小正月を祝う意味とは?行事や食べ物についてもご紹介!

最終更新日: | 年末・年始・正月 | , , ,

忙しい現代人にとっては、正月は三が日まで、長くても7日までというのが一般的です。

一方、古い習慣を大切にする家では「小正月」のお祝いを行っているところも。あまり馴染みのない小正月ですが、実はその名残は今でも残っています。

もしかしたら知らないうちに、小正月の行事を毎年行ってるかもしれませんね。

知れば色々驚く、小正月の意味や小正月に行われる行事・食べ物などについてまとめてご紹介します。

スポンサーリンク

小正月とは

小正月はいつ?

kosyougatsu1

正月は地域によって、

・女正月
・二番正月
・花正月

とも呼ばれています。

小正月の時期も地域によって微妙に違いますが、基本的には次の期間と日付が該当します。

・1月15日
・1月14日から1月16日まで
・1月14日の日没から1月15日の日没まで
・1月最初の満月の夜

この内一般的には、「1月15日(1月14日日没から1月15日日没まで)」が小正月となります。

小正月の意味

小正月の期間が微妙に違うのには理由があります。それは、「本来の小正月は1月最初の満月」だったからなんです。

現在私達が使っているカレンダーは、太陽の周期を元にした「太陽暦」。一方昔の人は、新月から次の新月となるまでを1ヶ月とした「太陰暦」を使用していました。

この太陰暦が伝わる前は、「満月からつぎの満月まで」を1ヶ月としていました。この為「1月最初の満月=1月1日」が、本来は元日だったんですね。

ところが、太陰暦を採用することになると、1月最初の満月は、暦では1月1日でなく1月15日前後に。その後当時の民衆は、1月最初の満月も従来通りお正月のお祝いを行ったんですね。

これでは正月が2回になって混乱が生まれると考えた昔の偉い人達が、「その日は小正月とします」と通達。このことから、1月15日(14日日没から15日日没までの満月の期間)が小正月となったのです。

ちなみにこの「1月15日」は太陰暦の話で、太陽暦にすると3月上旬頃になってしまいます。しかしややこしいという事で、現在では太陽暦の1月15日を小正月として扱うのが一般的です。

スポンサーリンク

小正月に行われる行事

どんと焼き・左義長

小正月の行事で全国的に多いのが、「どんと焼き」及び「左義長(さぎちょう)」です。

どんと焼きとは、正月飾りを神社やお寺で燃やす、正月を終えるための行事のこと。炎によって悪霊が清められ、この炎で正月の神様が天に帰るという言い伝えがあります。

本来は正月飾りだけを燃やす行事ですので、家庭ごみなどを混ぜるのは厳禁。また環境に配慮して、プラスチックや金属などは外してから燃やしましょう。

kosyougatsu3

左義長も同じく正月飾りを燃やす行事ですが、地域によっては神社ではなく畑で行う事も。地元のお祭りとして盛大に行う地域もあり、その場合は1月15日でない場合もあります。

関連記事:
■どんど焼きの由来!いつ行われる?地域による呼び方の違いは?

■仙台のどんと祭!大崎八幡宮で開催される松焚祭の見どころは?

繭玉に農機具のミニチュア!

小正月には、柳の枝に餅や団子をつけた「繭玉(あるいは餅花)」を飾ります。

これは豊作を願うものなのですが、繭玉と呼ぶ地域では蚕(絹糸を作る虫)の健康を願う意味が。また「道具の年越しは小正月に」という言い伝えもあり、農機具のミニチュアをつくって飾る風習も。

このように小正月では、仕事(農作業)が順調であることを願う事が多いんですね。

元服=成人の日

小正月で一番重要なのが、子供を一人前に扱うための「元服」の儀式

かつてはこの日に男児は前髪を落として髷を結い、女児は大人の服へと着替えたのでした。

この事から、成人の日は1月15日となっていたのですが、現在は連休を作るために変動式に。合理的ではあるのですが、本来の意味が薄れるようで少し残念ですね。

小正月に食べられるもの

小豆粥を食べよう

kosyougatsu4

小正月に食べられる代表的なものに、小豆粥があります。小豆の赤色が悪霊払いになるという事で、平安時代から食べられて続けています。

基本的な作り方は、ゆで小豆1に対して、米2を入れて、小豆の煮汁と共にコトコト煮こむだけ。煮上がったらそこに餅を加え、塩で味を整えて完成です。

□小豆粥の作り方

*疲れた胃腸を優しくいたわる味で、食生活をリセットするのにふさわしいかも知れませんね。

どんと焼きでモチを焼く

小正月に飾る繭玉には、などが枝についています。これは飾って終わりというものではなく、どんと焼きの炎であぶっていただきます

ただし神社によっては、正月飾り以外を燃やすのを禁止している場合が。必ずどんと焼きの注意事項に目を通し、ダメな場合は家庭のコンロで燒いて食べましょう。

正月気分は完全に終わり!

昔は小正月までが正月としていた時期もありますし、現在も15日前後に連休がありますよね。そのため正月気分が抜け切らないうちに、もう一度お正月のような気分になる場合も。

しかし小正月でお正月は終わりとなりますので、一度抜けた気分もしっかり持ち直したいですね。

どんと焼きで厄払いを行い、その上で小豆粥を頂いて、改めて1年を元気に過ごしましょう!

スポンサーリンク

関連記事

お年玉の相場や平均っていくら?あげる範囲は?

お正月といえば、お年玉。 もらう立場からあげる立場になった皆さんは、いったいいくら包め

記事を読む

小学生の書き初めにぴったりの言葉とは?例でご紹介!

冬休みに宿題として出される「書き初め」は、簡単なようで意外と難しい課題です。 課題

記事を読む

お正月のおとそ(お屠蘇)の作り方!正しい飲み方と作法とは?

最近では生活様式の変化などもあって、昔からの風習やしきたりなどがすたれつつあります。しかしお正月に関

記事を読む

願い事を叶える絵馬の正しい書き方!馬が描かれている由来は?

https://youtu.be/zV8hqUSOzZg 初詣などで神社にお参りにいくと、境内

記事を読む

北海道神宮の初詣2017年の混雑予想!参拝時間はいつがおすすめ?

年末年始はふるさとに帰り、のんびりとしたお正月を過ごす方も多いかと思います。または、お正月休

記事を読む

鏡餅っていつまで飾るの?鏡餅の意味・由来と正しい飾り方

お正月には、鏡餅を飾りますよね。 昔は、お正月には、お餅屋さんにお餅を頼んでいて、鏡餅も、

記事を読む

年越しそばの由来! 食べるタイミングはいつ? 英語ではどう言うの?

年末が近づき大晦日になると、「年越しそば」を食べる人が多いですよね。 でも、「蕎麦

記事を読む

正月太りは運動や食事で解消!正月明けに太ってしまう原因は?

楽しくお正月を過ごし、さて初出勤と鏡に向かうと自分の体型に驚くことはありませんでしょうか?

記事を読む

伏見稲荷大社の初詣 2017年の混雑予想!狙い目の時間・見所は?

小さい頃、好きなお寿司と聞かれて、「おいなりさん!」と答えてしまい、そうだけどね…と親を慌て

記事を読む

2017年の縁結びに!氷川神社の初詣、狙い目の参拝時間と混雑予想!

お正月の恒例行事の一つに、初詣があります。 普段それほど信仰心が無くても、初詣だけは欠

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「雪」の名前と種類を紹介!雪の結晶ができる秘密とは?

冬になると降り積もる雪は、とてもロマンティックですよね。 神秘的

トゥリング(足の指輪)を付ける足の指にはどんな意味が?最適な付け方は?

きれいで素敵なアクセサリーは、特に興味がない人でも一つは持って

メンズサングラスの選び方のポイントは?人気のブランドも紹介!

屋外や運転中など、日光が眩しいと感じた時に使いたいのがサングラ

メンズ用のおしゃれなクラッチバック!おすすめの人気ブランドはコレ!

男性用のカバンというと、メッセンジャーバッグやリュックなど大き

マニキュアを早く乾かす方法は?キレイにできる塗り方のコツも紹介!

指先は意外と人に見られていて、ここの印象でその人全体の印象が変

→もっと見る

PAGE TOP ↑