正月太りは運動や食事で解消!正月明けに太ってしまう原因は?

| 年末・年始・正月 | , , , ,

syogatsufutori4

楽しくお正月を過ごし、さて初出勤と鏡に向かうと自分の体型に驚くことはありませんでしょうか?

心なしか顔がふっくらむくんでる。見なかったことにしたいけれど体重計の数字が…。



正月を楽しく過ごしたあとに待ち受ける、「正月太り」という現実はなんとしてでも避けたいものです。太ってしまう原因を把握して、正月太りの対策を取りたいですね。

ということで、お正月明けに慌てない、

正月太りの原因と運動や食事などの解消方法についてまとめました。

スポンサーリンク

正月太りしてしまう原因は

年末年始は誘惑だらけ!

月太りの最大の原因は、年末年始のごちそうにあります。

お年始の挨拶回りをすれば、各家庭で美味しいものが出されてつい食べ過ぎることも。久しぶりに帰省して地元の友人と集まるときにも、お酒やごちそうをたっぷりといただきますよね。

これら一つ一つはささいなカロリーでも、積み重なると膨大なカロリーを摂取することとなります

syogatsufutori1

おせちとお餅は甘いワナ

お正月といえば、おせちお餅は欠かせません。しかしこれらの料理は、正月太りを招きやすい料理でもあります。

おせち料理は、主婦がお正月に動かなくても良い「保存食」の側面があります。そのため料理が傷まないように、砂糖やみりんで甘く味付けされているものが多いのが特徴。それらがおせちとしてまとまると、結構なカロリーになります。

またお餅は、100gで比較するとご飯よりカロリーが高くなります。

お餅 100gあたり 235kcal
1切れ(50g) 120kcal
ご飯 100gあたり 168kcal
ご飯茶碗1杯分(150g) 252kcal

こちらを見てわかることは、お餅一個だけならご飯よりもカロリーは抑えられる事です。

しかしお餅は何個も食べてしまいますし、砂糖醤油やきなこをつけると更にカロリーが。つい何個も食べてしまう点が、お餅で太ってしまう原因となってしまいます。

「寝正月」が太る

普段忙しく過ごしているひとも、お正月だけはのんびりと過ごすことでしょう。「寝正月」という言葉がある通り、何もしないで過ごすお正月も。

しかしだらだら過ごす寝正月と、おせちなどのごちそうを食べる生活は最悪の組み合わせ。普段よりカロリーを多くとっているのに、運動をせず過ごすとぜい肉に化けてしまいますね。

スポンサーリンク

正月太りを運動で解消する方法

テレビを見ながら体を動かす

正月太りは正月の過ごし方を気をつけることで、ごちそうを食べていても抑えることができます。

例えば家でテレビを見るにしても、寝転がるのではなくて、椅子に座るだけでも違ってきます。またテレビを見ながらでいいので、少し体を動かすのも効果的。

syogatsufutori2

ながら運動でおすすめなのが、「古雑誌を使った踏み台昇降運動」です。大掃除で出た古雑誌を10センチ位の高さに束ね、その束を使って「階段昇降」を行います。お正月は駅伝などの放送がありますので、それを見ながら10分ほど行うだけでもスッキリしますよ。

□動画で解説!踏み台昇降のやり方

*こちらの動画では大きな台を使用していますが、10センチ程度の高さでも充分効果があります。

一駅分・一階分

正月太りでふっくらしてしまった場合、なるべく1月中に元の体重に戻しましょう。ジムに通うのも効果的ですが、日常生活に少し体を動かすことを取り入れるのも効果的。

例えば…
・通勤時にひと駅分歩けそうなら、無理のない範囲で一駅分歩いてみる
・社内でエレベーターを使わずに、階段を利用する
・立ち仕事をするときに、かかとを浮かせて仕事をする
・デスクワークでは背中を丸めず、意識して姿勢を良くする

ささいな事ではありますが、意識するだけでもかなりカロリーが消費できますよ。

正月太りを食事で解消する方法

野菜からよく噛んで食べよう

syogatsufutori3

お正月のごちそうもそうですが、食べる順番を気をつけるだけでも正月太りを解消できます。

基本は腹八分目を心がけ、もう少し食べたい位で食事を終えるのが理想。

その上で先に肉を食べるのではなく、野菜から先に食べる事を心がけましょう。野菜に多く含まれる食物繊維が満腹感を呼び、自然と腹八分目となります。

また食事はよく噛んで食べると、脳がお腹いっぱいと勘違いします。

なので、食事は先に野菜をよく噛んで食べることで、食べ過ぎを防いでカロリーを抑えられます。

体を燃やす食材を取る

正月太りの解消に運動は欠かせませんが、運動をサポートする食事も必要です。具体的には脂肪が燃えやすい食事を取ることで、効率的に脂肪を燃えやすくなります。

脂肪が燃えやすい体にするには、体を温める食事を意識して摂ることが重要

とろみのあるスープほんのりピリ辛味の料理は、食べたあとも体をホカホカに保ってくれます。生姜・唐辛子などの香辛料を上手に活用して、脂肪が燃えやすい食事を心がけましょう。

我慢ではなく楽しむ気持ちで

正月太りは嫌ですが、せっかくのお正月を楽しく過ごせないのはもっと嫌です。食べたら太ると考えるのではなくて、年の始めに楽しいことを!と考えましょう。

美味しいごちそうを食べたあとに体を動かせば、もっと美味しくごちそうが食べられる。そんな前向きな気持ちこそ、新年にふさわしいかもしれません。

新年に体型維持を近って正月太りを防げたら、きっと素敵な1年を過ごせますよ!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

お正月のおとそ(お屠蘇)の作り方!正しい飲み方と作法とは?

最近では生活様式の変化などもあって、昔からの風習やしきたりなどがすたれつつあります。しかしお正月に関

記事を読む

お年玉の意味・由来!お年玉を渡すときのマナーは?

子供の頃は、お年玉が楽しみでしたよね。 私自身は、最近ではもっぱら「あげる」方になってしま

記事を読む

無料で使える!2017年酉年の年賀状素材とテンプレート7選!

秋も深まってくると、そろそろ年末年始のことが気になり出しますね。 クリスマスの準備・お

記事を読む

当たって嬉しい!忘年会にピッタリのおすすめの景品7選!

会社などの大人数での忘年会では、ちょっとしたゲームを行うことも多いのでは。 そんな時に豪華景品

記事を読む

初詣はいつまでに行けばいいの?初詣の意味や由来は?

お正月には、初詣に行く人も多いですよね。 毎年正月には、みんな揃って初詣に行く習慣のあるご

記事を読む

初夢っていつ見た夢?縁起のいい初夢を見るための方法

新年を迎えてお正月と言えば、気になるのが、 「初夢」。 ・初夢はいつの夜にみた夢のこ

記事を読む

旧正月っていつ?日本ではお祝いしないの?

お正月っていつのことだと思いますか? 日本では、1月1日の元日から始まるのがお正月だと

記事を読む

余った年賀状は交換できるの?未使用の年賀はがき活用法!

最近は宛名も印刷することが多い年賀状。それでも書き間違いなど出てしまいますよね。それに少し多

記事を読む

お歳暮を贈るのはいつからいつまで?過ぎてしまったらどうする?

年末には、普段お世話になっている方に、 今年一年間の感謝の気持ちを込めて、 お歳暮を贈りたい

記事を読む

喪中時に届いた年賀状 返信はどうする?寒中見舞いの文例は?

喪中時には、喪中はがきを出すものですが、 それでも年始になって年賀状が届く場合もありますよね。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

霧(きり)と靄(もや)と霞(かすみ)の違いとは?気象上の定義では?

霧の都とも呼ばれているロンドン。映画などで霧に濡れるシーンを見

ひょう(雹)・あられ(霰)・みぞれ(霙)の違いとは?雪とはどう違うの?

フワフワと降る雪はロマンチックですが、実際には雪ではなく「みぞれ」が降

横田基地友好祭、2017年の日程と見どころ!食べ物も気になる!

普段の生活において米軍基地は、あまり身近な存在とは言えません。

関西で戌の日の安産祈願に行くならこちら!有名な神社・お寺5選!

生まれてくる我が子のために、出来る事はなんでもしたいのは昔も今

人気の高い「梨」の種類とは?旬の時期や美味しい梨の選び方も紹介!

秋になると美味しくなる果物の一つに、梨があります。シャリシャリ

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑