコン樹脂です。

その特徴は安全性が比較的高いこと、油・酸・熱に強いことが挙げられます。

シリコンスチーマーの特徴

shirikonsuchima2

シリコンスチーマーのメリットは?

シリコンスチーマーには、こんな利点があります。

◆栄養を逃さず均一に加熱できる

シリコンスチーマーは、密封性に優れた容器となっています。そのため普通の容器にラップをして加熱するよりも、より均一に加熱できます

さらに食材を茹でると水に栄養素が溶けてしまいますが、蒸す事で栄養が逃げにくい利点も。特に栄養が水に溶け出やすい野菜は、シリコンスチーマーで蒸すと栄養がしっかり残ります

◆本体が熱くなりにくい

電子レンジでの加熱で怖いのが、加熱後に容器が熱くなって火傷してしまうこと。しかしシリコンスチーマーは、本体自体は熱をほとんどもちません。なのでお子様が扱ってもやけどの心配が少ないです。

ただしふたの隙間から出てくる蒸気で火傷する可能性はあるので、出来ればオーブン用ミトンやタオルを使用した方が安全でしょう。

◆滑りにくく割れない

シリコン樹脂は、手触りがとても良くて柔らかい素材。そのため滑りにくく、うっかり落としても割れる事がありません。せっかく作った料理ですから、手を滑らせて落とすような悲しい事故はなくしたいですね。

◆かわいい

料理を作る側として一番嬉しいのが、お皿に移し替える必要がない可愛いデザインでしょう。調理してそのまま食卓に出せるので、洗う食器の数も減らせますし盛り付けにも悩みません。

何よりポップな色使いが、料理をしていて楽しくなりますよ!

スポンサーリンク

シリコンスチーマーのデメリットは?

良いことづくめのシリコンスチーマーですが、実は欠点もいくつか有ります。

・火には弱い

耐熱性に優れているシリコンスチーマーですが、直火にかけると傷んでしまいます

そのためガスコンロには使えませんし、IHコンロも一部対応しているもの以外は使えません。その他オーブンは使えますが、オーブントースターには使えないので注意が必要です。

◆食材の色と匂いがうつりやすい

油には強い一方で、食材が持つ色や匂いにはやや弱いという欠点があります。

特にカレーを加熱した場合、かなりの確率で匂い移りと色移りが発生します。重曹を溶かしたお湯につけることで匂いは取れますが、防ぐことは難しいのが現状です。

◆かすかにシリコン臭がする

さらにシリコンスチーマー自体も、かすかに独特の匂いがすることがあります。食材にこの匂いは移りませんが、食卓にそのまま出す場合には注意しましょう。

温野菜を使ったシリコンスチーマーのおすすめの使い方

shirikonsuchima3

基本は「少し水を加えて蒸す」

リコンスチーマーで作る温野菜ですが、作り方はとても簡単です。

1・大きさを揃えて野菜を切る
2・大さじ2の水と一緒に野菜をシリコンスチーマーに入れる
3・レンジで加熱して出来上がり!

コツは、必ず水を入れること。これだけです。ほんの少し水を入れるだけで、カボチャなどの硬い野菜も楽に熱が通ります。

加熱時間に関しては、レンジのワット数や機種によって違いがあります。
600ワット時の参考時間を目安に、コツを掴みましょう。

・にんじん1本分  …約3分
・じゃがいも4個分 …約7分
・かぼちゃ1/4個分 …約6分

□温野菜(電子レンジで簡単調理)の作り方

*温野菜サラダを作るときは、根菜類を先に加熱しておくのがコツですよ!

硬い芯を温野菜に!

キャベツの芯ブロッコリーの茎などは、どうしても硬くて捨ててしまいがち。しかしこれらもシリコンスチーマーで均一に蒸す事で、驚くほど柔らかく食べやすくなります

捨てるのではなく、スキマ時間でさっと蒸してしまいましょう。捨てる食材が立派なおかずになる上に、ほかの調理の合間にできるので嬉しいですね。

加熱する際に小さじ1程度のごま油と塩昆布を加えると、焼肉店のキャベツサラダ風な味わいに。ベーコンと顆粒コンソメとコショウを加えると、洋風な味わいの一品ができますよ!

野菜もお肉もお魚も!

蒸し器を使うのは少し面倒でですが、シリコンスチーマーならレンジで加熱するだけです。

野菜の下ごしらえにも活躍しますし、お肉や魚を蒸してもまた違った味わいに。一つあると料理のレパートリーが広がりますし、調理の合間に1品できるのも嬉しいですね。

この機会にシリコンスチーマーを入手して、調理に取り入れてみませんか?

スポンサーリンク

関連記事

あなたも五月病かも?原因や症状はどんなもの?対策方法は?

4月に新しい環境になり、 慣れた頃に5月の連休で一休み。 「GW明けにがんばろう!」

記事を読む

低学年の小学生、読書感想文の書き方!上手に書くポイントは?

夏休みの宿題は出来れば早く終わらせて、後はのびのび遊んで過ごしたいものです。 しかし宿

記事を読む

2017年の祝日カレンダーを一覧で紹介!今年の連休の特徴は?

来年のカレンダーや手帳は、早ければ10月頃から販売が開始されますね。早々に書店や文具店などで

記事を読む

ゆで卵のきれいなむき方とは?簡単にできるコツを6つ紹介!

ゆで卵は常備しておくと、おかずに添えたり朝食の一品になったりととても便利な食材ですね。

記事を読む

幸せになれるセロトニンの効果とは?不足するとどうなる?

楽しい時間なのになぜか気分が乗らなかったり、ちょっとイライラする時ってありますよね。原因を考

記事を読む

歩きスマホが迷惑で危険な理由。どう対策したらいい?

街中でちょっとした時間に、 スマホを操作する姿は、 すっかり一般的なものとなりましたね。

記事を読む

入学祝いにお返しは必要なの?マナーや贈る品物は?

春は、新しい生活が始まる季節。お子さんが入学をされるご家庭では、準備に大忙しですね。 、

記事を読む

エイプリールフールの由来とは?世界の面白ネタもご紹介!

ご存知、4月1日は『エイプリルフール』の日です。 嘘を言っても良い日と言われていますね。

記事を読む

子供用甚平の作り方。簡単に手作りで出来る方法をご紹介!

子供はとっても汗っかき。 気がついたらパジャマが汗でじっとり… なんてこと、よくありますよね。

記事を読む

女性の一人暮らし。防犯対策をして安全な新生活を!

新生活をスタートする女性の中には、 初めての一人暮らしとなる方もいるかと思います。 可愛

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「雪」の名前と種類を紹介!雪の結晶ができる秘密とは?

冬になると降り積もる雪は、とてもロマンティックですよね。 神秘的

トゥリング(足の指輪)を付ける足の指にはどんな意味が?最適な付け方は?

きれいで素敵なアクセサリーは、特に興味がない人でも一つは持って

メンズサングラスの選び方のポイントは?人気のブランドも紹介!

屋外や運転中など、日光が眩しいと感じた時に使いたいのがサングラ

メンズ用のおしゃれなクラッチバック!おすすめの人気ブランドはコレ!

男性用のカバンというと、メッセンジャーバッグやリュックなど大き

マニキュアを早く乾かす方法は?キレイにできる塗り方のコツも紹介!

指先は意外と人に見られていて、ここの印象でその人全体の印象が変

→もっと見る

PAGE TOP ↑