急性扁桃腺炎の治療期間はどれくらい?うつることはあるの?

最終更新日: | 健康 | , , ,

hentousenen4

れてる時や季節の変わり目には、どうしても体調を崩しがちです。特に秋から冬にかけては、小春日和が続いたかと思ったら急に寒くなったりと大変。

そんな時に、急性扁桃腺炎にかかってしまって大変だった、という話をよく聞きます。

急性扁桃腺炎はのどに関係する炎症のようですが、見ているととてもつらそうですね。また症状がうつるのかどうかも気になるところ。



そんな急性扁桃腺炎について
・どんな症状なの?
・治るまでの期間は?
・うつるの?

といった疑問にまとめてお答えします。

スポンサーリンク

急性扁桃腺炎とは

のどの奥の「扁桃腺」が

性扁桃腺炎は、喉の奥にある「扁桃腺」が炎症を起こすことで発症します

口を大きく開けて喉の奥をを覗いてみると、両はじに少し出っ張りがあるのが扁桃腺。大人の扁桃腺は見えない事も有りますが、子供の扁桃腺は見て判るほどの大きさがあります。

扁桃腺は、ウィルスや細菌を体の中に入らないようにする防御の役目を果たす器官

体の免疫が完成していない子供の頃に大活躍し、大人になるにつれ小さくなります。大人になった後も役目を果たしていますが、実際はなくてもさほど問題ありません。

今回紹介するのは急性の扁桃腺炎ですが、中には慢性的に扁桃腺炎を患う人も。慢性化した場合の治療として、扁桃腺を手術で取ってしまう事もあります。

機能が裏目に?

急性扁桃腺炎を発症する原因は、扁桃腺が果たしている「防御の役目」に理由があります。ウイルスや細菌を取り込んだ結果、炎症を起こしてしまうのが扁桃腺炎の原因です

急性扁桃腺炎を発症すると、次のような初期症状が出ます。

・喉の痛みと腫れ
・食べ物や飲み物が飲み込みづらい

この症状が進むと、次のような症状が出ます。

・40度近い熱が出る
・飲食物が飲み込めないほど喉が痛くなる
・頭痛と体の倦怠感

初期症状が風邪の症状に似ていますし、炎症も風邪の菌が原因であることがとても多いです。その為風邪かと思って放置していたら、実は急性扁桃腺炎だった場合もあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

急性扁桃腺炎が治るまでの期間は?

一週間は安静に

風邪と症状が似ている急性扁桃腺炎ですが、治るまでどれぐらいの期間が必要なのでしょうか?

一度炎症を起こしてた扁桃腺は、原因となる細菌を退治しないと症状は治まりません。これは病院に行って診療を受け、薬を飲めば細菌は退治されれば自然と治まります。

期間にして2日程度で細菌やウイルスは退治できるので、後は炎症が収まるのを待ちましょう。

ただしこの炎症が収まるまでには5~7日ほどかかり、その間に無理をすれば再発してしまいます。医師の指示従い薬を欠かさず服用し、1週間ほどは無理をせず安静を心がけましょう。

hentousenen2

治ったと思っても…

扁桃腺炎の怖い点は、治らないうちに無理をすると慢性化してしまう恐れがあることです。慢性扁桃腺炎の原因は、元々防衛機能が過剰に反応しやすい体質であることも挙げられます。

しかし一方で、急性扁桃腺炎の再発を繰り返して慢性化してしまった例も挙げられます。慢性化すると扁桃腺が肥大化し、慢性的に飲食がしづらい状態が続くことに。

こうなると院して化膿してしまった部分を治療したり、扁桃腺を切除する治療が必要になります。急性の時よりも治療期間も費用も掛かりますので、放置せずに早めに治療しましょう!

□慢性扁桃炎はこんな病気

*慢性化すると大変なんですよ!

急性扁桃腺炎はうつるもの?

扁桃腺炎はうつらないけれど

風邪に似た症状の出る急性扁桃腺炎ですが、人にうつる病気なのでしょうか。

その答えは、「扁桃腺炎自体はうつらないが、原因となる風邪はインフルエンザはうつる」です。

急性扁桃腺炎は前にも書きましたが、扁桃腺が炎症を起こすことで発症する病気。風邪に似た症状をおこしますが、風邪ではありませんので人にはうつりません。

hentousenen3

エチケットとして

しかし扁桃腺炎の多くが、風邪の菌やインフルエンザウイルスによる炎症。なので急性扁桃腺炎の時には、風邪をひいていることも多いとも言えます。

急性扁桃腺炎の患者がせきやくしゃみをすると、唾液の中に風邪の菌が含まれていることが。そうなると、他人に風邪を移してしまう可能性が出てきます。

扁桃腺炎にかかった人の近くにいて、自分も「うつった」と思うのはこれが原因。急性扁桃腺炎に限らずくしゃみ・せきの症状がある人は、マスクを着用しましょう

基本は無理をしないこと!

季節の変わり目に、風邪などの菌が侵入することで発症する急性扁桃腺炎

予防には風邪の予防と同じく、うがい・手洗いがとても大切です

他にも、暖かくして過ごす・無理をしない・喉を適度に潤す事が予防につながります。風邪の菌を体に入れず、入った時にもすぐに免疫が働くほど元気な体であれば大丈夫。

無理をせずに過ごして、急性扁桃腺炎にならないよう気をつけましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

片目のまぶたがピクピク痙攣!原因はストレス?栄養不足?

パソコン作業をしていたり、スマホに集中していると瞼(まぶた)がピクピクすることがありませんか?

記事を読む

エア縄跳びダイエットとは?その運動効果と正しいやり方を紹介!

ダイエットで大切なのは、余計なカロリーを運動などで消費すること。きちんと食事を取りつつ適度な運動を行

記事を読む

「鼻うがい」って本当に大丈夫?その効果と正しい方法

みなさん、鼻うがいって聞いた事ありますか? 「鼻に水を入れるなんて怖くて痛そう!」と敬遠してし

記事を読む

睡眠中のよだれの意外な原因とは?改善するにはどうしたらいい?

授業中や電車内で、思わず居眠り、 そして、はっと目が覚めると口元が…。 よくある話ではあ

記事を読む

目が疲れにくい色と疲れやすい色は何色?疲れ目の対策も紹介します!

毎日の生活の中で、気がついたら目が疲れていることはよくあることですよね。 特に仕事柄パ

記事を読む

バチッとなるのは静電気体質が原因?改善方法はどうする?

冬になると、ドアノブを触るだけでバチッとなったり、コートを脱ごうとすると髪の毛が逆だったり…。

記事を読む

子供がインフルエンザにかかった時の食事は何がいい?

毎年冬に大流行するインフルエンザは、特に子供がかかりやすい病気の一つ。高熱がでて苦しそうな子

記事を読む

糖質制限ダイエット中のケトン臭とはどんな匂い?対策方法は?

お米を主食としている日本人は、炭水化物を取り過ぎる傾向にあると言われています。それだからなのか、ご飯

記事を読む

夏バテの主な症状は何?吐き気や頭痛がする時はどう対処する?

夏の暑い時になると、毎日頑張っていても、なんとなく体が辛くて、夏バテかな?と思う時もあるかと

記事を読む

子供のインフルエンザの症状って?熱はどう?予防するには?

毎年冬にかけて猛威を奮うインフルエンザ。 特に子供のインフルエンザは、 感染したら合併症を引

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

簡単!楽しい!ハロウィンにぜひ作りたい、手作りお菓子3選!

ハロウィンシーズンになると、みんなでパーティを楽しむ方も多いの

猫になりきるハロウィンメイク!キュートに可愛くなる方法は?

ハロウィンの季節が近づいてくると、今年はどんなハロウィンにしよ

ディズニーの誕生日プレゼントには何があるの?おすすめの特典は?

特別な日である誕生日には、特別な場所で過ごしたいもの。そんな特

赤ちゃんのディズニーデビューはいつから?楽しみ方や注意点は?

赤ちゃんの頃から様々な体験をさせてあげる事は、成長していくためにはとて

赤ちゃんはいつから新幹線に乗れるの?席の料金が無料になる条件は?

お盆や年末年始の帰省には、渋滞のない新幹線が便利です。

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑