ミニトマトの栄養と体に良い効果とは?カロリーはどれくらい?

最終更新日: | 飲食 | , , ,

お弁当が地味なときに、ミニトマトがあると弁当が華やかになりますよね。

見た目も可愛く、赤くて彩りも鮮やか!そしてもちろん食べて美味しいミニトマトは、お弁当やサラダに大活躍です。

ところでミニトマトに含まれる栄養効果などは普通のトマトに比べてどうなのでしょう?一見小さいですが、カロリーも気になりますね。

そんな赤くて可愛いミニトマト。栄養素や、健康・美容に良い効果、また気になるカロリーなどについて調べてみました!

スポンサーリンク

ミニトマトの栄養素は

ミニトマトに含まれるもの

ニトマトに含まれる栄養素には、次のものがあります。

minitomate1

◎リコピン
リコピンは、トマトの赤い色の元となっているもので、カロテンの一種です。カロテンといえばビタミンAに変わる成分なのですが、実はリコピンはビタミンAに変化しない成分。その代わり、ビタミンAよりも高い抗酸化作用があるんですよ。

◎βカロテン
カロテンの一種であるβカロテンがミニトマトには含まれています。βカロテンはビタミンAに変化する成分。皮膚や粘膜を丈夫にしてくれる効果があります。

◎ビタミンB2
ビタミンB2は、脂質・糖質・たんぱく質などを変換して、エネルギーを作り出す元となります。

◎ビタミンC
ビタミンCは、お肌や血管を作る元となります。美白効果でも知られていますね。

◎ビタミンE
ビタミンEは、リコピンに負けないぐらいの、抗酸化作用があります。

◎カリウム
カリウムは、体内の塩分調整に欠かせない栄養素。日本人は塩分を取り過ぎる傾向にあるため、カリウムをしっかり取る必要があるんですよ。

◎リノール酸
リノール酸は、適度に摂取することで、コレステロール値を下げる効果があります。

◎食物繊維
食物繊維は腸内をきれいにする効果があります。

ミニトマトの中にこれだけ沢山の栄養素が含まれているとは驚きですね!

トマトとはどう違うの?

ミニトマトはトマトを単純に小さくしたものかというと、それは少し違います。

その証拠に、
ミニトマトと普通のトマトのそれぞれの栄養価を100g当たりで比較すると、違いがはっきりわかりますよ。

■100gあたりの栄養価の違い

栄養素 トマト ミニトマト
リコピン 210mg 290mg
βカロテン 540μg 960μg
ビタミンB2 0.02mg 0.05mg
ビタミンC 15mg 32mg
ビタミンE 0.9mg 0.9mg
カリウム 210mg 290mg
食物繊維 1.0g 1.4g

この表をみてわかる通り、ミニトマトにはトマト以上の栄養素がぎゅっと詰まっています。同じ量を食べるのならば、トマトよりもミニトマトのほうが栄養素をたっぷり取れるということですね。

スポンサーリンク

ミニトマトのカロリーは

実は意外とカロリーは…

100g当たりでみた場合に、トマトよりも多くの栄養素を含んでいたミニトマト。そうなると気になるのが、カロリー。トマトよりカロリーは高いのでしょうか?

実はミニトマトのカロリーは、100gあたり29キロカロリー

トマトが19キロカロリーなので、同じ量であればミニトマトのほうがカロリーが高いんです。炭水化物に関しても100g当たり7.2gと、トマトの4.7gより高くなってしまいます。

だけど1個ではカロリーは…

しかしこれはあくまでも、100g当たりに含まれる量での事。

実際のミニトマトは、およそ1個で10g前後
一方のトマトに関しては、中サイズ1個がおよそ100gです。

一度にミニトマトを10個以上食べるようなことは、あまり考えられませんよね。トマトを生で食べるときは一個丸ごとという事が多いですし、半分だけという食べ方はあまりしないのでは無いでしょうか。

「一度に食べる量」のことを考えると、ミニトマトのカロリーはそれほど気にするほどではないと言えますね。

ミニトマトの効果

美肌効果

minitomate2

ミニトマトに含まれるリコピンが持つ「抗酸化作用」は、お肌を健康にする働きが。

弱ったお肌を健康に導くため、美肌効果が期待できるんです。

しかもビタミンCも同時に取れるため、美肌と並行して美白効果も。これらの相乗効果により、健康的な美肌を生み出すサイクルが生まれるんですね。

ダイエット効果

トマトにダイエット効果があると言われるのは、トマトに含まれる栄養素が複合的に働くからです。

例えば、リコピンの抗酸化作用により、体のサビをとって健康へと導いてくれます。リノール酸にはコレステロールを下げる効果と、脂肪を燃やす効果が。食物繊維も含まれているので、便秘解消と老廃物を排出する効果も期待できます。

一つ一つの効果も素晴らしいのですが、ミニトマトを取るだけでこれらの健康に良い効果が一度に得られます。つまり体が元気になって運動しやすくなり、動いた分だけ脂肪が燃えやすくなるんです。

雑菌の侵入を防ぐ

βカロテンが持つ「皮膚や粘膜を丈夫にする効果」は、美肌にも影響を及ぼします。

しかしそれ以上に影響があるのが、眼球・鼻や口の粘膜

鼻や口の粘膜が丈夫になると、ここから侵入する雑菌を防ぎやすくなります。その結果、風邪などに感染しにくくなって健康維持に役立つんですよ。

目の疲れに

更にβカロテンの「粘膜を丈夫にする効果」は、にも強い影響を与えます。

充血しやすい・目が乾く・目が疲れやすいと言った効果は、網膜が弱ってきているから。βカロテンの効果で網膜が元気になれば、これの症状が緩和したり予防できるようになります。

minitomate3

毎日少しづつ食べよう

ニトマトは見た目が可愛いだけでなく、栄養素もぎゅっと詰まった優等生。美容と健康のためにも、ぜひ毎日のお弁当などに入れて食べ続けたいですね。

更にミニトマト以外の野菜や果物も、バランスよく食べて他の栄養素も補えばパーフェクト!可愛くて美味しくて体にも美容にも役立つミニトマトを、少しづつ毎日食べて体に取り入れましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

スーパー穀物「キヌア」の美味しい食べ方とは?レシピもご紹介!

最近、美容や健康に良いと注目を集めている「キヌア(Quinoa)」をご存知でしょうか? キヌア

記事を読む

バターの賞味期限はいつまで?長持ちする保存方法は?

パンに欠かせないバターは、使わない家庭では意外と持て余す食材です。 特にブロックタイプ

記事を読む

ズッキーニの栄養と効能!美味しい食べ方もご紹介!

ここ数年で一般的になった野菜の一つに、ズッキーニがあります。 家庭菜園でも育てやすく、夏になる

記事を読む

お肌に効果!「もつ」の栄養と美容効果とは?カロリーはどれくらい?

https://youtu.be/P6j6iurnnTE お肌の調子良くない時には、もつ(ホル

記事を読む

ドライイーストとベーキングパウダーの違いは?代用はできるの?

クッキーなどのお菓子作りやパンづくりでは、ふっくら膨らむことが重要です。 お菓子づくりやパンが

記事を読む

りんごの効能とおすすめの食べ方は?

「りんごは体にいい」ってよく言われますよね。 イギリスには「一日一つのリンゴは医者いらず」と言

記事を読む

ベーグルはダイエットの味方?気になるカロリーはどれくらい?

ダイエット中でも朝ごはんは食べたいですが、忙しくて食べないこともありがち。そんな時にすぐに食

記事を読む

山芋のカロリーと効能は?加熱しても栄養効果は大丈夫?

夏バテなどで食欲が無い時は、山芋をとろろにして食べると良いと聞いたことがありませんか?

記事を読む

うな重とうな丼の違いは何?ひつまぶしの由来や食べ方もご紹介!

夏バテに効果のあると言われるうなぎは、蒲焼にしてからご飯に乗せて食べるのが一般的。 お

記事を読む

あれもこれも食べたい!美味しい秋の味覚ランキング5選!

秋と言えば「読書の秋」「芸術の秋」「行楽の秋」など、楽しみが多い季節。 その中でも特に楽しみな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

北海道神宮祭2017年の日程と時間!札幌まつりの愛称で親しまれている理由は?

6月から7月にかけては梅雨の時期で、賑やかなイベントは行われな

北海道の洞爺湖ロングラン花火大会、2017年の日程と見どころ!

花火大会と言えば夏のイメージが強く、また毎年1回だけというイメージ

紫外線で使われるUVAとUVBの違いとは?どっちの対策が大事?

日差しが強くなる夏に向けて、紫外線対策をと考える人は多いかと思

父の日に贈る義理の父へのプレゼントは何がおすすめ?選ぶポイントは?

6月の第三日曜日は父の日ですが、お父さんにプレゼントは贈りまし

6月10日「時の記念日」の意味と由来。どんなイベントがあるの?

日常生活を送る上で、どうしても切り離せないのが「時間」です。 待

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑