長持ちさせるムートンブーツのお手入れ方法は?丸洗いもOK?

最終更新日: | ファッション | ,

寒い冬でも足元のおしゃれは、忘れたくありませんよね。

そんな方の強い味方が、もこもこで暖かくてかわいいムートンブーツ

しかしムートンブーツは、気がついたら薄汚れていることも多く、安いものなら諦めてシーズン終了で捨ててしまうことも。

そんなもったいないことをしなくても、ムートンブーツはしっかりとお手入れをすれば長く履けるんですよ!

手持ちのムートンブーツをキレイに保てる、簡単お手入れ方法を紹介します。

スポンサーリンク

ムートンブーツとは

羊の毛皮のブーツ

ートンブーツ(シープスキンブーツ・UGGブーツ)とは、どういったものなのでしょうか。

ムートンブーツとは、羊の毛皮からできたブーツのことを指します。

元々は羊毛の毛刈り職人が、余った羊の毛皮でブーツを作って履いたのが始まり。その後も空軍パイロットや一部サーファーが、暖かさの面で履き続けてきました。

それがファッショナブルなものとして一変するのは2000年代になってから。ハリウッドの有名女優を始めとしてアメリカのセレブ達が一斉に履き出したことから世界的なブームになりました。日本でもその暖かさとかわいさから、冬の定番靴として定着するようになったんですね。

sheepskinboots1

ムートンとフェイクムートン

ムートンブーツの特徴は、
・表面のスエード生地
・中の暖かな起毛

ムートンブーツは本来は羊の毛皮で作られているもの。ですが安いものですと化繊で出来ているものもあり、中はウールでも、外のスエードが豚や牛のスエードという事もあります。価格を安くするためという事もありますが、雨や雪がしみない為の対策として使われていることもあります。

いずれにしても購入する際には、ムートンブーツの素材を確認しておきましょう。

スポンサーリンク

ムートンブーツのお手入れ方法

基本は「ブラッシング」

どの素材のムートンブーツでも、履いて帰宅した後に行う基本のお手入れは同じ。

それほど汚れていないのならば、まずはブラッシングを行います。

靴屋に行くとスエード用のブラシが売られているので、ブーツを買うときに一緒に購入しておきましょう。出来れば馬の毛で出来た、すこし硬めのものがオススメです。

ブラッシングの方法ですが、力を入れず毛並みにそってブラッシングします。強くこすると表面がハゲる原因となりますので、あくまでも優しくブラシを使いましょう。

表面に汚れがある場合は、一度お湯で絞ったタオルで軽く拭くと汚れが落ちやすくなりますよ。

中のケアも忘れずに

暖かなムートンブーツは、どうしても中で汗をかきがちです。脱いだまま放置すると、雑菌やカビが発生して匂いの原因に。

その為ブラシをかけ終えたら、靴用の除菌・防臭スプレーを中に吹きかけます。その上で靴用の乾燥剤や新聞紙を中に入れ、形を整えつつ乾燥させましょう

面倒でもこのひと手間が、靴の嫌な匂いを防ぎますよ。

□自宅で出来るお手入れ(ムートンブーツ)

*ブラッシングから中のケア、一連の流れを確認しておきましょう。

雨に濡れた場合は

に濡れて中までしみてしまった場合は、まずは新聞紙などで形を整えます

その上で陰干しを行なって、2日ほどしっかり乾燥させましょう。

この時に何度か新聞紙を交換するのが、早く乾かすコツ。ストーブの前に置いたり乾燥機を使うと、型崩れの原因になるので地道に乾かしましょう。

自宅で洗ってみよう

汚れがひどい場合は、クリーニング店に任せるのが安心です。

しかし化繊のムートンの場合や、羊毛でも自分で何とかしたい場合は手洗いしてみませんか?

ムートンブーツを手洗いするには、次のものを用意しましょう。

・ムートン専用のシャンプー
・ぬるま湯
・洗うための大きいたらい・バケツ
・吸水性の良いタオル数枚

洗い方は次のとおりです。

1.バケツか大きいたらいにぬるま湯を張り、シャンプーを入れます。
2.ムートンを優しく沈めます。
3.そのまま優しく、毛並みを撫でるように洗います。
4.ぬるま湯を取り替えて、優しく撫でるようにすすぎます。
5.軽く押すようにして水分を軽く出してから、タオルで押すようにして水分を取ります。
6.ある程度水分がとれたら、形を整えて2日ほど陰干しします。

ポイントは、とにかく優しく洗うことです。

羊毛のムートンの場合は、強く洗うと縮みと変形の原因に。化繊のムートンの場合は、毛が抜け落ちる原因となってしまいます。

乾燥する際も、熱風を当てるとムートンが痛む原因になるので、陰干しを徹底するようにしましょう。

手入れは買った時から!

sheepskinboots2

履いた後に面倒がらずに手入れを行うことで、驚くほどムートンブーツは長持ちします。見た目もキレイで匂いもなく、何年も愛用できるので思い切って良い物を買いませんか?

更に長持ちさせるポイントとしては、買ってすぐに防水スプレーで保護してあげる事。このひと手間があるだけで、履いた時の汚れや水濡れをかなり防いでくれます。

またムートンブーツを買うときは、お手入れグッズも一緒に購入しましょう。

それがムートンブーツを、長くきれいに履き続けるコツですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

レディース用ビジネススーツの選び方!おすすめのブランドは?

就職準備に必要なものの一つに、ビジネススーツがあります。就職先によっては不要かも知れませんが

記事を読む

メンズ必見!麦わら帽子のおしゃれなかぶり方。コーデのコツは?

夏が近づくにつれ、活用したいアイテムの一つであるのが、麦わら帽子。 特にメンズの麦わら帽子

記事を読む

アルパカとカシミヤの違いとは?どっちが暖かいの?

寒い冬には、暖かい服やマフラーがマストアイテム。 暖かい素材にもいろいろありますが、アルパ

記事を読む

おしゃれなネクタイの結び方!定番から個性的な方法までご紹介!

サラリーマンならもちろんのこと、 冠婚葬祭で着用するスーツには、ネクタイが必需品ですよね。

記事を読む

ドレスコードでスマートカジュアルってどんな服装?着こなし方は?

みなさん、パーティーにお呼ばれしたことはありますか? フォーマルなパーティーやイベントではドレ

記事を読む

メンズのトレンチコート・ベルトの結び方!前も後ろもかっこ良く!

冬に活躍するトレンチコートは、暖かさと丈夫さを兼ね備えた実用的なアウターですね。 ただ

記事を読む

見た目もすっきり!タイツにできた毛玉の取り方!毛玉を防止するには?

女性にとって足腰の冷えは、様々な不調を引き起こす原因に。 足元を温めるためにも、冬はスカートの

記事を読む

クロップドパンツとアンクルパンツの違い。丈やデザインは?

最近は直接お店に行かず、ネットショップなどで服を購入することも多いかと思います。しかしネット

記事を読む

チュニックとワンピースとブラウスの違いは何?それぞれの特徴は?

コーディネートに困ったときに、一枚でコーデが完成するワンピースはとても便利。デザインによって

記事を読む

レディースの春ブーツコーデ!おしゃれのポイントは?

冬の足元で大活躍したブーツ。春の訪れと共に片付けようと考えていませんか? 実は、 春

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

すずらんの花言葉とは?フランス語での違いと怖い裏花言葉も紹介!

春になると様々な花が咲き、私達の目を楽しませてくれます。 その中

雨の日でも自転車に!レディース向けレインコートのブランドならコレ!

毎日の通勤や買物に、自転車は無くてはならないアイテムです。

神戸開港150年記念、kobeみなとマルシェ!2017年春の日程と見どころ!

兵庫県の神戸といえば、オシャレで食べ物も美味しい港町。

北海道神宮祭2017年の日程と時間!札幌まつりの愛称で親しまれている理由は?

6月から7月にかけては梅雨の時期で、賑やかなイベントは行われな

北海道の洞爺湖ロングラン花火大会、2017年の日程と見どころ!

花火大会と言えば夏のイメージが強く、また毎年1回だけというイメージ

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑