赤ちゃんだってクリスマス!離乳食で作るクリスマスメニューは?

最終更新日: | クリスマス | , , ,

赤ちゃんと一緒に迎えるクリスマス、楽しみですが食事のことが少し気になりますね。パパやママがごちそうを食べているのに、いつもと同じ離乳食だとちょっとかわいそう。かといって大人のごちそうはまだまだ早いですし、食べられないものもありますよね。

クリスマスの特別な離乳食を作りたいところですが、赤ちゃんが「ペッ」としてしまう事もありえます。

そんな悩めるママのために、今回は離乳食でクリスマスメニューを作るコツや、クリスマスにぴったりのおすすめ離乳食メニューについてご紹介します!

スポンサーリンク

クリスマス向けの離乳食を作るポイント

基本は「いつもの離乳食」

rinyuchristmas1

乳食で一番気をつけたいのが、味付けや油分、アレルギーに関すること

特にクリスマスディナーは、油分が多くて味付けも濃い目のものが多いので、赤ちゃんに与えると体に負担となってしまいます。またクリスマスディナーのおかずを、一部柔らかくして与えるといったことも避けましょう。

クリスマスの特別なディナーでも、作る時はいつもの離乳食を心がけるようにして下さいね

ペーストは万能選手

クリスマスカラーと言ったら、どんな色を思い浮かべますか?

・もみの木の緑色
・お星様の黄色オレンジ
・サンタの赤色
3色がクリスマスカラーですね。

離乳食を作るときには、この3色はよく見かけますよね。
ほうれん草の緑色、
人参のオレンジ、
カボチャの黄色などなど。

いつもの離乳食もこれらの色を上手に取り入れると、クリスマスらしさがアップ。見た目にもカラフルでいつもの味なので、赤ちゃんにもすんなり受け入れられますよ。

盛り付けをクリスマス仕様に

自分でスプーンを持ちたがる月齢になると、いかに食べやすくするかに意識がいきがち。普段はそれでも良いのですが、せっかくのクリスマスです。

きれいに盛りつけてクリスマスらしくしませんか?

例えば・・
・山型に盛り付けて、頂点に角切り野菜を一つ乗せてツリーに見立てる
・型抜きを利用して、柔らかく煮た野菜を繰り抜いて飾る
・器をクリスマスカラーに変えてみる
・ランチョンマットをクリスマスカラーに変更してみる

など。

少し変えるだけで、いつもの離乳食も立派なクリスマスディナーに変身しますよ!

ケーキには注意

クリスマスのお楽しみと言えば、クリスマスケーキ。しかし離乳食期の赤ちゃんには、ケーキをそのまま与えるのは危険です。

まず生クリームやバターなどが使われているので、油分が負担になってしまいます。材料にハチミツが使われていると、0歳時には食べさせられませんね。またアレルギーになりやすい「卵・乳製品・小麦粉」も使われているので、気をつけましょう。

スポンサーリンク

クリスマスディナー向けの離乳食

5~6ヶ月頃(ゴックン期)のクリスマスディナー

初期のゴックン期は、食べやすさと食事の美味しさを覚える時期です。

おかゆメインの離乳食なら、いつものおかゆに裏ごしした野菜ペーストでデコレーション。

ほうれん草ペーストでもみの木を書いたり、カボチャペーストでお星様をつくるとかわいくなります。もちろんうどんやパンでも、上にトッピングしてクリスマスらしく仕上げましょう。

大人がケーキを食べる間に、赤ちゃんにもケーキのイチゴをおすそわけ。すりおろしたイチゴ・りんごに少し裏ごし豆腐を混ぜて、簡単ムースでデサートも美味しいです。

rinyuchristmas2

7~8ヶ月(モグモグ期)のクリスマスディナー

モグモグ期の頃からお粥が七分がゆになり、盛り付けがすごく楽になります。

お皿の上で雪だるま型に形成し、目や口を野菜ででデコレーション。星型に繰り抜いた人参をトッピングすれば、いつものご飯でクリスマスプレートの完成。

ブロッコリーを細かく刻んでもみの木型にして、ポテトサラダを敷いて雪に見立てるのもいいですね。

□クリスマスイヴ離乳食

*盛り付けも参考になりますし、なにより赤ちゃんの食べっぷりが!

牛乳が大丈夫なら、野菜を小さな星型に切り抜いて牛乳とコンソメで煮るスープもオススメ。食べるときに少し野菜を潰すと、この時期の赤ちゃんでも安心です。カミカミ期になったらそのまま与えて、カミカミしてもらいましょう。

そしてデザートには、ウエハースに柔らかくした果物を乗せてケーキ風というのはいかがですか?

9~11ヶ月(カミカミ期)のクリスマスディナー

カミカミ期であるこの時期は、柔らかさと味付けに気をつければ、大人顔負けのディナーが作れます。一つのお皿に盛り付ける「ワンプレートディナー」にすれば、見た目も豪華に仕上がります。

・トマトと茹でて細かく割いた鶏肉で、柔らかチキンリゾット
・茹でて少し小さくしたブロッコリーや半分に切ったプチトマト
・星型のにんじんやパプリカ。
・豆腐と鶏ひき肉を混ぜて焼いたハンバーグ

などプレートに並べて置けば、もう立派なごちそうですね。

まだこの時期はケーキは食べられませんので、ホットケーキで蒸しケーキはいかがですか。半分に切って間に刻んだイチゴをいれれば、甘いケーキの完成です。水切りヨーグルトを添えたら、更にケーキらしくなりますよ。

きっと良い思い出に

rinyuchristmas3

クリスマスとは言っても、赤ちゃんにはいつもの食事と変わらず、頑張って作っても食べてくれない…なんて事もあるかもしれません。そんな時はちょっと挫けそうになりますが、何年も経てば楽しい思い出になるので大丈夫です。

初めてのクリスマスですから、どんな様子だったか写真や動画に撮って残しておきましょう!

あの時のクリスマスでは、
・こんなものを食べた…
・あれは食べなかった…
と、後で子供に話せる良い思い出になりますよ。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

パーティーで子供が喜ぶクリスマス料理は?定番7つご紹介!

子供が小さいうちは、家族だけで行っていたクリスマスパーティ。 でも小学生くらいになって

記事を読む

こんなに違う!日本と海外(欧米)のクリスマスの違いとは?

クリスマスが近づくと、子供から「これが欲しい!」とねだられる家庭も多いかと思います。

記事を読む

クリスマスに人気のシュトーレン。気になるカロリーと食べ方は?

日本ではクリスマススイーツで圧倒的に人気なのが、クリスマスケーキ。この他にブッシュドノエルや

記事を読む

子供と簡単手作り!飛び出すクリスマスカードの作り方!

クリスマスのお楽しみと言えば、プレゼントのやりとりです。 サンタさんからのプレゼントも嬉しいで

記事を読む

簡単に手作り!クリスマスプレゼントのための靴下の作り方!

クリスマスに欠かせないオーナメントの一つに、靴下があります。 枕元に靴下を置いて寝ると、翌朝サ

記事を読む

女性はどんなクリスマスプレゼントが欲しいの?予算はどれくらい?

クリスマス、女性にプレゼントするのは、男性の皆さんにとってはドキドキ、頭を悩ますもの。 「どん

記事を読む

クリスマスは家族と一緒!みんなで楽しく過ごすには?

12月の大きなイベントといえば、何と言ってもクリスマス! クリスマスと言えば、外で恋人や友人と

記事を読む

クリスマスケーキの定番ブッシュドノエル!名前の意味と由来は?

クリスマスのお楽しみと言えば、みんなで集まるクリスマスパーティーではないでしょうか。

記事を読む

クリスマスツリーの起源と由来。飾りの本当の意味とは?

https://youtu.be/cX-Dtm-NYoc ハロウィンを終えると、あっという間に

記事を読む

クリスマスにピッタリのおつまみは?簡単なのに可愛くて美味しい!

クリスマスのパーティでは、いつもよりはちょっとゴージャスな気分を味わいたいもの。普段は飲まないワイン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

雨の日でも自転車に!レディース向けレインコートのブランドならコレ!

毎日の通勤や買物に、自転車は無くてはならないアイテムです。

神戸開港150年記念、kobeみなとマルシェ!2017年春の日程と見どころ!

兵庫県の神戸といえば、オシャレで食べ物も美味しい港町。

北海道神宮祭2017年の日程と時間!札幌まつりの愛称で親しまれている理由は?

6月から7月にかけては梅雨の時期で、賑やかなイベントは行われな

北海道の洞爺湖ロングラン花火大会、2017年の日程と見どころ!

花火大会と言えば夏のイメージが強く、また毎年1回だけというイメージ

紫外線で使われるUVAとUVBの違いとは?どっちの対策が大事?

日差しが強くなる夏に向けて、紫外線対策をと考える人は多いかと思

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑