鉄道の日2016!どんなイベントがあるの?記念切符とは?

鉄道と言えば、今では年齢・性別を問わず幅広い方が楽しむ趣味になりましたね。

鉄道の趣味もいろいろあり、
・写真を取る人
・列車に乗る人
・歴史を調べる人

・・・など様々ですね。

そんな鉄道に触れる良いきっかけになるのが、毎年一年に一回ある、
「鉄道の日」

鉄道の日には様々なイベントが行われますし、お得な記念切符も発売されるんですよ。

今回は、2016年の鉄道の日はいつなのか、気になるイベントや記念切符についてまとめて紹介します!

スポンサーリンク

鉄道の日とは?2016年はいつ?

鉄道の日とは

tetsudounohi1

道の日は、日本で最初に鉄道が開通した日を記念して制定されました。

日本に本格的な鉄道が敷かれたのは、明治5年(1872年)9月12日のこと。その区間は新橋-横浜間で、その距離は約29キロ。汽車の速度も時速32キロ程度だったので、現在の感覚だとかなりのんびりしてそうですね。

また新橋-横浜間と書きましたが、当時の新橋駅は現在の汐留にありました。一方の横浜駅も現在の桜木町駅にあり、記念碑も残されています。汐留にもレールの後や記念モニュメントがあるので、確認してみると面白いですよ。

鉄道の日、2016年はいつ?

鉄道記念日は9月12日…かと思いきや、実は10月14日なんです。

鉄道が開通した明治5年当時の暦は「旧暦」を使用していて、現在の暦と約1ヶ月のズレがあるものでした。旧暦の明治5年9月12日は、現在の暦に当てはめると10月14日。なので、毎年10月14日が鉄道記念日になったわけなんですね。

※2016年の10月14日は金曜日平日になります。

ちなみに、鉄道記念日が制定されたのは、1922年(大正11年)。JR民営化後の1994年(平成6年)に、「鉄道の日」と改称されています。

鉄道の日に開催されるイベント

鉄道フェスティバルへ行こう!

tetsudounohi2

鉄道の日に行われる様々なイベントの中で、もっとも有名なのが、
「鉄道フェスティバル」
です。

これは毎年、鉄道の日の前後の休日に日比谷公園で行われるイベントです。

特に人気を集めているのが、鉄道にまつわる展示コーナーを始めとした、鉄道各社のブース

ここでしか入手できない限定グッズなどもあるので、マニアにはたまりません!収集心がくすぐられますね。

また、子供向けには、キャラクターショーや、ミニSL乗車会なんてものも。親子で楽しめる鉄道クイズ大会や、鉄道にまつわる音楽を演奏するコンサートもあるんですね。

「鉄道フェスティバル」は、鉄道に詳しく無くても楽しめるイベントが沢山ありますので、ぜひ足を運んでみてはいかがですか?

2016年鉄道フェスティバルの日程は?

例年、日比谷公園の鉄道フェスティバルは、鉄道の日の前後の土日や連休に開催されます。

2016年の日程は以下の予定です。

開催日 :10月8日(土)9日(日)
開催時間:10:00~17:00
場所:日比谷公園・大噴水広場周辺
入場料:無料
 *雨天時でも決行予定です。

車両を見学できる!

鉄道の日を前後して、JRや私鉄各社では様々なイベントが企画されています。

例えば小田急電鉄では、「海老名総合基地」を一般に開放してイベントが行われます。

小田急といえばロマンスカーが有名ですが、間近でロマンスカーを見物が可能なことも。また運行されなくなった車両を展示したり、不要となった鉄道部品の販売も行われます。

鉄道各社で規模は違っても、このような「間近で車両を見学出来る」イベントが行われます。

スポンサーリンク

記念館に行ってみよう

鉄道各社以外にも、鉄道に関係している博物館記念館でイベントが行われることも。

特に車両を保管している博物館では、整備して敷地内で走らせる事もあるんですよ。子供限定・あるいは事前応募などで、運転体験が出来る事もあるのも見逃せませんね。

運転は出来なくても、運転室に入って器具を間近で見られるイベントなどもよく行われます。運転手さんの視界を体験できますし、記念撮影も可能なことが多いのでオススメです。

□子供機関士「出発進行」 総合博物館「鉄道の日」企画

*北海道・小樽市にある記念館での様子です。

鉄道の日記念切符とは?

どういう切符なの?

tetsudounohi3

鉄道の日と言えば、記念切符を忘れてはいけません。

JRでは、毎年鉄道の日に、「秋の乗り放題パス」というものが発売されています。

名称が記念日らしくないですが、使い方によってはとてもお得なものなんですよ。

秋の乗り放題パスを一言で説明すると、「一部制限のある、普通列車乗り放題切符」です。その仕組みは普通の切符とは少々違うので、使うときは少し注意が必要です。

使用期間:決められた有効期限内で連続した3日間
利用出来る電車:JRの普通列車・快速列車の自由席

注意点:
*複数人で、3人×1日分=合計3日分、という使い方はできません。
*3日間を、飛び飛びで使うことも出来ません。
*特急や新幹線には使えません
*私鉄には使えません。

いつから、どこで買えるの?

秋の乗り放題切符の2016年の発売時期や利用期間・価格などは次の通りです。

発売期間…9月17日(土)~10月21日(金)
利用期間…10月8日(土)~10月23日(日)
価   格…大人7,710円、小人3,850円

また、秋の乗り放題切符は、

・JRみどりの窓口
・指定席券売機
・大手旅行会社

…などで購入できます。

鉄道を楽しもう!

毎年鉄道の日にあわせて、みんなで楽しめる様々なイベントが開催されます。近くで開催されるようでしたら、ぜひ足を運んでみてはいかがですか?

もし少し離れた場所になるようでしたら、「秋の乗り放題パス」を購入して行ってみませんか?特急などで急ぐ旅も良いですが、のんびり普通列車の旅というのも面白いですよ。

鉄道の日をきっかけにして、奥深くて面白い鉄道の世界を楽しみましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

水郷潮来のあやめ祭り。2017年の見頃・開花時期はいつ?

何かと忙しく時間に追われる現代、たまにはゆっくり休みたいですし、のんびりと過ごしたいですよね

記事を読む

大迫力の成田祇園祭!2016年の日程と見どころをご紹介!

「祗園祭」と言えば、京都がとても有名ですね。 実は千葉県成田市でも、同じ「祗園祭」とい

記事を読む

館林こいのぼりの里まつり2017!駐車場はあるの?

男の子のいる家庭では、5月の端午の節句にこいのぼりを飾りたいと考えていませんか?しかし準備や

記事を読む

徳島の阿波踊り2016年日程と見どころ!チケットはいつから?

毎年8月になると四国・徳島県で開催される「阿波踊り」。 阿波踊りには毎年140万人以上

記事を読む

鹿児島おはら祭り2016!見どころは総踊りとおごじょ太鼓!

日本全国には様々なお祭りがあり、お神輿が主役のお祭りもあれば荘厳なお祭りも。特に夏祭りでは踊りがメイ

記事を読む

深大寺だるま市2017!開眼の時間はいつ?混雑状況は?

江戸の昔から現代に伝わる、風習や行事は数多くあります。 その中でも春を告げる行事として

記事を読む

北陸富山の山王祭、2017の日程や見どころ。駐車場は?

2015年3月に北陸新幹線が開通したこともあり、北陸地方は今も注目の的となっています。

記事を読む

時代衣装が勢揃い!京都時代祭、2016年の日程と見どころ!

京都の三大祭といえば、葵祭(2月)・祇園祭(7月)・時代祭(10月)。 その中で10月に開催さ

記事を読む

府中くらやみ祭り2017。開催日程や見どころ、交通規制は?

GWの予定はもう決まりましたでしょうか? もしまだでしたら、府中の大國魂神社で行われる

記事を読む

京都五山の送り火、2016年の開催場所や鑑賞スポットをご紹介!

京都には独特のお祭りや風習があり、その一つ一つに京都らしさが溢れています。 その中でも

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

雨の日でも自転車に!レディース向けレインコートのブランドならコレ!

毎日の通勤や買物に、自転車は無くてはならないアイテムです。

神戸開港150年記念、kobeみなとマルシェ!2017年春の日程と見どころ!

兵庫県の神戸といえば、オシャレで食べ物も美味しい港町。

北海道神宮祭2017年の日程と時間!札幌まつりの愛称で親しまれている理由は?

6月から7月にかけては梅雨の時期で、賑やかなイベントは行われな

北海道の洞爺湖ロングラン花火大会、2017年の日程と見どころ!

花火大会と言えば夏のイメージが強く、また毎年1回だけというイメージ

紫外線で使われるUVAとUVBの違いとは?どっちの対策が大事?

日差しが強くなる夏に向けて、紫外線対策をと考える人は多いかと思

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑