浅草寺の初詣、2017年の混雑予想!参拝時間はいつがいい?

| 日本の習慣・行事 | , , ,

asakusahatsu1

浅草と言えば、江戸の「粋」がぎゅっと詰まった下町。国内外で大人気のスポット。

中でも浅草寺は常に人で賑わう人気スポットですね。初詣となると大混雑は覚悟しなければなりません。

しかし浅草界隈は、日本のお正月らしさを楽しむためにもぜひ行きたいところ。初詣でもなるべく人ごみを避けて、じっくり願い事を神様に伝えたいですよね。

そんな浅草寺の初詣について、
・2017年の初詣の混雑予想
・おすすめの参拝時間
・浅草寺へのアクセス情報

についてまとめてみました。

スポンサーリンク

初詣で混雑する日・時間帯

カウントダウンは大混雑!

草寺は全国的に見ても、大人気の初詣スポットです。三が日だけで約280万人も訪れるため、常に混雑していると思ったほうが早いでしょう。

その中でも特に混雑するのは、この日・時間帯となります。

■12月31日午後11頃から元日午前3時頃まで
年明けをここで迎えたいという人や、紅白を見てから行動開始する年配の方で大変混雑します

どれぐらい混雑するかというと、仲見世通りの外まで行列が発生するほど!スリや、押し合いで怪我や体調不良もあり得ますので充分気をつけて下さいね。

*見渡す限りの人で、身動きが取れないほどです!

■三が日の午前10時頃から午後5時頃まで
国内有数の観光スポットであり、外国から見た「日本らしい」観光スポットでもある浅草。しかも交通の便がよくて買い物帰りに立ち寄れるため、三が日の日中は常に混雑しています

2017年は元旦が日曜日で正月休みが短い傾向もあって特に混雑が予想されます。カウントダウンの時とまではいきませんが、ある程度並ぶことを覚悟しましょう。

*歩行者目線での、元旦の浅草寺です。仲見世通りを過ぎた辺りから行列が…。

おすすめの参拝時間は?

早朝が狙い目!

常に大混雑する浅草寺も、さすがに人々が眠りにつく時間帯は混雑は避けられます。

境内は24時間入れますが、真夜中に行くのはわびしいですし少し怖いですよね。それに地下鉄なども動いていませんし、タクシーで行くとなると運転手さんに心配されそう。

三が日に参拝したい場合は、
早朝4時頃から8時頃までが狙い目
です。

特に午前6時半以降は、本堂なども開いているので、ある程度ゆっくりお堂を楽しむことも可能。

重要文化財となっている「二天門」や、有名な「五重塔」もこの時間ならゆっくり見ることが出来ますよ。さらに敷地内北東部にある「浅草神社(三社様)」にも、余裕を持って行けますね。

スポンサーリンク

三が日明けまで我慢する

早朝や夜遅くに行くのは難しい、日中の行きやすい時間に混雑を避けたい…。

その気持ちはわかりますが、日中の浅草寺は「常に混雑してるもの」と覚悟して下さい。

それでも三が日がすぎれば落ち着くので、それまで待つのもアリでしょう。松の内である7日までの間に参拝すれば、お正月の初詣らしさは保てるのでは。それでも松の内までは混雑しますので、行くなら平日が狙い目です。

本堂の開堂時間に注意!

浅草寺のお堂は開いている時間が決まっています。

普段は午前6時半から午後5時までですが、年末年始はいつもと時間が違うので注意が必要です。

asakusahatsu3

浅草寺の年末年始の開堂時間は、次の通りです。

12月31日…午前6時30分から午後7時頃まで
1月1日…年明け直後から午後8時30分頃まで
1月2日~3日…午前6時30分から午後8時頃まで

※1月4日以降は通常どおりです。

31日の午後7時に一度お堂は閉めますが、年越し直後の午前0時に再び扉が開かれます。この瞬間を見たいがために行く人も多いので、年越しの浅草寺は大混雑するんです。

なおお守りなどが購入できるのは、お堂が開いている時間帯のみです。購入を検討している方は、そこでも並ぶことになるので余裕を持って行動しましょう。

浅草寺へのアクセス

浅草寺には駐車場がありませんし、年末年始の浅草周辺は常に渋滞します。車で行くのは非常に難しいので、公共交通機関を利用して行きましょう。

電車でのアクセス

浅草寺の最寄り駅は4つあるので、地元や宿泊先殻のアクセスで選びましょう。

・東武鉄道・東武スカイツリーラインの終点「浅草駅」で下車、徒歩5分
・東京メトロ・銀座線の終点「浅草駅」で下車、徒歩5分
・つくばエクスプレス「浅草駅」で下車、徒歩5分
・都営地下鉄・浅草線「浅草駅」で下車、A4出口より徒歩5分

初めて浅草寺へ行くのなら、一番わかりやすいのが東京メトロです。

出口を出ると雷門通りなので、道なりに進めば見慣れた雷門に到着します。
ただしその分混雑も予想されます。余裕を持って行動するようにしてくださいね。

暖かい服装と時間つぶしを用意して

普段から混雑し、三が日は特に混雑が予想される浅草寺

初詣に行く時は暖かい服装にして、待ち時間の間も退屈しない工夫が必要です。1人で行くよりは友人や恋人と一緒に行き、待ち時間のおしゃべりを楽しむのも良いですね。

スマホをさわるのも良いのですが、視界が手元に固定されると急な移動やスリなどに気付けない場合もありますよ。

イライラせずゆとりを持って、浅草寺の初詣に向かいましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

立冬の意味とは?2016年はいつ?何の食べ物を食べるといい?

秋も深まり朝晩が冷えてくると、そろそろ冬かな?と思う季節になります。 そんな頃、カレンダーを見

記事を読む

お彼岸のお墓参りの仕方。時間や服装の作法は?

お彼岸の1週間は、ご先祖様を供養する期間です。 お彼岸の「彼岸」とは、川の向こう岸の意

記事を読む

海外はお祭り!2016年の冬至はいつ?食べ物や楽しい風習も紹介!

12月になると、かわいい動物がカボチャを食べたり、お風呂に入る映像を見かけませんか?

記事を読む

ひな祭りの由来・歴史とは?桃の節句と呼ばれる理由

春になると、女の子のいるご家庭では、「ひな祭り」が楽しみですよね。 雛人形(ひな人形)を準

記事を読む

昼間が一番長い日!2017年の夏至はいつ?ヨーロッパでは?

一年で一番太陽が長く出ている日・・ と言われているのが、 「夏至」 夏至の日には様々

記事を読む

啓蟄(けいちつ)の意味とは?2017年の啓蟄の日はいつ?

カレンダーを眺めていると、時々見慣れない言葉が書いてあって、「あれ?」と思うことがないでしょ

記事を読む

鯉のぼりを出す時期、しまう時期はいつがいい?洗い方もご紹介!

ジャンボこいのぼり http://youtu.be/9WfqZkJrhSE 春になると男の

記事を読む

土用の丑の日にうなぎを食べる由来とは?2017年はいつ?

夏が近づくとスーパーなどでは、「土用の丑の日」とのぼりが立つのをよく見かけますね。 土用の丑の

記事を読む

定番曲から驚きの曲まで!盆踊りの曲をご紹介!

お盆の時期になるとどこからか盆踊りの音色が流れ、耳にする機会も多いのではないでしょうか。

記事を読む

納涼祭が行われる意味と楽しみ方!夏祭りとの違いは?

「町内会主催で納涼祭を行います」と、回覧板などが回ってきたことはありませんか?あるいは勤務先

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

福島の会津まつり2017年の日程と見どころ!豪華参加ゲストも楽しみ!

日本全国で行われるお祭りには、その土地ならではの歴史が盛り込まれている

新潟上越の謙信公祭2017年の日程と最大の見どころは?

戦国時代の人物の中には、全国的に名前が知られて人気の高い人物が何人もい

深川八幡祭り2017年は本祭り!屋台や水掛けなど見どころを紹介!

東京を代表する、三大祭をご存知ですか? 神田祭・山王祭・深川祭が

盛岡さんさ踊り2017年の日程と見どころ!岩手の名前の由来は?

夏祭りといえば、盆踊りに代表されるように「踊り」のイメージがありません

男性の肌にも保湿は必要?メンズ用保湿クリームの選び方や使い方!

男性の肌の悩みで多いのが、気がついたら脂(あぶら)でテカテカに

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑