人気のコーヒー豆とは?その種類と特徴を一覧で5つご紹介!

最終更新日: | 飲食 | , , ,

「コーヒーが大好き!」という方は多いと思いますが、カフェに限らず、今や自宅でも、コンビニでも、どこでも美味しいコーヒーが飲めますよね。

コーヒーは豆の種類によって味が変わるもの。その違いは「焙煎」や「入れ方」にもよりますが、基本となるのは本来が持つ味

プレミアムコーヒーを飲んだのに、名前ほど美味しくなかった・・なんて場合、それはあなたの好みの豆でなかったかもしれません。せっかくなら、コーヒーの種類を知って、好みの味のコーヒー豆を選んで飲みたいものですね。

そこで、今回は有名で人気の高いコーヒー豆の種類を5つと、それぞれ特徴や味についてまとめてみました!

スポンサーリンク

ブルーマウンテン

coffekind1

高級豆として知られる「ブルーマウンテン」は、中央アメリカ・ジャマイカ原産のコーヒー豆。

ブルーマウンテン山脈のエリアで作られたものだけが、「ブルーマウンテン」と認定されます。

もともと生産量が少ない豆ではあったのですが、数年前のハリケーンや、病虫害被害等の影響で更に入手困難になっています。2・3年後には回復すると見られていますので、それまでちょっと我慢ですね。

ブルーマウンテンの特徴は、高い水準でバランスのとれた味と香り

珈琲の味は酸味・苦味・甘み・コクが複雑に絡み合うのですが、ブルーマウンテンはこのバランスが抜群。しかも後時が良く、これぞコーヒー!というとても良い香りがします。

ブルーマウンテンの良さを引き出すには、ミディアムロースト(中浅煎り)にしてドリップコーヒーにします。紙や布のフィルターで漉してコーヒーを入れる方法ですね。出来れば砂糖やミルク入れず、そのままストレートでブルーマウンテン本来の味を頂きましょう。

キリマンジャロ

coffekind2

「キリマンジャロ」は、アフリカ・タンザニア原産のコーヒー豆。

キリマンジャロ連峰コーヒーの木が好む環境なので、とても美味しいコーヒー豆が取れるんです。

キリマンジャロの特徴は、アフリカの大地を思わせるような野性味あふれる味わい。酸味と苦味がやや強めですが、甘いコクと香りとすっきりとした後味があるために飲みやすいです。

焙煎の仕方によって苦味や酸味が変化するので、焙煎を変えて味わいを楽しめるのも魅力の一つ。苦味が苦手なら浅めの焙煎で、上品な苦味を楽しみたいなら深い焙煎にしてもらいましょう。また他の豆とあわせる「ブレンド」にしても、キリマンジャロ本来の味が引き立って美味しいです。

エメラルドマウンテン

coffekind3

缶コーヒーのCMでよく聞く「エメラルドマウンテン」は、中南米・コロンビア原産のコーヒー豆。

コロンビアでは安くて良質なコーヒー豆が取れますが、エメラルドマウンテンは高級豆に位置づけられます。

それはアンデス山脈の急斜面が、コーヒー豆に最適の環境だから。また機械の導入が難しく、収穫もすべて手作業といった手間のかかる豆ともなっています。

エメラルドマウンテンの特徴は、酸味と甘味のバランスが良いこと

奥深いコクもあるため、様々な飲み方にも対応できる懐の深さが魅力でもあります。これはエメラルドマウンテン以外の、コロンビア産のコーヒー全体の特徴。ブレンドコーヒーのベースとしてよく用いられるのも、このような特徴があるからなんです。

そんなエメラルドマウンテンは、浅煎りよりはやや深めの焙煎がおすすめ。ドリップコーヒーでストレートにしても、ミルクを入れてもその良さが引き立ちます。濃厚なエスプレッソにしても美味しいので、あらゆるコーヒー好きにおすすめですよ!

モカ

coffekind4

「モカ」は、コーヒーの種類の中でも最古の品種に数えられます。それもそのはず、原産地の一つ「エチオピア」はコーヒーの木の生まれ故郷なんです。

モカは、エチオピア産イエメン産のコーヒー豆の総称です。それはエチオピアから豆を輸出する際に、対岸のイエメンの港から出していたことに由来します。この港町「モカ」から出荷されるコーヒー豆の総称として、「モカ」と呼ばれるようになりました。

モカの味の特徴は、果実のような香りと酸味。これに軽い甘みとコクが加わり、日本人の舌に馴染みやすい味が楽しめます。

飲み方としては、少し深めの「シティ-ロースト」に焙煎すると酸味と苦味の調和が生まれます。ドリップコーヒーにするのに最適なコーヒーなので、そのままの味を楽しみましょう。

コナ

coffekind5

コンビニのプレミアムコーヒーで数量限定で飲めたことで、「コナ」というコーヒーを知った方も多いでしょう。

コナはハワイが原産のコーヒー豆で、ハワイ島西部の「コナ地区」でとれたものを指します。生産量が少量のため流通量が少なく、知る人ぞ知るコーヒー豆となっています。

コナの特徴強い酸味とコクがあることと、甘い香りが楽しめること。

他の豆とブレンドして飲まれることも多いのですが、ブレンドしてもコナの味は損なわれません。もちろんコナだけを頂いても美味しく、味が強いのに後味がさっぱりとして飲みやすいコーヒーになります。

コナの飲み方ですが、酸味とのバランスを取るために深めの焙煎がおすすめ。

そのままドリップで入れても美味しいですが、エスプレッソにしても贅沢な味が楽しめます。他の豆と比べて高価なため、まずはコナの配合されたブレンドコーヒーから試すのも良いですね。

豆と焙煎と入れ方で…

コーヒー豆の種類と特徴を一覧で5つご紹介しました。

ぜひあなたもコーヒーが美味しくて、種類も沢山置いている喫茶店(カフェ)に足を運び、好みのコーヒーを探してみてはいかがですか?

同じ豆でも浅煎りだと酸味が強くなり、深煎りだと苦味が強めになります。飲んでみて酸っぱくて苦手だと感じたら、深煎りに変えてみると美味しくなるかも。

様々なコーヒーを飲み比べて、お気に入りの1杯を見つけてくださいね!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

デコポンと不知火(しらぬい)の関係。産地による呼び方の違いは?

ビタミンCがたっぷりで甘さの中に酸味がある柑橘類は、大好きな人も多いのでは。沢山ある柑橘類の中でも、

記事を読む

花粉症対策にはヨーグルト!何の菌が効果あるの?食べる量は?

冬から春へと向かう季節はウキウキする一方で、花粉症の季節の到来でもあります。 スギ花粉

記事を読む

苦い渋柿を甘くする方法とは?柿に含まれる栄養効果もご紹介!

甘くて美味しい柿を食べていると、秋が来たなぁと体で感じられます。 でも美味しい柿の中に

記事を読む

苦味が美味しい!ゴーヤの栄養と効能とは?効果的な食べ方も紹介!

https://youtu.be/snF0gqoKj84 ここ数年ですっかり定着したゴーヤは、

記事を読む

味噌の賞味期限と最適な保存方法は?期限切れの味噌でも大丈夫?

最近では毎日の食卓に、味噌汁がのぼらない家庭も増えています。 そういった家庭の場合、お

記事を読む

盛岡冷麺と韓国冷麺それぞれのカロリーは?おすすめレシピも紹介!

焼肉屋では美味しいお肉の他にも、サイドメニューに冷麺も楽しめますね。 特に冷麺は麺の弾力と喉ご

記事を読む

恵方巻きにもおすすめ!サラダ巻きに合う定番&変わり種具材とは?

2月の節分に恵方巻きを食べる習慣は、今ではすっかり全国区の習慣となりましたね。 元々は関西での

記事を読む

キャベツの優れた栄養と効果。最適な保存方法は?冷凍はできる?

https://youtu.be/UI3XRVdNQ30 とんかつや生姜焼きを出す時に、添え物

記事を読む

レモンに秘められた美容とダイエット効果とは?レシピもご紹介!

レモンと言えば酸っぱくて香りが良く、どこか青春の味というイメージがありますよね。 実はレモ

記事を読む

草餅のカロリーはあんこの有り無しでどう違う?美味しい食べ方は?

お正月に食べるお餅は、白い切り餅以外にも様々な種類があります。 黒豆の入った「豆餅」も

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

すずらんの花言葉とは?フランス語での違いと怖い裏花言葉も紹介!

春になると様々な花が咲き、私達の目を楽しませてくれます。 その中

雨の日でも自転車に!レディース向けレインコートのブランドならコレ!

毎日の通勤や買物に、自転車は無くてはならないアイテムです。

神戸開港150年記念、kobeみなとマルシェ!2017年春の日程と見どころ!

兵庫県の神戸といえば、オシャレで食べ物も美味しい港町。

北海道神宮祭2017年の日程と時間!札幌まつりの愛称で親しまれている理由は?

6月から7月にかけては梅雨の時期で、賑やかなイベントは行われな

北海道の洞爺湖ロングラン花火大会、2017年の日程と見どころ!

花火大会と言えば夏のイメージが強く、また毎年1回だけというイメージ

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑