ローストビーフの盛り付け方!美味しそうに盛り付けるコツは?

最終更新日: | 飲食 | , ,

ーティーのお楽しみといえば、美味しい料理の数々。

特にローストビーフがあるだけでテーブルが豪華になりますし、クリスマスレシピにもローストビーフは欠かせませんね。

ですが、ここで悩むのが盛り付けのこと。盛りつけに失敗すると、せっかくの料理も台無しです。

しかしローストビーフの盛り付けは、基本とコツをつかめば何も怖いことはありません。見栄えもよく美味しく頂きたい、ローストビーフの盛り付け方を例を出してご紹介します

スポンサーリンク

ローストビーフの盛り付け方

基本はお刺身のように

roastbeef1

ローストビーフの盛り付け方ですが、一番簡単なのが少しづつずらして重ねる方法

イメージとしては、マグロのお刺身を盛り付けるようにと言えば解りやすいでしょうか。食べる人から見て斜め45度程度に傾けて、少しずつ重ねて盛り付けましょう。

お皿のフチに合わせて1列から2列ほど盛りつければ、それなりにきれいな見栄えになりますよ。

ボリュームアップは「半分に折る」

自分で作ったローストビーフは肉の厚さが調節できますが、買ってきたものではそうもいきません。出してみると思ったより薄切りで、並べてみたらボリュームが足りないときはどうしましょう。

見た目でボリュームを出す方法はいくつかありますが、一番簡単なのが半分に折る方法

厚みによっては完全に二つ折りになりますし、少し膨らんで二つ折になることもあります。その上でお肉同士を重ねて盛り付ければ、ボリュームアップになりますよ。

奥に山をつくる

・刺身のように重ねる
・薄い時は半分に折る

以上二つの基本を抑えた上で、盛り付けのテクニックを駆使してみましょう。

全ての料理の盛り付けに言えることですが、奥に山を作って手前を低くすると見栄えが良くなります

これをローストビーフに応用するなら、奥に添え物を山になるように置きます。オススメはクレソンなどの葉物野菜。マッシュポテトなどもお肉によく合いますね。

山を作ったら、奥から順番にお肉を並べます。皿の大きさにもよりますが、ギリギリまでたくさん乗せると見た目が豪華になります。一方で余裕ある並べ方をすると、オシャレさが演出できます。

ドーナツ状にする

roastbeef2

丸いお皿が用意できるなら、お皿のフチに沿ってドーナツ状に盛りつける方法もあります。この場合、中心部に隙間ができると思いますが、そこに添え物を乗せてしまいましょう。

中心部に山を作り、山肌に沿うようにドーナツ状にお肉を並べるのも良いですね。あるいはローストビーフを切った端の部分などを、クルッと巻いて入れてもいいですね。

ソースは少しだけ

ローストビーフに掛けるグレービーソース(gravy)ですが、少しだけ掛ける事を心がけましょう。お肉全てにかけてしまうと見栄えが悪くなりますし、味が濃くなってしまいます。

見栄え良くソースを掛けるのは難しそうですが、お肉の1/5ほどに掛ければ大丈夫。各自で掛けられるようにソースの小皿も用意すれば、味の調節も簡単です。

スポンサーリンク

そもそもローストビーフとはなに?

イギリスの牛肉料理

日本では特別な日に食べるイメージのあるローストビーフですが、そもそもどういった料理なのでしょうか。

ローストビーフイギリス発祥の料理で、牛肉の塊をオーブン蒸し焼きにして薄く切った料理。牛肉を焼いた時にでる肉汁からグレービーソース(gravy)を作り、肉にかけていただきます。

イギリスではヨークシャ・プティング(Yorkshire pudding)という、シュークリームの皮のようなパンと共に頂くのが一般的です。

実はローストビーフは「サンデーロースト(Sunday Roast)」と呼ばれる、イギリス独特のお昼ごはんの主役メニュー。イギリスでは日曜日のお昼を、オーブンで焼けるお肉中心の食事にする習慣があります。そのメニューとして、塊肉を焼くだけで作れるローストビーフが重宝だったんですよ。

□ローストビーフの作り方(炊飯器で作るレシピ)

*オーブンが無くても、炊飯器があれば作ることも可能ですよ。

作りおき料理?

ローストビーフはイギリスの伝統的な料理であり、あらゆる階層で食べられています。昔の貴族階級では、牛1頭を焼いて作る豪快なものでした。牛1頭を焼くのですから当然その日のうちには食べきれず、残りは平日に食べたのだそうです。

ところで「イギリスの料理は美味しくない」というのを聞いたことがありませんか?

その理由の一つが、この「大量に作るので鮮度が落ちたから」というもの。現在ほど保存技術が発達していなかった時代に、料理を何日も置いたら味も落ちますよね。しかもひと工夫して味を変えるといった事もあまりなかったそうで、それなら美味しくないのも少しわかります。

ちなみに現在は言われるほどイギリス料理の味は悪くないですし、特にローストビーフと言えばイギリスの代表的な美味しい料理ですね。

roastbeef3

盛り付けは難しく考えずに

クリスマスを始め、パーティに出す料理はなるべくなら見た目も華やかにしたいもの。特に主役になりうるローストビーフですと、特に頑張って盛り付けようと考えるのは自然なことですね。

盛り付けと言われると難しそうですが、要は食べたいと思える盛り付けにすれば大丈夫です。あまり難しく考えずに、それなりにきれいに並べれば、十分美味しそうに見えるもの。

ローストビーフの盛り付けのコツを掴んで、美味しそうな食卓をぜひ演出してみましょう。

スポンサーリンク

関連記事

生ハム原木とは?正しい切り方と最適な保存方法を紹介!

おしゃれな料理で見かける生ハムは、薄切りな事が多くもっと食べたいと思うことも。そんな方におすすめなの

記事を読む

甘くて美味しい!パイナップルの栄養効果とは?カロリーはどう?

https://youtu.be/p8JcVzbd9Zg 南国のフルーツと言われると、あなたは

記事を読む

チーズフォンデュのおすすめ具材はコレ!定番から変わり種まで

友人知人との集まりでチーズフォンデュを出すと、思わずテンションが上がりませんか? トロ

記事を読む

もずくの栄養と効果とは?酸っぱいのが苦手でも大丈夫な食べ方も

晩御飯に一品足りない時は、ササッと作れる、 もずく酢の小鉢っていいですよね。 我が家でも普通

記事を読む

マドレーヌとフィナンシェはどう違うの?作り方や味の違いなど

先日友人からフランスの焼き菓子の詰め合わせを頂いたのですが、その中にあったのが、長方形の形を

記事を読む

そうめんの美味しい食べ方。マナーで気を付けることとは?

夏に食べる機会の増えるそうめんは、冷っとして美味しいのですが、毎日食べ続けるとさすがに飽きてしまいま

記事を読む

銀杏(ぎんなん)の栄養と効能とは?食べ過ぎには注意!?

紅葉で黄色く色づくイチョウは美しいですが、イチョウの木周辺から異臭を感じたことがありませんか

記事を読む

ビフィズス菌と乳酸菌の違いとは?どんな食品に含まれてるの?

市販のヨーグルトのパッケージを見てみると、「乳酸菌」配合、また「ビフィズス菌」配合とあるのをよく

記事を読む

冷凍して美味しく食べよう!冷凍卵の作り方と活用レシピ!

生卵・ゆで卵・溶き卵に、目玉焼きに卵焼き…。 卵は昔も今も人気の食材の一つですね。 その

記事を読む

盛岡冷麺と韓国冷麺それぞれのカロリーは?おすすめレシピも紹介!

焼肉屋では美味しいお肉の他にも、サイドメニューに冷麺も楽しめますね。 特に冷麺は麺の弾力と喉ご

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トゥリング(足の指輪)を付ける足の指にはどんな意味が?最適な付け方は?

きれいで素敵なアクセサリーは、特に興味がない人でも一つは持って

メンズサングラスの選び方のポイントは?人気のブランドも紹介!

屋外や運転中など、日光が眩しいと感じた時に使いたいのがサングラ

メンズ用のおしゃれなクラッチバック!おすすめの人気ブランドはコレ!

男性用のカバンというと、メッセンジャーバッグやリュックなど大き

マニキュアを早く乾かす方法は?キレイにできる塗り方のコツも紹介!

指先は意外と人に見られていて、ここの印象でその人全体の印象が変

チュニックとワンピースとブラウスの違いは何?それぞれの特徴は?

コーディネートに困ったときに、一枚でコーデが完成するワンピース

→もっと見る

PAGE TOP ↑