シャンパンとスパークリングワインの違いとは?味や値段は?

champagnewine3

おしゃれなパーティの乾杯には、美味しいスパークリングワインは欠かせません。

中には「ちょっと奮発しちゃった!」と、シャンパンで乾杯することもあるでしょう。

ところで、シャンパンとスパークリングワインってどう違うのでしょう?シャンパンのほうが高級なイメージがありますが、あまり違いについては知らない方が多いのではないでしょうか。

ということで、知ればもっと美味しく飲める、シャンパンとスパークリングワインの違いや味や値段を含めた特徴についてまとめてみました。

スポンサーリンク

シャンパンとは?スパークリングワインとは?

スパークリングワインとは?

実はシャンパンもスパークリングワインも、分類上は同じ「ワイン」の一種となります。

ワインはブドウを発酵させて製造しますが、この時発生した炭酸ガスが一定以上残るものがあります。また中には出来上がったワインに炭酸ガスを注入して発泡するようにしたものもあります。

こうして作られたもののうち、一定以上の炭酸ガスの圧力(3気圧以上のガス圧)があるものを、スパークリングワイン(Sparkling wine)と呼びます。少しガス圧が弱いものは「弱発泡性ワイン」というものになるのですが、こちらの方もスパークリングワインと呼ぶのが一般的ですね。

スパークリングワインは、ロゼをブレンドして作られますが、のスパークリングワインあります。鮮やかなワイン色が発泡する様子は素敵ですよ。

シャンパンとは

champagnewine1

ではシャンパン(Champagne)とは、一体どういうものなのでしょうか。

わかりやすく言ってしまうと、シャンパンとはスパークリングワインの銘柄の一つ

日本酒や焼酎で様々な銘柄があるように、ワインにも様々な銘柄がありますよね。シャンパンも銘柄の一つですが、とても有名なためにお酒の種類の一つと思われがちなんです。

シャンパンが「シャンパン」を名乗るには、次の条件が必要となります。

・フランス・シャンパーニュ地方でとれた、特定の品種のぶどうのみを使用する。
・独自の伝統製造を守り、シャンパーニュ地方で製造する。
・ワイン瓶の中で、独自の酵母で二次発酵させる。

この条件を満たしていないものは、とても美味しくても「スパークリングワイン」ということになります。

スポンサーリンク

シャンパンとスパークリングワインの違い

シャンパンの特徴は?

ャンパンの特徴は、伝統的な製法を厳密に守っていること。使われるブドウも、以前は「シャルドネ」「ピノ・ノワール」「ピノ・ムニエ」のみでした。

現在はもう少し種類が増えていますが、それでも限定された品種からでしか作られません。こうして作られたものを、各ワイン工房で美味しくなるようブレンドして出荷されています。

シャンパンのラベルには、必ず「Champagne」と表記されています。購入する際には必ずこの点を確認して購入すると、買い間違えを防げますよ。

シャンパンの味は、全体的には口当たりが軽くて甘い味わいのものが多いのですが、工房ごとで大きく変わります。中には辛口のものも。辛口のシャンパンは、ラベルに「BRUT(ブリュット)」と表記されているので、選ぶ際には確認しましょう。

気になる値段ですが、一般的なスパークリングワインよりも少々お高め。輸入品ですので変動がありますが、その年の新作が4,000円以上と考えておいて下さい。

当たり年ですと更に値段は上がりますし、ビンテージ品にもなると100万するなんてものもあります。そこまでになると手を出すのは難しいですが、その年の新作シャンパンなら、ぜひとっておきの日に頂きたいですね。

champagnewine2

スパークワインの特徴は?

パークリングワインの特徴は、多種多彩な製造方法があること。中にはシャンパンの製造法と同じく作られた、シャンパンの味わいに近いものも。

もちろんシャンパーニュ地方で作られているわけではないので、厳密にはシャンパンではありません。しかし味は劣っていませんし、むしろこちらのほうが好みという人もいるぐらいです。

また多種多彩な製造方法があるため、それぞれの味の違いを比べて好みを見つける楽しみもありますね。シャンパンも幅広い味の違いがあるのですが、数ではスパークリングワインに軍配が上がります。

気になる値段ですが、シャンパンと同じ製法のものが1,000円台から購入が可能です。程よいものを探すなら、3,000円台で美味しい物がたくさん見つかります。更に良いものを探せば、シャンパン同様に価格は上がっていきます。予算と味の好みに合わせて選べるのが、スパークリングワインの強みとも言えますね。

飲み比べて好みの1本を

champagnewine4

幅広い製造方法があり、味も価格も多種多彩なスパークリングワイン
伝統の製法を受け継ぎ、職人がこだわりぬいて製造し続けているシャンパン

どちらがより良いというものではないので、好みと予算に合わせて選ぶのが一番です。

一時期「高いものが何でも美味しい」というのがありましたが、味はその人の好みで変わります。自分の舌で飲み比べて、あなたにとって一番美味しい物を見つけてはいかがですか?

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

霧(きり)と靄(もや)と霞(かすみ)の違いとは?気象上の定義では?

霧の都とも呼ばれているロンドン。映画などで霧に濡れるシーンを見るととても素敵に感じられますね

記事を読む

「雪」の名前と種類を紹介!雪の結晶ができる秘密とは?

冬になると降り積もる雪は、とてもロマンティックですよね。 神秘的な結晶の集まりである雪は、存在

記事を読む

風邪薬を飲んで眠気が来るのはなぜ?眠気対策法は?

体調が悪くなり始めたり、寒気を感じたり、 咳や鼻水が出始めると風邪薬を飲むものですが、 その

記事を読む

准教授と助教授の違いとは?また助教と助手はどう違うの?

テレビのコメンテーターに、よく「准教授」という肩書きの方が出演されています。 それを見

記事を読む

「ずつ」と「づつ」の違いや使い分け!正しいのはどっち?

先日メールで「3個づつ」と書いて友人に送信したところ、「ずつ では?」と指摘のメールが。その

記事を読む

官製はがきと郵便はがきの違いとは?私製はがきはどう違うの?

趣味と実益を兼ねて、懸賞に応募するという話をよく聞きます。 メールでの応募も増えている

記事を読む

「お疲れ様です」と「お疲れ様でした」の違いって何?どう使い分ける?

挨拶は、人間関係の基本。 職場でも気持ちのいい挨拶を心掛けたいですよね。 「お疲れ様です」と

記事を読む

にわか雨ってどんな雨?にわかの意味や驟雨との違いとは?

天気予報の精度が上がったと言われますが、それでもたまには予報が外れることがありますよね。晴れ

記事を読む

油性ペンの落とし方!手肌や服についたインクをキレイにするには?

ペンケースに一本あるととっても便利なのが、瓶や布などに書いても消えにくい油性ペン。 と

記事を読む

生かすと活かすの違いとは?使い分けはどうする?

日本語には、読み同じでも漢字が違う言葉が沢山あり、時々どちらなのか迷ってしまうことがあります

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

霧(きり)と靄(もや)と霞(かすみ)の違いとは?気象上の定義では?

霧の都とも呼ばれているロンドン。映画などで霧に濡れるシーンを見

ひょう(雹)・あられ(霰)・みぞれ(霙)の違いとは?雪とはどう違うの?

フワフワと降る雪はロマンチックですが、実際には雪ではなく「みぞれ」が降

横田基地友好祭、2017年の日程と見どころ!食べ物も気になる!

普段の生活において米軍基地は、あまり身近な存在とは言えません。

関西で戌の日の安産祈願に行くならこちら!有名な神社・お寺5選!

生まれてくる我が子のために、出来る事はなんでもしたいのは昔も今

人気の高い「梨」の種類とは?旬の時期や美味しい梨の選び方も紹介!

秋になると美味しくなる果物の一つに、梨があります。シャリシャリ

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑