「六曜」の読み方と意味とは?順番は決まっているの?

最終更新日: | 日本の習慣・行事 | , , ,

rokuyoimi1

カレンダーに記載されている「大安」「仏滅」「友引」。最近は意味がないと思って、あまり気にしない方も増えているようですが、婚礼はやはり「大安」に・・という風潮は良く聞かれますよね。

他に、「先勝」「先負」「赤口」をあわせて、「六曜(ろくよう)」と言いますが、六曜にはそれぞれに意味があるものなんです。

中には馴染みのないものも多いですが、六曜の意味を正しく知っていると、何かの時に得をするかも知れませんよ!

そんな「六曜」それぞれの読み方や意味や使われることになった由来、そして順番は決まっているかどうかなどについてご紹介します。

スポンサーリンク

六曜の意味は?

先勝(せんしょう・さきがち)

先勝は、「先んずれば勝つ」という意味があり、何事も急いで行うと良い日とされています。

具体的には午前中が吉となり、午後からは凶という運気の流れ。なので出来ることは午前中に行うのが良い日、とされています。

ちなみに読みは「せんしょう・さきがち」が一般的ですが、「せんかち」「さきかち」と言う場合もあります。

友引(ともびき)

友引には「凶事に友を引く」という意味があり、悪いことは友人にも連鎖する日とされています。

運気の流れとしては、朝は吉・昼は凶・夕方は大吉。ただし葬儀は避けるべし、とのことです。

友引を避けて葬儀を行うのは、友人があの世に連れていかれるとされるから。もっとも友引の元々の意味は、勝負事で何をしても引き分けに終わる日。なのでどうしても友引に葬儀を行う場合は、こちらを信じても良いかも知れませんね。

先負(せんぶ・さきまけ)

先負「先んずれば負ける」という意味があり、何事も急いで行うと損をする日とされています。

具体的には午前中が凶、午後からは吉となる運気の流れで、「先勝」と逆の流れとなる日ですね。

読み方に関しては「せんぶ・さきまけ」以外にも、「せんまけ」「さきまけ」という場合もあります。

仏滅(ぶつめつ)

仏滅は、六曜の中では特に有名なもので、仏様でもかなわないほどの凶日とされています。

一節には釈迦が亡くなった日だからとも言われていますが、仏滅の字は実は当て字。なので、本来は仏様は関係ない日なんです。とはいえ運気が最悪な日であることには変わりありません。

仏滅は特に理由がないのなら、お祝いごとは行うべきではない日とされています。

結婚式場の中には仏滅は定休日とする所もあれば、格安プランで提供する所も…。縁起を気にしないのなら挙式を挙げるとお得になりますが、やはり仏滅は気になりますよね。

大安(たいあん)

大安は、仏滅以上に有名ですが、意味は「大いに安し」というもの。この「安し」は安いという意味ではなく、心配のない状態を表します。

運気も一日中安定していて、まず失敗しない日とされています。

その為、婚礼などのお祝い事や、失敗してほしくない事業の開始日を大安にすることが多いのです。一方で何もせずにゆっくり休むと良い日、ともされています。

赤口(しゃっこう)

赤口は、陰陽道の「赤舌日(しゃくぜつじつ)」が由来の、仏滅の次に運気が悪い日

運気も正午だけが良くて、後は悪い日とされ、法事を行うのには最適な日とも言われています。

また「赤」という文字が含まれるため、火事や刃物によるケガに注意が必要な日とも。

読み方は「しゃっこう」が一般的ですが、「じゃっこう」や「せきぐち」と読む場合もあります。

六曜の順番は?

rokuyoimi3

はじまりは先勝

六曜の順番は決まっていて次の通りです。

「先勝」->「友引」->「先負」->「仏滅」->「大安」->「赤口」

六曜はこの順番を繰り返すことになりますが、中にはいきなり順番が飛ぶことがあります

これは旧暦の各月の初日には必ず決まった六曜が配置されているから。なので新暦を使っている現代では、いきなり順番が飛んだように見えてしまうのです。

ちなみに旧暦における各月の初日は、次の六曜となっています。

旧暦の1月7月の初日…先勝
旧暦の2月8月の初日…友引
旧暦の3月9月の初日…先負
旧暦の4月10月の初日…仏滅
旧暦の5月11月の初日…大安
旧暦の6月12月の初日…赤口

スポンサーリンク

そもそも六曜とは?

諸葛亮が考えたカレンダー?

六曜は中国で考えだされたものというのが、一番有力な説です。日々の運気の流れをわかりやすく表したもので、当初は現在のカレンダーのように使われていました。

一部では三国志の名参謀・諸葛亮が考案したとされ、孔明六曜星という呼び方も。しかしこれは後からのこじつけで、三国時代に六曜は無かったとの調査結果が出ています。

明治になって消えたはずが…

日本には鎌倉時代の末期に伝わり、独自の進化を遂げて今の形となったのは江戸時代後期。ただ明治維新後に、迷信に基づくものとして一度は禁止令が出されました

しかし一度広まったものは根強く残り、カレンダーなどにも乗せて欲しいとの要望が続出。第二次世界大戦終結後には政府が禁止する事もなくなり、カレンダーに記載されるようになりました。

ただし現在でも、市町村が作成するカレンダーには六曜は明記されていません。これは明治以降から続く、「根拠がない迷信を乗せて、無用な混乱を起こしてはいけない」という考えから。なのでもらったカレンダーに六曜が書いていなくても、印刷ミスじゃないんです。

信じるか信じないかは…

rokuyoimi2

六曜にはそれぞれに意味があり、運気の良し悪しにも繋がるものでもありました。

気にしないという考えも良いですが、中には気にする人もいますのでそういった方への気遣いも必要ですね。

特にお葬式や婚礼などでは、全ての方に気分よく参列してもらうために礼儀として六曜の考えに従う方がよいのではないでしょうか。それ以外でしたら信じるか信じないかはその人次第。少し困った時に役立ててみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

お月見団子の作り方。簡単に出来る手作りレシピをご紹介!

毎年9月ごろに楽しむお月見は、季節の移り変わりを楽しむ日本人らしい風習ですね。そのお月見に欠

記事を読む

こどもの日は女の子もお祝いしていいの?プレゼントはどうする?

5月5日のこどもの日は、端午の節句とも呼ばれています。 端午の節句には、五月人形や鯉の

記事を読む

大寒の日の過ごし方!2017年の寒の入り・小寒・大寒はいつ?

暦の上で一番寒いとされている日をご存知ですか? 「大寒」という日が、一番寒い日とされて

記事を読む

2015年(平成27年) 祝日カレンダーの一覧!9月には大型連休も!

お勤めの方は、祝日がいつか? ということは気になりますよね。 サービス業の方であれば、お

記事を読む

立秋の候の時期はいつからいつまで?挨拶の例文もご紹介!

お盆の頃に届く手紙で、挨拶文に「立秋の候」と書いてあるのを見たことはありませんか?真夏の8月に立秋と

記事を読む

お中元を贈る時期はいつからいつまで?マナーで気を付けることは?

日頃お世話になっている方へ送るお中元は、夏の欠かせないご挨拶ですね。目上の方へ贈ることの多い

記事を読む

住吉大社の初詣2017年の混雑予想!おすすめの参拝時間は?

神社・寺院がとても多い関西ですが、特に大阪では初詣と言えば「すみよしさん」と答える人が多いん

記事を読む

十三参りの意味や由来とは?参拝の時期はいつ?

節目ごとに子供の健やかな成長を願う風習があり、もっとも有名なのが七五三です。 一方で全

記事を読む

新盆・初盆の読み方や迎える時に行う事。盆提灯はどうする?

身内が亡くなられてから初めて迎えるお盆は、慣れないこともあって準備でまどうことばかり。特に気になるの

記事を読む

北海道で節分に落花生をまく理由は?まいた後はどうするの?

毎年2月に行われる節分は、地域によって独自の風習が存在します。一方で豆まきに関しては、どの地域でも同

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

すずらんの花言葉とは?フランス語での違いと怖い裏花言葉も紹介!

春になると様々な花が咲き、私達の目を楽しませてくれます。 その中

雨の日でも自転車に!レディース向けレインコートのブランドならコレ!

毎日の通勤や買物に、自転車は無くてはならないアイテムです。

神戸開港150年記念、kobeみなとマルシェ!2017年春の日程と見どころ!

兵庫県の神戸といえば、オシャレで食べ物も美味しい港町。

北海道神宮祭2017年の日程と時間!札幌まつりの愛称で親しまれている理由は?

6月から7月にかけては梅雨の時期で、賑やかなイベントは行われな

北海道の洞爺湖ロングラン花火大会、2017年の日程と見どころ!

花火大会と言えば夏のイメージが強く、また毎年1回だけというイメージ

→もっと見る

スポンサーリンク

PAGE TOP ↑