足利フラワーパークの美しいイルミネーション2016-2017!期間はいつ?

ashikagaillumi3

東三大イルミネーション、というものをご存知でしょうか?

冬の時期のイルミネーションのでは、関東の中でも特に美しいとされる場所のこと。

今回紹介する「あしかがフラワーパーク」は、東京ドイツ村、江ノ島 湘南の宝石と合わせて、関東三大イルミネーションの一つなんです。

数多くのイルミネーションの中から選ばれるだけあって、その規模は格別!何度でも行きたくなるほど美しいイルミネーションに圧倒されますよ。

そんな、あしかがフラワーパークのイルミネーション
・2016年シーズン(2016年-2017年)の開園期間や料金
・イルミネーションの見どころ
・アクセス情報

について、まとめてみました。

スポンサーリンク

あしかがフラワーパーク・イルミネーションの期間

10月から2月まで

栃木県足利市にある「あしかがフラワーパーク」は、四季折々の花が楽しめるお花のテーマパーク。

毎年花が少なくなるに、イルミネーションが開催されます。

2016年の開催期間は、2016年10月22日(土)~2017年2月5日(日)「光の花の庭」と銘打って、自然の花に変わって光の花が咲き乱れます。

開園時間と点灯時間、入園料などは?

入園時間や点灯時間、入園料に関しては次のとおりです。

■通常の入園時間
11月下旬ごろまで…9時~18時
11月下旬以降  …10時~17時

■イルミネーション期間の開園時間
平日 …開園時間から21時まで
土日祝…開園時間から21時30分まで

■点灯時間:16時30分ごろ

■休園日:12月31日

■入園料
○開園~15時30分までの入場(昼の部)
中学生以上…300円~700円
4歳~小学生…100円~400円

○15時30分以降(夜の部)
中学生以上 …800円
4歳~小学生…400円

実は、あしかがフラワーパークでは、開花状況など、時期によって入園料が変更になる方式を採用しています。

イルミネーション時期の開園からの料金は700円(子供400円)になるかと思いますが、行かれる前に予め確認したほうがより確実でしょう。尚、15時30分以降に入園した場合は、800円(子供400円)となっています。

スポンサーリンク

あしかがフラワーパーク・イルミネーションの見どころ

藤棚をイルミネーションで

しかがフラワーパークの名物といえば、大藤棚

250畳とも言われる大規模な大藤棚は、足利市の春を名物として知られています。

この大藤棚をイルミネーションで再現したのが、
「藤のトンネル」
「奇跡の大藤」

です。

ashikagaillumi2

全長80mにもなる「きばな藤のトンネル」は、光の藤の花が咲いたかのよう。白藤のトンネルもあり、いずれも藤の花の下をくぐるような体験が味わえます。

「奇跡の大藤」では、藤の花が咲く様子をイルミネーションの光を動かすことで美しく再現。藤の花が咲かない季節でありながら、光の花が見る人を暖かく包んでくれます。

□あしかがフラワーパークのイルミネーション2014 園内全体

*奇跡の大藤は1分7秒頃から、藤のトンネルは1分20秒頃から見られます。

イルミネーションに動きを

あしかがフララーパークのイルミネーションの特徴として、動きがあることが挙げられます。光り方や音楽などをプログラムなどで制御し、イルミネーションに動きをもたせているんです。

例えば「レインボーマジック」では、魔法の虹によって夢と希望が生まれる様子を。

日本の四季「こころの故郷」では、どこか懐かしい日本の季節の移り変わりを光と音で表現。まるでミュージカルショーを見るような感覚で、大人も子供も楽しめるんです。

各所で開催されるイルミネーションは、定番のものもあれば新作も登場します。今年も新作が登場するかもしれませんし、その点にも注目ですね。

□あしかがフラワーパークのイルミネーション2012 こころの故郷

*これが全てイルミネーションなんですよ!

立体感のあるイルミネーション

あしかがフラワーパークのイルミネーションを見ると、全体的に立体感を感じませんか?動きがあるという特徴以外にも、イルミネーションでの立体造形が巧みな事も挙げられます。

だからこそキレイだなぁでは終わらずに、強い感動と楽しさがこころに強く残るのかも知れませんね。

あしかがフラワーパークへのアクセス

公共交通機関を利用する場合

東京方面からJRなどを利用する場合、上野駅から東北本線(宇都宮線)を利用します。

途中小山駅で両毛線に乗り換え、富田駅で下車します。ここからは徒歩で15分ほどで、あしかがフラワーパークに到着します。

車を利用する場合

東京方面から車で行く場合は、東北自動車道・北関東自動車道の利用となります。

・東北自動車道の場合
佐野藤岡ICで降りて、20分ほどで到着します。

・北関東自動車道
複数のICから降りることが可能です。

太田桐生IC → 20分ほどで到着。
足利IC → 15分ほどで到着。
佐野田沼IC → 15分ほどで到着します。

あしかがフラワーパーパークには、約300台が収容できる無料の駐車場があります。

しかしイルミネーションの時期、特にクリスマスシーズンなどは、駐車場が満杯になることもあります。また周辺道路も時間帯によっては渋滞でかなりの混雑になります。

車の場合は、15時半前到着を目標に、明るいうちから早めに行かれることをおすすめします。

夜景のプロが選んだからこそ

いかがでしたか?

関東三大イルミネーションのあと2つ、東京ドイツ村と湘南の宝石のイルミネーションについてはこちらの記事をご覧になって下さい。

■東京ドイツ村の冬のイルミネーション、期間や点灯時間は?
■湘南の宝石・江ノ島イルミネーション。開催期間や混雑状況は?

関東三大イルミネーションと言われても、実際に見るまではピンと来ないかも知れませんね。しかし様々なイルミネーション見てきたプロが、ここは美しいと認めたこその称号なんです。見慣れたプロでさえ美しいと思うのですから、私達が見ればその美しさに驚いてしまいますよ!

あしかがフラワーパークのイルミネーションは、関東三大イルミネーションの中でも、特に動きや立体感があって何度見ても飽きがこないです。あっという間に時間が過ぎてしまうほどですね。

あなたもぜひこの目で見て感動を味わってみませんか?

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

雪と一緒に!さっぽろホワイトイルミネーション2016-2017!点灯時間や場所は?

イルミネーションの季節と言えば冬。静かに降る雪と共にイルミネーションが見たいですね。

記事を読む

丸の内イルミネーション2016-2017の期間は?ディズニーとコラボはある?

イルミネーションを見るシチュエーションと言えば、どんな状況を思い浮かべますでしょうか?どちら

記事を読む

なばなの里、冬のイルミネーション2016-2017!期間や点灯時間は?

空気が澄んで夜空が綺麗になる冬は、イルミネーションが映える季節でもあります。近年はLED照明の発達で

記事を読む

立川の昭和記念公園イルミネーション2016!期間や見どころは?

冬になると各地でイルミネーションが楽しめますが、それだけだと飽きてしまうという人も。

記事を読む

LEDライトを使ったクリスマスイルミネーションを自作する方法

クリスマスには、お家でちょっとしたイルミネーションを飾るのって素敵ですよね。 以前にク

記事を読む

ドイツクリスマスマーケット2016の期間は?大阪でドイツを満喫!

日本でのクリスマスと言えば、プレゼントを交換してみんなで集まってパーティするイメージがありますよね。

記事を読む

東京ミッドタウン・クリスマス2016!イルミネーションの点灯時間や見どころ!

冬は寒くて出歩きたくないと思う人も多いですが、実は空気が澄んで夜空がとても美しくなる季節。

記事を読む

クリスマスのイルミネーションを家でするならLEDライトがお得!

みなさん、クリスマスにはお家でツリーを飾りますか? アメリカではほとんどのお家でクリスマスツリ

記事を読む

静岡の時之栖イルミネーション2016-2017!気になる期間や見どころは?

冬になると登場するイルミネーションは、街角でも見られてとても素敵ですよね。 しかしせっ

記事を読む

個性あふれる小倉イルミネーション2016-2017。点灯時間や見どころは?

イルミネーションと言えば、光輝く光景を目でゆったりと楽しむものがメインとなります。確かにそれ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

すずらんの花言葉とは?フランス語での違いと怖い裏花言葉も紹介!

春になると様々な花が咲き、私達の目を楽しませてくれます。 その中

雨の日でも自転車に!レディース向けレインコートのブランドならコレ!

毎日の通勤や買物に、自転車は無くてはならないアイテムです。

神戸開港150年記念、kobeみなとマルシェ!2017年春の日程と見どころ!

兵庫県の神戸といえば、オシャレで食べ物も美味しい港町。

北海道神宮祭2017年の日程と時間!札幌まつりの愛称で親しまれている理由は?

6月から7月にかけては梅雨の時期で、賑やかなイベントは行われな

北海道の洞爺湖ロングラン花火大会、2017年の日程と見どころ!

花火大会と言えば夏のイメージが強く、また毎年1回だけというイメージ

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑