2016年の干支は丙申(ひのえさる)。申の由来や特徴は?

| 役立つ雑学 | , , , ,

sarueto1

年賀状を描く季節となると意識するのが、来年の干支のこと。年賀状の絵柄に干支を取り入れますし、生まれ年の干支ですと「年男・年女」と言いますよね。

気になる2016年の干支サル

漢字で書くと「申」となりますが、猿ではないのはどうしてでしょうか。それに申年生まれの人には、どんな特徴があるのかも気になりますね。

2016年の干支「申」の由来や、申年生まれの人の特徴について調べてまとめてみました!

スポンサーリンク

2016年の干支は?

2016年は申年!

2016年の干支は「申年(さる)」です。

動物のサルのことは「猿」と書きますが、干支のサルに関しては「申」という漢字を使います。

これは干支をわかりやすくするために、対応する動物を当てはめたからで、申という干支に対して、動物のサルを当てたため、読みも「さる」となったんですね。

sarueto3

10で一周、12で一周、60で一周

生まれ年などで使う「干支」の他に、「十二支」という言い方もします。十二支も干支も同じものと思いがちですが、実はそれぞれ違うもの。

十二支は12で1つの周期とするもので、一般に使っている「干支」と言えば、この十二支のことを言う場合が多いですね。

しかし本来の干支は、「十二支」と「十干」を組み合わせたものです。

「十干(じっかん)」とは次の通り、10で1周する周期のこと。

甲(こう・きのえ)
乙(おつ・きのと)
丙(へい・ひのえ)
丁(てい・ひのと)
戊(ぼ・つちのえ)
己(き・つちのと)
庚(こう・かのえ)
辛(しん・かのと)
壬(じん・みずのえ)
癸(き・みずのと)

十干の10 と十二支の12を組み合わせていくと、最小公倍数で60 になるので、干支は60で一回りとなるんです。

あまり馴染みのない干支の周期ですが、有名なものに「還暦」があります。

これは生まれた時の干支が一周した記念に、長寿をお祝いするもの。漢字を見ても「暦」が「還る」とありますが、干支が一回りして戻った事を指すんですね。

そして、2016年の正しい干支は、十干が「丙(ひのえ)」、十二支が「申(さる)」なので、「丙申(ひのえ・さる)」となります。

豆知識として覚えておくと、どこかで役に立つかも知れませんよ。

スポンサーリンク

申の由来と特徴

申が持つ特徴

「申」は1年ですと7月、時間ですと15時~17時頃を指し、方角としては北よりの南西を指します。

また占いの一つである「五行」では「金」の属性を持ち、陰陽では「陽」の属性を持ちます。

更に「申」という字は、「樹木の果物が熟して固まっていく様子」を表したもの。

本来で言うと、動物のサル自体には特に意味がありませんが、サルは木と関係の深い生き物ですし、申の字の由来とも相性抜群ですね。

申年生まれの人はこんな人!

これらをまとめると、申は占い的には次の特徴を持ちます。

◎超ポジティブ盛り上げ担当!
猿は木の上を飛び回る、とても活発な印象を持つ動物です。「申」という文字も木と関係がありますし、猿の活発さを更に後押しします。

さらに陰陽の「陽」の属性を持つ人は、明るく人付き合いが得意で活発という特徴が。そのため人づきあいの上で、困っている人を助けたり盛り上げるのが大好きです。

1人いると場が明るくなる、悪い空気を変えられるポジティブ思考の人。それが申年生まれです。

◎頭の回転が早い
一方で猿という生き物は、森の奥深くを支配する神様だという考え方もあります。五行の「金」にも冷静で思慮深く、確実性を重要視する特徴が。

なので申年の人は内面で考えを巡らせ、人よりも早く答えに辿り着ける要素をもちます。そして考えがまとまれば、一気に行動を起こして世間をあっと言わせる天才肌の側面も。

◎クセモノ
ただし人より頭の回転が早いということは、その結果にもいち早く気づけるという事。もしダメだったと判明した時点で、すっぱり切り捨てられる潔さも持ち合わせています。

この切り替えの早さが、外から見ると「飽きっぽい」「冷徹」と取られる事も。楽しいけれど抜け目ない、油断してはいけない「クセモノ」と思う人もいるようです。

豊臣秀吉は申年の申し子?

申年生まれと言われている人で、もっとも申年らしい特徴を持つのが「豊臣秀吉」です。

織田信長の下で、サルと言われつつ出世した時代が「盛り上げ要因」に。一夜城(戦場にて、1日で城を建てたという伝説)から見える、回転の速さと行動力。そして天下人となった、抜け目無さと冷徹さ。さらに言えば死後も徳川家にずっと敵視されてきた、「クセモノ」の素質。

一部こじつけもありますが、これほど申年の特徴が出た人も珍しいのではないでしょうか。

元気よく2016年を過ごして!

sarueto2

参考記事(2017の干支):2017年の干支は丁酉(ひのととり)。酉年の特徴や由来とは?

周囲にいるだけで自分も周りも、明るく楽しくすることができる申年生まれの人。油断ならないと思われがちですが、本当は楽しいこと大好きで積極的に動ける人なんですよ。

もし周りに申年生まれの人がいるのなら、2016年はこの人と一緒に行動してみては?自分では考えもつかなかった事や、新しい発見がたくさんできるかも知れません。

おさるさんのような行動力を発揮して、元気よく楽しい2016年にしたいですね!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

本についた嫌な匂いをキレイに消す方法は?

古本や古書についた特有の匂い。 大事な本、貴重な本であっても、 気になる匂いがついていた

記事を読む

アメリカンコーヒーとブレンドコーヒーの違い!アメリカンは薄い?

朝は1杯のコーヒーから! という方、多いんじゃないでしょうか? 私もその1人ですが、

記事を読む

ゲン担ぎに!縁起の良い1桁と4桁の数字は何?逆に縁起の悪い数字は?

ナンバープレートの数字が、好きなものを選べるようになってだいぶ経ちます。希望する数字が空いて

記事を読む

「お疲れ様です」と「お疲れ様でした」の違いって何?どう使い分ける?

挨拶は、人間関係の基本。 職場でも気持ちのいい挨拶を心掛けたいですよね。 「お疲れ様です」と

記事を読む

くしゃみの回数からわかる噂の由来や意味とは?何回だと良い?

よくくしゃみをすると、「誰かに噂されてるよ」と人に言われませんか? くしゃみ自体は鼻に

記事を読む

飛行機に乗ると耳が痛い!その原因と対処法は?

長距離の移動に飛行機は便利ですが、乗りたくないと言う方も中にはいます。高いところが怖いといっ

記事を読む

「雪」の名前と種類を紹介!雪の結晶ができる秘密とは?

冬になると降り積もる雪は、とてもロマンティックですよね。 神秘的な結晶の集まりである雪は、存在

記事を読む

「制作」と「製作」の違いとは何?それぞれの意味と使い分けは?

日本語には同じ音で違う漢字と意味を持つ言葉が多く、迷ってしまうことがよくあります。 漢

記事を読む

ピンキリの意味や由来。ピンとキリではどっちが上なの?

日常の会話の中で、ちょっとした言い回しを聞くことがよくあります。なんとなく意味はわかるけれど

記事を読む

使い捨てカイロの正しい捨て方とは?有効に再利用する方法も紹介!

寒い季節の必需品の一つに、使い捨てカイロがあります。 10時間程度暖かさが持続する使い

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

雨の日でも自転車に!レディース向けレインコートのブランドならコレ!

毎日の通勤や買物に、自転車は無くてはならないアイテムです。

神戸開港150年記念、kobeみなとマルシェ!2017年春の日程と見どころ!

兵庫県の神戸といえば、オシャレで食べ物も美味しい港町。

北海道神宮祭2017年の日程と時間!札幌まつりの愛称で親しまれている理由は?

6月から7月にかけては梅雨の時期で、賑やかなイベントは行われな

北海道の洞爺湖ロングラン花火大会、2017年の日程と見どころ!

花火大会と言えば夏のイメージが強く、また毎年1回だけというイメージ

紫外線で使われるUVAとUVBの違いとは?どっちの対策が大事?

日差しが強くなる夏に向けて、紫外線対策をと考える人は多いかと思

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑